« February 2005 | Main | April 2005 »

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(57)

「ハロー!モーニング。」の方は4月3日で放送5周年を迎えることとなりました、パチパチパチ(拍手!)。その放送内容の写真が今週号の「モーニング・チャンネル」に載っています。絵里ちゃんのガイドで行ったところは?ひ・み・つ!なっち、圭ちゃん、よっすぃー、愛ちゃんをどんなふうにガイドするんでしょ、楽しみです。この「ハロー!モーニング」はわたしが思うにかなり良質な番組です。たいして予算を掛けているわけではないのに、毎回工夫をこらしていてそこそこ楽しめる、それも安心して見ていられる。こういった番組はそうはないよ。これは番組が始まった時から変わらない印象です。最近のフジテレビを巡る騒動の中でこの思いはさらに強くなりました。なにせフジテレビの系列局が合同で出した声明文を読んだ時、思わずホントかよとのけぞってしまったわたしですから。こちらでは日曜日の昼前、なんとも言えぬ空白の時間に、かわいい女の子達といっしょにたわいない時間を過ごせる。こんなすてきな番組はありません。5年と言わず少しでも長く放送を続けて欲しいです。なにせ最後の砦なのだから…。 番組はレッスンも大詰め。3人とも得るものが多々あったんではないでしょうか?早く名古屋公演の裏舞台が見たくなりました。 それではどうぞ。

●オープニング
紺野の進化計画もいよいよ終盤。ボイストレーニングを重ねるごとに確実に成果を上げてきた紺野。この日は過酷なモーニング娘。のダンスにもよれない強い声がでるように簡単なステップを付けての発声練習が行われました…
ナレーション 矢口真里
—左右にステップを踏みながら発声する紺野
紺野=ら、ら、らん、ら、ら。
紺野=ら、ら、らん、ら、ら。
紺野=ら、ら、らん、ら、ら。
小島=この感じを忘れないようにしてくださいね。ようは動いても意志がどこにいってるかってことなんだよね。エアーとか舌のポジションとか後は背中の腹式が出来ている状態。これ絶対忘れないようにしてください。今すごいいい状態で声が出てるから。
—再び発声練習をする紺野
紺野=ほーーーいーーー。
紺野=ほーーーいーーー。
紺野=ほーーーいーーー。
そしてこの日も紺野の悩み。地声と裏声そしてその中間音。ミックスボイスの使い分けの練習…
小島=今、口の形すごく良かったですね。ときどき、うとかおーとか言う時にエアーがなくなる時がありましたけども、最初にしても口の応用すごく出来ていると思います。あとはピッチなんですけども、上のGの音をホールドするのど体力が欲しいんです。ようはほう、さっきBフラットの音を伸ばしましたけども、このGの音はそんなにつらい音ではないはずなの。これはエネルギーを持って自分の力を持って体の中にあるエネルギーを持って出していく。じゃないとこの音がはあ〜う、はあ〜う、こうなっちゃうね。はあーーーう、はあーーーう。
紺野=はあーーーう、はあーーーう。
小島=そう、この音ヒットする。
紺野=あ、え、い、お、うーーーえ。
紺野=あ、え、い、お、うーーーえ。
紺野=おーーーーーー。おーーーーーー。
小島=あ、え、い。
紺野=あ、え、い。
小島=そこの切れ変えをうーー、えーー。
この声の切れ変えがスムーズに出来た時、紺野の進化計画のゴールが見えてくる…
紺野=あ、え、い、お、う、あ、え。
紺野=あ、え、い、お、う、あ、え。
小島=今、上の音がふらっとしてますけども、2つの声質が出ているの分かりますか。これ使い分けてください。これも使えるね。
小島=いいじゃん、いいじゃん。いい感じ。
この笑顔の意味は…
小島=今、自分でコントロールしているの分かるよね。音に支配されるんじゃなくて、自分が声をコントロールして。
なにかをつかんだ紺野。いよいよボイトレも最終日。紺野進化へ向けてラストスパート…
●タイトル
何かをつかんだ!! 紺野、進化へラストスパート 画像は先生のキーボードに合わせて発声する紺野
●CM
『スッペシャル ジェネレ〜ション』Berryz工房 
●本編
なにかをつかみ始めた紺野。いよいよボイトレも最終日。この日も紺野の悩み、地声と裏声、そしてその中間音ミックスボイスの使い分けの練習。紺野進化に向けてラストスパートです…
—ピアノに合わせて発声する紺野
紺野=おーーーおお、おーーーおお。
紺野=おーーーおお、おーーーおお。
紺野=おーーーおお、おーーーおお。
紺野=おーーーおお、おーーーおお。ああああっ。
小島=今、一回目で切り替わったポジションがあった。これが切り替わったってことはミックスとチェストがきれいに瞬間的に切り替えるのどが出来てきたってことだよね。これが3回続けられるようになるのは今後のあさ美さんの宿題かな。これはもっともっとのどが出来てこなければいけない。でもひとつのきざしが出来てきた。
—ステップをふみながら発声する紺野
自身の悩み、声のコントロールが出来てきた紺野。最後はモーニング娘。の過酷なダンスによれない声を作るためお腹の支えを鍛える練習…
紺野=な、な、な、な、な。
紺野=な、な、な、な、な。
紺野=な、な、な、な、な。
このレッスンで分かった課題。舌の位置、声の響きがいまはしっかり出来ている紺野。声に力強さを感じます…
小島=な、な、な、な、な。
紺野=な、な、な、な、な。
小島=それ覚えておいてくださいね。動いている時にどうやってお腹を支えていたらいいかってことだよね。
紺野=ありがとうございます。
ダンスをしながらでもよれない強い声をものに出来たところで、紺野のボイストレーニングは終了。果たして紺野はどこまで進化出来たのか…
小島=本人もすごく意識して骨格も前にだすようになっているし、進化したんじゃないかなって思います。
紺野=なんかつかんだような、自分の変わるポイントじゃないですけど声のことが分かったというか、つかめたっていうか。方法とか教えてもらったので後は練習してがんばっていきたいなって思います。
●CM
「Brilliant Days」松永英也
●クロージング
進化に半信半疑 田中、苦悩の最終レッスン 画像は口を大きく開けて発声する田中
クロージングテーマ曲は『スッペシャル ジェネレ〜ション』Berryz工房

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(56)

いよいよこの番組「娘。ドキュメント2005」も今週をもって終わることになりました。案の定この3か月間はモーニング娘。周辺にとって激動の月日になりましたね。番組は終わりますが、この日記に取り上げてなかった放送分が4回あります。初めから4回目までの分です。3回分は7期オーディションの内容、1回はそれを受けてのカオリンとまりっぺのインタビュー分があります。これも今までどうりの形式でここに載せてコンプリートとしたいと思っています。選ばれなかった方達の話題を今さら取り上げるのも忍びないのですが、これも現実。現在新たなオーディションも行われている最中なので少しは意味があると思います。さらにその後にはスタッフ名と謝意、そして番組総括、絵里ちゃん擁護論へとまだまだしばらくは「娘。ドキュメント2005」にこだわっていきたいと思っていますので、お付き合いのほどよろしく。 番組は予告では昨夜はれいなのレッスンだったのですが突如絵里ちゃんのものに変更。なにやら最後までこの番組らしいですね。 それではどうぞ。

●オープニング
—先生と一緒に振りの確認をする亀井
亀井の進化に向けたダンスレッスン5日目。この日も正確なリズムを取るためのダンスにまた新しい振りが追加。どんどん複雑で難しくなるダンスに亀井困惑…
ナレーション 後藤啓太
—ダンスの途中で動きが止まってしまう亀井
—日置へのインタビュー
日置=今日やった振りもちょっと細かい振りをやって苦戦していた部分あるんですけど、あと1回ですけどそこを中心にやって、少しでも体の感覚っていうのを覚えてもらって生かしてもらえばって思います。はい。
そしてダンスレッスン最終日。自分をもっとアピールするためダンスに必要な体。そしてなによりもダンスに対する意識が大きく変わった亀井。あと残された課題は克服のきざしが見え始めたリズムの早どりぐせ。この日はいままで習ったダンスの振り付けを通しで練習…
—激しい動きの振り付けを踊る亀井。先生は後ろで見ている
はたしてどこまでリズムの早どりぐせが克服出来たのか、このあとダンスレッスン総決算。亀井の進化計画の成果は…
—先生、亀井に指示を出す
日置=ラスト1回。
亀井=はい。
●タイトル
亀井ダンスレッスン総決算 紺野の進化計画最終章 画像は真剣な眼差しで踊る亀井
●CM
『スッペシャル ジェネレ〜ション』Berryz工房 
●本編
最後の課題、リズムの早どりぐせはどこまで克服出来たのか、いよいよダンスレッスン総決算。亀井の進化計画の成果は…
—ヒップホップ系の曲を流しながら激しい動きのダンスをとおしで踊る亀井
日置=はい。なにか得られましたかね?
亀井=なんか先生に教えてもらってそれを自分でダンスに表すのはまだむずかしいんですけど、考え方とか意識が変わりましたね、すごい。ひとつひとつ丁寧にやろうとか思いました。
日置=早どりがだいぶなくなってきたと思います。今の見ていても早どってたとこがこの腰とこぐらいかな、あとは全然早どってなかった。ほんとに。
亀井=うわ〜、うれしい。
—先生の発言に顔を手で覆う亀井
—日置へのインタビュー
日置=あと表情もだいぶん付けられるようになってきたし、あと一番伝えたかった表現とか技術とか以外の過程っていうかやり方っていうか、体を作っていくんだっていう意識で動くかどうかとか、そういうことも伝わったみたいなので本来の目的が果たせたと思います。
—亀井へのインタビュー
亀井=ダンスに対しての気持ちとか、考え方が大きく変わりましたね。なんか変わった、亀井変わったよねって言われるぐらい結果をだせたらいいなって思います。
紺野の進化計画もいよいよ終盤。ボイストレーニングを重ねるごとに確実に成果を上げてきた紺野。この日は過酷なモーニング娘。のダンスにもよれない強い声がでるように簡単なステップを付けての発声練習が行われた…
—手を叩きながらステップを踏む紺野
紺野=は、は、は、は。
小島=チェンジ。
紺野=ひ、ふ、へ。は、へ、ひ、ふ。
小島=ブレスを吸ってぶつけるタイミングが遅い。は。
紺野=は。
小島=そう。
紺野=は。
小島=で、それではへひふほから、スリー、フォー。
紺野=は。へ。ひ。ふ。は。ほ。
小島=この時に、へ、ほ、は、ほ。体と声を分けない。ようはステップでボンと踏む時にはっとしてここのところにぐっとして力が入ります。それを利用してはっ。
—足を強く踏み発声する紺野
紺野=は、へ、ひ、ふ、は、ほ。
紺野自身の進化へラストスパート…
●CM
「二人ゴト 総集編Vol.1&2」『ロンリーガール』加藤ミリヤ 「童夢」童子-T
●クロージング
何かをつかんだ!! 紺野、進化へラストスパート 画像は発声する紺野 水分を取る紺野
クロージングテーマ曲は『スッペシャル ジェネレ〜ション』Berryz工房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(55)

さっきまでココログに入れない状況が続きました。こういうこともあるんですね。技術的なことは分かりませんが、通信が混んでいたんでしょうか? と言う訳で前振りの口上を書いている時間がなくなりました。早速行きます。 番組は残すところ今日を含めてあと5回となりました。レッスンの方もラストスパートと言ったところでしょうか。 それではどうぞ。

●オープニング
—腹筋運動をする亀井
自分をもっとアピールしたい、そう心に誓いダンスの基礎練習を始めた亀井ちゃん。体の表現力を養う柔軟、そしてダンスに必要な腹筋のトレーニングによる肉体改造。さらに苦手な振り付け、リズムの早どりぐせの克服と、亀井ちゃんは自身の進化に向け日々汗を流し続ける…
ナレーション 矢口真里
日置=裏取りの練習をすごくやっているので、早どりが少しなくなってきたような気がします。
—振りを大きくとって踊る亀井
なかでもなかなか克服できないのがリズムの早どりぐせ…
—亀井にインタビュー
亀井=先生が早どりをしない方法は振りを大きく踊ると追い付かなくなって、早どりがなくなるって言われたんでそこを意識して、今日踊りました。
この振りを大きくする練習で亀井ちゃんに克服の光が…
亀井=意識すれば直ると、はい。
●タイトル
新たな振り付けに亀井大苦戦!! 画像は先生の指示を聞く亀井
●CM
『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房 
●本編
日置=今日は基礎練習に戻るんだけど、部分部分を動かしながらリズムを取る。なんでかって言うと亀井ちゃんここね、胸を柔らかくしたりそういう目的もあるんでがんばってください。
亀井=はい。
日置=最初、首、がん、がん。これオンビートで取ったら、今度オンビートを後ろで取ります。ワン、ツー、ワン、ツー。
日置=これでリズムを取ります。ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー、スリー、フォー。
日置=社長の椅子。思いっきりこう。で、こっからワン、ツー、スリー、フォー、これ結構つらいんだけどがんばってください。
亀井=はい。
—頭を前後に突き出してリズムを取る二人
振りを大きくしてダンスをする練習で、リズムの早どりぐせに克服の兆しが見え始めた亀井ちゃん。さらにこの体の部分部分を使った練習でリズムを正確に取れる体へと変えていく…
—腕を前後にし、胸を突き出す運動を繰り返す
しかし、見え始めた克服の光にまた陰りが…
—今度は腰を前後に突き出す練習の変わる。動きが乱れる亀井
亀井=今日初めてだったんで、難しかったんですけど、やっぱりまだ早どりしちゃうんで。
日置=ワン、ツー、もうちょっと大きく。そう。
その一方、確実に克服へと近付いているのが苦手なドルフィンの振り付け…
日置=もっともっと大きく、やりすぎなぐらい。
亀井=はい。
日置=おっきく、おきっく。そうそう。
—先生と一緒ににドルフィンをする亀井
レッスンを始めた時のぎこちなさがなくなった亀井ちゃんがそこにはいました…
日置=はいはい、今ぐらいかな。
亀井=ドルフィンが今日、見ててもらったマネージャーさんとか先生にも上達したと言ってもらえたのでうれしかったです、はい。
そしてダンスレッスン5日目…
—先生に背中を押されながら足を開き体を前に倒す亀井
亀井=ああっ、痛い。
日置=無理しすぎないように。
亀井=あ〜、痛い。
—ダンスレッスンをする亀井
この日は前回苦戦した体の部分部分を使ったリズム取りの練習からスタート…
—先生と向かいあって相談する亀井
亀井=おっきい振りの時はこう手を伸ばすとかそういうところなら自信を持っておっきく動けるんですけど、小さい振りになってドルフィンとかもそうなんですけど、細かい振りになると自信がなくてちいさくなっちゃって、そこをもっと伸ばしたなって思って。
日置=そこはもう慣れる。たくさんやって慣れさせる体に。そうすると自信も出てくるんで早どりもなくなってくると思うんで。
—ふたたび練習
そしてこの正確なリズムを取るためのダンスにまた新しい振りが追加。どんどん複雑で難しくなるダンスに亀井ちゃん困惑です…
日置=ツーで終わっちゃうから余韻が欲しいだな。
亀井=ツーーーー。
日置=そうそう、その余韻ってすごい大事だよ。それがあるとダンスが深みが出る。
—指示どうり踊る亀井
細かい動きに注意が入るものの、なんとか形になって亀井ちゃんもひと安心。とおもいきやこの日は先生から新しい振りが追加。ダンスレッスンは後1日。はたして亀井ちゃんの課題、リズムの早どりぐせはどこまで克服できるのか…
●CM
「二人ゴト 総集編Vol.1&2」「映像ザ・モーニング娘。3〜シングルMクリップス〜」
●クロージング
亀井弱点克服!! 進化計画最終章 画像は鏡の前で先生と二人でダンスをする亀井
クロージングテーマ曲は『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エリーゼ亀山天敵出現で季節はずれの、大寒波!!!

春は春とてどこ吹く風。今日も「喫茶 浦島」には3人のお客さま、いつもの常連さま怒りの名代ねえさん、モーニング娘。のさっぱり系の元祖ミキティー、そして梨華ちゃんのエピゴーネンかわいいの老舗さゆで〜す。まずはねえさんから世間話の口火を切ったぞ!「春よね〜」と浮かない表情に、さゆが「恋する季節ですよ〜」と鋭いとこを突かれた。これにはねえさんげんなり。今日は嫌な予感が走るぞ!続けてさゆが「お花見いきたいです」と返すと「東京来てから行ったことないです」ミキティーが言う。かわいそうにアイドルの悲哀を感じさせるな〜。「お花見」とか「デート」したいな〜と3人盛り上がるが、ねえさん現実に引き戻され「春休みなんてクソくらえだわ」とアイドル?にあるまじき発言で場を笑わせごまかす。と、そこへわれらがかわいいの本家エリーゼ、ワゴンを押して「ご注文をおうかがいします」と登場!!!イェイ、イェイ! しかし、ねえさん「遅い、遅い」とブンむくれ! そこは手慣れたエリーゼ、ねえさんの扱いはおまかせね。きちんと自己紹介から。「わたし、ハロプロ物産の社員食堂『喫茶 浦島』………エリーゼ亀山です」と名前の前で沈黙が出来たから、さあ大変! ここをねえさんが見逃す訳はない!! さっそく突っ込みだ〜〜〜!!! 「アナタ今『エリック』って言いそうになったでしょ!?」やば!エリーゼ、冷や汗がどっと流れるもこの芸能界で鍛えた強心臓を発揮!なんとか取り繕ってごまかしたよ。あぶね〜、あぶね〜。ちゃんと飲み物とか食べ物がでるんでしょうと言われるも、エリーゼ「でも、それはわかりません」。ん、正直者だ。メニューを見せて本題へ行きますよ。

最初のおすすめメニューはBerryz工房の『スッペシャル ジェネレーション』だ! 3人CDのジャケットを見てると、ベリーズのメンバーのかわいさに圧倒されてしまった。が!しかし、かわいいの老舗さゆが黙っている筈はない!「さゆみも負けてられないなと思いました」と宣言。さらに「今んトコロは勝ってるんですケド」と追い討ちを駆けた! ねえさんガチン!ときた。「あなた中学卒業してもまだそんなこと言ってるの〜」。そしてねえさん以外の3人が6期だと判明。すかさずエリーゼ、ねえさんに向かってファイティング・ポーズ。お〜、これも凛々しくていいぞエリーゼ!!! ミキティー、さゆも続く。ミキティーに顎が「しゃくれてる、しゃくれてる」と突っ込まれる。ん〜ちょっとエリーゼ、猪木が入っているか?ねえさんに「わたしでもこんなことしないわよ」とダメ出し!ガクッ!!! さらに自ら「みんなシゲさんの方を見ましたからね…」と自虐気味。事の説明をしようとするもミキティーに「ゴメン興味なかったから」とグサリ一言。エリーゼ特典はねえさんの年齢から菅谷梨沙子ちゃんの年齢を引いたアメ玉を差し上げます。ねえさん「置ける!?置けるココ!?」とこちらも自虐的。エリーゼ「ギリです」。答えは21個です。ミキティー「入っても1個余ります…」。危険な空気感じたエリーゼ「こんなにアメがもらえるのは中澤さんのおかげですよ」と言って和ませる。良かった良かった!ねえさんの機嫌も直ったと思ったところへ、さゆがまぜっ返したぞ。「ホントに結構落ち込んでますね」と言ったもんだからねえさん再び「怒り」。「笑顔で全部言うの!?」とさゆの本性を見て、あのねえさんが脅威を感じた!小悪魔のテロップが妙になまなましいぞ! 取りあえず買ってもらったので「ハイ よろこんでぇ」。動きを止めるこのセリフもまわりをホッとさせるよ。アメ玉をなめながらねえさん「まぁ私の年の差の味がするわ」と悔し涙ポロリ!ミキティーが言う「すっぱいなぁ〜」。もうねえさんぼろぼろ。

やっと2つ目のメニューだよ。アーティストブック『モーニング娘。×つんく♂2』です。「コレは立場上絶対かわなきゃイケナイですよね…」とミキティー、さすが大人だ。処世術が分かってらっしゃる。エリーゼ特典は焼肉定食付きだ。当然ミキティー、買います買いますです。「ハイ よろこんでぇ」出たよ。ところがまわりの静かな反応に「なんか寒いキャラになってません!?」。エリーゼそれはタブーよ。コーナー成り立たないよ〜。一同大爆笑!!! 笑ってごまかせ〜〜〜! ねえさん、さゆの肩を叩きながら「この娘すごい毒舌ね!」と評価。エリーゼ「地味に地味に」と同意する。さゆの「よろしくお願いしますぅ」の返事に、肩をすくめて「こわ〜い」。こんなにもねえさんを震え上がらせた人間がいただろうか?珍しいものを見せてもらえたぞ!

最後のメニューは『後藤真希クロニクル』でございま〜す。エリーゼ特典は国語辞典だ。なんの意味があるかと言うと、中澤裕子って引くと「鬼」と出るのだ! お〜この使い古されたギャグもまだ有効だなんてねえさんキャラ変らないのね。「カワイイって引いたら道重さゆみって出てる」とさゆ。これにはねえさん本日最大の怒り爆発!!! 「何がホントだコノヤロー!!!」あ〜もうだめだ、「喫茶 浦島」大混乱!!! エリーゼ、お客さん同士がけんかしたら店の評判が悪くなるとばかりに仲裁に入った。「それは大いなる勘違いです」とさゆに一喝!ねえさん怒りおさまらず「いいかげんにしなさいよ」とハロモニ始まって以来の物凄い剣幕! 

最後はいつものダンスで締めよう! 今日の指名はさゆです。ねえさんに「やばい、とられるよ」と優しいお言葉。ほんとは優しいのね、ねえさん。本日の「ハイ よろこんでぇダンス」は乙女チックにお淑やかに振り付け!優雅に舞うエリーゼ、さゆはいつものうさちゃんダンスです。これを見たねえさん、ミキティーあきれ顔。「温度差がありますよね」とミキティー適格な評価。決めは2人で「よろこんでぇ」。エリーゼ、ワゴンを下げながら「ごゆっくり〜」ってゆっくり出来ませんでした!年長の2人「疲れました」の大連呼。さゆまだ若いからの言葉に、忘れていた怒りが蘇るねえさん。「カッチーーーーー」。ミキティーもまだ若いからと言ったから、ねえさん「帰ります」とブチ切れた!!! でもやっぱり戻って来ちゃうのね。「稲葉貴子っぽいでしょ!?」と2人に大受け!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(54)

〜コンサートの感想、続き〜 すばらしいパフォーマンスを披露してくれたモーニング娘。。それではわたしたちはなにをすれば良いのか? わたしは初めて彼女達のライブをテレビで見た時、ショックを受けた。つまりアイドルグループなんて女、子供の見るものだろうと高を括っていたのだが、見事にそれはぶちこわされ、大人の鑑賞にも耐えるモーニング娘。の「とりこ」になってしまったのだ。そんな体験をまだしてない人達にこれを味合わせてあげたい。わたしと同じようにモーニングのすばらしさに気付かせてあげたい。客席を見ればどこかでお見受けしたような方達がいる。ひとつのツアーに何度も足を運んでいる方もいる。人のことは言えませんがそう言うファンも大事です。でも、もっと「娘。コン」に未体験の人達にも来て見て欲しい。簡単にその最善策は見つけられないかもしれないが追々考えてみたいと思う。そしてこれを宿題ということにして今回の「コンサートの感想」は終わりにしたいと思います。最後に、ミキティーにはソロ活動の再開を勧めたい!わたしはミキティーのファンではないが彼女の一瞬にして会場を興奮の坩堝に叩き込む才能、キャラはグループに封じ込めておくにはあまりにも惜しい。つんくPおよび事務所は彼女に詫びを入れグループに在籍しながらでも良いから、ソロ活動をさせて上げなさい!それはモーニングにとっても彼女にとっても有益なことと思うからだ。要再考! 番組は進化することを義務付けられているモーニング娘。。3人はその代表として選ばれたのだ。がんばれ! それではどうぞ。

●オープニング
—胸に手をあて発声する田中
れいなの進化に向けたボイストレーニングの2日目。まずは課題の腹式の発声練習から…
ナレーション 矢口真里
田中=あーーーーーーーーーーーーー。
田中=あーーーーーーーーーーーーー。
吉野=そう。まだしてる。
田中=苦しいです。
吉野=苦しい?息止めてるのかな。
田中=はい。
吉野=止めなくていいかな。
田中=はい。
田中=はーーーーーーーーーーーーー。
吉野=ちょっとのどにひっかかった。
田中=のどにはこないんです。
吉野=なんか気になる。
田中=どっかで押さえてる自分がいるんですよね、なんか。全部を出してないっていうか。
吉野=たとえば、トライアングル。吊るしてると、吊るした状態でたたくと、すごくいい響きがでるけども、本体のところを押さえちゃって鳴らすと、鳴らないよね。自分の体もいっしょで、あんまり力が入っちゃうと響かなくなっちゃうから、逆のこう出なかったら出なくていいやのリラックスぐらい。
田中=自分では先生が言ってくれているみたいにレベルアップした感がわからないんですね。先生にこうこうと教えてもらったことが出来ないと、自分の中ですごく腹が立つんですよ。もうできんと心の中で思ってしまって、それであきらめたら出来ないじゃないですか。また気持ちを落ち着かせてやりながらもちっと待ってくださいとも言えないんで、自分の心の中で落ち着いてまたこうやっていったりしてるんですけども。それで出来た時は先生にうんいいよって言われた時は自分でベストな声っていうか、わかります?通る声っていうか、自分でよしっだせれたっていう声となんかひっかかったっていう声があって、ちょっとひっかかった時は先生あっもう一回言われるんですね。1回目よりだいぶ出来るようになったかな。
●タイトル
田中れいなの課題 歌い出しの不安を徹底練習 画像は発声する田中
●CM
『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房 
●本編
—体を上下に動かし発声する田中
田中=あ。え。い。お。う。
なかなか克服できない腹式の発声にもがき苦しむれいな。しかし、また新たな課題が…
吉野=どう、息上がってきた。
田中=上がってないです。
吉野=ね、上がってないよね。ちょっとでも微妙な瞬間なんだけども、ちょっと早く開けると最初のあーーーって音がきちっとはまるのね。ちょっとタイミングがずれるとちょっと違った音に飛んじゃったりするから、それが明らかに今わかった。
吉野=ソロで歌ったこともあるのよね。
田中=でも、人数多いんでひとフレーズとかひとことなんですよ。自分でちょっと間違った。ソロだったらここおかしい口(聞き取り不明)出来るけども、みんなで歌うと、あって思った時は別の人なんですよ。あ〜、間違えたみたいな。
吉野=失敗したらどういうふうに出せばいいのか考えながら。はい、じゃこの音いきましょう。
—ピアノで単音を弾く先生。それにあわせて発声する田中
田中=あーーーーーーーーーーーーー。
吉野=もっと太く出せるかな。
田中=あーーーーーーーーーーーーー。
吉野=それが最初の自分のフレーズの時はあーーーーーーーーー。あーじゃなければ歌詞のとおりいけばいいと思うんだけど、思いっきりいけばあーーーーってなるじゃない。それを押さえてやると出だしからきれいに出ると思うのね。
田中=はい。
吉野=じゃもう一回いきます。
田中=あーーーーーーーーーーーーー。
吉野=ひとつ上げます。
田中=あーーーーーーーーーーーーー。
吉野=もうちょい強く歌ってごらん。
田中=あーーーーーーーーーーーーー。
吉野=口の形も自分のベストな形。
田中=あーーーーーーーーーーーーー。
吉野=今より上がってるから、今より全体的に強く出し、口も大きくだし。
田中=あーーー。あーーーーーーーーーー。
吉野=もう一回いくね。
田中=あーーーーーーーーーーーーー。
吉野=もっと、あーーーーーー。
田中=あーーーーーーーーーーーーー。
吉野=そんな違いがあるからそれを自分で把握してほしいのね。
—田中へインタビュー
田中=音を飛ばしてドからソとか。この音はピアノの音に合わせていかなくっちゃいけないですけど。一回目れいな音痴でわかんなくって、どこの音、あっ、へって感じで、今は一回目よりだいぶだいたいの音がわかってがんばりたいと思います。
●CM
「映像ザ・モーニング娘。3〜シングルMクリップス〜」
●クロージング
果たして成果は? 進化計画最終章 画像は手を握りお願いポーズで話をしている田中
クロージングテーマ曲は『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(53)

〜コンサートの感想、続き〜 「愛の第6感」からの曲をやることは必然的に現メンバーすべてが歌う場面があるということになる。以前はかつての曲を歌っても卒業していったメンバーのパートを現在のメンバーが埋めるとうことでやり過ごしてきた。それは抜けたメンバーと同じような声質、歌い方をもちろん技量もあるメンバーのみが歌うことが多くなる。そこからはずれたメンバーは1時間45分ぐらいの間ちょこちょこと歌うだけで過ぎてゆく。これでは一体感など生まれない。その点ではアルバムを出した意味は大きい。そして、現メンバーのみが歌うことで初期の曲も大きく解釈が変わった。名曲「モーニングコーヒー」。オリメンが哀愁を込めて歌ったこの曲も、明るく恋の希望に溢れたものに変わっていく。もはやオリジナル・メンバーはいない。2期、4期でさえ全体の4分の1だ。中心になるのは5・6期メン。よく新しいメンバーが入ると“新生モーニング娘。”などと言われるが、本当の意味での“新生モーニング娘。”とは今現在の彼女達のことだ。もうオリメンに気兼ねすることなく思う存分歌い踊りまくって新しいモーニング娘。を創っていってほしい。そしてそれは実行に移されていると思う。わたしは今のモーニングがなっちやごっつぁんと一緒に歌っていても少しも郷愁に浸ることはなかった。彼女達からはこう言っているように見えたからだ。「今は私達がモーニング娘。なのよ」と。さらに明日につづきますのでお付き合いください。 番組はこれだけ練習しているのですから、なんとかその成果が出てほしいです。結果はいかに? それではどうぞ。

●オープニング
亀井ちゃんの進化に向けたダンスレッスン3日目…
ナレーション 矢口真里
日置=動きを変えるためにふたつ要素があると思うんですけど。たとえば、一つは技術を覚えるということは一番大事なんだけども、もう一つは肉体改造。このあいだドルフィンをやったよね。あれをひとつ例にとると。
—レッスン初日の映像
亀井=かっこよくないんですよね。雰囲気が違う。
この日は亀井ちゃんの苦手なドルフィンの動きを徹底練習…
まずは恒例のダンスに必要な腹筋のトレーニングから…
—先生と一緒にからだをねじり腹筋運動をする亀井
—ドルフィンの練習
肉体の改造をすることで亀井ちゃんの目標、自身のアピールを可能する、するどく大きな動きができるはず。ダンスレッスンはあとあわずか、はたしてコンサートで進化した亀井ちゃんの姿は見ることができるのでしょうか…
●タイトル
成果を実感!! 亀井絵里進化中 画像は先生とドルフィンの練習をする亀井
●CM
『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房 
●本編
まずはレッスン初日のドルフィンのおさらい…
—初日レッスンでのドルフィンの練習風景
日置=そうそう、こんな感じ。
—3日目のドルフィンの練習風景。先生と体をくねらす亀井
先生のアドバイスに胸の出し方に注意しながら苦手なドルフィンの動きを徹底練習…
—亀井ひとりでドルフィンをする
日置=そうそうそう。位置自体はかわらないで、そのままでこうゆれるというか。
—亀井体を動かす
日置=そのほうが早くはいる。重心移動しているとおそくなるじゃない。これだけやって見て。
—先生、頭を前後につきだす。亀井もそれにならう
日置=それでかっ、てなった時に一緒に胸をみつける。
—ふたりで頭を前後に出しながら胸を出し体をくねらせる
亀井=ここからここが段階がなくいっしょに下がっちゃう。
日置=あ〜、そうか。ここが一番みせると思ってさ。
—亀井体をくねらせる
日置=そうそうそれみたいな感じ。最初はね遅くなってもいいから、ここだけ遅くなってもいいから、そうそう。
亀井=はい。
—ふたりで体をくねらす
日置=だいぶいいよ。
日置=今ぐらいやってだぶんドームの一番前のアリーナの人がわかるくらいかな。
今の動きが最低レベル、自分をもっとアピールするには、さらに大きく激しい動きが必要…
—先生さらに大きな動きで手本を見せる
日置=途中の動きが違和感あると思うんだけど、違和感あるぐらいやったほうがいいの。全体的にはいい感じ。
—先生のインタビュー
日置=実際、毎回新しいことをやるっていうよりは、ひとつのことをしっかり出来るようにする。今回の目的である基礎をかためるということで、しつこく同じことをやっているんですけど。
この日も亀井ちゃんの悩み、リズムの早取りぐせを克服…
—体上下に動かしリズムを取る
日置=早くならないためには腕を(聞き取り不可)
日置=出来たら今日は、ひざが下にいった時ひじが上にあがる感じ。今日はボックスをやらずに、ワン、ツー、スリー、フォ、ファイブ。
—体を上下に動かし練習する亀井。先生もいっしょに動かす
—それにくわえて体を回転させる
—亀井、音楽を流し振りを付けて実践
日置=亀井ちゃん、ポージングの時にふつうはね、ぱっぱって見るだけなんだけど。今ね首が上からくるくるんだ。多分無意識だと思うんだけど、それがわざとやっているのかくせなのかわかんないんだけど、もしくせだとしたらなおしたほうがいいんだけど。ちょっとインパクトが薄くなるから、走ってそうそう。ちょっと一回ゆっくりやってみよう。
—ひとりでおどってみる亀井
日置=はいはい、その方向で。
亀井=先生がうまいですねっていう。先生とならぶと別ものみたいで。絵里、言っていることがわかるんで、それを体に入れてできればいいなって。
●CM
「映像ザ・モーニング娘。3〜シングルMクリップス〜」
●クロージング
出来ない自分に腹が立つ 田中れいな奮闘中 画像は手を腹にあて発声する田中
クロージングテーマ曲は『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(52)

〜コンサートの感想、続き〜 濃密なコンサートになった要因のひとつにはステージ構成もあると思う。前回のツアーのようなゲームやコントのようなものはなく、MCも最低限と思われるほど少なかった。これは重要な変化だ。たしかにこのような演出も楽しいものではあるけれど、なにせ長すぎるとだれる。歌での盛り上がりもそがれる。間髪をいれず怒濤のように流れて終わる、これがコンサートの理想型だ。そしてそれに近いものが今回のコンサートだった。また、選曲の妙というものもあった。「ヒット満開」とうたっているにもかかわらずニュー・アルバムからの曲も適度にまぶしてあるので、これがいいアクセントになっていた。ベスト・アルバムが最高のアルバムか?と言われるとそうではないというのと同じように、ヒット曲ばかり並べておいても最高のコンサートにはならない。アルバムからの曲もしぶいものが多いので華やかヒット曲がまた一段ときらびやかに響く。この層状効果がわたしを打ちのめした。さらに明日につづきますのでお付き合いください。 番組は話していることをテキスト化すると文法的におかしな感じがしますが、なるべく忠実に再現しようと思っておりますので頭の中で補足しながらお読みください。それではどうぞ。

●オープニング
小島=今度はのどの柔軟性をつくるフェイクスケールというのをやりますね。この音はつらかったらふーーーーー。
紺野=ふーーーーーー。
小島=はい、それ。その声というのはあさ美さんも言ってましたが、ファルセットなのか地声なのか分からないって言ったことありますよね。これは中間のミックスボイスというのが存在するんです。なんでそれは正しいです。自信もって出してください。ふーーーーーー。
—先生に指示を聞きながらマイクに向かって発声する紺野。スタジオの外は夜、自動車のヘッドライトが光っている
紺野=ふーーーーーーー。
小島=ブレスをのっけるときれいに前に声がとおってくる。
紺野=ふーーーーーーー。ふーーーーーーーー。
小島=この辺になってくるとこんどはチェストボイスっていって地声のいきに入ってきているから自分の中でどっち使っていいか分かんなってくる。これがあなたの質問の答えなのね。ここでもってふーーー。出してごらん。
紺野=ふーーーーーう。
小島=ふーーーう、ふーーーう、ふーーーう。
紺野=ふーーーう、ふーーーう。ふーーーう。
紺野の悩みを解く鍵、ミックスボイスをものにするため地声から裏声へじょじょに音階を上げていく…
ナレーション 矢口真里
小島=きれいじゃない。
紺野=ううううーーー。ううううーーー。
小島=そうそう。今きれいな音で音量がさがらずにのどもつまらずにいい発声ができている。きもちいいでしょ。どんどん上に上がっているような感じがするでしょう。そのまんまいきます。
紺野=すごい自分の声じゃないみたいで、なんか太い声とか深い声が出てたりしてちょっとうれしくなったり。声のなぞじゃないですけど自分のなかで混ざっている声ってあって当然だっていうのを聞いて、ちょっとほっとしたというかはあ〜と思った。
小島=はああう。
紺野=はあああう。
小島=はああああう。
紺野=はああああう。
小島=そう。これが使いわけられるようになると自由自在にミックスのEフラットまで出るからということはここまでの音域が自由に使えるようになるということ。
—先生キーボードを弾いて説明する
紺野=ふぉーーーーー。
小島=高くします。
紺野=ふぉーーーーー。
小島=そうそう2はくちょうだい。
紺野=ふぉーーーーー。ふぉーーーーー。
小島=じゃ、3回。ふぉーーーー。ふぉーーーーー。ふぉーーーーー。
紺野=ふぉーーーーー。ふぉーーーーー。ふぉーーーーー。
小島=彼女の中で先週まではGの音しか、そのGもゆれてたんですけども、今日はミックスもどんどんあがってEフラット、かなり上の音までいくことができたんですね。ここでやったレッスンがしっかり体感できているかによって、それが再現できるかっていうことですね。再現することができれば、確実に伸びていきますので。
地声からミックスボイスの切り替えがスムーズに出来た時紺野の課題。声質のコントロールが出来るはず…
●タイトル
紺野体調不良で 進化計画に黄信号!? 画像はマイクに向かって発声する紺野
●CM
『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房 「映像ザ・モーニング娘。3〜シングルMクリップス〜」 
●本編
レッスン3日目、この日の紺野はちょっとかぜぎみ…
—マイクに向かって発声する紺野。少し離れた横に先生がいる
小島=それで、声の調子が悪いなって言う時はそれを体に逃がしてあげる。体の力を使ってのどをセーブしてあげる。
今回は紺野のコンディションを考慮して、のどに負担のかからないメンテナンスというレッスンを実施…
小島=せーの。
紺野=ふーーーーっ、ふーーーーーっ。
この日も宿題のロングトーンのチェックから…
紺野=ふーーーーーーー、ふーーーーーーーっあっ。
小島=今日は9秒でしたね。
前回のレッスンから7日。あいだがあったせいかロングトーンの長さももとにもどり、声もレッスン前の詰まった感じに逆戻り。レッスンはあと2回、ここは紺野の根性を見せてもらうしかありません…
—腕を左右にぶらぶらさせながら発声する紺野
紺野=はあう。
小島=この状態ではあああーーーーーー。
紺野=はあああああーーーー。
かぜぎみのコンディションを考え、この日はいつもより音域を狭くして発声練習…
小島=発声という部分にかんしてはまがってきているので、あとは早いリズムの中でどういうふうにブレスをすってぶつけていくか、あととおる音をいかなる状況でも出していかなければいけない。
そして、先生は紺野の活舌の悪さを指摘…
—キーボードをはさみ先生の話を椅子に座って聞く紺野
小島=らに聞こえていたのね。らってすべっちゃてるの、だからこれがしっかりなっていえるかどうか。
紺野=よくかむのもな行。
小島=活舌っていうやつですね。
紺野=活舌よくないんです。
小島=それで早くせす。
紺野=せす。たちつてと。
小島=何だったんだろう、今の。
紺野=わたしこんなに活舌悪かったっけ。
小島=まいりましたね、ちょっと困っちゃった。あれは長年の積み重ねなのでそうそすぐにはなおらないかな。でも本人が普段から意識していただければ。キャラクター変わっちゃいますからね、これ。
●CM
「ポケモンシンフォニックメドレー/GLORY DAY〜輝くその日〜」「元気!!いっぱい!!ポケモンソング集」
●クロージング
コンサートでも成果が!! 亀井肉体改造中 画像はドルフィンをするためにゆっくりと体を動かす亀井
クロージングテーマ曲は『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(51)

引き続きコンサートの感想を書こうと思ったのですが、仕事で時間が取れませんでした。番組の開始まで時間が迫ってきましたので、明日書きます!お楽しみに。待っていた方ごめんなさい。 番組は想像していただくしかないのですが、オーディション時のボイトレの映像を思い出していただければ良いかと思います。それではどうぞ。

●オープニング
紺野の進化に向けたボイスレッスン2日目。まずは宿題のロングトーンをチェック。前回先生に指摘された舌のポジション、腹式、骨格を前に出すポイントを意識して発声できれば、声は長く続くはずだが…
ナレーション 後藤啓太
紺野=あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
小島=OK。15秒ですね。上がったじゃない。3秒上がって4秒上がって3秒上がったですね。じゃあ、次回までにこれもっと上げてきてください。
どの音域もタイムは伸びいる。順調だ…
小島=ワンツースリー。
紺野=あーーーーーーーー。あーーーーーーーーー。あーーーーーーーーーー。
前回のレッスンより丸味のある安定した声が出てきている。いい感じだ…
●タイトル
自分の声じゃないみたい 紺野の悩みが解けた 画像は先生の指示を受け発声する紺野 
●CM
『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房 
●本編
—先生立ち上がって自分が発声する
小島=はあーーーーーーう。
紺野=はあーーーーーーう。
小島=その時に肩に力がはいるから、うっかたい。せえの。
—紺野の肩を後ろから押さえる先生
紺野=ふぉーーーーーーーーー。
小島=もう一回、せえの。
紺野=ふぉーーーーーーーーー。
小島=こっち側に入るのではなくこういうふうに開くの。ここにはいっちゃうとふぉーーーーー。はいスリーフォー。
紺野=ふぉーーーーーーーーーーーーー。
小島=そうそう。せえの。
紺野=ふぉーーーーーーーーーーーーー。
小島=全然最後のほうさきぼそっているでしょ。その感じつかんでください。
—先生部屋のすみから小さいバッグを持ってくる
小島=今日七つ道具っていうの持ってきて、あさ美さんは肩がすごくこってしまうんで、ちょっと休憩しますね。まづこれはうがい薬なんですね。口の形をチェックして欲しいです。あーって口があいているかどうか、あとは骨格がでてるとか。ポジションがどうかチェックするための七つ道具です。ちょっとハードな練習になると思うんで、短期間にやらなくっちゃいけないじゃない、そうするとのどのコンディションが悪くなりがちなのでこれを全部使いこなしてくださくい。がんばって。
紺野=はい、ありがとうございます。はー、すごい。
先生の熱意と優しさを感じた紺野。自然とレッスンに力が入る…
—再びマイクに向かい発声する紺野
紺野=ふおおおおおおお。ふおおおおおおおお。
さまざまな課題を意識しはじめたのかブレスに声が乗ったボリュームのある声が出始めた…
—キーボードで和音を弾きながら先生が発声の見本の声を出す
小島=だいぶスムーズに出たね。のっていく感じというのがだいぶ掴めてきた。声がブレスに乗っていくと前のふぉーーーーうっていう響きがのってきます。掴めた?
紺野=ちょっと何となく。
小島=いま体のなかで体感してもらうっていうのをやっているんで、どんどん感じてまず体で感じてのど感じて、声はエネルギーだから、エネルギーをまわして止めない。今度はのどの柔軟性をつくるフェイクスケールというのをやりますね。この音はつらかったらふーーーーー。
紺野=ふーーーーーー。
小島=はい、それ。その声というのはあさ美さんも言ってましたが、ファルセットなのか地声なのか分からないって言ったことありますよね。これは中間のミックスボイスというのが存在するんです。なんでそれは正しいです。自信もって出してください。ふーーーーーー。
紺野=ふーーーーーーー。
小島=ブレスをのっけるときれいに前に声がとおってくる。
紺野=ふーーーーーーー。ふーーーーーーーー。
小島=この辺になってくるとこんどはチェストボイスっていって地声のいきに入ってきているから自分の中でどっち使っていいか分かんなってくる。これがあなたの質問の答えなのね。ここでもってふーーー。出してごらん。
紺野=ふーーーーーう。
小島=ふーーーう、ふーーーう、ふーーーう。
紺野=ふーーーう、ふーーーう。ふーーーう。
小島=ふたつの声が存在するってことを今日つかんでいってほしい。ただ、あなたのミックスボイスはすごくきれいな声なので、単にブレスが前に乗ってなかっただけなのね。ブレスが前にのってないからマイクにのらないと。ブレスに声をのせるということをするとミックスボイスもチェストボイスも(聞き取り不明)
紺野=はい。
—さらに発声する紺野
紺野=ふーーーう、ふーーーう。ふーーーう。
紺野の悩みをとくかぎ、ミックスボイスをものにするため地声から裏声へじょじょに音階を上げていく…
小島=どうですか、きもちいいでしょ。どんどん上に上がっている感じがするでしょ。エネルギー上がってきてる。
紺野=はい。
●CM
「映像ザ・モーニング娘。3〜シングルMクリップス〜」「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞」
●クロージング
紺野体調不良で 進化計画に黄信号!? 画像はマイクに向かって発声する紺野
クロージングテーマ曲は『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(50)

w-kinshachi昨日名古屋で行われたコンサート、昼の回に行って来ましたのでのその感想などを2、3回書こうと思います。写真は会場で配られたチラシで、Wがイメージキャラクターです。おめでたそうなので載せておきます。
わたしには「第6感」なんて少しもありません。しかし、経験の中から多少の予測はつきます、あまり当たりませんが…。今回のコンサートを見て聞いて強く感じたことは、「モーニング娘。は新しいピークへ昇り始めたのではないか」ということでした。もちろんこれはなっちやごっつぁんが出ていたのを差し引いてのものです。久しぶりに濃密なコンサート体験ができました。昨年秋のコンサート・ツアーは喪失感とすきま風の漂う敗北感いっぱいのもので、グループとしてのまとまりとバランスが欠如したさびしいモーニング娘。になっていたのです。それでもそれなりに良かったのですが、今回のツアーは違います!メンバーそれぞれの力量がアップしてきて歌、ダンスにばらつきのない一体感&統一感を生み出してきました。また、ひとりひとり見せ場があり、それが見ている側の居心地の良さを醸し出していました。そしてなによりグループ、11人そろって一つなのだと言う思いが発散されていたのです。さて、感想はまだ続きますのでまた明日に。番組はわたしにはコンサートで聞いている限りれいなの歌は万全だと思いますが、そう思っているのが素人の浅はかさなのでしょう。それではどうぞ。

●オープニング
吉野=息をさっきふ〜ってやっていたのを今度はすーーーー。
れいなの課題。発声の基礎。腹式呼吸…
ナレーション 矢口真里
田中=お腹を使ったっていうか基礎からやったんです。すごいお腹を使った感じがして、途中でお腹が痛くなったんですよ。で、お腹がつかえとうと思ったけど、自分は基礎がなってないちゅうねって気づいて、今までこんなに痛くなったことなくてっていうことは、のどでうたっとったということで、のどにひっかかるんですよ。そういうのはお腹で腹式呼吸ができてないっていうのがあって自然と腹式呼吸でふつうにお腹から声がでるような声になったらいいなって思います。
吉野=もうちょっと納得するまでいきましょうか?
田中=はい。
れいなの目標。声のバリエーションをものにするため、初日は課題の腹式呼吸を徹底練習…
田中=はあーーーーーーー。
吉野=ちょっと口の開け方を調整して。
田中=はい。
吉野=いきます。
—先生の伴奏に合わせて発声する田中。右手を額からはなしそのまま腕をのばす
田中=はあーーーーーーーーーー。
田中=はあーーーーーーーーーー。
吉野=ちょっとかすれちゃうかな。
田中=のどにくるのはどうしたらいいんですか。やっぱりお腹を使えてないっていうことですかね。
吉野=自分でお腹を使う前にはあーーーってことばで言っちゃてるのね。あくまでも口は息の出口。あーとかはーとか言わないぐらいの気持ちでお腹から息が送られてきたら、はあーーーーー。
田中=はあーーーーーーーーー。
吉野=上の方に響かせるように意識しているのが、口を閉じちゃうととおり道がなくなっちゃうのね。抜けるとおり道がなくなっちゃて結局のどにひっかかっちゃう。ここでさえぎられちゃうからのど声になっちゃう。いつも大きいところで歌っているから、おもいっきりさはあるんだけども。口のあきかたを気を付けてください。じゃちょっとかた幅まであけて口をあけて、はいじゃ押します。
—おなかを先生に押される
田中=はあーーーーーーー。
この腹式呼吸の克服がれいなを進化の道へとみちびくのです…
●タイトル
田中れいな進化計画 新たな課題が明らかに!! 画像は前屈して発声する田中 
●CM
『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房 「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞DVD」 
●本編
—さらに発声続く
田中=はあーーーーーーーーー。
体で腹式呼吸を覚えるためれいなは声を出し続ける…
田中=はあーーーーーーーーー。
吉野=どうですか。
田中=痛いです。
声は出ているものの口の開け方に問題が…
吉野=じゃもう一回前屈して出してみましょう。
—体を前屈させながら発声する田中
田中=はあーーーーーーーーー。
吉野=もう一回いきますね。ワン、ツー、スリー。
田中=はあーーーーーーーーー。
吉野=はい、上げてください。
田中=はあーーーーーーーーー。
吉野=あごが上がってこないのが、一番ベストかも。ここをがんばって開けるように。
吉野=こんどは歌を歌うにあたってかつ舌ね。今のロングトーンにあーえーいーおーうー、同じはあーーの中にあーえーいーおーうーをのせて。
田中=かーけーきーこーくー。
吉野=その時ずーと声がだしっぱなしの状態。
このかつ舌のレッスンでれいなの新たな課題を発見…
吉野=はなから息をしている時にすごく目立っちゃてて、さりげなくブレスをしたほうがいい。
—田中へのインタビュー
田中=れいなは口と鼻で息をこうすう〜てするくせがあってそれはだめなんですよ、歌に。なるべくここからすってないように、お腹を使ってお腹からあーーーっていってるような感じで。
進化への道はまだ歩き始めたばかり…
●CM
「サクラサク平成十七年」ザ・コブラツイスターズ
●クロージング
自分の声じゃないみたい 紺野の悩みが解けた 画像はマイクに向かって発声する紺野
クロージングテーマ曲は『スッペシャルゼネレ〜ション』Berryz工房

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エリーゼ亀山ウエイトレス姿で、大喜び!!!

♪春のうら〜ら〜の隅田川〜なんちゃって、さあ、今日もいつものように売りまくるぞっ!亀造、いさんで乗り来んだこの場所はいつもと違うレストランではないですか?あちゃ〜なんと今日は特別編だと!「あっと驚く為五郎〜」(古!)。早速、亀造ウエイトレスさんに変身!!! しかし、パターンはいつもと同じ、お客さんはいつものねえさん、髪も切りソロ活動も順調なカオリン、そしてねえさんの若かりし頃を彷佛とさせるれいなちゃんで〜す。季節がら卒業話で盛り上がっております。れいなに卒業の時に「お礼参り」なんてしたんですか?と核心を突く質問をされて、ねえさん「お礼参り」ってなんのことかわからない?と大ボケをかまして一蹴。学校も行ってないかもしれないと問題発言!いつまでも来ないオーダーに剛を煮やしベルをならすと、黒いコスチュームに白いレースの襟、エプロン、カチューシャがグッドルッキングな亀造?いやウエイトレス「エリーゼ亀山」でーーーす!かわいいいいい!!!そうですここはハロプロ物産の社員食堂「喫茶浦島」なのだ!自己紹介のあとカオリンに「楽しい?」とクールに言われ現実に戻されそうになるも、ねえさんが「飯田さん。モーニング娘。卒業してからエライ毒舌吐くようになったわね〜」とカオリンに突っ込む。う〜、モーニング時代はストレスが溜まっていたのかカオリン!気を取り直して、エリーゼ、メニューを渡す。とそこにはこれから販売する商品が書いたあった。3人して沈黙していると、エリーゼ「うちの店はこのメニューと私の笑顔が売りですから」とすかさず売り込み。3人「いらん!」とまた沈黙の空気。冷たい皆さんを尻目に最初の商品は「松浦亜弥ベスト1」だ!もちろん付きますサービスが。あややにちなんで「午後ティー」です。カオリン飛びついた「買います!」。出された「午後ティー」さっそく飲みはじめたカオリン。「のどがかわいいてさぁ〜」おいしそうに飲みます。この間がさすがに年季入っていてうまいね。続いて販売するのは「松浦亜弥写真集『a(エー)』」よ。エリーゼ、この写真集切なく大人なあややに大注目と訴えるものの、本はまだ出来てないのでエリーゼの想像図で紹介しますと、前に聞いたような展開に。予想どおり出ました!いつものうまくない絵(へたなんて口が裂けてもいえません!)だーーー!!!ねえさんに「そこに松浦亜弥って書いてあるけど、このあいだそこに飯田圭織って書いてなかった?」。いけません、そんなほんとのことを言ってはいけません!これはバラエティーですから。これには本当の画伯カオリン迷惑顔だ!しかし、やさしいカオリンはしょうがないや、と言いつつも「買ってあげるよ」。お〜、初代リーダーとはえらい違いだ!?これにはエリーゼの決め言葉「ハイ、よろこんでぇ」とかわいくポーズ。かわいいいいい!!!これにも相変わらず反応が冷たい3人。お次は「ハロー!プロジェクトBEST SHOT!!」だぞ!これもまだ間に合っていないのでエリーゼの想像図で説明。そのあまりな絵にれいな、ねえさんの嘲笑がスタジオに響く!絵では理解できないので口頭で説明するエリーゼ。たしかにこの絵ではわからないだろう〜な。ねえさんに「手ぇ抜くにも程があるわ」ときつーーーい一発!これにもサービスが付くぞ!「『ありのまま』をホントに写しますので」とねえさんに記念撮影を敢行。ポラロイドで撮影された写真が出来上がると、なんとそこには老婆の写真が………!?さすがのねえさんの強心臓でも傷ついてしまったようだ。大丈夫かエリーゼ、この収録の後がこわいぞ!今日はもうひとつあるです!「映像ザ・モーニング娘。3〜シングルMクリップス〜」でございます。れいなから「サービスは何がつくんですかねぇ〜」と催促!「それは私のスマイルです」「あ、いいです」と秒殺!こわ〜〜〜、れいな!?すべての商品を売り込んだエリーゼ、満面の笑みで「ハイ、よろこんでぇ〜」と再び決めポーズ!!!かわいいいいい!!!いつの間にやら用意されたカセットレコーダーから「ミュージック、スタート」。エリーゼ亀山の必殺ダンス『ハイ よろこんでぇダンス』を踊り始めたぞ!なにやら半端なパラパラダンスだがエリーゼなら許そう!そうだ、ダンスと言えばこの人カオリンがここにいるぜぇ〜。一緒に踊ろうと誘うがあまり乗り気で無い様子。エリーゼのダンスではスタジオ中がいっせいに引いてしまったのでここは「ダンシングクィーン」の異名を持つカオリンに締めてもらわなければ。そこはさすがに音楽が流れるとやってしまうんですよカオリンは。やっぱりうまい!ほんとにうまい、久しぶりに見たカオリンのパラパラ!!!エリーゼこれには参った!そそくさと「あとはごゆっくり。ありがとうございましたぁ〜」とワゴンを下げながら撤収!!!残された3人の表情はねえさんのこの一言に集約されたぞ。「疲れたね!」

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(49)

12時間遅れの『「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!』UPでございます。で、これから言い訳を述べたいと思います。きのうから花粉症で目がガビガビになってしまったからです。今年はすごいと世間では言ってましたが、ほんとにすごいです。くしゃみや鼻水は我慢できますが目はいけません。脳に近いせいか判断力が落ちます。行動もスローになってしまいます。そんなことで大事をとって寝てしまいました。今朝は向かいのおやじさんも車を洗いながら「車体に花粉がいっぱい着いてて落ちないよ」と嘆いてました。ミュージカルの記者会見ではあいぼんも花粉症だとか、ねえさんもラジオで花粉症だと言ってたし、梨華ちゃんにいたってはインフルエンザにかかってしまったようです。気候はあたたかくなって良いのですが、体はどこも悪くない状態が一番良いです。 番組はスタッフのモーニングに対する熱い愛情がこれらのレッスンに繋がっていっているのでしょう。それではどうぞ。

●オープニング
—ボードに高、中、低と文字を書きれいなに説明する先生。椅子にすわり聞いている田中
れいなの目標。声のバリエーションをものにするため、ここで各音域の正確な声の出し方をお勉強…
ナレーション 矢口真里
吉野=低い声は胸で中間音は口だと思ってください。
田中=口。
吉野=口にかかるんではなく抜くっていう感じ。目とかおでことか自分の顔の中で。そうすると高いところは頭。
そしてお腹にも音域をコントロールするこつが…
吉野=ちがう音にいきすぎちゃった時は、お腹のいきおいを強めれば良いか弱めれば良いかわかるかな?
田中=弱める。
吉野=はい。弱める。いきすぎちゃったものをもっといきおいを落としてやればもっと下の音になるよね。
吉野=少しづつあけていく。
吉野=はあーーーーー。
田中=はあーーーーー。
吉野=高いところは極端にあけてあげて、さっきやったはあーっとやった勢いとともに声を出す。
—ボードのところまで来て自分のことを説明する田中
田中=なんか、ここまで出たとするじゃないですか、ここの変わり目でいったん裏声のなるんですけど、人に裏声って言われないような裏声になっちゃうんですね。こことかは得意なんですけど中間くらいのなるとあってなるし、低い音がにがてなんですよ。
—先生はピアノに、田中はその前に立つ
吉野=お腹しだいでいろんな声が出せるようになると思うのね。
田中=はい。
吉野=ほんとに基本はお腹ですから、もっとお腹使って。
—ピアノに合わせて発声する田中
さっそく課題の低音域の発声練習を開始…
吉野=このはあーーっていう動きがお腹からあがってきてここでとまって。体は砂時計がすーって砂が落ちていく感じくらい自分の力がふ〜って抜けるように。
田中=はあーーーーー。
吉野=はあーーーーー。
果たして課題の低音域はどこまで克服できるのか…
●タイトル
田中、課題の低音を猛特訓 ダブルユー舞台裏密着 画像は鏡の前で先生の指導のもと発声する田中 
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 
●本編
—引き続き発声する田中
田中=はあーーーーー。
吉野=出だしがちょっと早過ぎるかな。はあーーー。もうちょっと丁寧に。田中=はあーーーーー。
吉野=はい、厚い声になったよね。もう一回いって見ましょう。
田中=はあーーーーーーーーーーーー。
吉野=うん。響いてる感じがあるかな?置いてやってみましょうか。
田中=はあーーーーーーーーーーーー。
田中=はあーーーーーーーーーーーー。
吉野=そうです。そうです。すごくいい。今すごく良かったよね。自分で気持ち良かったよね。これぐらいの音域が出てきたら一生懸命うたわないで、今ぐらいの力で歌ってあげる。そうすると、すごく歌いやすくなると思うし、低音の場合は響かすほうが大事だから出そう出そうと思うと空振りばかりして息ばっかり多くなっちゃうから、いまぐらいの加減を覚えといてください。
—先生にお腹を押さえられながら発声練習をする
—田中へのインタビュー画像
田中=ボイスレッスンをしてきたんですけど、今までも。今日はいつものボイストレーニングよりもお腹を使ったっていうか基礎からやったんです。すごいお腹を使った感じがして、途中でお腹が痛くなったんですよ。で、お腹がつかえとうと思ったけど、自分は基礎がなってないちゅうねって気づいて、今までこんなに痛くなったことなくてっていうことは、のどでうたっとったということで、のどにひっかかるんですよ。そういうのはお腹で腹式呼吸ができてないっていうのがあって自然と腹式呼吸でふつうにお腹から声がでるような声になったらいいなって思います。
—キャラ&メル—
ダブルユー主演ミュージカル。ただいま開演中…
—ミュージカルの立ち回りシーンの稽古風景
加護=物語としては出演者のひとりひとり役柄がとてもわかりやすくて、のんはすごいかっこいいですよ。
—二人のインタビュー画像
辻=ちょっとね、フットサルやってて良かったなって思った。
加護=あ、ほんと?
辻=役に立ちましたね〜。こう説明してるんですけど、見てもらはないとわからない部分がたくさんあると思うんで、ぜひぜひ春休みなので家族連れできてほしいなって思います。
加護=やってるほうも楽しめてるのでそれが伝われればいと思います。
辻=お腹いっぱいにして帰ってもらえたらうれしいなって思います。
このミュージカルで不思議体験を一緒にしよう。
●CM
「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞DVD」「2nd W」W
●クロージング
紺野・田中・亀井 只今、揃って進化中 画像はお腹に手をあて唇をふるわせて発声する紺野 あごに手をあて発声する田中
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(48)

すでに「オールスターズ大乱舞」をご購入された方はお分かりかと思いますが、先日の「ハロモニ」で紹介された時のものと表紙が変わっております。絵里ちゃんが紹介したものは表紙の写真がカオリンのドレス姿でした、雪景色のイメージの。実際に発売されたものはカオリンの涙が流れるバストショットになっています。デザインは変わってなさそうなのでメインの写真だけ差し変えたんですね。確かに涙を流している写真の方がインパクトはあります。今はフォトショップやイラストレーターなんてソフトがあるんで簡単にこういう作業が出来ちゃうんですね。ですからデザインのプロでなくてもそこそこのものは出来ます。でもお金を取るとなるとただきれいに出来ればいいというものじゃありません。やはりお客さんに手に取ってもらって買ってもらわなければならないんです。それには〈インパクト〉が重要な要素になるわけですね。しかし、これがなかなかやっかいなしろもので難しいんです…。毎度思いますが、なにごともプロとなってお金をいただくということはたいへんなことです。 番組はどうしてこの3人なのかということを考えてしまいました。もしかして?なんてね。それではどうぞ。

●オープニング
さらなる歌唱力アップをめざし彼女は誓いました…
ナレーション 矢口真里
田中=人が聞いてて引き付けられるような声、歌を歌いなって思うんですよ。
田中れいな進化計画始動…
田中=のどで歌ったりする時があるんですよ。そういうのを自然とお腹から太い声を出せるような。
—スタジオの扉をあける田中
田中=田中れいなです。よろしくお願いします。
吉野=吉野麻衣子です。よろしくお願いします。
れいなの進化を手伝ってくれるのは、自身もシンガーとして活躍する吉野麻衣子先生…
まずはれいなの呼吸法をチェック…
吉野=腹式呼吸と声のつながりとして。
ここで明かになった課題、それは発声の基礎、腹式呼吸…
吉野=そのまま腹式呼吸に変えたいんで今日それをまず教えたいと思います。息をふーってやっていたのを今度はすーーーーーーっと。それも自分ですーっというんではなくて、お腹のいきおいですーーーーーー。おもいっきりお腹が押した状態が強ければ、強く出てくるし、弱ければ弱く出てくる。まず最初強く、息が真ん中にあたるようにさしすせそのすの形を、で息を真ん中に強くあてるとしんのある太い声になってくるのでそれをまずやってみます。はい。
田中=すーーーーーーーー。
吉野=もう一回いきましょう。
田中=すーーーーーーーー。
吉野=そしたらこの息を思いっきり、はっー。はっー。はくというよりもお腹の息で息が押し出されてくると思ってください。
田中=はっ。
吉野=縦横両方あけましょう。
田中=はっ。はっ。はっ。
吉野=はいOKです。で、自分で練習していた時にふらふらとしちゃうと息の循環が悪くなっちゃってるので練習ストップして。
田中=くらくらします。
吉野=今くらくらする?
田中=します。
まずは出来ていなかった腹式呼吸をものにするために、れいなは自身の進化への道を歩きはじめました…
●タイトル
田中れいな進化計画始動 ダブルユー舞台稽古密着 画像は発声する田中 舞台稽古で刀を振り降ろす辻と加護
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 
●本編
れいなの目標。声のバリエーションをものにするためまずは課題の腹式呼吸の練習…
—発声する田中
田中=あーーーーーーーー。
今、鼻で呼吸していたね。そうすると胸がくって上がってるのがわかるかな。息がだんだんここにたまってきているの。なのでさっきのブレス方法を使ってみましょう。
田中=はあーーーーーーーー。
吉野=このままお腹をもどす。口をあいたままできれば。口をとじちゃうと鼻しか空気の入り口がなくなっちゃうので、自分で無意識のうちに息が入るように、鼻も口もそのままで自分ですおうと思わないで、はい。
田中=はあーーーーーーーー。
吉野=今なにがいけなかったかな。
田中=口で吸いました。
吉野=自分ですう音がしないくらい。ていう感じです。
田中=はあーーーーーーーーーーーーーーーー。
吉野=鼻から落ちてこないようにね。棚からものが落ちてこないようにお腹で支えている感じ。
田中=はあーーーーーーーーーーー。
吉野=はい今のだとあーーがずっと響いている。それをちょっとした差なんだけど自分ではあー、はあーを気にして上げるか上げないかによってパンチのある声とか出してる響きが突き刺さるくらい。
—キャラ&メル—
ダブルユー主演ミュージカルいよいよ開演…
ここはミュージカル「キャラ&メル」の稽古現場。主演のダブルユーにこの舞台への意気込みを聞いてみました…
辻=ただいまですねダブルユー主演ミュージカルの稽古場なんですけども、本番直前ということですね。どうですか?
加護=いや〜、ばたばたですよ。すごい稽古は順調に進んでいるのですが、いままでにないくらい稽古時間が短かくてですね、ひやひやしてるんですけども。辻様。
辻=そうですね、さすがに娘。のいた時とちがってせりふの量がはんぱなく多くて、ちょっとバカ女1、2にしてはつらいとこなんですけども、気合いと集中力でがんばってのりきって。
このミュージカルで不思議体験を一緒にしよう…
●CM
「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞DVD」「2nd W」W
●クロージング
田中、課題の低音を猛特訓 ダブルユー舞台裏密着 画像は鏡の前で先生に合わせ発声する田中
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(47)

昨夜からの攻撃によってわが方は玉砕一歩手前!そして今日とどめの一撃をくらってしまった!そうです。負けました!誰に?決まってるでしょう!絵里ちゃんにです!!! わたし写真集見る順番間違えました。こっちの「HAPPY BOX 紅組」の方を先に見るべきでした。でもそうすると昨日という日はなかったかもね? とにかく買って見てやってください。その瞬間昇天?してしまいますのでお気をつけください。命の保証はいたしません!!! また、俺は白組も見たいんだとお嘆きの貴兄、ご安心ください。絵里ちゃんのドすごい写真はこちらにも載っております。つまり紅組、白組と分かれていても最後にみんな出てきますよね。あの構成ですから写真集の方もそれにならっている訳です。さあ、買いたくなったでしょう?この「薔薇の名前」のような危険な書物を。もうネット通販では待てない!朝一で学校、会社に行く前に書店へGO! BOY〜恋のヴィクトリー〜!!! 番組はボイトレの先生はせっかちそうだし、紺ちゃんはのんびりタイプだし、以外とこういう組み合わせのほうがうまくいくのでしょう。それではどうぞ。

●オープニング
—マイクに向かい発声する紺野
自身の歌唱力アップのため、悲願のボイストレーニングにのぞんだ紺野。そこで紺野を悩ませていた原因が次々とあきらかに…
ナレーション 矢口真里
小島=一回お水飲みましょうか。
紺野=はい。
小島=舌のポジションの舌の付け根に力が入っているとのどって詰まっちゃうんですね。
紺野=はあ〜う。
小島=上の音に行けば行くほど口は開いていかなければいけない。
小島=はあ〜お。
紺野=はあ〜お。
小島=どうしても歌う時にえ〜って舌にすごく力が入ってしまっていたので、その舌の力を抜くということを今日は教えました。
—先生に腹を押さえられながら発声する
紺野=はあーーーーーーーー。
小島=OK OK。
小島=口の開け方がたらないとまず声量が前に出てこない。それと口の中にエアーを入れるっていうんですけど、ようは、あーって出す時と、はーって前に口を引っ張る、骨格を前に出す、そうすると響きが生まれるんですね。
—先生と一緒にに発声する紺野
紺野=はーーーーーーーーーーーー。
小島=はあーって口を前にだす、骨格を出して行く、そうすると響きが生まれるんですね。その響きが彼女にはなかったんです。
紺野=はあーーーーーーーーーーー。
小島=そう、そう。のびてきましたね。もう一回いきますよ。
そしてまた新たな課題がうきぼりに…
小島=ブレスのタイムがどれくらいあるかなっていうのをチェックしたいんですね。
紺野=うーーーーーーーーーーーー。
小島=7秒か。じゃその次は今の声よりもうすこし強くだしていきます。3、2、大きく出して。
紺野=うーーーーーーーーーーーー。
小島=そうか10だね。そしたらね、今度はさっきやったあでいきますね。あで何秒いくかチェックしますね。
紺野=あーーーーーーーーーーーー。
小島=12秒くらいから音がくずれてくるよね。で、次回までにこの秒数を1秒でも2秒でも増やしてくるのが宿題。
紺野=これ、ウイスパーっていうのが最初。
小島=緑のこれがなにをいっているのかっていうとウイスパーボイスが今あさ美さんが今出している声量なんですね。緑オープンというのが未知の声。一生懸命出しているので最後の声が揺れてますよね。この声が最終的にゆれづに、ブレスの多いひとだと30秒くらいいくんですね。たしかに1か月や2か月じゃのびない、半年かけてこれが20秒までになったら確実にあなたの声は強くなります。このブレスのタイムがすごい必要なんです。
●タイトル
早くも成果が!! 紺野あさ美進化中 画像は腹に手をあてがい発声する紺野
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 
●本編
課題がはっきりしたことで紺野の声に早くも成果が…
—腰に手をあて発声する紺野
小島=スリー、フォー。
紺野=はあーーーーーーーーーーー。
紺野=はあーーーーーーーーーーー。
小島=一番最初の発声に戻りましょうか。
いまやボイトレをする紺野の顔にはレッスン前の不安な表情すらなくなっています…
紺野=はあーーーーーーーーーーー。
小島=もう一度。
紺野=はあーーーーーう。
小島=4拍ね、スリー、フォー。
紺野=はあーーーーーう。
小島=今口あきましたよね。その口最初からちょうだい。
紺野=はあーーーーーう。
小島=はあーーーお。
紺野=はあーーーお。
小島=あの声を使いこなせるようになったらすごいマイクのりのいい声になってくるよね。
紺野=はあーーーーーーーー。
小島=最初の出し方がすごくいいの。
紺野=はあーーーーーーーー。
小島=舌がね、こう上に上がっていこういこうとするの、下げて。
紺野=はあーーーーーーーー。
小島=3度下げて。
紺野=はあーーーーーーーー。
小島=まっすぐのびているね。気持ちいいね。はい、お疲れさまでした。これで今日はいいです。
小島=今日一番最初にロングトーンで声を出していただいたんですけども、最後の方で出した声とはやはり違っている。本人もつかめたところがあるみたいなんで。
紺野=今日だけでもかわったよなって思うんで、あとは先生もいっていたようにどれだけ短い期間でわたしのレッスンを、身につけてくれるかっていっていたので、あとはなるべくがんばって吸収しがんばりたいなと思います。
●CM
「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞DVD」 「2nd W」W
●クロージング
田中れいな進化計画始動 ダブルユー舞台稽古密着 画像は胸の手を当て発声する田中
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(46)

「ハロプロWinterづくし攻撃」進攻中!わが方防戦一本槍。ハロプロ休戦を打診中!こういう時に限って仕事が忙しくなるんですよ、まったく。時間がないのでDVDは絵里ちゃんとあいぼんの『恋のテレフォンゴール』そして『ALL FOR ONE & ONE FOR ALL』のみ視聴。うひゃ〜、これだけでもあの時の感動がよみがえる!写真集の方は3冊買ったけど、1200円+税の「オールスターズ大乱舞」を見ただけ。でもこれ、いいですよ。お金のない人はこれだけでも良いです。お買得です。構成は毎回出ているのとかわりませんが、「飯田圭織ヒストリー」なる全6ページが充実しております。年表も小さなフォントで事細かにかおりんの歴史を綴っておりますので読みごたえも十分。でも、ほんとにいいのは18ページの写真。絵里ちゃんがセンターでなおかつ一番前にでてきている『THE マンパワー!!!』の写真です!すっくと立つその姿、いいよ〜!見てねーーー!!! 番組はこのレッスンのような振り付けを見てると、なんとなく絵里ちゃんは宝塚のほうが似合うような気がしてきた。それではどうぞ。

●オープニング
日置=あたしが思うに、なんでもいいからただ踊ればいいかっていうじゃなくて、どこの部分を今使っているのか、首の動きなのか肩の動きなのかどこを一番見せたいのかっていうのを意識して踊ると全然かわってくるんですね。
目標の自己アピールを強化するためこの練習で体の表現力と筋力をアップ。手先、肩、腰などの動きを一つ一つ意識しながら亀井はステップを踏み続ける…
ナレーション 後藤啓太
—ひとりで踊る亀井
日置=すごく体を使うものをやったんですけども、すこし弱いところもあるんですけど、亀井さんそれをやってくれることで実際体が動くことで付いてくる筋肉とかが出来てくるというのもあると思うので、ちょっとこういう振りをやって体をかえていきたいなっていうのがありますね。
—踊り終わった後、首をひねり振りを確認する亀井
日置=これってね、最初むづかしいとおもうんだけど、こうやってリズムとる腰の動きもあるし、なめらかにやる腰もあるんだけど、今回はがん、がん、ばしっ、ばしって感じ。あのモーニング娘。の曲のなかでこう、がん、がんって腰をがつがつってやるのが出てくると思うので、がん、ヒットさせる感じ、ぶつける感じ。そこをちょっと意識して。なんだけど重心を移動させなきゃならないんでこうならないように。こっちにのせて。
—ふたたび曲にあわせて練習する
日置=顔の表情とかが、いままだかわいい雰囲気のままなのね。それはそれでいいんだけど、この曲に関してはきめきめな感じにしたいんで、すごい顔は大事。
今だ課題は残るものの着実に亀井は進化への道を走り続ける…
●タイトル
徐々にレッスンの成果が… 亀井絵里進化中 画像はレッスンで踊る亀井
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞DVD」 
●本編
—曲が流れ、出だしを待つ亀井。先生は後ろで亀井の動きを確認。途中やや動きが乱れる
ここで亀井の振りとリズムの両立という弱点が顔をのぞかせる…
日置=いまの部分ね顔を意識しちゃったから振りが飛んじゃったのね。もう一回ね、とんじゃってもいから。
亀井=はい。
その課題を克服するためこのあと亀井は納得いくまで何度も何度も踊り続けた…
—途中で失敗して顔を手で覆う
日置=ほんとに亀井ちゃんを変えたいので、ふたつ、わたし書いてきたんですね。
—先生のメモを見ながら話合う亀井
日置=さっきやった振りとかも練習してくれればばっちりで。
亀井=はい。
この日のレッスン終了後、短いレッスン時間を補うために、先生からの宿題と真剣に取り組む亀井にこんな言葉が…
亀井=ありがとうございます。やります。
日置=わたしね、つんくさんとかがね亀井かわったなーっていうぐらい変えたいから、すぐにはできない、短期間では無理。今回6回ぐらいしかないからほんとにかわるためには、わたしがこれる時間以外にも亀井ちゃんに努力してもらわないとかわらないで、がんばろう。
—窓際でインタビューに答える亀井
亀井=先生が宿題したストレッチ、腹筋、スポットの練習、ドルフィン、ダウンアップの取り方と今日習った振りは次来る時までにうんとレベルアップしていきたいなって思うんですけど。
—白い壁をバックに話をする日置
日置=亀井さんのコメントのなかで、まわりのメンバーの人が自分よりちっちゃいのに大きく動いてるとか、すごく刺激を受けたという話をしていたのを聞いて、そういう刺激を受けるのは大事なことなのですけど、多分自分に自信がない時というのはまわりが気になっちゃうんだと思うんですね。回りを気にする時点でまだたぶん自分のなかに確立したものがないって感じたんで、自分の技術の向上に集中してもらう、いい意味で自分に集中してまわりが見えなくなる状態になって欲しいんですね。そういう状態になってくれると彼女すごく変わると思うんですね。
●CM
「サクラサク平成十七年」ザ・コブラツイスターズ
●クロージング
課題続出!! 紺野あさ美も進化中 画像は自分でお腹を押さえながら発声する紺野
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(45)

「あなたがいるから矢口真里」が今月いっぱいで放送終了することとなりました。まりっぺはこの知らせをマネージャーさんから聞かされた時、以前では考えられないような大人の反応をしたようです。わたしもこれを番組で聞いた時、さして感慨を抱きませんでした。むしろモーニングの現状を考えるとよくやってきたなと思ったぐらいです(もちろんこれだけでない諸事情が局の方にもあったのでしょうが)。もうこういうことにも馴れました。まりっぺも大人になったというのもあるかもしれませんが、馴れてしまったというのもあるのでは?「馴れ」というのは恐ろしいもので、今ではモーニングの新曲が1週でオリコンのチャートから消えてもなんとも思わなくなりましたし、この日記を書くために夜中にごそごそとキーボードを打つのもさして苦にならなくなりました。昼間眠いのはつらいですけど。モーニングにとってはこんなことではいけないのでしょうが、いろいろなアプローチを続けていけばまた、一般的な意味での人気を盛り上げることができると思います。それにはどんなことをしてもやり続けることだと思います。頼みますよリーダー!!! 番組はレッスンの受け方も本人たちの個性がでるようです。そういった意味で番組的においしいれいなの分は先にひっぱっております。それではどうぞ。

●オープニング
自分をもっとアピールしたい、そう心に誓いダンスの基礎レッスンにのぞんだ亀井ちゃん。まずはダンスに必要な腹筋を強化…
ナレーション 矢口真里
亀井=筋肉を使ったって感じで、あっこんなに自分は腹筋がないことにすごい気付いたし。
続いて取り組んだのがデビュー以来亀井ちゃんを悩ましているリズムの早取りくせ…
その克服へのかぎ、それはリズムの裏を感じること…
日置=実はこのリズムを感じることで、さっき亀井さんがいっていた早取りが克服できる助けになる。
亀井=裏を感じる。
日置=そうすると早くなりにくい。
亀井=リズム感が裏を取れてないっていうことに今日先生といっしょにやっていてやっぱり自分のが早いんですよ。
習ったリズムの裏を意識しながら、何度もステップを踏むもなかなか手応えを感じられない亀井ちゃん…
亀井=むづかしいな〜。
そしてダンスレッスン2日目…
この日もダンスのレベルアップにかかせない体力づくりからスタート…
—先生と腹筋をする亀井
先生に習った息をはきながらする方法で、ダンスレッスンに必要な腹筋のキープ力を強化…
—体をよじりながら腕を交互につきだす
日置=この間よりやや長め。
亀井=長め。
亀井ちゃんが歩きはじめた進化への道にはたして克服のゴールは見えてくるのか…
—先生と鏡の前でステップを踏む亀井
●タイトル
自信過失 亀井の進化に黄信号!? 画像はレッスンで踊る亀井
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 
●本編
リズムの早取りぐせを克服するため、習ったリズムの裏を意識しながらステップを踏み続ける亀井ちゃん…
—スタジオを大きく使ってステップを踏む2人
しかし、この日から加えられたスポットターンに気をとられ、課題のリズムの早取りぐせがなかなかなおらない…
—先生といっしょに踊るもうまくいかず首をひねる亀井
亀井=先生がとなりにいると感覚がわかるんですけど、ひとりになるとガチガチになっちゃって、ぜんぜんダウンができなかったり、アップができなかったりして。
日置=あ〜、今のがいちばんいい。
—ひとりでターンをする亀井
亀井=これですか。
スポットターンが加えられてから自分の思うように体が動かない。早くも亀井ちゃんの進化計画に黄色信号が…
—ひとりでステップを踏みながら前にすすむがうまくいかず頭をかかえる亀井
ここで気分を入れ替えるため、ダンスレッスンは次のステップへ…
日置=下にいったらばってお客さんを見ます。で、今度は足をとじながら、耳につけてこれが横にならないよう真上で、手をリラックスして。この時にた〜た〜って上を見ます。もう一回ね。せーの。
目標の自己アピールを強化するため、この練習で体の表現力と筋力をアップ。手先、肩、腰などの動きをひとつひとつ意識しながら、亀井ちゃんはステップを踏み続ける…
日置=前回やった振りとまた違った感じですごく体を使うものをやったんですけども、すこし弱いところもあるんですけど。亀井ちゃんそれをやってくれることで体が実際動くことで付いてくる筋肉とかが出来てくることがあるんで、ちょっとこういう振りをやって体を変えていきたいっていうのがあるんですね。
日置=うって言えばいいのね。うっがんがんがん。
日置=なんでもいいからただ踊るんじゃなくて、どこの部分を使っているのか、首の動きなのか肩の動きなのかどこを一番見せたいのかっていうのを意識しておどると全然かわってくるんですね。
—先生のカウントで亀井1人で踊る
今はひたすら練習し学んだことを自分の体にたたきこむだけ。このステップをものにした時、自己アピールのゴールが見えてくる…
—音楽を流しながら先生と踊る亀井。よりきれが出てダンスらしくなっていく
どんどん複雑になっていくダンスレッスン。この後亀井ちゃんに大きな壁がたちはだかる…
●CM
「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞DVD」「2nd W」W
●クロージング
徐々にレッスンの成果が… 亀井絵里進化中 画像は先生が見守るなか一人でレッスンの振りをする亀井
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エリック亀造落語オチで、大盛況!!!

亀造の所属するハロプロ物産も春の慰安旅行を決行。そこの流行らない宿で奇跡は起きた。亀造、温泉に行こうとすると、隣の宴会場から「ここには芸者もいないのか〜!」と暴れるお客さんたちが。仲井さん困った。亀造すかさず、「わたしがなんとかしましょう」と助け舟。なんと宴会場で亀造の十八番、「ひとりモーニング娘。」を始めた。これは見物だ。なにしろ目にも止まらぬ早技で11人分のダンスとパート割りされた歌を歌うのだ。これには宿泊客も大喜び。この後いつも持っているCDを販売したのはいうまでもない。宿の女将も喜んでCDを大量購入。ここでも亀造、セールスのうまさを見せつけた。亀造たちハロプロ物産一行が帰って、数日後。毎朝、宿のCDが勝手にケースから飛び出し、踊りながらモーニング娘。の歌を歌うという珍事が起きた。この噂を聞いた観光客が連日この宿に押し掛け、押すな押すなの大盛況。「これは亀造さんのご利益だ〜!」と女将はじめ従業員一同ハロプロ物産のある東京の方角に頭を下げるのであった。これを聞いたこの町の某町長さんが涙ながらに「なにも町村合併やらカタカナの名前を付けなくても、エリック亀造さんひとりを呼べば住民投票で恥をかかないですんだのに」と語った。ってホントかね?(もちろん冗談ですよ〜)

春も近い今日この頃、売るぞ亀造花も嵐も踏み越えて!!! 本日のお客さまは例のごとく、ホワイトデーには縁のないねえさん、ねえさんの最高の舎弟またはモーニング娘。のリーダー矢口っつあん。そして最強のボケつぶしミニモニ。つながりののんちゃんです。またも世間話で盛り上がり中、ホワイトデーにはのんちゃんスタッフに気をつかいチーズケーキを作ったのに、ねえさんはなにもなし。これにはスタジオ、シーン! そこへ亀造、部屋に入って来た。2本どりのせいか?ややお疲れぎみ?いや亀造に疲れの二文字はない。「ホワイトデーに無関係そうな皆さんおそろいで」とぶちかます!さっそく販売開始!「アナタ達のようなとても寂しい寂しい思いを…」の言葉にねえさんお約束、「アナタにアナタ達って言われる筋合い無いわ!」とぶちぎれ!!!さすがの亀造も眼鏡をかけるのも忘れるほどビビったぞ!ねえさんに段取りの説明までされた亀造冷や汗、だらり…。最初の商品は「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞」DVDだ!今買えば飯田画伯の自画像が付いてくる亀造特典つきだ。矢口っつあんにだれが描いたの?のするどい突っ込みに、亀造実物を見せる。絵を見た矢口っつあん「コメントしずらい〜」の高?評価。ねえさんの「DVDは見たいよね〜」の鶴の一声で、毎度ありぃ〜。しかし、ねえさんの方が上手だった。自画像の方は後ろへ投げ飛ばしてしまったのだ、おそるべしねえさん!気を取り直して次の商品へ。「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞」ムック写真集でございま〜す。おまけとして「Hello!Project 2005 Winter 赤組」「Hello!Project 2005 Winter 白組」の写真集も付けちゃうぞ〜!おまけの方がすごいとか、それは失礼じゃないかと「異論反論objection!」もめております。そこへ『ハロプロWinterづくし攻撃ですよ!!!』でた〜〜〜〜〜亀造の必殺セールストーク!!! 亀造特典も強制的に押し付ける。それは「紅白まんじゅう」だ!その場で矢口っつあんとのんちゃんに食べさせるのだ!ふたりとも疑っております。それもそのはずどちらかにからしが練り込んであるらしいのだ。からしの入っている方を食べると亀造と一緒に「毎度ありぃダンス」が踊れるというありがたい企画だ。「せ〜の」で食べたのはいいが大当たりは矢口っつあんでしたー! 初めは笑っていたがだんだん顔がくずれてきてしまった。ほんとうにまずそうだ。かわいそう〜。ねえさんもひとくち食べるがこちらも同様。のんちゃんもふくめて3人で「マズイ…」と頭をかかえる始末、お気の毒に…。「そういうことで、毎度ありぃミュージック。スタート!」矢口っつあんと今日もハイテンションダンスを展開!音楽が終わっても踊り続ける亀造。なにごとにも全力投球だ!あ〜、目がまわった、よれよれです。一緒に付き合った矢口っつあんもねえさんにほめられこと、ほめられること。と、そこで亀造の携帯が鳴った。会社からの指令か?デートの約束か? 「あ〜、きょうはね2人…ちっこいの2人」と電話の相手に答える。これには矢口っつあんとのんちゃんあぜんとするのみだ。「今からそちらへ向かいま〜す」と亀造部屋を出て行った。「誰?相手?」と矢口っつあん茫然自失、だいじょうぶか〜リーダー!そんなことはおかまいなし。今日の満足感を胸に、次なる販売戦略を頭の中で練りながら初春の街へくりだす亀造であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(44)

さあ、さあ、来週から再来週にかけては春のリリース・ラッシュのお通りだい!ってなわけCD、DVD、写真集・本が大挙して発売されます。わたしのささやかな楽しみであるこれらの購入予定品を上げてみたいと思います。まず「オールスターズ大乱舞飯田圭織卒業スペシャル」DVD、それの写真集全3冊、「松浦亜弥ベスト1」CD、「映像 ザ・モーニング娘。3〜シングルVクリップス」DVD、「二人ゴトDVD〜○○とあなた〜Special Edition Vol.1 / Vol.2」、本「モーニング娘。×つんく♂2」などなど。それに21日には名古屋まで行きコンサートがあります。そこで数々のグッズを買うはめになるはずです。これらの合計金額は?も〜、考えたくありません!わたしが1万円稼ぐにはどんな思いをしているのかわかりますかー!? わかりません!という声のなか3夜続けて〈日本経済の、きのう、きょう、あした〉を考えてみました!? 結論は、庶民はしょぼいということでした。なさけね〜!お金の話はもうやめよっ! 番組は今度のボイス・トレーニングの先生も理にかなったことをおっしゃっています。さすがに餅屋は餅屋ですね。 それではどうぞ。

●オープニング
自身の歌唱力アップのために、悲願のボイス・トレーニングを開始した紺野…
ナレーション 矢口真里
先生=怒ったことある?
紺野=怒ったことあるんですけど、あの、あんまり弱弱しいっていうか。
先生=なにやってんのよー、みたいな。
紺野=そうなんです。そうなんです。
先生=声ってエネルギーだったりするのね。自分で中に持ってるエネルギーすごく持ってる人だと思うのね。オーラがある。だけど、どっかで自分でストッパーをかけちゃってる気がする。声の出し方に。ま、朝ってこともありますけど、ちょっと弱い出し方がね。もし壁とか扉があるんだったらとりあえずそれをとっぱらうことから始めなきゃいけない。はぉー、じゃ出ないね。もほんとに、はぉーーーって感じでいけなきゃいけないよね。ちょっといってみましょうか。はい。スリー、フォー。
紺野=はぁーーーぉ。
先生=そうそう。
紺野=はぁーーーぉ。
先生=上がるよ。
紺野=はぁーーーぉ。
先生=スリー、フォー。
紺野=はぁーーーーーー。
先生=そのままキープして、口。
紺野=はぁーーーーーーーーーーーーーー。
先生=あとは口の開け方、OKです。舌のポジションもOKになりました。あとはなにかっていうと、ブレスがたりないんです。ちょっとお腹をチェックさせてください。
紺野=はぁーーーーーーーーーーーーーー。
—お腹をおさえられながら声を出す
先生=今、声をだしながら、はーーーーーー、だんだん口のなかがちっちゃくなっているの。まず、口の中にエアーっていうのを入れるのね。口のなかにホールをつくる感じ。口のなかにエアーがないとどうなるかっていうと、あーーーーーーーーー、口の中エアー入れます。はぁーーーーーーーーーーー、わかりますか。中音域がでてくるんです。この中音域がでてくると人の声はすごく聞きやすくなる。なのでどうするかっていうと、骨格を前に出す、口の骨格を前にだす。いいですか。口のなかにホールをつくる。はっ。
紺野=はっ。
先生=そう。そう。
先生=歌を歌う時に、口の開け方が小さいと声量が前にでてこないということと、それと口の中にエアーを入れるというんですけど、要はあーって出す時と、はぁーっとひっぱる骨格を出していくそうすると響きが生まれるんですね。
—ふたりで発声する
先生=はぁーっとして口を前にだす、骨格を出していく、そうすると響きがうまれるんですね。その響きが彼女にはなかったです。
●タイトル
石村の練習の成果は? ベリーズ新曲PV密着 画像は石村のPVソロシーンの撮影風景
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 
●本編
—Berryz工房—
ビデオ撮影前日、なかなか振り付けが覚えられない舞波ちゃん。おもわずこぼれるくやし涙…
—レッスンスタジオでぼうぜんとする石村
まだ不安の残る舞波ちゃん、はたして本番では…
—撮影用のステージに上がる石村
先生=あとは思いきってやっちゃってください。
石村=はい。
表情のかたい舞波ちゃん。いよいよ撮影スタート…
—曲を流しながらソロシーンの撮影
スタッフ=はい、OK
先生=舞波ちゃんさ、自分が歌わないところは歌わないで。そのあと自分が歌うところが来てるから、前後つながりがあるから心の中で歌って。
石村=はい。
—再びソロシーンの撮影映像
スタッフ=はい、OKです。
石村=ありがとうございました。
なんとか二回目で撮影は無事終了。しかし、先生から次のダンスシーンに向けてこんなアドバイスが…
先生=首が前に出ている。そうすると猫背に見えちゃうから、こうなっちゃうの舞波ちゃん。
—先生に頭を押さえられながら指導される
先生=ここ。(胸はって)
そしてダンスシーンの撮影がスタート…
—曲を流しながらメンバー全員で踊る
舞波ちゃんは先生のアドバイスどうり、あごのひいたきれいなダンスを披露…
メンバーの力のこもったダンス。新曲ビデオを見るのが楽しみです…
—ダンスのエンディング、全員できれいにキメる
●CM
「2nd W」W
●クロージング
来週も紺野・亀井レッスン密着 田中もボイトレ始動 画像はマイクに向かって発声する紺野
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(43)

「カメ」と言っても、かわいい絵里ちゃんのことじゃないよ。ニッポン放送社長の亀渕昭信さん通称「カメ」のことです。フジテレビの日枝さんに代わって、昨日あたりから取材対象になってしまいました。ご存じのように亀渕さんは「オール・ナイト・ニッポン」でDJをやってましたね。わたしも良く聞いてました。深夜放送なんて聞いたことのない人にとっては、なにやってんだ〜と思われてたでしょう。今のインターネットと同じような状況にあったわけです。その彼も社長になりました。人はその立場、時代、まわりの状況によって発言も行動も変わります。これはライブドアの堀江さんも同じです。そんなことはあたりまえです。堀江さんにしてみればニッポン放送もフジテレビも莫大なお金を出してでも手に入れたい、魅力のある会社だということだと思います。この騒ぎを連日大々的に報じている他局とくにNHK(自分たちのケンカはどうなった!)のみなさんはどう思っていらっしゃるのかな?ここは両社とも、「騒がれているうちが華」「出る杭は打たれる」と思っていましょう。来年の今頃は和解してお台場でイベントでもやってるかもよ。 番組は昨夜までダンス・レッスンでしたが、技術的なことに疎いので間違いがありましたらご容赦ください。今日からはボイス・トレーニングです。これも同じです。こんな感じではないかなと思って読んでいただければ幸いです。 それではどうぞ。

●オープニング
自身の歌唱力アップを目指し、彼女は誓いました…
ナレーション 矢口真里
—以前のインタビュー時の映像
紺野=しゃべってる声と歌ってる声と全然ちがって。
紺野あさ美進化計画始動…
紺野=声を自由自在にあつかえるようになればいいのかなって。
紺野=おはようございます。
—先生の待つ、スタジオの中に入ってくる紺野
先生=よろしくおねがいします。
紺野=紺野あさ美と申します。よろしくお願いいたします。
—お互いに礼をする
紺野悲願のボイストレーニングに密着。初日のレッスンから次々に課題が明らかに…
●タイトル
紺野悲願のボイトレスタート! 悩みの原因が次々と明らかに 画像はピアノの音に合わせて発声する紺野
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 
●本編
先生=発声練習をちょっとしたいと思うんですね。
紺野のボイトレを担当してくれるのは、数々の新人アーティストを世に送り出してきた小島恵理先生…
先生=わたし、今はなにもデレクションしません。いつも歌っているような感じで。
まずは発声チェック。ここで紺野を悩ましていた原因が次々に明かになりました…
—先生の話を聞く紺野
先生=ワン、ツー、スリー、フォー。
—ピアノを弾く先生。マイクに向かって発声する紺野
紺野=あーーー。
先生=もう一回。
紺野=あーーー。
—オクターブ上げて発声続く
紺野=あーーーーー。
先生=もう一回だけ。
紺野=あーーーーー。
先生=一回お水飲みましょうか。
紺野=はい。
先生=舌のポジションの舌の付け根に力が入っちゃうと、のどってつまっちゃうんですね。あーって声だしてると、ここに力が入るとあーーーとなるので、舌の付け根に力を入れないためにはどうしたらいいかっていうと、下のあごを引き下げる。下の歯の付け根ありますね、ここに舌をあてるつもりであー。
紺野=あーぉ。
先生=腹式使ってるよね。スリー。フォー。
紺野=ふぁーぉ。
先生=そうですね。
紺野=ふぁーぉ。
先生=上がるよ。
紺野=ふぁーぉ。
先生=頭の最初の音がふぁーぉとかなったりとかするのを自分で許しちゃだめ。
紺野=ふぁーぉ。
先生=上の音にいけばいくほど口は開いていかなければいけない。
先生=どうしても歌う時にえーって舌にすごく力が入ってしまっていたので、その舌の力を抜くということを今日は教えました。
—Berryz工房—
ベリーズ工房新曲PV撮影密着…
—嗣永ソロシーン撮影
嗣永=先生に教えてもらった女の子の気持ちとかそういうのを、ひとつひとつ頭の中に整理してこう言う時はこの気持ちだったなっていうのを思い出しながら。
嗣永=覚えやすいダンスとか歌い方とかがいっぱいあるので一緒に歌ったり踊ったりしてもらいたいです。
—石村ソロシーン撮影
そして舞波ちゃんはこのビデオ撮影に特別な思いでのぞみました…
他のメンバーの撮影を見てる時、振り付けの先生から…
先生=上からと下からとちゃんと整理しといてね。
石村=はい。
—ひとりで練習する石村
スタジオの片隅でひとり練習を続ける舞波ちゃん。前日ダンスレッスンの雪辱をはらすために…
前日のダンスレッスンで…
—レッスンスタジオで踊るベリーズのメンバー
先生=なんで泣いてんのかな、舞波ちゃん。
石村=一番最初にやった時に全然覚えてなくて、間違いだらけだったんですけど、上と下をごっちゃになっちゃて。
—レッスンスタジオから出る石村
—復帰する石村。メンバーから励まされる
気持ちに整理がついた舞波ちゃん。メンバーの励ましをうけながらダンスレッスン復帰。しかし…
—先生に指示を受けるもとまどう石村
またも振り付けを忘れてしまい、ひとり落ち込む舞波ちゃん…
そしていよいよ舞波ちゃんのソロパートの撮影…
—ステージに上がる石村
先生=あとは思いきってやっちゃってください。
石村=はい。
はたして、涙のダンスレッスンの雪辱なるか…
●CM
「2nd W」W
●クロージング
早くも成果が!? 紺野悲願のボイトレ密着 画像は先生にお腹を手で押さえられながら発声する紺野
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(42)

おとといの東京ドームはえらいさわぎになったらしいですね。帰りのお客さんと電車が一緒にならなくて良かったです。でも、1万人とか2万人とからしいので、そんなにも電車は混まないかもね。これからの季節はプロ野球もあります。巨人戦のある日は試合が終わる時間を考えて乗らないと大変。それでも以前より混まなくなりました。観客動員が落ちているのを肌で感じますし、野球ファンの活気も薄らいできているような気さえします。この不況で東京ドームも稼働率を上げるのも大変でしょう。出来た当初はバブル景気の真っただ中、海外から大物ミュージシャンが大挙してやってきたのが夢のようです。わたしもそのバブルの恩恵に預かってかなりのコンサートに行きました。今は武道館あたりで回数をこなし、興行的なリスクをさけているようです。バブル景気の功罪はいろいろあるでしょうけれど、いい思いをしたのも事実です。それにしてもやっぱりお金の力はすごい! 番組はどの分野にもプロという人はいるもので、いつもと違った先生についてみるのも視野を広げる意味で良いことだと思います。 それではどうぞ。

●オープニング
もっと自分をアピールしたい。亀井ちゃんはそう心に誓い、自身のレベルアップのためにダンスの基礎レッスンを開始。そこで体力不足、リズムの早どりぐせなど、さまざまな課題が浮き彫りになってきました…
ナレーション 矢口真里
日置=動きをもう少しおっきくやっぱりしたいのね。ふつうに動いてるだけだと感動がないから、コンサートでも大きく、一番遠くのお客さんまで届くようにしたいから、えーとステップのこう足を出す時も、このへんだと楽なんだよね、もう一歩遠くに出す。そう、そう。そうそう。もっと遠くに出すのね。おっきく、おっきく。
—先生と一緒に大きく足を交互に前に出し練習をする亀井
もっと自分の存在をアピールするために亀井ちゃんはステップを踏み続ける…
●タイトル
苦手な動きにも挑戦 亀井ダンスレッスン奮闘中 画像は体をくねらせダンスの動きを確認する亀井
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 「2nd W」W
●本編
—先生の話を聞く亀井
日置=この人がかっこいいっていう、亀井ちゃんのかっこいいっていうビジョンが確立された方がいい気がする。かっこいいと思うことがあれば興味が湧くから、がんばれるじゃない。たとえばダンスが好きになればうまくなれるし、好きこそものの上手なれっていうけど、そこを確立できるとまた個性としてでるから。
ここで亀井ちゃんは先生に苦手なウェーブとドルフィンの練習を志願…
—ウェーブ(?)をやってみる亀井
亀井=かっこよくないんですよ。雰囲気が違う。
日置=筒があるとして、そこをくぐってこう。そうそう。ここに棒があって。
—先生の左腕を棒に見立ててくぐるように頭を移動させる亀井
日置=あたらないように、そう、そう、そう。
—今度はひとりでその動きを反復する
日置=肺がふーってなるぐらい、開いて。
—両腕を後ろにそらして胸を前にはる
日置=あばらが前に、ここがちじむから。そう、今ぐらい。今で最低くらい。もっとやる感じかな。
—胸を大きくそらしドルフィンをする亀井
日置=そう良くなった。
—くりかえし動く
日置=そう、反対側でやろう。せーの。
亀井=ドルフィンむずかしいです。はい。
日置=ちょっとダンスの表情がとぼしいかなっていうのがあるんで、もう少し雰囲気がでるように、そうですね装飾的な部分をもう少し鍛えていきたいですね。
—Berryz工房—
ベリーズ工房新曲PV密着…
—菅谷ソロシーン撮影
菅谷=すごく今までと違って、大人っぽくて、まあ大人っぽいのは一緒なんですけど違った大人っぽさがあるので是非楽しみにしてください。
—熊井ソロシーン撮影
熊井=かっこよく笑わないでやりました。かっこいいベリーズ工房が見れると思うので是非見てください。
—清水ソロシーン撮影
清水=ダンスの時とかアップで映っている時とか、思いっきりその主人公になりきってやっているのでそういうところが見どころです。今回もすごい大人っぽい曲なんですけど自分達なりにがんばっていきたいので、応援よろしくお願いします。
—石村ソロシーン撮影
そして舞波ちゃんはこのビデオ撮影に特別な思いでのぞみました…
他のメンバーの撮影を見てる時、振り付けの先生から…
先生=上からと下からとちゃんと整理しといてね。
石村=はい。
—ひとりで練習する石村
スタジオの片隅でひとり練習を続ける舞波ちゃん。前日ダンスレッスンの雪辱をはらすために…
●CM
「モーニング娘。オーディション2005」『ポケモンシンフォニックメドレー/GLORY DAY〜輝くその日』「パーフェクトベスト」
●クロージング
紺野悲願のボイトレスタート! 悩みの原因が次々と明らかに 画像はマイクに向かって発声する紺野
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(41)

花粉症とグッズは忘れたころにやってくる!というわけで来ました花粉症。ここ2、3年はなんともなかったのですが、さすがに今年はきました。グッズの方は「スポーツ・フェスティバル2004」のDVD。スポフェスが開催されてから3か月もたってからの到着。もうすっかり忘れてましたよ。3か月といえば1年の4分の1ですからね、遠い昔のような気がします。時間がないので絵里ちゃんが目を回した「障害物リレー」と「スペシャルライヴ」のモーニング娘。とH.P.オールスターズのところのみ見ることに。絵里ちゃん生で見た時より、ほんとに目を回してる。もうちょっと手を抜けばよかったのにと思いますが、それができない性格なのね。ライヴの方は音が妙。技術的なことはわかりませんが、オケの音がやたら大きくて歌声があまり聞き取れない。実際に見た時には感じませんでしたが、つんくPの歌とコーラスを楽しみたい方にはうれしいかもしれません!? 番組は絵里ちゃんの髪が短いのでかなり前に撮られたようです。それにしてもこういうレッスンする姿もなかなかいいね。 それではどうぞ。

●オープニング
日置=すごいやる気とか、気持ちのピュアーなところがある人だと思ったんで、がんばるぞっていう気持ちが伝わってきたので伸びると思います。
日置=ワン、ツー、スリー、フォーのあいだにリズムが入ると8ビートが16ビートになる。それを感じる練習なんですけど、かかとを。まず飛んでみて。飛んだらつまさきをつけたままにしてください。そんな感じで、ダン、ダン、ダン。
もっと自分をアピールしたい。そんな強い思いで、ダンスの基礎レッスンに望んだ亀井。その実現にたちはだかる大きな壁。それはデビュー以来なおらないリズムの早どりぐせ…
ナレーション 後藤啓太
日置=なんかね、雰囲気的には円を書く。そうするとリズムをとるのにわかりやすいから、コンサートでも16ビート取ってるのがわかるから。
亀井=はい。
その克服のため習ったリズムのうらを意識しながら、次は16ビートのステップを徹底的に練習…
—鏡の前で音楽を流しながら上半身円を描くように体を上下する亀井
なんどもステップを踏むもなかなか手応えを感じられない亀井…
—休憩し水分を取る亀井
亀井=むずかしいんだな〜。
亀井=リズムを早く取ると手を上げるタイミングも早くなっちゃう。自分もそれに気づいてないから、意識してても早くなってるってことは。
日置=たぶんなおるよ、がんばれば。大丈夫、大丈夫。
亀井=振りとリズムを一緒に感じられなくて、いつも。リズムを気にすると手がかたくなっちゃって、振りをがんばろうとするとリズムを忘れて。両立できないんですよ。どっちかに専念しちゃうんですよ。
自身の課題は見えている。後は先生から学んだことを己の体にたたきこむだけ…
課題のリズムの早どりを克服するためステップはどんどん複雑になっていく…
亀井=回数なんですよね、きっと。だからこれから先生に教えてもらって、がんばらなきゃって思います。はい。
—振り付けも複雑になり、動きも早くなる先生と亀井
今はひたすら練習するだけ、そして自身のステップに手応えを感じた時、きっとそこには克服の光が見えてくるはず…
●タイトル
今までにない大人っぽさ ベリーズ新曲PVに密着 画像はPV撮影中の夏焼と徳永
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝
●本編
—Berryz工房—
3月30日いよいよベリーズ工房新曲発売…
今回はその新曲プロモーションビデオの撮影現場に密着…
夏焼=かっこいい曲だから、歌詞に出てくる女の子になりきって背伸びした女の女性な感じでかっこいい感じでできたらいいなって思います。
—夏焼のソロシーンの撮影
夏焼=たぶんこの踊りのなかでも早く覚えられるダンスとかいっぱいあるのでちょっとしたとことか覚えてもらってイベントとかで一緒にやってもらえたらうれしいと思います。
まず撮影はソロパートの部分から行われた。それぞれメンバーはこの曲への思いを胸に撮影に望んだ…
—須藤のソロシーンの撮影
須藤=(聞き取り不可)下を向いて歌わないように気をつけました。今回の6枚目のシングルはひとりひとりいろいろなことを考えたり、歌詞の内容を自分達で解釈しながら歌っているので、そういうところを注目してもらいたいです。
—徳永のソロシーンの撮影
徳永=けっこう大人っぽい表情なんですけど、そんなにこわくなんないようにしました。今回の振りでは手や足先や体全体を使ってダンスをしているところもあるし、歌もかっこよく歌っているのでぜひぜひPVを見て下さい。
●CM
「ふしぎ少女探偵キャラ&メル」「モーニング娘。オーディション2005」「2nd W」W
●クロージング
苦手な動きにも挑戦 亀井ダンスレッスン奮闘中 画像は腰を動かしダンスレッスンをする亀井
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(40)

5日から始まったツアーで『いいことある記念の瞬間』を絵里ちゃんとまりっぺが歌っているようだ。ダンス☆マンさんのモータウン・サウンド丸出しのアレンジが小気味よいこの曲、わたし大好きです。これを絵里ちゃんに宛てがうなんてちょっとは、わかってきたかな? モータウンと言えば、先日念願の映画「永遠のモータウン」を見ました。これは良かった!ドキュメンタリーとしては、モータウンがなぜ有能なミュージシャンたちがいるデトロイトを捨て、ロスアンゼルスに移ったかと言う疑問には答えてないが(モータウンの低迷はそこから始まったのに)、「ファンク・ブラザース」と言うスタジオ・ミュージシャンたちの活躍を見せるには成功していると思う。再会コンサートで聞かせる演奏は30年たった今も、躍動感にみちたすばらしいものだった。特にジョーン・オズボーンの歌う『恋に破れて』はオリジナルも良いが、それをも凌駕する名演です!歌、演奏とも絶品! 音楽に黒人も白人もない(事実、このファンク・ブラザースには白人ミュージシャンもいる)、と言い切るかれらに涙がでる。そう、男も女もない、若いも年よりもない、そんなメッセージが感じられた。映画のサントラ〈デラックス・エディション〉も最高!!! 番組はそろそろ先が見えてきたかなという感じです。起承転結の「転」と「結」の間ぐらいでしょうか? それではどうぞ。

●オープニング
自身のさらなるレベル・アップを目指し彼女は誓いました…
ナレーション 矢口真里
—以前のインタビュー時の亀井
亀井=自分をもっとアピールできるようになりたいなって。
亀井絵里進化計画始動…
亀井=おかあさんとかに見にきてもらって、どうだった〜って聞くと、どこにいるかわかんなかったーって言われて。自分はここにいるよってことをもっとアピールできたらいいなって。
—ダンス・スタジオの扉を開ける亀井
亀井=おはようございます。
亀井=亀井絵里です。よろしくおねがいします。
—振り付けの先生とおじぎをして挨拶する亀井
亀井ちゃんのレベル・アップをお手伝いしてくれるのは、ダンサーとしてテレビや舞台で大活躍中の日置望喜先生…
—窓際の椅子に腰掛け、先生に問題点を告げる亀井
亀井=ダンスはすごいやってたことがあるんですけど、ちゃんとダンスの基礎から学んだことはなくて。
日置=やはり基礎をやる上で大切なのは体力をつけるということと、基礎の技術的なところをつけて、あとはやはりハート、ハートがすごい大事。そこをすこしづつやっていきます。
亀井=はい。お願いします。
—先生と向かいあい足をひろげる
まずはストレッチで亀井ちゃんの柔軟性をチェック…
以外と体のかたい亀井ちゃん。ダンスのレベル・アップのためには柔らかな体づくりは大切な要素。はやくも課題が浮き彫りになりました…
そしてレベル・アップひとつめのポイント、体力づくり。まずはダンスに必要な腹筋のトレーニングから…
—ひざをまげて腹筋をする
日置=みんな腹筋をやる時、息を止めがちなんだけども、常に呼吸をして。
ダンスに必要な腹筋のキープ力。そのために呼吸をはきながら、腰に負担のかからない方法で腹筋を強化…
—体をねじる
亀井=うわ、きつい。
日置=これは下でやればやるほどきつい。
毎日10回程度、腹筋をしている亀井ちゃん。しかし、今回のトレーニングで自身の体力不足を痛感したようです…
亀井=筋肉を使ったっていう感じで、こんなに自分が腹筋が全然ないことにすごい気付いたし。
日置=腹筋がついてくると大きな動きになった時、体をぐってささえることができるからそのために腹筋つけるし、あと大きな運動して戻ってくる時に腹筋がないとよれよれってなっちゃう、それがふって起き上がれる。そういう力がつく。
亀井=は〜、はい。
●タイトル
次々に明らかになる課題 亀井進化計画始動 画像は先生といっしょにボックスを踏む亀井
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 「2nd W」W
●本編
日置=リズムが早めにって。
亀井=そうです。
ダンスをする上で本人が一番克服したい課題。それはなかなかなおらないリズムの早どりぐせ…
—鏡の前で先生と腰を上下にしてリズムをとる
日置=その時に注意することは、下に行くばかりだとあまりリズムをとってるように見えないのね。下にいって準備するのが、伸ばす時の準備で、下にいく時がリズムの頭、これが準備、これがメイン、これが準備。準備が大事。しっかりひざを伸ばしていくところから。そう、そう。ダウン、ダウン。これをやりながら足をそろえていくとか、ちょっとやってみますね。せ〜の。ワンツー、スリーフォ。こんどはダウンしながら、ボックスをふんで、そうそう。せ〜の。
—先生と一緒にボックスを踏む亀井
日置=アップどりで、これも第一は準備、最初の準備は浅くならないように深く、アップ、アップ。
—音楽を流しながらボックスをふむ
亀井ちゃんのダンスのレベル・アップにかかせないリズムの早どりぐせを克服するため、先生のアドバイスでリズムのうらを意識しながらステップを踏む亀井ちゃん。ふだんあまり意識したことのないこのリズムどりに亀井ちゃん困惑ぎみ…
—レッスンのあと、窓際で答える亀井
亀井=リズム感がうらをちゃんと取れてないことも、先生と今日いっしょにやっててやっぱり自分は早いんですよ。先生がとなりにいてやってくれるといっしょにできるんですけど、先生がいなくなって自分で考えてこうやるとくずれていっちゃうし、そこはもっと練習しなきゃいけないなって、すごい思うですけど。
●CM
「サクラサク平成十七年」ザ・コブラツイスターズ
●クロージング
亀井ダンスレッスン課題山積み ベリーズ新曲PV密着 画像は先生について振り付けのレッスンをする亀井
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エリック亀造温暖化防止で、大回収!!!

亀造の社内での評判はうなぎ昇り!ついには企画会議にも参加できるようになった。ここで亀造新しい企画をプレゼンテーション。ハロプロ物産も社会貢献を しなければいけないと、地球環境を守るためいらなくなったCDやDVDを我が社で回収しましょうと提案。そして、そのなかにあるであろうハロプロ関連の ものを選って夏のハロコンで写真を付け、福袋に混ぜて売ってしまおうという一石二鳥の企画だ。ふだんからこの手の商法に目のない社長は即座にGOサイン を出した。その日から亀造をリーダーに社員一同それぞれ小型トラック乗って住宅街へくり出したのは言うまでもない。なおこの作業は徹夜をしても6月 いっぱいかかるもようだ。この企画の表向きの話を新聞記者から聞いた某環境大臣は涙ながらに「環境問題もここまで浸透してきたのね。亀造さんを2代目の 民間環境大臣に任命します。これで、ミニスカだけの大臣なんて陰口も言われなくてすむわ…」と語った。ってホントかね?(もちろん冗談ですよ〜)

今日も元気だ昼飯がうまい!いくぞ亀造売りまくるぞ!お客さまはいつもの上得意ねえさん、ごっちん先輩、そして亀造の心の師ヨーダ?いや、なっち大先輩。ん〜、これはチトやりずらい!? 例によって世間話、ねえさんの老境に入った体験談をさかなに盛り上がっております。そこへ家の中だというのに自転車で亀造乱入!「今日はヒマそうな皆さんのために…」と商売を始めた矢先きになっち大先輩の甘い声で腰を折られる。やはり今日はやりずらい。ねえさんには「優しくしてくれる人だけに笑顔ふりまいて…」とグサリ、図星を言われてしまった!あ〜やりずらい。亀造初めて挫折を味わう、いかんいかん。商売の道はきびしいのだ。こんなことに負けてはいかん。気を取り直して最初の商品の紹介。「hello!×2 三好絵梨香&岡田唯写真集from美勇伝」だ。なんと中身はセクシーショット満載だ!!! そこで3人にもセクシーポーズを無理矢理やらせるお得意のセールスを展開。3人とも意味わかんないと不満タラタラ。「それ(セクシーポーズ)もオマケというコトで…」と大胆なセールストーク!この言葉を聞いたねえさん怒り爆発!いつものことなので笑ってごまかす亀造。しかし、ほんとはやりたいねえさん、3カメさんにリクエスト。「わたしだんだん磯野貴理子さんに見えてきた」と本音をもらす。そこへ追い討ちをかけるように「TVの前の皆さん1度離れて…」と亀造お客さまに向かって暴言を吐いたから、さあ大変!ねえさん意地になってポーズをとる。ハート柄のコンピュータグラフィックも入ってかわいく大成功!しかし、亀造の気のない感想を聞いたねえさんはあえなく轟沈!!! 次はごっちんだ〜! 自分でそういう担当じゃないんだけど〜の声もみんなに推され敢行。うしろから振り向きざまに微笑むまさにセクシー!!! 亀造も「かわいい、かわいい〜」の大絶賛!それにねえさんまたもや怒り爆発!亀造を突き飛ばした!!! お次は当然なっちだ!言い訳いってるけど、ねえさんの「いいからヤレよ」の声にしぶしぶ始めた。これも肩ごしにかわいいキッスつき!対抗意識まるだしのねえさん同じポーズをやるが「しょっぱ…」のテロップ。亀造特典は洗剤と野球のチケットで〜す。ところがその特典、お宅の引き出しの下に用意されていた。なんでここにあるの?洗剤の箱を見たなっちは「台湾とかにある洗剤っぽくない!?」とクレーム。チケットの方は「中澤タイガース対亀造トータス」のゴールデンカードだ!とにかくお買い上げ決定!次に商品は「ハロー!モーニング。携帯サイト」のお知らせですよ。またまた、部屋のなかからフリップを持ってきたぞ!どうなっているんだ、亀造!「キャラ診断」や「メッセージ占い」があるそうだ。まだの人はお早めに〜!と他社の宣伝までしちゃう気のいい亀造。これがセールスを伸ばすテクニックか?本日最後にキメるのは、いつもの「毎度ありぃダンス」。今回はなっち大先輩を指名!「ミュージック、スタート!」おおおーーー!あまりの動きの良さになっちも完敗!そのハジケッぷりに舌を巻いた!!! おまけになっちの方が顔を赤くしてしまったぞ!!! 今日も帰り際にWのミュージカルのチケットのお知らせを追加。ねえさんの「帰れ早く!」「帰れ!」の罵声に、すなおに「ハイ…」と室内から自転車に乗って帰る亀造。久しぶりになっち大先輩に可愛がってもらえたけど、商売って大変。心の中で「♪今日の仕事は辛かった〜」と歌う亀造であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(39)

お仕事のBGMにモーニング娘。やハロプロはいけません! わたし一応、頭脳労働者なものですから気分を高揚させればいいアイディアが浮かぶんじゃないか、と言うことでお気に入りの曲を流しています。ところが好きだからと言ってモーニングの曲なんか流した日にはいけません。考えがまとまるどころか歌の方に気が行っちゃって、しまいには「えりりん!」「梨華ちゃん!」などの合いの手?これPPP…とか言うんでしたっけ?を入れてひとりで盛り上がっちゃうです。やっぱり、お仕事の時はクラシックか映画音楽またはラジオのFEN、あ〜今はAFなんとかに変わったのかな、いわゆる進駐軍放送ですね。これが一番向いてます。 番組は昨夜の裕ちゃん、なっちの時とうって変わって全編しゃべってました。さすがに「亀の甲より年の功」とは良く言ったもので、なかなか含蓄のあるお話が続いています。 それではどうぞ。

●オープニング
—矢口と中澤向かい合って対談中
矢口=でも、なんか自分が思ってることっていきなりかおりが抜けたから、リーダーらしくするのもなんだろ、照れくさいじゃないけど、いきなりリーダーになったからっていろいろうるさいよね〜みたいに言われるのも。
中澤=心配なところだ。
矢口=そう、ちょっと考えちゃうところだね。
中澤=やな役はほんとはやりたくないもんね。
矢口=でも、まかされたからには全体的をもっと見ていかなきゃいけないし、やっぱりその日からリーダーなわけで、じょじょになっていく人もいれば、その日から責任を持ってやっていく人もいると思うから、自分は早くにパワー・アップさせたいと思ってるんだけども、もうちょっと時間がかかるかな〜って感じです。
中澤=どうだろうね〜。人になにか伝えるときって、いいことじゃないこともたくさんあるじゃない。だけど誰か言わなきゃいけないし、マネージャーさんたちが言ってどうにかなるわけじゃないし、またこれが言えるのは矢口しかいないんだよね、今。わたしでもないし、かおりんでもないし、ごっちんでもなっちでも卒業していったメンバーではないわけで、よっしーが言うのも違うと思うのね。よっしーと話合ってどうなの、じゃこうしようかって時間がすごい大事だと思うけど、今、矢口が言ってることは矢口がリーダーとして言ってもいいんだよ。やだな〜って思われてもそこはしょうがない。言っていかなきゃしょうがないね。わがままを言うんでなくて。だいじょうぶ、矢口ならきらわれないよ。
矢口=でも、ミニモニ。でリーダーをやったときに。
なってわかるリーダーのつらさ。あの裕ちゃんもいろいろ苦労したそうです…
ナレーション 矢口真里
●タイトル
二人がリーダーの苦労を暴露 新曲ベリーズからメッセージ! 画像は中澤の発言に爆笑する矢口
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 「2nd W」W
●本編
矢口=ミニモニ。でリーダーをやったときに、ほんとに辻ちゃん加護ちゃんにきらわれたことがあって、それがすごいトラウマなの。やっぱり一緒にやっていくメンバーだから、ぎこちなくやっていくのも仕事にいきずらいっていうか、それがすごいトラウマだったんだけど、今となっては辻ちゃん加護ちゃんはすごいわかってくれてて、今の絆ができて今の仲があるから大丈夫だと思ってるんだけど、言ったことによって、ぎくしゃくする関係が出来るのがこわいの。それは今考えてる、悩んでることなんだけど。でも言っていかなければいけないんだろうね。
中澤=いわないでわかっていけるんなら楽なんだろうけどさ、自分たちだって誰かに言われて気付くことってがあって、そんときなんでそんなこと言われなきゃいけないんだろと思うこともあるけど。ゆくゆく、言ってもらってよかったって思ってここまで来てるわけだから、ここはいいづらいな〜って思うことも、いわなきゃいけない。わたしがリーダーだった頃にね、話合いしようよって言ったら、メンバーにやだ、そんなのきらいって言われたこともあるからね。
矢口=ぎゃはははは。
中澤=あのさ、わたしだって好きで話し合いしたいんじゃないんだよ。言ってやな思いさせたこともあれば、やな思いをしたこともある、実際。けど、しょうがないよね。遊びでやってんじゃないんだから。
矢口=言うべき人がいわなきゃいけないもんね。
—Berryz工房—
きょうはベリーズ工房からファンのみなさんへこんなメッセージ…
—各メンバーのジャケット写真撮影 ポーズをあれこれ変えて撮影
徳永=ビーズの玉みたいなのもついてて気に入ってます。ちょっと大人っぽいベリーズ工房を見てください。
夏焼=みんな違ったきらきらしたアクセサリーを付けているので、かわいいところも見てほしいです。
須藤=みんなそろってふりふりなところが気に入ってます。これからベリーズ工房は成長していくので、これからもよろしくおねがいします。
清水=わたし水色が好きなんですけど、水色のふりふりでここにちょうちょがあるんですけどそこが好きです。
石村=ピンクとかをあまり着ることがないんで、衣装とか着れてうれしいです。これからもベリーズ工房の応援よろしくおねがいします。
熊井=歌の部分でちゃらちゃらシルバーつけてっていうところがあるんですけど、そこでほんとにシルバー付けててそういうところがお気に入りです。
菅谷=いままでと違う衣装だから、どきどきします。
嗣永=いままで着たことない衣装とか、やったことない髪型とかいろいろやって、いつもと違ってへんな感じがしたんですけど、やってみて楽しかったです。
●CM
「ふしぎ少女探偵キャラ&メル」「ふしぎ少女探偵キャラ&メル」
●クロージング
来週遂に始動 亀井の娘。進化計画 画像は先生について振り付けのレッスンをする亀井
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(38)

eriphotobook3
祝「亀井絵里写真集」第3版増刷出来!ただいま発売中!!! 連日の書籍ネタで恐縮ですが、おつきあいくださいませ。みなさまのあ〜でもない、こ〜でもないの叱咤、激励、愛のムチ(ベシッ!ベシッ!)のなか絵里ちゃんの写真集が版を重ね、ついに3刷となりました。これも一重にみなさまの愛の力です。本人になりかわりまして感謝のことばを述べたいと思います。わたしを含めて一部の熱狂的な絵里ちゃんファンに買い占められ、この写真集を買えなかった方々には購入のチャンスです。思いっきり買っちゃってください!!! 帯が白地になり、奥付に3版のクレジットが入っている以外に変化はありません。絵里ちゃんのかわいさをとくとご堪能くだされ! また、他のメンバーの増刷についてはいま現在確認しておりません。さあ、この現実をつんくP、そして所属事務所(もう名前言ってやんないから)はどう判断する。さあ、どうする!どうする! 番組は昨夜のなっち全編歌ってました。これを言葉で伝えるのはたいへんでした。なっちは気のせいか緊張ぎみに見えましたが、場をこなせばプロですから以前と変わりなくやっていけるでしょう。なっちは大丈夫です! それではどうぞ。

●オープニング
—矢口と中澤向かい合って対談開始
矢口=豆まきしてきたんでしょ?
中澤=してきた。
矢口=鬼は外でしょ。
中澤=投げられた、ごっちんに。
矢口=あ〜もう始まってますからねえさん。
矢口=こうやって二人でいることは多いけども、リーダーとしての話はしたことないじゃない?
中澤=リーダーかあなた。
矢口=そうなんです。初代どうも。
中澤=三代目リーダーどうも。
矢口=そうなの、そうなの。かおが卒業して三代目になったんだけども。
中澤=すごいね、三代目だよ。だれが三代もリーダーが続くと思ったかって感じだよね。リーダーが変わるなんてあまりないだろうし。
矢口=7年たって8年目のリーダーになったんだけども、いまでもオリジナルメンバーのかおりんが卒業していないわけじゃないですか。だから客観的にモーニングを見て裕ちゃんどう感じてるのかっていうと。
中澤=今?今のモーニング娘。?そうだな、かおりんが卒業したっていう時点でさ、矢口とよっしぃーとしか一緒にお仕事してないわけじゃん。もちろん梨華ちゃんもいるけど、春に卒業しちゃうから、そういうふうに自分が知っている頃のモーニング娘。を知っている娘がどんどんいなくなるっていうのがやっぱり、さみしいな〜っていうのが正直あるんだけど、でも一緒にメンバーとして活動してない娘たちがモーニング娘。として今がんばってるわけだから、それはやっぱり認めてあげたいのね。で、人数はどんどん変わりながらそれでも今8年目を迎えてるわけじゃん。だれもやったことがないことをしていることに対しては誇りをもっていってほしいな。だけど、最近入ってきたメンバーの娘たちにそんなこと言ったってわかんないじゃん。7年前のモーニング娘。どうだったってそこにいない娘たちだから…
矢口=みんな小学生だったとか。
中澤=ふつうにモーニング娘。の歌を歌って大きくなってきた娘たちがメンバーとしているわけだから、自分たちがいた頃のモーニング娘。を押し付けてもしょうがないんじゃないのかな〜って。
矢口=それはすごく感じる。
中澤=よさは絶対あるし、自分達がつくってきたものはあるけど、それはリーダーである矢口がわかってくれていればいいことだと思うし、で残していきたいものは矢口の言葉で伝えていったらいいと思う。わたしは卒業した時点でいまのメンバーたちになにか言いたい言葉ってないんだよね、実際。わたしの言葉でなく矢口だったり、よっしーだったり梨華ちゃんたちが伝えていくのが一番いいと思うから。
リーダーとして初めて語り合うふたり。さすが裕ちゃん、たよりになります…
ナレーション 矢口真里
●タイトル
矢口×中澤が本音で語る モーニング娘。への願い 画像は矢口の発言にうなずく中澤
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝
●本編
中澤=リーダー大変かもしれないけど、以外と大丈夫なんだよね。だってわたしリーダーやってたけど、リーダーだから全部まかせっきりじゃないけど、みんな、矢口も助けてくれてたし、かおりんも最初リーダーどうしようって言ってたけども、ちゃんとリーダーらしくなってきてみんなにささえられているのを客観的に見て思ってたから、だいじょうぶなんじゃない?ただ、この状況に甘えちゃいけないけどね。
矢口=今のパワーじゃものたりない部分があって、もちろんみんな歌だったりダンスだったりがんばっているんだけども、はっきりしたものがかたまってないのか?
中澤=みんなに伝えたほうがいいんじゃない?矢口が思っていることを。矢口がいま思ってることはひとりよがりのことじゃなくメンバー全部のことを考えていってることだから、思っているだけじゃ伝わらないことがいっぱいあるから、今の状況だとものたりないんだということをちゃんと伝えていいことだと思うよ。なんでだろうと思う娘もいるだろうし、へーこんだけやってるのにって思う娘もいるだろうし、あーそうかって気づく娘もいるだろうし。
矢口=でも、なんか自分が思ってることっていきなりかおりが抜けたから、リーダーらしくするのもなんだろ、照れくさいじゃないけど、いきなりリーダーになったからっていろいろうるさいよね〜みたいに言われるのも。
中澤=心配なところだ。
矢口=そう、ちょっと考えちゃうところだね。
中澤=やな役はほんとはやりたくないもんね。
●CM
「モーニング娘。オーディション2005」「2nd W」W
●クロージング
矢口が明かす、ミニモニ。時代のトラウマ ベリーズジャケット撮影に密着 画像は中澤の発言に大笑いの矢口
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(37)

さきほどまで、昨日録画したものなどの整理に追われていました。録画したものはTBSの「はなまるマーケット」、Wがゲストの「はなまるカフェ」のコーナー。時間がないので早送りして確認。もう一つはテレビ朝日の「愛のエプロン」。こちらもWがゲストでやはりちらっと見て、時間のある時に見ましょう。ラジオはニッポン放送の「テリー伊藤ののってけラジオ」。こちらはあややがゲストで30分くらい話したでしょうか?カセットにダビングしながら聞いてました。年とともに体の露出場所が変わってくるという話には笑ってしまったが。そして、目の方は、雑誌「TVガイド」に「ザ・テレビジョン」。「TVガイド」の方はWを大フューチュアー。のんちゃん、あいぼんふたりともかわいいのだ。「ザ・テレビジョン」にもWは出てますが、絵里ちゃんの写真一点のみのために買ってしまったようなもの。あ〜楽し、ハロプロ三昧のチェ・ジウさんでなくとも涙が止まらない「美しき日々」。そしてとどめは「娘。ドキュメント2005」だ! 番組は娘。に関係のあることならなんでもやるぞ、のど根性カメラ。わかっていてもつい見てしまいます。 それではどうぞ。

●オープニング
—サイリュームが振られる会場 なっちコール
今はただファンの前で全力をつくして歌うだけ。安倍なつみ緊張のレビュー&コンサートいよいよ開演…
ナレーション 後藤啓太
—階段をのぼりステージに向かう安倍
安倍=お願いします!
—照明が消された会場。サイリュームが揺れる
—ステージが明るくなり『ふるさと』のイントロが流れる
—安倍のアップ
—『ふるさと』を歌う安倍
—カメラ移動で安倍の正面へ
—安倍正面のアップ
—斜め下からの画像
—正面から
—カメラ左右両方からの画像が交互に続く
—会場各所にカメラがある模様
●タイトル
安倍全力投球! 密着レビュー&コンサート 画像はコンサートで『涙が止まらない放課後』を歌っている安倍
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 「2nd W」W
●本編
—『涙が止まらない放課後』を歌う安倍 コスチュームを着替え黄色のワンピース?に
—安倍を向かって右からの画像
—会場左後方客席からステージを見る画像 曲に合わせてサイリュームが振られる
—左右からの画像に、最後は安倍正面のアップ画像に
—『Memory青春の光』を歌う安倍
—赤のワンピース?に着替える
—ステージは階段状になっている その上から3分の1あたりで歌う
—安倍のアップのあとステージ向かって右から映す バリ・ライトが交差するステージ カメラ正面へ移動する 安倍も階段を降りてくる
—左右中央からの画像が交互に続く
—『なんにも言わずにI LoveYou』を歌う安倍
—安倍のアップ
—ステージ正面から
—ふたたび安倍のアップ
—カメラひきながら左へ移動
—ステージ向かって左へ移動する安倍 手を左右に大きく振る 客席もそれに応える
—客席全体が映る
—中央下から撮る 安倍の後ろの照明が星のように光っている
—歌のラスト 安倍の顔アップ 客席からなっち、なっちの声
安倍=ありがとうございました。
—おじぎをする安倍 頭を深く垂れる
安倍なつみ、歌う喜びを噛みしめる…
—画像左にステージの安倍、右には客席を映す
●CM
「ふしぎ少女探偵 キャラ&メル」「モーニング娘。オーディション2005」「MONTIEN 2」MONTIEN 「MONTIEN 2」MONTIEN
●クロージング
明日は、中澤×矢口 娘。リーダーとは… 画像は中澤、矢口に意見を言う。うなずく矢口
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(36)

なまじ袋とじなんて言うからあせっちゃってなかなか開けないよ〜。昨日は朝から美勇伝まつりだーってなわけで、CD即購入、続いて本屋さんへ直行これまた購入。『カッチョイイゼ!JAPAN』聞きながら、「FLASH」のページを開く。ありました!美勇伝の超特大ポスター付きミニ写真集。いけない想像をしながら開いてみたら、ありゃなんじゃ、レトロな雰囲気のオーソドックスな3人のポーズ写真。昔の「平凡」や「明星」のようではありませんか!こっ、こっ、これはこれでいいけど、袋とじにする意味あんのかね。3人の水着写真なんか想像してた、わたしがいけなかった。でも、かわいい写真だからいいや。あれ!いけねっ、これ中身言っちゃっていいんですかね? 番組は日本1億3000万のなっちファンのみなさま、お待たせしました。先日行われたレビューの裏舞台が見られるようです。番組の趣旨からは離れてるようですが、これもまたいいか! それではどうぞ。

●オープニング
—安倍なつみ日本青年館公演05レビュー&コンサート開幕 サイリュームが振られる会場 なっちコール
—安倍にスポットライトがあたる 
—安倍のアップ
安倍=みなさん、こんばんわ。そして、お待たせしました安倍なつみです!
—手を上げる安倍
—客席ではサイリュームを激しく振ってこたえる
2か月ぶりにファンの前に帰ってきた安倍なつみ…
ナレーション 後藤啓太
リハーサル初日。いつになく緊張感につつまれたスタジオの中で、まずなり響いたのは安倍なつみの力強い歌声だった…
—大きな空間のスタジオで振り付けの先生とレッスンする安倍
—鏡の前で『First Kiss』を練習する安倍
いままで感じたことのない緊張感の中で安倍は、歌いなれていない曲のむずかしさにとまどう…
安倍=すいません、もう一回いきます!
—ふたたび歌う安倍
安倍は納得がいくまで何度も何度も歌い続ける。そして自分のものへと変えていく…
—歌もダンスも熱が入っていく
今は一生懸命、稽古しファンの前で全力を就くして歌うだけ。安倍はそう心に誓い稽古に臨んだ…
—譜面をみて確認する安倍
安倍=はい。
—鏡のまえで『涙が止まらない放課後』を歌う
●タイトル
密着!安倍なつみ レビュー&コンサート舞台裏 画像はコンサートで『トウモロコシと空と風』を歌っている安倍
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝 「2nd W」W
●本編
—鏡のまえで『涙が止まらない放課後』を歌う
この曲も安倍がモーニング娘。を卒業してからリリースされたなれない曲。安倍の声にも自然と力が入る…
常に完璧を求める安倍。監督と歌い方のこまかいところまで打ち合わせが行われる。なにかが違う。安倍はこのあと納得がいくまで歌い続けた…
監督=もう一回やりましょうか?
—再び鏡の前で歌う
—それをこんどは横から映す
コンサートは全12曲。まだまだレッスンは始まったばかり…
—譜面やメモをみる安倍
—『Memory青春の光』を歌う安倍
—『なんにも言わずにI LoveYou』を歌う安倍 レッスン中の安倍のカットをインサート
張りつめた緊張感の中、この日の稽古は遅くまで続けられた。コンサートまで後わずか。しかし安倍はけっして妥協はしない。待っているファンのために…
—レッスンする安倍 鏡の前で振りを確認する 納得がいった様子
—会場の外で待つファン
—階段をのぼりステージに向かう安倍
安倍=やります!
—照明が消された会場。サイリュームが揺れる
—ステージが明るくなり『ふるさと』のイントロが流れる
—安倍のアップ
●CM
「ふしぎ少女探偵 キャラ&メル」「モーニング娘。オーディション2005」「サクラサク平成十七年」ザ・コブラツイスターズ
●クロージング
いよいよ本番! 密着・安倍レビュー&コンサート 画像はコンサートで歌う安倍3カット
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(35)

「あちゃ〜、先に言われてしまった!」「そうだ!よく言った」。前回のこの番組を見ながらテレビ画面に向かって叫んじゃいました。愛ちゃんえらい!4人残って話合い、こちらの方が討論会らしかった。絵里ちゃんのことで書こうと思っていた矢先の愛ちゃんの助言。ま、これがすべてじゃないのでしばらく様子を見てからにします。かねがね、これからのモーニングを引っ張っていくのは愛ちゃんだとわたしは思っていました。(誰でも知ってるって!?) 心技体すべてかね備わった愛ちゃんこそ、これからのリーダーにふさわしい。そんな思いを見事に見せてくれています。かつて、「MUSIX!」で5期メンのキャラ立ちが遅いと言われたコーナーで、いつまでも新メンバーと言わないで欲しいと主張していた愛ちゃん。いつまでも変わらぬ、その秘めたる闘志に期待しています。そして若い5・6期、これから入るメンバーを頼みます! 番組は風のうわさでは明日あたりからすごいものが見られそうです。でも、その前に今夜の内容もお楽しみに。 それではどうぞ。

●オープニング
—テーブルを囲む討論会の全メンバー
ナレーション 矢口真里
モーニング娘。のさらなる進化のために、今メンバーになにが必要なのか先日行われたこの討論会で、その課題が見えてきました…
田中=歌をもっとやりたいなって思って。
亀井=自信を持てなかったりするんですよ。
紺野=自分の声がまだ扱いきれてないって言うか。
新垣=わたしの場合がんばろうとすると人と被って言っちゃって、その話ている人の話が消えちゃったりとか。
小川=基本からやってみたいなっていうのがすごいあって。
道重=表現力も出来てなくて、表情とか歌に入り込めてないっていうか。
高橋=バレーをやりたいなっとも思ったんですけど、ちょっとトークがねへたっぴなんで。
そしてここにその課題を克服すべく娘。進化計画が始動。まずは誰よりも自身のレベルアップを熱く語ったこのメンバーが決意…
田中=人が聞いていてて引き付けられるような声っていうか、歌を歌いたいなと思うんですよ。
田中=今やっぱりのどで歌ったりする時もあるんですよ。そういうのを自然とおなかから太い声をだせるような。
ふたり目は自身の存在を強くアピールしたいと願うこのメンバー…
亀井=自分をもっとアピールできるようになりたいなって。
亀井=おかあさんとかに見にきてもらってどうだったって聞くと、どこにいるかわかんなかったって言われて、自分はここにいるよっていうことをもっとアピールできたらいいなって。
そしてこのメンバーもさらなる歌唱力のアップのためにレッスンを決意…
紺野=しゃべってる声と歌っている声がぜんぜんちがって。
紺野=もっとなんか声を自由自在に扱えるようになればいいのかなって。
自身のレベルアップ、そしてモーニング娘。のさらなる進化のために立ち上がったこのメンバー。これからの彼女たちに注目です…
●タイトル
夏焼、新曲振り付けに困惑 ベリーズダンスレッスン密着 画像はダンスレッスン中のベリーズメンバー
●CM
『カッチョイイゼ!JAPAN』美勇伝
●本編
—Berryz工房—
ベリーズ工房新曲ダンスレッスン奮闘中…
—2日目のダンスレッスン中のベリーズのメンバーたち
新曲ダンスレッスン日目、この日は2つのグループに分かれてさらに細かい振り付け指導が行われました…
徳永=この曲は手先とか足先とか、ぐーぱーぐーぱーだったりとか、手とか足とか体全体がすごい大事だと思うんで、みんなどの動きが大きくなってきたりまだなんですけど、このあいだよりちょっとづつ良くなっているかなって思います。
とまどった初日の反省からかメンバーのレッスンに対する姿勢に大きな変化が…
うまく行かない振り付けを積極的に聞いて覚えようとする舞波ちゃん。そして複雑な振り付けを書いて覚える茉麻ちゃん。みんな自分にあったスタイルで振り付けに立ち向かうメンバーたち。しかし、そんな中、その振り付けがなかなか覚えられずに悩み苦しむメンバーが…
自分の思うように体が動かないことにややいらだちぎみの雅ちゃん…
そんな彼女の気持ちとは裏腹につぎつぎと新しい振り付けが加えられていきます…
夏焼=ダンスを完璧に覚えちゃえば、かっこよく踊ろうって思って、勇気を持ってできるんですけど、はじめだからやろうって思ってもすごい不安になっちゃって。
—とまどう夏焼
夏焼=覚えているとこは覚えているけどちょっとしたところで、あーって思うところがたまにあって。
—踊りながら不安顔の夏焼のアップ
彼女は振り付けを自分のものにしょうと、頭の中で必死に不安と戦うも、そして自分でつくったメモで覚えようとするも、自分に自信が持てない雅ちゃん…
夏焼=そういうところは練習から自分で勇気を持って出来る出来るって思って、みんな同じレベルでずっと踊って歌っていけたらいいなって思います。
●CM
「2nd W」W
●クロージング
明日は安倍なつみ レビュー&コンサート密着 画像はリハーサル中の安倍
クロージングテーマ曲は『カッチョイイゼ!JAPAN』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »