« これで絵里ちゃんしか見えないのだ!!! | Main | 今週の「娘DOKYU!」(2) »

「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(総括編)

さらに、遅ればせながら「娘。ドキュメント2005」の総括をしたいと思います。例によって感想ですので、そんな硬いものではありませんからお気楽にどうぞ。

今の正直な気持ちは、「あ〜、終わって良かった」と言ったところでしょうか。初めはこれなら毎日、簡単に報告できるなと気安く考えていました。7期メンの消滅を受けて、この番組はどうなるのか半分野次馬な気持ちでテキスト化を始めた訳です。面白くなかったらやめちゃえばいいことだし、番組開始当初は内容も比較的穏やかだったのです。ところがだんだん番組の中身が濃くなってきて、言葉が多くなってきたからもう大変です。人の話言葉を文字にするという作業は想像を絶する難しさです。番組もおもしろくなってきたので止めるにもやめられず、とうとう全ての回をテキスト化してしまいました。

そんなことで文字打ちに専念していたため肝心の番組はきちんと見ていません。が、印象に残ったものを2、3あげてみたいと思います。まず、なんといってもカオリンの卒業コンサートがバックステージを含めて日をおかずに見られたこと。これと同じことがなっちのレッスン&復帰コンサートの放映。そして、のんちゃん、あいぼんの思い出の旅。最後は紺ちゃん、絵里ちゃん、れいなのレベル・アップ・レッスンですね。ま、ほとんどなんですけど。これらは番組の当初の目的、7期メンの紹介が出来なくなったのを逆手にとった?スタッフのフットワークの良さが吉と出た内容だと思っております。ふだん見られないメンバー、元メンバーの真剣な素顔が見られてとても貴重なものとなりました。このへんはさすがに番組作りのプロだなと思わせる内容でした。

逆にそれはないだろう、と突っ込みたくなったのが5・6期討論会の放送でした。スタッフ自ら持ちかけたこの企画。これはおもしろくなるぞと思ったのですが、良く考えたらこれは絵に書いた餅で、本当に討論したらたいへんなことになるぞと。案の定それぞれが自分の問題点を発言しただけで、それに対して他のメンバーが意見を言うわけでもなくわずかな回数で終わってしまいました。これを本気でやったら現在のモーニング娘。の問題点があらわになってスリリングな展開となったはず。また、それがグループにとって有意義なものとなったはずだ。これは出来ない相談だったのかもしれないが惜しい企画だったと思います。勇気を持ってやってほしかった。

これを受けての3人のレッスンですが、それにたいして3人はプロなのにおかしいと言う意見もあります。しかし、それを言うのは野暮というものです。これは同じ局でやっていた「愛の貧乏脱出大作戦」と同じコンセプトです。たった3日くらいの修行で料理などの技を身に付けられるものではありません。ですがこの番組のおもしろさは、その修行する人がどのように変わっていくかと言うところにあるわけです(と思う)。これを3人のレッスンにあてはめて見ればスケールこそ小さいですが、同じことが言えると思います。こう言った時のテレビカメラは正直です。映ったもの全てがなにかを語ってしまいます。ここがドキュメントなのかもしれませんね。わたしは良かったと思います。

さて、話せば長くなるので、このへんで終わりにします。番組スタッフのみなさま大変有意義な番組をありがとうございました。また、このような番組を作っていただきたいと思いますが、今でも現実の「娘。ドキュメント2005」は続いております。まさに波瀾万丈のモーニング娘。明日はどっちだ!!! 

|

« これで絵里ちゃんしか見えないのだ!!! | Main | 今週の「娘DOKYU!」(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「娘ドキュ」にドキュ!ドキュ!(総括編):

» 愛の貧乏脱出大作戦 [愛の貧乏脱出大作戦の広場]
愛の貧乏脱出大作戦愛の貧乏脱出大作戦(あいのびんぼうだしゅつだいさくせん)は1998年4月13日から2002年9月23日までテレビ東京系列で放送されたバラエティー番組である。BSジャパンでも2000年12月から約2年間これまで放送された中からピックアップして放送された。内... [Read More]

Tracked on May 09, 2005 08:58 PM

« これで絵里ちゃんしか見えないのだ!!! | Main | 今週の「娘DOKYU!」(2) »