« 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(50) | Main | 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(52) »

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(51)

引き続きコンサートの感想を書こうと思ったのですが、仕事で時間が取れませんでした。番組の開始まで時間が迫ってきましたので、明日書きます!お楽しみに。待っていた方ごめんなさい。 番組は想像していただくしかないのですが、オーディション時のボイトレの映像を思い出していただければ良いかと思います。それではどうぞ。

●オープニング
紺野の進化に向けたボイスレッスン2日目。まずは宿題のロングトーンをチェック。前回先生に指摘された舌のポジション、腹式、骨格を前に出すポイントを意識して発声できれば、声は長く続くはずだが…
ナレーション 後藤啓太
紺野=あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
小島=OK。15秒ですね。上がったじゃない。3秒上がって4秒上がって3秒上がったですね。じゃあ、次回までにこれもっと上げてきてください。
どの音域もタイムは伸びいる。順調だ…
小島=ワンツースリー。
紺野=あーーーーーーーー。あーーーーーーーーー。あーーーーーーーーーー。
前回のレッスンより丸味のある安定した声が出てきている。いい感じだ…
●タイトル
自分の声じゃないみたい 紺野の悩みが解けた 画像は先生の指示を受け発声する紺野 
●CM
『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房 
●本編
—先生立ち上がって自分が発声する
小島=はあーーーーーーう。
紺野=はあーーーーーーう。
小島=その時に肩に力がはいるから、うっかたい。せえの。
—紺野の肩を後ろから押さえる先生
紺野=ふぉーーーーーーーーー。
小島=もう一回、せえの。
紺野=ふぉーーーーーーーーー。
小島=こっち側に入るのではなくこういうふうに開くの。ここにはいっちゃうとふぉーーーーー。はいスリーフォー。
紺野=ふぉーーーーーーーーーーーーー。
小島=そうそう。せえの。
紺野=ふぉーーーーーーーーーーーーー。
小島=全然最後のほうさきぼそっているでしょ。その感じつかんでください。
—先生部屋のすみから小さいバッグを持ってくる
小島=今日七つ道具っていうの持ってきて、あさ美さんは肩がすごくこってしまうんで、ちょっと休憩しますね。まづこれはうがい薬なんですね。口の形をチェックして欲しいです。あーって口があいているかどうか、あとは骨格がでてるとか。ポジションがどうかチェックするための七つ道具です。ちょっとハードな練習になると思うんで、短期間にやらなくっちゃいけないじゃない、そうするとのどのコンディションが悪くなりがちなのでこれを全部使いこなしてくださくい。がんばって。
紺野=はい、ありがとうございます。はー、すごい。
先生の熱意と優しさを感じた紺野。自然とレッスンに力が入る…
—再びマイクに向かい発声する紺野
紺野=ふおおおおおおお。ふおおおおおおおお。
さまざまな課題を意識しはじめたのかブレスに声が乗ったボリュームのある声が出始めた…
—キーボードで和音を弾きながら先生が発声の見本の声を出す
小島=だいぶスムーズに出たね。のっていく感じというのがだいぶ掴めてきた。声がブレスに乗っていくと前のふぉーーーーうっていう響きがのってきます。掴めた?
紺野=ちょっと何となく。
小島=いま体のなかで体感してもらうっていうのをやっているんで、どんどん感じてまず体で感じてのど感じて、声はエネルギーだから、エネルギーをまわして止めない。今度はのどの柔軟性をつくるフェイクスケールというのをやりますね。この音はつらかったらふーーーーー。
紺野=ふーーーーーー。
小島=はい、それ。その声というのはあさ美さんも言ってましたが、ファルセットなのか地声なのか分からないって言ったことありますよね。これは中間のミックスボイスというのが存在するんです。なんでそれは正しいです。自信もって出してください。ふーーーーーー。
紺野=ふーーーーーーー。
小島=ブレスをのっけるときれいに前に声がとおってくる。
紺野=ふーーーーーーー。ふーーーーーーーー。
小島=この辺になってくるとこんどはチェストボイスっていって地声のいきに入ってきているから自分の中でどっち使っていいか分かんなってくる。これがあなたの質問の答えなのね。ここでもってふーーー。出してごらん。
紺野=ふーーーーーう。
小島=ふーーーう、ふーーーう、ふーーーう。
紺野=ふーーーう、ふーーーう。ふーーーう。
小島=ふたつの声が存在するってことを今日つかんでいってほしい。ただ、あなたのミックスボイスはすごくきれいな声なので、単にブレスが前に乗ってなかっただけなのね。ブレスが前にのってないからマイクにのらないと。ブレスに声をのせるということをするとミックスボイスもチェストボイスも(聞き取り不明)
紺野=はい。
—さらに発声する紺野
紺野=ふーーーう、ふーーーう。ふーーーう。
紺野の悩みをとくかぎ、ミックスボイスをものにするため地声から裏声へじょじょに音階を上げていく…
小島=どうですか、きもちいいでしょ。どんどん上に上がっている感じがするでしょ。エネルギー上がってきてる。
紺野=はい。
●CM
「映像ザ・モーニング娘。3〜シングルMクリップス〜」「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞」
●クロージング
紺野体調不良で 進化計画に黄信号!? 画像はマイクに向かって発声する紺野
クロージングテーマ曲は『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房

|

« 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(50) | Main | 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(52) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(51):

« 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(50) | Main | 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(52) »