« 今週の「娘DOKYU!」(2) | Main | エリック亀造長期出張前で、大恥話!!! »

泣くな絵里!歌えモーニング!!愛せよ野郎ども!!!

ここ2日のコンサートを平常心で臨むことの出来るファンは、まずいないだろう。それはステージに立つ10人も同じことだと思う。本日17日、群馬県民会館昼のコンサートで、絵里ちゃんは明らかに感情を押さえようと苦悶していたと見る。新しく買った双眼鏡で、初めて大きく見た絵里ちゃんの顔がこれとは…。他のメンバーはと見れば、やはり心なしかいつもの屈託ない表情とは違う気がするのは、こちらの勝手な思い込みか?

しかし、パフォーマンスはさらに磨きがかかり、最初からこの10人でやってきたかのよう。ステージ上の喪失感を、微塵も感じさせなかったのはさすがであった。後半になると絵里ちゃんも落ち着いてきたのだろう。いつもの笑顔、MCでのボケさ加減、戻ってきまた。もちろん他のメンバーたちも同様。全体によっすぃーが音楽面そしてムード作りに、がんがんリーダーシップを取っていたことをお伝えしておきましょう(たのむよ、よっすぃー)。

客席のみんなもしょっぱなから、異常?とも思えるほどのテンションの高さ。最近では珍しいくらいで、ちょっと怖かったです!? これはもう愛憎入り交じるファン心理というやつですかね? 不満もあるが、ここは俺たちがモーニングを支えるんだ!支えて行くんだ!という意思表示なのです。彼女たちに笑顔が戻ってきたのもそれを感じたからでしょう、また、そう思いたい。このステージと客席との交流を感じた時、久々に感動してしまった。

アイドルとは因果な商売である。自分の体は自分のもののようで自分のものではない。たいがいのアイドルは、その葛藤から自律神経失調症になると言う。うなずける話である。年齢を重ねる度にその苦しみも大きくなるのだ。そして人に「夢」を見させることを商売にする人は、それを引受ける覚悟を持たなければならない。なぜなら君たちはわたしたちに魂を売り渡したのだから…。

(「エリック亀造の毎度ありぃ!」は明日載せますのでお楽しみに)

|

« 今週の「娘DOKYU!」(2) | Main | エリック亀造長期出張前で、大恥話!!! »

Comments

モーニング娘。が、生まれ変わるには古いメンバーが居ると過去の栄光?を引きずってしまうと言うこともあったのかも知れないですね。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人と栖と又かくのごとし」(鴨長明)

残念な気もしますが、進化した新モーニング娘。を、56期ィーズに期待したいですね。

Posted by: Takorin | April 18, 2005 07:41 PM

Takorinさん、コメントありがとうございます。
含蓄のあるコメントで感銘いたしました。
矢口真里さんには月並みではありますが、「モーニング娘。や各ユニットでの7年間ありがとう、ご苦労さまでした」と言葉を送りたいと思います。
出来ればもっと早めに卒業させてあげたかった…。

Posted by: mamedama2 | April 19, 2005 11:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 泣くな絵里!歌えモーニング!!愛せよ野郎ども!!!:

« 今週の「娘DOKYU!」(2) | Main | エリック亀造長期出張前で、大恥話!!! »