« エリック亀造わたしも出張に連れてって!!! | Main | 今週の「娘DOKYU!」(4) »

亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(1)

おまたせ?復帰第1弾はもちろん、亀井絵里だ!!!
仕事も無事終わり、解放されたのはいいですが、まだ疲れが残ってます。のんびり心のいやしをかね、絵里ちゃんのことを書いていきたいと思いますよ。今回のテーマは「亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?」です。絵里ちゃんに付きまとう永遠の命題と言ったらおおげさかな? 単純に考えれば〈変った〉んですけど、そこはひねくれ者のわたしですから、あーだ、こーだと述べてみたいですね。なお、このテーマに関して絵里ちゃん本人の分析および見解は、「モーニング娘。×つんく♂2」を読めばすべて把握できます。が、第三者ファンの立場から見たらどうなのだということで進めていきたいと思います。さて、ど〜なることやら……。

絵里ちゃんは「モーニング娘。×つんく♂2」のインタビューの中で、自分のことを「ガリ勉のバカ」と評している。これは、言い得て妙。なかなか鋭い自己分析ではないか!? 要するに、一生懸命ものごとに対処しているのだが、どこか方向が違うってことを言いたいのではないのか? つまり努力しても報われないっていうことか? 要領が悪いっていうか…。貧乏くじを引いちゃうっていうか…。 

思えばモーニングに入ってからも、同じ6期の中で自分は「かわいい」と思っていたら、「もっとかわいい」と言い張る娘。が…。自分は歌が「うまい」と思っていたら、「もっと歌のうまい」娘。がいた…。そんなことで、世間の広さを思い知らされたのではないだろうか。先輩達はすでにプロフェッショナルとして、何年も芸能界の第一線で大活躍していた。圧倒されただろうことは容易に想像がつく。「モーニング娘。になるより、モーニング娘。になってからの方が大変だった」とよく言っていたのを思い出す。そんなことで、絵里ちゃんに対する世間?いやファンのイメージは、モーニングには似つかわしくない「おとなしい娘。」というものだった筈。ところがである。ここ1年の激変ぶりはどうだ。本当に絵里ちゃんは〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?はたまた〈変えられてしまった〉のか?

雑誌「アップ・トウ・ボーイ」2003年5月号の「6期メンバーCLOSE UP」と題する3人のインタビュー記事で、絵里ちゃんは妹とケンカすると「バーッて言っちゃいます。それでお母さんに、妹はけっこう傷ついてるよって言われたりして。自分でもわかっているんですけど、ついつい言っちゃうんです…」「友達には、絵里ってズバッと言うよね。って言われますね。おとなしそうに見られるんですけど、学校では絵里ってうるさいってよく言われてます(笑)」。そして最後に「これからの目標はもっと元気なわたしを出していくこと。どうしてもお仕事では緊張しちゃうので、元気なかんじでいきたいですね」と語っていた。

それから、こんな話を聞いた、いや、見たか? 絵里ちゃんの通う学校で、当時は中学生か。絵里ちゃんは体育祭だかで全校生徒が踊るダンスの振り付けを創作し、皆に教えたという。恐ろしいことに、これは学校のHPに出ていたのだ。それも校長先生の挨拶の中で。校長先生よっぽど、うれしかったに違いない、自分の学校からモーニング娘。が出たということで…。下町の学校の先生らしい、ちょっとおっちょこちょいで、いい人なんろう、きっと。

また、もうひとつの側面として、やはり「スポーツニッポン」2004年9月4日号「Hollo! ハロプロ12 亀井絵里」の記事にあるように、「学校で作文の発表があっても、1人でみんなの前に立ってしゃべることができない。手を挙げるることさえできなくて…。普通にできちゃう人がうらやましかった」という。「モーニング娘。×つんく♂2」のインタビューでも同様の主旨の発言をしている。この「スポニチ」の記事には、そんな緊張しいの絵里ちゃんが、それをほぐすためにやった、部屋の隅で顔を壁に埋めるポーズの写真まで載っているが、これは笑える!!!

それでは本当の「亀井絵里」はどっちなんだ?

(いかん! また長くなりそうだ。この話続きます。明日は別の話題なので、あさってあたりに、つづけー、つづけー!)

|

« エリック亀造わたしも出張に連れてって!!! | Main | 今週の「娘DOKYU!」(4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(1):

« エリック亀造わたしも出張に連れてって!!! | Main | 今週の「娘DOKYU!」(4) »