« December 2004 | Main | February 2005 »

かおりん美しすぎた〜!!!

いや〜、センター席の人の海からやっと生還しました。

まずは飯田圭織さん無事ご卒業おめでとうございます。かんじんの夜のコンサートは行けませんでしたが、昼の回でじっくり見させてもらいました。かおりんコールに引かれるように出たきたあなたは、さながら純白の白鳥のようでした。それも大輪の。その姿は娘と呼ぶにはあまりにも成熟された大人の女性で、下世話な言い方をすれば「震い付きたくなるような女」になりました。まあー、わたしなんか相手にもされないでしょうが…。これからは、今まで以上にはば広いお仕事ができるでしょうし、恋のひとつやふたつ、そんな浮いた話ももういいでしょう。いろいろな面で期待しております。

さて、この「大乱舞」のセンター席はすーーーごーーーいですよ。前日までのアリーナ席の比じゃないですね。この威力はとんでもないものです。昨年のモーニングのセンター・ステージの逆応用編というべきか、センター・ステージは上から見ればバツ印の形になっているため、視線が遠近の移動になるためメンバーが奥の方へ行ってしまうと小さく見えるかまたは視界から消えてしまうということがおこります。逆に近くに来れば大きく見えるのですが、なんか興を削がれます。ところが、今回のステージのつくりはこのデメリットを完全に解消することに成功しました。もうご存じかと思いますが、普通のステージと第二ステージが反対側にありまして、そこを左右に回廊をつくり、丸い輪のようなかたちにしたわけです。メンバーはこの回廊を使ってぐるぐる回ったりするという仕掛け。運動量は増えますが、バツ印のセンター・ステージでも相当動いてたので運動量的には変わらないでしょう。後ろの席でステージが良くみえないよ、とお嘆きの方も今回は比較的楽しめたのじゃないでしょうか?

で、センター席というとこの回廊に囲まれているのです。やー、なんか捕われの身ってな感じですが、これがまさにそのとうりで、ハローのメンバーが全員でぐるぐる回り出すと包囲網が出来ちゃったような。こんなうれしい包囲網なら何回捕まってもいいよーーーーー! 席が回廊の近くだったもんですから、見える身える、もう丸見え。近い、近い、メンバーが近い。そんでもって、メンバーの方で回って来るもんですから全員丸見え! こりゃ、なんかに似てるな!? あれ、あれ、そうです、あれです、回転寿司ですーーーーー!!! こんなおいしことないよーーーーー! 近年最高の大ヒット企画です! センター席のお客さんはたいへんよ。前のステージと後のステージから同時に出て来た日には、前見たり、後見たり、回廊の方にもいればそっちを見たり、終いにはお客さん同士で向かいあって踊ってたり、もうたいへん!へたすりゃーお互い抱きあっちゃったり、唇がついちゃったり? そんなわけね〜か。そんなわけで2時間弱の阿鼻叫喚のセンター席でした。

今回はファミリー席も結構、いやかなり良かったじゃないでしょうか。とにかく近い!
29日の昼の回はスタンド席は使ってませんでした。それでも十数名いたでしょうか? アリーナ席もやや余裕があるかなってなとこで、夜の回はすべて埋まりました。ポツ、ポツと空いているところがあるぐらいです。30日の昼は当然、満席でした。夜は…言わなくてもわかりますよね。

音楽的なことはまた後ほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

横アリ、iPod Shuffle状態

DSC00019

DSC00009

ドギモ抜かれます、今回の「大乱舞」。詳しいことは言えませんが、もう脳内洗脳、腸内洗浄、ジューサーでグルグルかき回され、完全に思考停止に陥ります。推しメンを探したり、ひいきのグループを追うことなんて拒絶されます。ほんと、誰が誰やらもう〜大変。すごいものを見せてもらいました。「大乱舞」の名に恥じない、とんでもない企画で「紅組」「白組」のコンサートはこの「大乱舞」の助走にすぎなかったようです。
さあ〜、30日はセンター席なんですけど、生きて帰れるか心配です。目がまわりそ〜。
あっ! それから、われらが絵里ちゃん、またまた変身して女っぷりが上がったよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(14)

DSC00006「LOVE & PEACE」はかおりんの好きな言葉、座右の銘。LOVE & PEACEはわたしたちの世代ではもう、合い言葉みたいなものだった。今じゃ陳腐なVサインをして、「いえ〜ぃ、ラブ・アンド・ピース!」なんて友達どうしでしたものです。当時はベトナム戦争や学生運動が盛んな時代で、平和な世界になって欲しいという思いで、ヒッピーたち(古いね)や学生たちがはやらしたものです。ベトナム戦争もアメリカの敗北で終わり、学生運動も下火になるとだれもこの言葉を口にするものはいなくなりました。ところが、この21世紀のましてや、日本のアイドル・グループの女の子から、この言葉を聞くとは思いませんでした。かおりんがこの言葉を発すると、妙に説得力があるのは彼女の人徳か。またまた、キナ臭い世界になってしまった現在には、この「LOVE & PEACE」という言葉が必要なのかもしれない。そんな世界平和まで考えているかおりん、モーニング娘。での7年間ご苦労さまでした。ソロでの活躍もお祈りもうしあげます。コンサートの方、3回行きますのでよろしくね。番組は来週以降どうなるのか心配です。それではどうぞ。

●オープニング
あれは、かおりん人生何年生きるかわからないけど、あの場面は感動したこととしてずーと残っていくと思う。自分でも、こうプライド持ってやりたいなと思ったから、タンポポとして7年もやって来ていい最後にしようねって(聞き取り不可)よし4人でいくぞって手をつないで、ステージに出たらね、様子がちがうのいつもと。ふぇっ、いっぱいタンポポが咲いていたの。すごい鳥肌たって、なんか5万枚完売したときの気持ちに通じるって…。
●タイトル
横浜アリーナが 感動のタンポポ畑に
●CM
『THEマンパワー!!!』
●本編
ナレーション 矢口真里
—LOVE IS ALIVE 2002夏より かおりんMC 『王子様と雪の夜』
ファンのみんながこんだけね、タンポポを愛してくれたんだって、ほんとにうれしくて、なんかすごい泣きそうだったんだけど、泣いて歌う最後のタンポポの曲なんてだれも聞きたくないと思って、必死にこらえて、家に帰って、コンビニでねパスタを買ってね、ごっつぁんが入ってきた時からのPVを見て、タンポポのPVを全部見て、泣きましたねその日は。朝まで泣きましたね、パスタを食べながら。
「近づく娘。卒業への想い」=実感ねー、わくんです。でもね、わかないようにしてるんです。『THEマンパワー!!!』のジャケ写の時に、わたしがいないジャケ写も撮るって言って、全員で撮ってね、ひとりだけ抜けたんですよ。じゃ〜、飯田卒業後の使う写真撮るからっていわれてひとりだけ抜けたんですよ。あん時ほんとにさみしくなっちゃって、自分がいないモーニング娘。こう見てて、たぶん裕ちゃんも、圭ちゃんもなっちもみんなわたしみたいな気持ちだったと思うんですよ。
—中澤裕子 卒業コンサート ライブレボリューション春より
—保田圭 卒業コンサート 2003春NON STOP!より
そこで一回泣いたらねー、ぜったいライブできなくなるもん。最後に歌う曲がちゃんと歌えてなかったらぜったい失格だと思うし、うん…。
—2005年1月30日 最後のオリジナルメンバー 飯田圭織 卒業
●CM
「ポケットモンスター パーフェクトベスト」「ポケットモンスター 裂空の訪問者」
●クロージング
来週は 贈る言葉&横浜アリーナ完全密着
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(13)

koukoku今回は絵里ちゃんからかおりんへ、かおりんから絵里ちゃんへのメッセージを紹介。
「飯田さんは絵里のお母さんみたいです いろんなコトを教えてもらいました。ありがとうございます!! 大スキです 卒業してもがんばってください!!」
「えりは、本当におもしろいねー。変なコト言ったり変なコトしたり全ておもしろい。きっとそれはえりの個性だと思うよ。もっともっとえりパワー発揮してがんばってね。あげたジャージ、かおりんだと思って大切にしてね(笑)」
(ヤングマガジンNo.08号より 講談社さん許してくださいね)
写真は27日、朝日新聞テレビ面の広告です。29日昼の公演は当日券が発売されるようです。行こうか迷っている方は、この機会にコンサートにご参加ください。番組はわたしも大好きなタンポポの話が聞けそうです。それではどうぞ。

●オープニング
あんときのパワーってほんとにすごかったなって思うんですよ。その時の絶対もっといくぞっていう気持ちのモーニング娘。がいたからだと思うんですね。で、『LOVEマシーン』がいきなり売れて、ね、何週も何週も残ってって。
ナレーション 矢口真里
—『LOVEマシーン』PV 100万枚超大突破 テロップ
一生懸命だったんだけど、モーニング娘。っていうものをそのとき見つかった。つかめないで、もっといけるぞいけるぞって言ってた時期を『LOVEマシーン』の時に乗り越えたって思えた。だからすごく自信に満ちあふれている、グループになったと思うし、だからそのあとも卒業、加入を繰り返したけれども…。
●タイトル
この後 初ユニット タンポポ伝説へ
●CM
『THEマンパワー!!!』
●本編
「タンポポの思い出」=タンポポすごい思い出がありますよ。初めてのユニットということで、みんな注目してくれたし、わたしがセンターで、っていうグループだった。
—『ラストキッス』PV
やっぱり、ずーとセンターに立ちたかったし、すごい大人っぽい歌、歌ってて、わたしもそういう音楽をやりたいなって思ってたから、すごい忙しかったんだけど、ぜんぜん寝てなくて、お休みもなかったんだけど、タンポポやってモーニング娘。もやるってすごい楽しかったですね。
「2人タンポポ…。」=彩っぺが卒業しちゃったから、北海道のオーディションからいっしょだったんで、ずっといっしょにいたんですよ。だから一年中いっしょにいるみたいな感じで、離れるのもすごくさみしかったし…。
—Hello!Projectハッピーニューイヤー2000VTR
彩っぺが卒業してしばらく活動してなかったんですよ。曲もぜんぜん出してなかったし、ライブでは1曲歌ってたんだけど、次の予定が決まってなくて、飯田さんすみません次の予定ないんですよって、そのときはつらかった、このままなくなっちゃうのかなって。
—ダンシング ラブ サイトでの矢口と2人のタンポポVTR
「生まれ変わったタンポポ…。」=がらっと変わったじゃないですかイメージが、自分のなかでのタンポポ、たぶん矢口もそうだと思うんだけど、まったく違うものになったから、最初はタンポポなのかな〜これって、ってすごい思ってた。
—『乙女パスタに感動』PV
「そしてタンポポ伝説へ」=あれは、かおりん人生何年生きるかわからないけど、あの場面は感動したこととしてずーと残っていくと思う。
●CM
「メロン記念日日本青年館公演」「W主演ミュージカル キャラ&メル」
●クロージング
横浜アリーナが 感動のタンポポ畑に 
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(12)

DSC000035日間で手売り5万枚って考えた方、すばらしいね。モーニング娘。デビューまでの道のりは上等の人間ドラマになってしまった。ビートルズのそれも大変な語りぐさになっている。ジョンとポールの出会い、ハンブルグでの下積みの苦労、レコーディング・オーディションの失敗の数々、やがてヒット曲をものにして、世界へ羽ばたく。この話はビートルズの歴史のなかでも最も心おどる場面だ。そんなことを思い起こす、モーニングのこの時代。番組は目新しい映像こそないが、かおりんの回想と映像が重なりあって複眼的にモーニングのデビュー時を浮き上がらす。それではどうぞ。

●オープニング
「メインパート争奪戦…。」=みんなは、歌入れに集中するために2日間やるって言ってて、わたしは試験とかあってて、試験勉強もしなきゃいけなかったし、レコーディングとも重なってて、1日で取り終えてって…。(最後聞き取り不明)
—変更…。
●タイトル
あん時ね〜、ショックだったー。
ナレーション 矢口真里
怒濤のメインパート争奪戦 まさかの結果が…
●CM
『THEマンパワー!!!』
●本編
—12月某日(仮唄レコーディング初日以下レコーディング時のVTR)
学校の試験…。
メロディーが違う…。
号泣…。
「モーニングコーヒー」…。
飯田圭織…。
石黒彩…。
つんく…。
飯田は上のパートがイイ…。
安倍・福田の声は早く立ち上がる…。
「体調次第…。」
安倍か石黒がベース…。
翌日…。
変更…。
「安倍…。」
「昨日の戻りたい…。」圭織
『モーニングコーヒー』PV
「モーニング娘。の原点…」=やっぱり、『サマー・ナイト・タウン』で出して、『抱いてHOLD ON ME !』出して、『抱いてHOLD ON ME !』はオリコン1位とって…。
—『抱いてHOLD ON ME !』PV
オリコン初登場第1位。
祝 レコード大賞最優秀新人賞。
祝 紅白歌合戦初出場。
なんか、行き悩んだ時期もあったんですよ。すごく、モーニング娘。の中でも。
—『ふるさと』PV
『ふるさと』の時とか、もっと前へ行かなきゃだめじゃんって、すごいメンバー同士で思って、もっといけるよねって、もっと、もっともっといけるよね、すごい必死だったんですよ、メンバー同士が。すごいけんかして、そのときの顔ってすごかったと思うんですよ。いまモーニング娘。があるのも、その時の絶対もっといくぞっていう気持ちのモーニング娘。がいたからだと思うんですね。
娘。の原点となるハングリー精神—テロップ
●CM
「君となら/その瞳のかげり」サザーランド「SCREEN〜スクリーン〜」サザーランド
●クロージング
娘。パワー大爆発 そして、タンポポ伝説へ
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(11)

圭ちゃんも今年25歳か…。そうするとかおりんは24歳かな。「踊る!さんま御殿!!」に出た圭ちゃんが歳のことを言った時、なぜか愕然としました。かおりんも圭ちゃんもりっぱな大人の女性の歳になったんですね。女性に歳の話は失礼かと思いますが、こんな成長過程を見られるのもモーニング娘。の楽しみのひとつだと思います。番組はそんなかおりんのモーニング少女時代に時間を割いています。それではどうぞ。

●オープニング
ほんとにどうしようと、こんなこと経験したことないから、ずーっと涙が止まらなくて、ぜったい売りたいと思ったんですよ、ほんとに。
—札幌。
ポスター貼り…。
ビラ書き…。
交渉…。
ポスター貼り…。
訪問PR…。
予約受付嬢…。
訪問PR…。
ビラ配り…。
同級生全員にメール書き…。
室蘭市長と面会…。
(会場で)号泣…。
「北海道バンザイ…。」
ナレーション(後藤啓太) しかし、この後またもや試練が飯田を襲う。
●タイトル
この後 モーニング娘。誕生 ナゴヤ球場5万枚達成時の映像
●CM
『THEマンパワー!!!』
●本編
それがもし、5万枚売れなかったら、地元の高校にちゃんと進級してみたいな感じ、それが両親の条件だったんですよ。かっこいい言い方すれば、飛行機墜落みたいな感じ。寝てなかったし、ぜんぜん寝てなかっし、あとはね、精神的にも不安が募ってくるし、なんかどうしようどうしようって言うのもあったし。わたしサイン書きをほんとに何万枚も書いたから、目も疲れちゃってたし、学校で黒板とらなくっちゃいけないし、休んでなかったから、目?にこう角膜に傷がついちゃって…。
—札幌会場。
目が見えない…。
「病院…。」
目だから、スタッフの方もすぐ帰ってこれるように病院だけ行こう、行こうって言ってくれて。ほんとは自分で全部売りたかったんだけど1時間くらい抜けて行ってきて、傷ついてるからなにもしないでって、お薬もらって走って会場に戻ってまた売ったんですけど…。
—再び会場へ…
「5万枚達成の時」=思い出しただけで鳥肌が立つ。ほんとに。前の日も全然眠れなかったし、会場入るまえにどれくらい来てるのかな〜とか、いっぱいいっぱいで、なんか、楽屋でメークしてて、わってナゴヤ球場に出たら、すごかったんですよ、人がぶわーっていて…。
—5万枚完売まで残6枚…。
4枚…。

1枚
11月30日午後2時30分
祝50,000枚完売達成!!
「ナゴヤ球場に来てくださったみなさま、今日はありがとうございました。
札幌の学校との両立がすごいつらくて、もうやめたいって思ったこともあったんですけども、がんばってつづけて、これで夢がかなってうれしいです。」
こんなにあったCDがね、あと500枚です、あと300枚です、どんどんカウントダウンして、あと10枚です、5枚です、2枚です、1枚です、完売ですってなった時、ほんとーに自分が幸せ、天国に行った気持ち。なんていったらいいのかわからないけど、ほんとにそういうことしか覚えてないな〜。
—『愛の種』PV
夢から現実へ…
●CM
「プッチベスト5」「プッチベスト5DVD」
●クロージング
怒濤のメインパート争奪戦 まさかの結果が…
あのときね〜、ショックだった〜。
—「昨日に戻りたい…。」涙の圭織
戻りたかったんじゃないかな〜、ねっ。 
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(10)

DSC00389いよいよ今週は、飯田圭織卒業カウントダウン・スペシャル・ウィークに突入いたしました。23日の名古屋でも相変わらずの美しさを振りまいていたかおりん。写真は「飯田圭織 卒業メモリアル」と題したDVDです。モーニングのメンバーや卒業していったかつてのメンバーが、かおりんに卒業の挨拶やお礼などを述べています。かおりんもそれに答えていく、ただ会話だけのその構成が潔い。じっくり堪能できます。番組はだんだんドキュメントっぽくなり、おもしろくなってきました。それではどうぞ。

●オープニング
—「ASAYAN」オーディション時のVTR。「627番飯田圭織です」。シャ乱Qロックボーカリスト札幌オーデション。
ナレーションは再び矢口真里。
都内某所のスタジオで二次選考。
つんくより追加発注。
最終選考の寺合宿。
ほんとに大変でした。真夏で東京じゃないですか、北海道は涼しいからすっごい暑くて、熱射病になりそうなぐらい暑かったし。スケジュール的にもつらかったし、初めての東京で暑いし…。
—寺合宿ボイスレッスンのVTRインサート
怒られた人って印象に残るじゃないですか、でも、怒られないし、自己主張もできないし、ね、たぶん、あ、自分てあんまり目立ってないなーって思ってた。
—ダンスレッスンVTRインサート
—オーディション落選時のVTR
●タイトル
この後奇跡の大逆転が大どんでん返しが…。 圭織が再招集で4人の待つ部屋のドアを開けた映像
●CM
『THEマンパワー!!!』
●本編
「落選後の心境」=落ちた時はくやしいけど、まーしょうがないかーってな感じで、また、ここから北海道に戻って、やりなおしてーみたいな、以外と気楽モードだった。
—再び上京VTRインサート
つんくより5日間で5万枚。
テレビ北海道へキャンペーン。
番組終了後「君らほんとにデビューする気あるの…。」
「まだタレントじゃない…。」
「売らないと未来が…。」
ポスター貼り…。
訪問PR…。
予約受付嬢…。
ビラ配り…。
同級生全員にメール書き…。
室蘭市長と面会…。
ほんとにどうしようと、こんなこと経験したことないから、ずーっと涙が止まらなくて、ぜったい売りたいと思ったんですよ、ほんとに。
—札幌会場、大行列…。VTRインサート
販売会場…。
目が見えない…。
●CM
「ポケットモンスター パーフェクトベスト」「ポケットモンスター 裂空の訪問者」
●クロージング
苦難乗り越え念願のメジャーデビューへ 画像は手売り会場での涙の圭織
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

涙にむせぶ「テレフォンGOAL〜!」

えーーーーーりーーーーー!!! わたしをぶってくれ!たたいてくれ!けとばしてくれ!足でふみつけてくれ!むちでうちつけてくれーーーーー! うれし涙のあまり、絵里ちゃんの勇姿が目に入らなかったよ〜〜〜!くやしい〜〜〜!

これが噂の絵里ちゃんのソロ、なっちの「恋のテレフォンGOAL」か! はるばる名古屋まで、コンサートが3回は行ける交通費を払って行って来ました。それというのも、だだひたすら絵里ちゃんがソロで歌っている姿を見たいがため! あ〜それなのに、チャーミーの後を受けて絵里ちゃんが歌い出すと、もういけません。目に涙がどーーー!と溢れてきました。絵里が絵里がひとりで歌っている、あー、この日を待っていたよ絵里! ステージには誰も絵里ちゃんを邪魔?する人はいません。お客さんはみな絵里ちゃん一人を見るのです。やー、この快感たまりません。しかし、時は残酷です。あっと言う間に、実際は何分間かはあったのでしょうが、わたしにはほんの数秒にしか感じられませんでした。涙をぬぐっているうちにあややに引き継がれ、舞台の袖にはけてしまいました。なにか、おいしいものを一口食べただけでお皿を持って行かれるような気分。さ〜、一度この味を占めたからにはただじゃーすみません。こんどのモーニングのシングル曲は、絵里ちゃんセンターでメインの歌を創ってやってよ、つんくP!!! あっ、ユニットでもいいよ。だめならソロでもいいや!明るい感じの曲でね!

コンサートはいろいろ評価はあるようですが、わたしは楽しめました。最後に白組もステージに上がると、紅組だけでも華やかなのに、より一層にぎわいます。今度の29、30日の「大乱舞」が楽しみです。かわいくてきれいな女の子たちが歌って、踊って、笑顔を振りまく、これに抵抗できる男子は(女子も)いるはずがありません! やっぱり、たのしいやーーーーー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(9)

ゴールデンイーグルスの田尾監督はどんなタイプの監督になるのだろう?プロ野球に限らず監督には、いろいろなタイプの監督がいますね。でも、勝利に対する情熱と執念が人一倍強い監督ほど成功するというところは共通しています。これはどの世界でも同じですが、なかなか出来ることではありません。番組は率直な発言をしてくれるので楽しみな矢口真里さんです。それではどうぞ。

●オープニング
「今までで一番の思い出」=武道館に立ったっていうのが一番印象深いなって思うんですけど。
—「ダンシング ラブ サイト 2000春」矢口MC〜『恋のダンスサイト』インサート
つんくさんのコンサートを見に行ってたんですよ、武道館に。で、そのときにこんな大人数の会場で、すごいオーラを放っていて、すごいなってここに立てるなんてすごい時間がかかるんだろうなって、すごい考えていたんですよ。二年後に自分達が立つってことになって、そのときはすごいうれしかったですね。すごい盛り上がったコンサートでしたね。
●タイトル
このあと告白 矢口の好きな娘。歌 画像は『そうだ!We're Alive』PV
●CM
『THEマンパワー!!!』、『アヴェニール〜未来〜』
●本編
「ファンのみなさんに是非観てもらいたい作品」=『そうだ!We're Alive』の時にセンターに立たせてもらったのが初めてだったので、それがすごい気合いが見られるかなって。
—『そうだ!We're Alive』PVインサート
「好きな娘。歌」=えーとね、『サマーナイトタウン』がすごい好きです。
—『サマーナイトタウン』PVインサート
デビュー曲なんですけど、あの曲はすごい練習して、メインパートとハモリとコーラス全部レコーディングしたんですけど、出来上がったときにコーラスだけっていう、すごくショックを受けたんですけど、それがすごい力になって、あっくやしいと思ったんですよ、すごい。やっぱり先輩には追い付けないんだと分かったんで、そこからすごいがんばったっていう、自分にとってすごいデビュー曲だと思うんです。
「メンバーへのメッセージ」=なんていうんだろ、もっと下の子たちには、どんどん前に出てきてほしいなっていうのはありますね。以外とみんなね、こうこわいと思うんですよ。以外とふだんから仲良くしてる子たちをライバル視するのは、たぶん最初から仲良くしちゃってるのであんまりないと思うんですよね。ユニット物がいま少ないじゃないですか、だから、そういう部分では矢口はタンポポで出て、圭ちゃん、紗耶香はプッチモニだったっていうのでライバル視していた部分があるんですけど、そういったきっかけがあればきっとライバル視するメンバーも出てくると思うんですけど。いまはねー、まとまりを作って、こっからまた再スタートみたいな部分があると思うんですけど。ま、ゆっくりそういうものも出てきてくれればいいなっていう感じです。
—かおりん、オーディションからオリコン初登場1位までの映像インサート
ナレーション 来週は激動の7年を秘蔵VTRで振り返る飯田圭織卒業スペシャル!
●CM
「ポケットモンスター パーフェクトベスト」「ポケットモンスター 裂空の訪問者」
●クロージング
来週の娘。ドキュメントは飯田圭織卒業スペシャル 画像は圭織インタビューシーン
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(8)

やたら手回しがいいねアップフロントインターナショナルは…。チャーミー卒業コンサートのチケット先行予約の結果を見る前に、もう送金の用紙が届きました。当落の結果を見る手間ははぶけますが、早く払ってくれと言わんばかり…素早いです。チケットやグッズが手もとに来るのは遅いのにね。番組は新リーダーとサブリーダーになる、まりっぺ(昨日はお誕生日おめでとうございます)とよっすぃーについてです。それではどうぞ。

●オープニング
「吉澤ひとみのココを見て欲しい」=『Mr.Moonlight』をやってからメンズキャラで…
『Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド〜』PVインサート
『浪漫』のPVとか…
『浪漫〜MY DEAR BOY〜』PVインサート
自分で見て「男がいるんだけど」みたいな。そのぐらいでしたね〜。髪の毛真っ白にして、オールバックにして、男じゃんって思いましたね。そんなふうになって髪型ひとつで変わるんですよね。
ハロモニ。劇場「駅前交番物語」(お膳をひっくりかえすシーン)OAインサート
「サブリーダーとしての決意」=やー、来たかっていう、こう、なんでしょうねこの気持ち。良くするためにはって考えたら、それもできるかなって気はすごくしますね。きびしくときには笑顔で、でもがちがちにはしたくないんですよ。いままでどうりの自分でいたい気もします。
●タイトル
矢口真里インタビューシーン 矢口告白 歌手をやめたいと思った訳 画像は『聖なる鐘がひびく夜』PV
●CM
『THEマンパワー!!!』、『アヴェニール〜未来〜』
●本編
真里の「今までで一番辛かった出来事…」=ユニットの掛け持ちがたぶんいちばん多かったんじゃないかな。ミニモニ、タンポポを同時にやっていた時に、睡眠時間が少なかったのと、そのたんびにだめだしをされるんですけど、ここが良くなかったというのを聞くだけで、どんどん歌がきらいになった時期があったんですよ。その時期はほんとにつらかったですね。歌手をやりたくてこの世界に入ってきたのに、歌がきらいになってくるんだろうと思うと、自分の中で矛盾してきて、葛藤してましたね。
「思い出の歌」=『聖なる鐘がひびく夜』とか…
『聖なる鐘がひびく夜』PVインサート
やっぱり、石黒彩と飯田圭織がすごい先輩なので、追い付かなきゃっていう気持ちが前のめりになっていて、ぜんぜん気持ちの整理がつかずに、引っ張られていたっていう感じがするんですよ。だから、背伸びしてたじゃないですけど、大事なことを忘れて必死になりすぎてた。そう言う時にマイナスなことを言われてどん底まで落ちましたね。一回。
気が楽になってきたのは4期メンバーが入ってきた時くらいからですかね。
先輩たちの足を引っ張っちゃいけないみたいな考えしかなかったんで、すごい必死だった気がするんですけど、下のメンバーが入ってから、もう少し余裕を見せていかないとっていうのがあって、教えるような立場になって力が抜けてきました。
●CM
「プッチベスト5」「プッチベスト5DVD」
●クロージング
明日も矢口が熱く語る 私とモーニング娘。 映像は「ダンシング ラブ サイト 2000 春」の矢口MCシーン
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(7)

今週号の週刊TVガイド「100%ハロプロ」に、かおりんへの卒業メッセージが11人分載っています。これと、スポーツニッポン1月15日号の「Hello! ハロプロ 飯田圭織」の囲み記事にある、かおりんからの11人への贈る言葉を突き合わすと、ちょっとおもしろい対話になります。擬似卒業コンサートみたいな感じを想像できますよ。番組は引き続きチャーミー(今週号のザ・テレビジョン「モーニングチャンネル」ではまだチャーミーと言っていますので)とよっすぃーです。それではどうぞ。

●オープニング
「今までで一番嬉しかったこと」=ジャケット撮影の時に、はじめて自分が真ん中に入るって聞いたんですよ。個人ショットを撮って、ハイ次集合写真を撮ります。石川さん真ん中でって言って、え〜、あたしみたいな感じで、どうどうとできなくて、囲まれるっていうのがはじめてだったんで、緊張感っていうのはただものでなかったって。
ナレーションは後藤啓太さんで続くようです。「石川はモーニング娘。のセンターを噛み締める」
『ザ☆ピ〜ス!』PV撮影シーン、インサート
タンポポやカントリーの真ん中にいるのとまた違う、いきおいっていうのかすごいですよね。
『ザ☆ピ〜ス!』PV、インサート
このチャンスを与えてもらったってことは、それをどう自分として結果をだせるか、このチャンスを絶対自分のものにしてやるって思って、無我夢中でした。
●タイトル
吉澤ひとみインタビューシーン 吉澤激白 私の克服できない大きな壁
●CM
『THEマンパワー!!!』、『アヴェニール〜未来〜』
●本編
ひとみの「今までで一番辛かった出来事…」=運動神経いいとダンスぐらいできるでしょう、みたいな。ダンスのリズム感とはまったく別で、本当にこわれました。できないで追い込まれました。ダンス、イコール、恐いみたいな。
「思い出の娘。歌」=『ハッピーサマーウエディング』。当初を、思い出します。イントロを聞いただけで。
『ハッピーサマーウエディング』Love Is Alive! 2002 夏から、インサート
うあ〜って、いやじゃないし、大好きでもないんだけど、うーーってくる雰囲気があるんですね。
これと『通学列車』のカップリングがやばいです、涙が出ます。
「吉澤ひとみのココを見て欲しい」=プッチモニの『ぴったりしたいX'mas!』とか『青春時代1.2.3!』の時代は少女ですよ。いまやると、やってるよ〜みたいな、あれなんですけど。いまやるとどうしてもコントみたいに感じちゃうんだけど。かわいいじゃん自分!と思う。少女じゃんって! 
髪型ひとつで変わるんですよね。だから、コントのズラひとつで変われるんだって思って。
●CM
「Beautiful」加藤ミリヤ
●クロージング
明日は、吉澤お笑い開花!? 告白!!矢口が歌手をやめたい瞬間 映像は「ハロモニ劇場 頑固一徹夫妻」シーン
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(6)

いつも思うんですけど、どうしてシングルVにはPVのスタッフ・クレジットがないのでしょう。ライターやアレンジャー、ジャケットのデザイナーなどの名前は載っているのに。せめてPVのディレクターの方の名前くらい書いてあってもいいんじゃないですか?『THEマンパワー!!!』のメイキング映像では、かおりんの風格ただようコメントが聞かれます。また、こういう衣装がかおりんにはぴったり!番組の方は20歳になったチャーミー、こんなニックネームも年にあわないかな?石川梨華さんの特集のようです。それではどうぞ。

●オープニング
前日からの重複で、「合格した時の顔はマジな顔ですね。」「ありがとうございますみたいな」「まさか呼ばれないと思っていたから」
ナレーションは後藤啓太さん「今夜、石川梨華がモーニング娘。5年の軌跡を赤裸裸に語ります」
●タイトル
『ザ☆ピ〜ス!』The Best Of Japan夏から秋より
●CM
『THEマンパワー!!!』、『アヴェニール〜未来〜』
●本編
再び前日と重複。「この5年間って、15歳から20歳の間っていろいろ経験する期間だと思うんですよ、人として。あこがれだったモーニング娘。に入ってちょっと早い夢が実現したじゃないですけど、この状況を理解するのに時間がかかったのは確かですね。」
「初ステージの思い出」=地に足がつかないっていうか、浮いてる感じ、ふわふわしている感じ。この状況をどう理解していいのかわからなかった。
ダンシング ラブ サイト2000春の映像インサート=ごっつぁんの紹介で自己紹介
続けて『ハッピーサマーウエディング』
自分がいまモーニング娘。として武道館のステージにたっていることがどれほどすごいことか、考え的にはあまかったのかなって。それで、辛い時期が1年くらいあって、たのしいこともあったけど、辛いことのほうが多かった。
「今までで一番辛かった出来事…」=タンポポに入って『乙女パスタに感動』のときが初めての壁でしたね。
ジャケット撮影シーン、振り付け練習シーン、インサート=夏先生の指導のもと、石川一人練習。
PVでもソロ・ショットがあるんですけど、かちかちで…
PV撮影シーン、インサート
いま見るとあれはあれでかわいかったなかなって思いますけど、結構必死でしたね。
ステージではうまくいかず、タンポポに関しては毎回壁でした。
それがあったから、いま自分に自信をもつことが、この5年間で出来たのかなって。
●CM
「orangenoise shortcut/The Aprils split ep Sortey!」
●クロージング
明日も石川が語る 私とザ☆ピ〜ス! 映像は『ザ☆ピ〜ス!』撮影シーン
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(5)

なにやらこの番組の制作現場は、えらいことになっているようだ。正味8分間なにも放送しないわけにいかない。スタッフの知恵のしぼりどころだ。今週からは、さらりと番組内容だけの報告にします。例によって、誤字、脱字、誤報、誤認、無知はご容赦ください。それではどうぞ。

●オープニング
オーディション合宿前のあさ美。「なにごとも、全部力を出しているところを観てほしい」とアピールする。
今日のナレーションは後藤啓太さん。
合宿後の評価は「ずばり劣等生」
つんくP「結果的に赤点をとったんですけど、出会ったインスピレーションにかけて、本人も言っていた努力するということを観ていきたいです」
「合格の瞬間を振り返って」 3人呼ばれたとき落ちたんだなと頭の中が真っ白になる。そのときもう一人「紺野」と呼ばれるも、誰のことか頭が働かなかった。「ほんとうにびっくりしました」
●タイトル
『電車の二人』2002春Love Is Alive!より
●CM
『THEマンパワー!!!』、『アヴェニール〜未来〜』
●本編
あさ美の「思い出の娘。歌」『Do It! Now』はじめてソロパートをもらい、緊張で顔がガチガチになる。そのことをつんくPに電話で話す。「お歌は気持ちだからね〜」とアドバイスをもらう。
「今までで一番辛かった出来事…」 2002年の春のコンサートの時、わたしはこれからもやっていけるのだろうかと落ち込んだ。『電車の二人』でソロパートがあり、それで余計に考え込むようになってしまった。
梨華の「合格の瞬間を振り返って」「合格した時の顔はマジな顔ですね。」「ありがとうございますみたいな」「まさか呼ばれないと思っていたから」
「娘。生活5年間を振り返って」「15歳から20歳の間っていろいろ経験する期間だと思うんですよ、モーニング娘。に入ってちょっと早い夢が実現したじゃないですけど、この状況を理解するのに時間がかかったのは確かですね。」
「モーニング娘。といっしょに立つというのが考え的にはあまかったのかな」「だから、つらい時期が1年くらいあって、先輩に追い付き、追い越さなきゃという目標を持って走り続けるのって、まわりの人が思っている以上に大変だった」「自分に自信を持つことができたかなって」
ナレーション「モーニング娘。と出会って5年。石川梨華 栄光と挫折!」
●CM
「プッチベスト5」「プッチベスト5DVD」
●クロージング
明日は石川激白!! 合格・デビューそして挫折 画像は『ザ・ピース』PVのメイキング・シーン
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「抹茶ババロア」いただきま〜す!

ん〜、も〜、絵里ちゃん、中澤旅行社御一行さま、わたしに言ってくれればいいのに〜。「抹茶ババロア」ぐらいいくらでも食べさせてあげるのに。「紀の善」周辺は、わたしの準フランチャイズですよ。お迎えに行ったのに〜、くやしいー。

16日の「ハロモニ 新春グルメツアー」で、姉さん、かおりん、チャーミー、愛ちゃん、まこっちゃん、絵里ちゃんが訪れた「紀の善」で、まこっちゃん以外の5人が食べた「抹茶ババロア」を食べるぞー。今日は店の中で食べてる時間がなかったので、おみやげの方を買いました。ついでに取材、お店の女の子に「きのう、TV見たんですけど、モーニング娘。はいつ来たんですか?」と。そこで店員さんは、ニヤッと笑い、待ってましたとばかりに「12月の中頃でしたよ」。おー、1か月も前か。その頃なら会えたかもしれないな〜と、ボーとしながら店を出ました。

「抹茶ババロア」のお味は、姉さんの言っていたとおりです。昔は木造の家でしたが、儲かったようで自社ビルを建ててしまいました。他にもあんみつ、お雑煮、鳥釜飯などがあり、どれもおいしいです。

DSC00376

DSC00379

DSC00383

| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵里とわたしの動物園デート(後編)

★前編のつづきはここから。お楽しみはこれからだ!

さらに進むと、アシカやペンギンなどビデオ・クリップに出たところが次々現われます。残念ながら、クマのいるところは、現在工事中ということで入れませんでした。絵里ちゃんがクマのまねをしていたところですね。そういえば、ゴリラの顔に自分の顔を入れて記念写真を撮るところがあったはず。ちょっと見渡すとありました。それがこれです。
gorilla_face

わたしも顔を入れてみました。そうです絵里ちゃんと、顔、頬を付けたのです!やったー!ここまでくればかなりの成果。うれしーーー!

東園はほとんど見たので、いそっぷ橋を渡って西園へ。ここはさっき来たから、残りはただひとつ。絵里ちゃんがまこっちゃんとお弁当を食べたベンチを探すことだけ。噴水が中央にあるのでここから四方を見る。やー、見当たらない。む〜、もはやこれまでか、と後ろを見れば、ここじゃない!ここですよ!すぐ後ろにありましたよベンチが!え〜、これってなにかを暗示してますよね。「灯台下暗し」ってやつですか?「青い鳥」か?エースはほんとは近くにいるんじゃないの、つんくPさん!
bench_1

大興奮のうちにわたしはやりました!絵里ちゃんが座ったベンチに頬づりをです!!! あ〜〜〜〜〜〜〜!この感触、い〜〜〜〜〜〜〜!この香り、う〜〜〜〜〜〜〜!たまらん!!! え〜〜〜〜〜〜〜!ここが、お〜〜〜〜〜〜〜!絵里ちゃんのお尻があったところか〜〜〜〜〜〜〜!!! か〜〜〜、まずい!これ以上言うと人格を疑われます?! ううんっ!気をとりなおして、ベンチに座り一息つく。
bench_2

さあ、そんなことでふと左手を見ると不忍池のほとりにある柵、あー、これだ! 絵里ちゃんとまこっちゃんがアイスを食べていたところだ。今は真冬で草木が枯れて落ちているので、感じが変わっていますが間違いありません。そうか、このベンチでお弁当を食べて、それからここへ来てデザートのアイスか、なるほど。ここでは、ロケの日がまこっちゃんの誕生日だったので、スタッフからバースディー・ケーキをもらっていたね。おめでとう〜!
ice_bar

絵里ちゃんとまこっちゃんとわたしの楽しいデートもここで終わり。『螢の光』の音楽を背に、出口の弁天門へと向かいました。せっかく動物園に来たと言うのに、ロケ地ばかり探して動物をちっとも見ていませんでした?! まっ、絵里ちゃんのお尻と間接的に触れられたのですべてOK!「絵里ちゃん、こんどは二人でまた来ようね!」とわたし。(まこっちゃん、ふくれる)絵里ちゃん「うん!」…って言うわけないか?!

ひまな時や、ボーっとしたい時、本当のデートの時など動物園はいかがでしょうか?けっこう楽しめ、いろいろ考えさせられます。地方の方も東京に来られたら、ぜひこの動物園へお越しください。

◎上野動物園のホームページアドレスは下記のところです。
 http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/zoo/ueno/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵里とわたしの動物園デート(前編)

「まさにベスト・ショット!」つんくP、またまたひとりご満悦のファンクラブ会員限定DVD「ベスト・ショットvol.4」。今回の聖地巡礼は、われらがモーニング娘。の、いじられ娘1号2号またはお笑い担当娘1号2号(どっちが1号か2号かはご自由にお決めください)。亀井絵里ちゃんと小川麻琴ちゃん(さすがに組み合わせうまいね)の『どうにかして土曜日』のロケ地、上野動物園に決定! 

ところでつんくP、この企画今回で完結ってどういうこと?まだ、絵里ちゃんのソロ・バージョンがないじゃない?! お願いしますよ、まだ続けてvol.5、6と出してよ!

今回の聖地巡礼、実は2日の日に上野駅まで行ったのですが、あまりの人込みにキャンセルしました。そこで9日午後に決行!

さあ、着きました「上野動物園」。ここに来るのも何十年ぶりだ〜。「あっ、あのまこっちゃんは出口の弁天門で待っててね! えっ、一緒に来たいって? んーじゃー、3人で入ろうか?」と言うわけで絵里ちゃん、まこっちゃんとわたしでデート気分で行きましょう!

zoo_map
表門から入ったはいいが、どこがどこやらわからづ闇雲に回ってみましたが、さっぱりロケ場所がわかりません。しまいには西園のはじまで来てしまいました。不忍池から吹き抜ける風が寒い寒い。近くに「両生爬虫類館」があったので寒さよけに入りました。込んでます。みんな考えることは同じで、入って来たのでしょう。また、中は熱帯地帯の条件をみたすため、温度と湿度が高くなっているので、蒸し暑いぐらいになっています。体もあったまったところでまた外へ。

「あー、これじゃー1ケ所も見つからないなー」あせります。さらに奥へ行くと「アフリカの動物」というコーナーの建物に入りました。地球上にはいろいろ動物がいるんだと感心しているとアルマジロが…?あっ!ここだ!ここだ!横を見るとありました、ありました。見覚えのある壁!絵里ちゃんが動物を怖がってへばりついた壁が!うぉー、感激!さっそくわたしも壁にへばりついて頬づりを開始!冷たくて気持ちいい〜。反対を見るとコウモリがいます。こいつですね絵里ちゃんを怖がられせた張本人は?許せん!
(余談ですがアルマジロは動きが早いので、シャッターを押した時と実際の録画とのづれの大きいデジカメだとうまくとれません)
african_animal

とりあえず1ケ所見つけたことで元気が出てきました。もう一度、表門に戻ってやり直し。戻る途中でまたまた発見!象の実物大の像。これだー、絵里ちゃんが象の鼻にぶら下がっていたところだ!一枚写真を撮ろうと思っていると、次から次から子供達が来て、この鼻にぶら下がるんだ。なにか人間の本能としてこういうものを見ると、ぶら下がりたくなるのだろう。しかし、写真が取れない。ねばってやっと撮りました。
elephant

表門に戻って案内図の順路どうり進む。しばらく行くと「ゴリラ・トラの住む森」があります。なんだ、順路どうり行けば苦労なかったんだ、とこの時気がつきました(気付くの遅いって)。ゴリラがいましたが、この日は機嫌が悪いのか、ずーっと後ろを向きっぱなし。ま、人間でもそういうときありますよね。その反対側にあるのがこれ。
gorilla
これの前で絵里ちゃんが腕を広げて立っていたのかー。感動します!まこっちゃんがやっていたように、わたしも手の大きさを比較してみました。確かにゴリラの手は大きい。

★後編へつづく。要領の悪いわたしは、絵里ちゃんが座ったベンチを見つけられるのか?こう御期待!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(4)

7期オーディションの最終候補者6人のみなさん、この結果を肯定的に受け止めてください。最終選考まで残ったことを誇りにしてください。これはつんくPが言うように単に「縁がなかった」だけなのです。みなさんはまだ若い。これから他のオーディションを受けるも良し、自分で売り込みに行くも良し、すっぱり芸能界をあきらめるも良し、またはつんくPから再招集されることがあればそれを受けるも良し。あなたたちにはいろいろな可能性があります。いつでもどこにいても輝いていくような存在になることを期待します。

昨夜(14日)は、れいなとミキティー。れいなは「れいな節」全開でれいなそのものでした。そしてミキティーはこの瞬間なにを思ったのだろう?「藤本美貴」というブランド名も浸透してきた時にモーニング入り。彼女は妥協したのか、気持ちを入れ変えたのか、とにかく今のモーニングにはなくてはならない存在になった。

●オープニング
愛の「今、オーディション合宿を振り返って」バレエを習っていたがリズムの取り方がまったく違う。リズムを取るということを初めて知る。
5期メン合宿風景
夏先生から(ダンスの)協調性がないとモーニングには入れないと言われる。
なんでも出来る麻琴にライバル心を抱く。
●タイトル
『Do It! Now』ライブ
●CM
『THEマンパワー!!!』、『アヴェニール〜未来〜』
●本編
愛の「私を進化させるもの」つらいこともたのしいこともかね備わっている、ライブ。「成長の場ですね。」と語る。
矢口真理のナレーションで「愛ちゃんのいちばんすきな歌」は 『Do It! Now』ミュージカル中に仮歌をもらいなんていい曲なのだろうと夢中になる。
里沙の「思い出の娘。歌」『ミスター・ムーンライト』ソロパートをまかされたので、先輩みんなにアドバイスしてもらい、5期メンとは悩んだときに手紙をもらったりしていた。はじめは5期メンだけでダンスレッスンをしていた。
麻琴の「私を進化させたもの」コントで自分が出せるようになったのは先輩と仲良くなれたから。また、コントで自分を出せたことで、みんなの麻琴を見る印象が変わったと思う。
●CM
「ポケモン パーフェクトベスト」「ポケットモンスター 裂空の訪問者 DVDビデオ」
●クロージング
来週は矢口、石川、吉澤、紺野。
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(3)

こう、毎回いたいけな少女の涙を見せられると、どうにかして希望をかなえてやりたいと思うのは人情でしょう。そこまでしても「モーニング娘。」になりたい、その情熱。VTRの編集マジックでよりそれが強く感じられた。これが「ラッキー7オーディション」の候補の方たちからは感じられなかった(その場にいたわけでも、候補の方に直接会ったわけでもないので独断ですが)。または、その情熱を呼び起こすほどの力が今の「モーニング娘。」にはないのだろうか?

昨夜(13日)は、絵里ひとりだけかと思っていたら、れいなも入りました。今夜はれいなとミキティーです。この調子で行くと12人ですぐ終わってしまいます。かおりんの卒業ドキュメントを入れても今月いっぱいでしょう。さて、そのあとは3月末までサプライズがあるのか、どうする〜、アイフル〜!

●オープニング
れいなの昨夜放送された部分からだぶってスタート。
菅井先生の発言に「ここで泣いたらプライドが許さん!」とこらえた。
矢口真里のナレーション。「持っていたプライドを捨てたとき人間はまた大きくなる」
●タイトル
『シャボン玉』15人でNON STOPより
●CM
『THEマンパワー!!!』、『アヴェニール〜未来〜』
●本編
れいなの「今までで一番辛かった出来事…」『シャボン玉』の出だしで緊張して声が震えたこと。家で練習してもうまく歌えないと腹立たしくなる。
「ファンのみなさんに是非観てもらいたい作品」乙女組のコンサートDVD。
つんく登場!ミキティーにモーニング加入を目の前で通告。ミキティー驚く。
ミキティーの「今までで一番辛かった出来事…」メンバーが多いのでダンス時のフォーメーションを覚えるのに苦労したこと。
「思い出の歌」『Let's Do 大発見!』いちばん初めにステージで歌った曲だから。
「思い出の娘。歌」『シャボン玉』「初めての曲ってのこりますよね」と答える。
●CM
「orangenoise shortcut/The Aprits split ep Sortly」
●クロージング
明日は5期メンバー。
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(2)

巷間言われているように、これは7期メン合格者お披露目までのドキュメント番組だったのだろうか?それをくつがえしても該当者なしとしたことは、ある意味すごいことかもしれない。でも、この番組自体スポンサー、UFA・ハロプロのプロモーション番組だからどうとでもなるのか?そんな訳で、内容は去年やった「よろしく!センパイ」と同じようなスタイルとなった。

昨夜(12日)は、モーニング加入からいままでのさゆの歩みと彼女の回想となりました。まだ初々しいさゆの涙を見ていると、誰でもさゆに感情移入ができますね。

●オープニング
絵里の「今、オーデション合宿を振り返って」のコメント。自分から行動を起こすことができず、スタッフに言われてから練習をした。
6期メンのオーデション合宿風景 夏先生から「約束を守る。」ことと言われる。
矢口真里のナレーション復活。
絵里、夏先生に思いが伝わらず涙を流す。 
●タイトル
『好きな先輩』15人でNON STOPより
●CM
『THEマンパワー!!!』、『アヴェニール〜未来〜』
●本編
絵里の「今までで一番辛かった出来事…」はじめの頃、3人でも振りができないのに、先輩たちに混じってできるのか不安になった。また、ステージでは先輩たちに圧倒されてばかりいた。
「思い出の娘。の歌」6期3人で歌った『好きな先輩』
「好きな娘。の歌」『愛あらばIT'S ALL RIGHT!』ふだんはうまく歌えるのに、本番になるとはずしてしまう。
れいなの「今、オーデション合宿を振り返って」のコメント。絶対泣かないと決めていた。
れいなへの歌唱指導 ボイス・トレーニングの菅井先生から厳しくも愛情のある叱責。
●CM
「オールスターズ大乱舞・再追加公演決定!!告知」、「メロン記念日日本青年館公演告知」
●クロージング
明日は今夜に引き続き田中れいなと藤本美貴。
クロージングテーマ曲は『THEマンパワー!!!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【緊急企画】「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(1)

7期メン消滅というモーニング娘。史に残る出来事が、この埋め草的な帯番組「娘。ドキュメント2005」に付加価値を付けたのは間違いないだろう。ということでこれからどのような展開で番組が進むのか、興味が続くまでご報告していきたいと思います。また、上げる必要を感じなければ明日にもやめます。はたして「ラッキー7オーディション」とはいったいなんだったんだろうか?(急ぎで上げますので誤字、脱字、誤報がありましたらご了承ください。出来る範囲で訂正していきます。)

昨夜(11日)は、これからのモーニングに対してカオリン、まりっぺからかなりシリアスな発言がありました。さあ、今夜はどうでしょう?

●オープニング
さゆの「今、オーデション合宿を振り返って」のコメント。挨拶もできなかったことを悔やむ。
6メンのオーデション合宿風景
さゆへの歌唱指導(記憶違いでなければ以前に放送されてないシーンあり)
●タイトル
『涙が止まらない放課後』のPV
●CM
『THEマンパワー!!!』、『アヴニール〜未来〜』
●本編
さゆの「思い出の娘。の歌」-はじめてソロを歌った『涙が止まらない放課後』。
「今までで印象深かった出来事…」-モーニングに入っていちばんうれしかった仕事が写真集の撮影。
「今までで一番辛かった出来事…」-モーニング娘。乙女組のセカンドシングルの出だしのパートを、歌番組で歌う時の表情が難しかったこと。
●CM
「プッチベスト5」、「プッチベスト5DVD」
●クロージング
明日は亀井絵里。絵里の泣いている姿。
クロージングテーマ曲は「THEマンパワー!!!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

決定!合格の幸うすさNo.1

カオリン「15歳の人いる?」
「はーい」とれいな、さゆ、手を上げる。そして絵里ちゃんも続く。ん?15歳、絵里ちゃん?
早速、ガキさんから「ちがう、ちがう」と体を突かれる。
もう、去年の12月23日以前の録画だとバレてしまいました。そんな、素人っぽさをまだ残している絵里ちゃんにLOVE!

オーディションの結果は「ちゃら〜〜〜ん」なものだったが、番組は前半のほうが面白かった。絵里ちゃんの合格時の反応に対するメンバーの突っ込みは傑作だったよ。
●まりっぺ「亀井ちゃん、亀井ちゃん、亀井ちゃんがおかしい!」
(おかしいのではありません純真なのです!)
●よっすぃー「リストラされたおっさんみたいだもん!」
(うまいこと言うなよっすぃー!)
●チャーミー「あの時から幸薄いっていうキャラできてるじゃない!」
(幸うす子姉さんに言われたくありません!)
●ふたたび、まりっぺ「亀井ちゃん、落ち込みすぎだよ!」
(ほんとはすごくうれしかったんです、矢口先輩!)

チャーミーに言わせると絵里ちゃんがいちばん問題なんだそうだよ。
そうでしょう、そうでしょう。もう突っ込みどころ満載だからね絵里ちゃんは。やたら完成されてないところがまた魅力的なんだよ。永久欠番の「保田圭」ちゃんの地位は「亀井絵里」ちゃんに決定しそうだね。

モーニングに加入してしばらくはどうなっちゃうんだろうと心配していたけど、どうやら杞憂に終わったようでほんとに良かった。これからもみんなに突っ込まれて、愛されていってね絵里ちゃん!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ALL FOR ONE & ONE FOR ALL !

スマトラ沖地震・津波が起きて2週間がたつ。それは人知をこえた未曾有の大災害だ。
あまりの被害の大きさにお見舞いの言葉さえ虚しい気がする。

徐々に被害を伝える映像が舞い込んできたが、それはすさまじいばかりの津波の破壊力を映し出している。当然、地震の震源地付近では地震の被害も相当なもののはずだ。当初は死亡者の数も2万人と言っていたが、これはそんなものではないだろうと思っていた。やはり、2週間たつとその数は15万人と伝えられている。いや、こんな予想はいやだが20万人くらいの人々が亡くなられているのではないか?そして続いて起こる二次災害についても心配される。

幸い世界的に支援の行動が速やかに行われている。個人的な献金も有名人を含めかなり集まっているようだ。EUでは被災者が多いこともあって被災地の救済に力をいれている。また、国連もかなり迅速に対応しているようだ。やはり、世界的な規模の組織が動くのが一番いい。国連自体も問題がないわけではないがやはり頼りになるし、応援してあげたい。ここには、EUも国連もアメリカのイラク攻撃によってづたづたにされた力を再び呼び戻したいという思惑もあるのかもしれない。しかし、そんなことはどうでもよい少しでも災害にあわれた人々を救うのが先だ。

現地からの報告を見ているとこのあと二次災害が起こることは容易に推測できる。伝染病や赤痢など考えられるそうだ。そして、下痢などで脱水症状も起きる。しかし被災地、被災国は「水」がないようだ。これでは水分補給ができず大した病気でもないのに死んでしまう。衛生状態も悪くなる。ここは、お金も必要であるけれど素人考えだが、タンカーなどで水を送れないだろうか?日本の国会議員の中には船舶関係に明るい方たちがいるはずだ。個人の力では限界がある。そのように大きな権限のある方たちが動いてくれないか?ぜひ、検討していただきたい。

欧米のミュージシャンたちは早速チャリティー・コンサートなどを開催することを検討しているようだ。こういったコンサートの有効性はあまり期待できないが、これもやらないよりましだ。日本でも必ず開催されることを期待する。より自然なかたちで援助ができるならより多くの人たちに受け入れられるだろう。ハロプロでやってもいいよ。そのときはぜひ参加したい。

『ALL FOR ONE & ONE FOR ALL ! 』
全体主義、滅私奉公の歌じゃないよ。連帯の歌だ!(つんくPがそこまで考えてつくったかわたしにはわからないが)
この災害の悲劇を機会にイラク攻撃によって引き裂かれた世界をひとつに、そしてより寛容な世界に導くことができればと人類の英知に期待する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04紅白歌合戦(ハロプロだけ)激しく擁護する!

モーニング娘。+W、後藤真希&松浦亜弥+ハロー!プロジェクト・キッズの出演シーンをもう何度見たことだろうか!昨年のNHK紅白歌合戦のビデオ録画(時代はHD、DVDだが)視聴のことだ。

年が明けここ2〜3日、紅白歌合戦の視聴率低迷がマスコミで大きな話題となっていることはご存じのことと思う。朝日新聞1月3日(月)の第2社会面でも異例の3段抜きで右上のトップに持ってきた。「紅白視聴率、初の40%割れ」「NHK支えてきたファン逃げた」「格闘技人気『K-1』20.1%」と見出しが踊っている。記事の内容は各新聞、スポーツ新聞とも同じようなことが書いてある。落ち目の三度笠とはこのこと。また、弱ってきているものを叩くのも人の世の常。おもしろ半分に見出しを付けているスポーツ紙もある。昨年、NHKが起こした不祥事は非難されて当然のことであるし(体質はかわらないだろう)、それによって受信料を払いたくないという感情も理解できる。紅白歌合戦の再生はほとんど出来ないだろうし、年々、視聴率は落ち、最終的には「歌謡ホール」と「ポップジャム」を合わせた数字20%位で落ち着くと思う。

しかし、NHKはこれを止めてはいけない。『歌』『音楽』もまた文化である。格闘技中継とていつまで人気が続くかなんて誰にもわからない。数字が取れなくなれば民放TV局は次のソフト探しに躍起になるはずだ。NHKは民放ではない(将来的には民間経営というのも考えているようだが)、視聴率など気にせず他のドキュメンタリー番組と同じように文化・芸術としての紅白歌合戦を続けていってほしいし続ける義務がある。もちろん、正当な収益の範囲での話だ。そして、見る方は自分の気に入ったところだけ見ればいいことである。

そこで、上に書いてあるようにビデオ録画したものを見た。そして最もかつての紅白歌合戦を感じさせたのはモーニング娘。+W、後藤真希&松浦亜弥+ハロー!プロジェクト・キッズと松平健さんの3組であると感じた(美川憲一さんもやや入るかな)。

とくにハロプロ勢のものはすばらしかった(ひいきだからではないよ)。NHKはハロプロが好きなんじゃないか?と思わせるくらい充実していた。ダイナミックな絵づくり、過不足のないカット割り、正確なスイッチイング。紅白には時間をかけた綿密な打ち合わせ、そしてリハーサルがあるという。そうだろう、これは簡単にできるものではない。スタッフも相当な訓練をしているはずで、これは予算・技術とも民放では出来ないだろうと思う。また、大人数が出てくる曲はスタッフとしても腕の見せ所、やる気も出てくるのだろう(これ見たらコンサートDVDなんて見られないよ)。ふた組とも選曲が発表された時はどんなことになるのやらと心配していたが、さすがに普段からいろいろなこと?をやらせられているので、対応力もばっちり!短い時間にすべてを叩き込んだ!メドレーのアレンジも良く出来ていたし(『お正月』のアレンジも斬新でうきうき感に満ちていた)、ダンスの方(振り付けのうまさも含め)もいつもよりいいじゃない!おまけに?メンバー全員いい顔してて最高のパフォーマンス!ほんとうにかわいい、いつも以上にかわいい!まるで夢の中のようだ。とくにモーニング娘。+Wの最後、『愛あらば〜』にもどってきて、カオリンを頂点に三角の形になるところでは思わず涙した。美しいこの構図、それを適格に写し取ったすばらしいショットだ!キンキラ&ギンギラの衣装もみんなの美しい肢体を引き立てて最高だった。ハロプロは本当によく訓練されている、昨日今日の付け焼き刃でこの完成度はだせないよ。そしてハロプロ勢はこういう華やいだ場によく似合う。

『マツケンサンバ』に関してはもう言うことはないでしょう。わたしはこれを数年前から知っていたので、このテイストを紅白に持ち込んだら面白いだろうと思っていました。まあ、ご本人が出てくるとは思わなかったのですが、これはこれで良かったと思います。

結論!ようするにキンキラして、大仰で、にぎやかならいいのである?これはちょっと言い過ぎだけど。今回は地震や災害でご苦労されている方達を思い、また自分達の不祥事を考え派手なことを控えていたようであるが、ここは年忘れの場なのである。『歌』とくに『歌謡曲』は大衆芸能である。ばかばかしく、単純で、まやかしで、猥雑な感情表現だ。江戸川乱歩の「押絵と旅する男」のような、浅草の裏にある安っぽくもきらびやかな、思わず覗かづにいられないそんな世界が人々を魅了するのだ。『歌』の力をあなどってはいけない。紅白よ出来る範囲で派手にやれ!! そしていやなことは忘れ、いいことを思い出し、年を越す、最高ではないか!! NHK紅白歌合戦よ、永遠なれ?!

(本日、紅白歌合戦の出演者別視聴率が発表された。新聞、TVで視聴率の低さを揶揄する論調はあいかわらずだが、数字を取った出演者が誰だか、視聴者がなにを求めているのかわかりますよね、NHKさん。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なにかが起きる?!サンプラザ中野?

さぁ〜、今日は天気もいいしくやしいので、「ベストショットvol.4」絵里ちゃんとまこっちゃんの『どうにかして土曜日』のロケ地、上野動物園へ行って絵里ちゃんの座ったベンチを探そうと出発!ところが、上野駅公園改札口まで来てみるとえらい人込み。そうか、正月の動物園なんてこども連れでいっぱいだな〜、そうだたしかに!絵里ちゃんの座ったベンチに、頬すりすりなんてしたら変な目で見られること間違いなしだ。止めよう!

時間が余った。どうしよう。そうだ!中野へ行って見ようと早速乗り換え。コンサートが見られるわけではないけど野次馬根性です。
中野の駅に着くといました。ホームから見えます。
DSC00116

サンプラザ正面入り口。みなさんいらしゃいますよ。うらやましいけどここはそんな顔は見せず通り過ぎる。
DSC00135

グッズはなにやら福袋形式の箱を売っているようです。買った人は箱を広げて取り替えっこをしているようです。これはグッズ売り場のうらです。売り子さんはカラになった箱をぼこぼこ投げてました。
DSC00127

ここはサンプラザの横にある大道具関係者出入り口。え〜、もしかしたらこの先に絵里ちゃんはじめハロープロジェクト紅組のみんながいるのかー! 絵里絵里絵里〜〜〜〜〜わたしの絵里〜〜〜!!! わたしの声がとどいてるか〜〜〜?!
DSC00125

てなことで、ベンチに頬ずりするのは後日のことにします。急遽予定変更で中野に行ったのも、なにかそれなりに楽しかったです。
さぁー、今年はここでなにが起こるのか?それともなにも起きないのか?つんくPのみぞ知る!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

THEマンパワー!!!で謹賀新年

new_year

今年もエリザベス亀井(キャメイ)とともにわたくし『THEマンパワー!!!』で暴走したいと思っております。
よろしくおつきあいくださいませ。

ところで、&日テレさん「平成あっぱれ開運祭!!チョ〜縁起いいTV!」って言っておきながら『幸うす子うす江』姉妹出しちゃっていいの?! おかげでDrコパもいまいちのりきれなかった〜ぁ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »