« 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(44) | Main | 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(45) »

エリック亀造落語オチで、大盛況!!!

亀造の所属するハロプロ物産も春の慰安旅行を決行。そこの流行らない宿で奇跡は起きた。亀造、温泉に行こうとすると、隣の宴会場から「ここには芸者もいないのか〜!」と暴れるお客さんたちが。仲井さん困った。亀造すかさず、「わたしがなんとかしましょう」と助け舟。なんと宴会場で亀造の十八番、「ひとりモーニング娘。」を始めた。これは見物だ。なにしろ目にも止まらぬ早技で11人分のダンスとパート割りされた歌を歌うのだ。これには宿泊客も大喜び。この後いつも持っているCDを販売したのはいうまでもない。宿の女将も喜んでCDを大量購入。ここでも亀造、セールスのうまさを見せつけた。亀造たちハロプロ物産一行が帰って、数日後。毎朝、宿のCDが勝手にケースから飛び出し、踊りながらモーニング娘。の歌を歌うという珍事が起きた。この噂を聞いた観光客が連日この宿に押し掛け、押すな押すなの大盛況。「これは亀造さんのご利益だ〜!」と女将はじめ従業員一同ハロプロ物産のある東京の方角に頭を下げるのであった。これを聞いたこの町の某町長さんが涙ながらに「なにも町村合併やらカタカナの名前を付けなくても、エリック亀造さんひとりを呼べば住民投票で恥をかかないですんだのに」と語った。ってホントかね?(もちろん冗談ですよ〜)

春も近い今日この頃、売るぞ亀造花も嵐も踏み越えて!!! 本日のお客さまは例のごとく、ホワイトデーには縁のないねえさん、ねえさんの最高の舎弟またはモーニング娘。のリーダー矢口っつあん。そして最強のボケつぶしミニモニ。つながりののんちゃんです。またも世間話で盛り上がり中、ホワイトデーにはのんちゃんスタッフに気をつかいチーズケーキを作ったのに、ねえさんはなにもなし。これにはスタジオ、シーン! そこへ亀造、部屋に入って来た。2本どりのせいか?ややお疲れぎみ?いや亀造に疲れの二文字はない。「ホワイトデーに無関係そうな皆さんおそろいで」とぶちかます!さっそく販売開始!「アナタ達のようなとても寂しい寂しい思いを…」の言葉にねえさんお約束、「アナタにアナタ達って言われる筋合い無いわ!」とぶちぎれ!!!さすがの亀造も眼鏡をかけるのも忘れるほどビビったぞ!ねえさんに段取りの説明までされた亀造冷や汗、だらり…。最初の商品は「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞」DVDだ!今買えば飯田画伯の自画像が付いてくる亀造特典つきだ。矢口っつあんにだれが描いたの?のするどい突っ込みに、亀造実物を見せる。絵を見た矢口っつあん「コメントしずらい〜」の高?評価。ねえさんの「DVDは見たいよね〜」の鶴の一声で、毎度ありぃ〜。しかし、ねえさんの方が上手だった。自画像の方は後ろへ投げ飛ばしてしまったのだ、おそるべしねえさん!気を取り直して次の商品へ。「Hello!Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞」ムック写真集でございま〜す。おまけとして「Hello!Project 2005 Winter 赤組」「Hello!Project 2005 Winter 白組」の写真集も付けちゃうぞ〜!おまけの方がすごいとか、それは失礼じゃないかと「異論反論objection!」もめております。そこへ『ハロプロWinterづくし攻撃ですよ!!!』でた〜〜〜〜〜亀造の必殺セールストーク!!! 亀造特典も強制的に押し付ける。それは「紅白まんじゅう」だ!その場で矢口っつあんとのんちゃんに食べさせるのだ!ふたりとも疑っております。それもそのはずどちらかにからしが練り込んであるらしいのだ。からしの入っている方を食べると亀造と一緒に「毎度ありぃダンス」が踊れるというありがたい企画だ。「せ〜の」で食べたのはいいが大当たりは矢口っつあんでしたー! 初めは笑っていたがだんだん顔がくずれてきてしまった。ほんとうにまずそうだ。かわいそう〜。ねえさんもひとくち食べるがこちらも同様。のんちゃんもふくめて3人で「マズイ…」と頭をかかえる始末、お気の毒に…。「そういうことで、毎度ありぃミュージック。スタート!」矢口っつあんと今日もハイテンションダンスを展開!音楽が終わっても踊り続ける亀造。なにごとにも全力投球だ!あ〜、目がまわった、よれよれです。一緒に付き合った矢口っつあんもねえさんにほめられこと、ほめられること。と、そこで亀造の携帯が鳴った。会社からの指令か?デートの約束か? 「あ〜、きょうはね2人…ちっこいの2人」と電話の相手に答える。これには矢口っつあんとのんちゃんあぜんとするのみだ。「今からそちらへ向かいま〜す」と亀造部屋を出て行った。「誰?相手?」と矢口っつあん茫然自失、だいじょうぶか〜リーダー!そんなことはおかまいなし。今日の満足感を胸に、次なる販売戦略を頭の中で練りながら初春の街へくりだす亀造であった。

|

« 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(44) | Main | 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(45) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エリック亀造落語オチで、大盛況!!!:

« 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(44) | Main | 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(45) »