« 亀井絵里「会長(センター)への道」(2) | Main | 亀井絵里「会長(センター)への道」(4) »

亀井絵里「会長(センター)への道」(3)

だからと言って、絵里ちゃんがハードな曲が歌えないのかと言うと、そんなことはないと思う(『浪漫ーMy Dear Boyー』では短いフレーズながら、見事にロックしていた)。リードを取るほどではないにしろ、やって出来ないことはない筈。それでも絵里ちゃんが一番映えるのは「大乱舞」でも歌った『恋のテレフォンGOAL』のようなタイプの歌です。わたしが思うに60年代、70年代風の今で言う、ガール・ポップのような歌だ。断言してしまったが、これには賛同してくださるかたも多いと思う。ノスタルジックで甘い、切ない、それでいて明るい前向きな歌を。

モーニング娘。のシングル・ナンバーでこれに一番近いのが『ザ☆ピ〜ス!』か? チャ−ミ−が卒業した後、誰がこの曲のセンターを取るのかと考えた時、わたしは絵里ちゃんが一番いいのではないかと思ったのですが、最近ではそれさえ怪しくなってきました。なにせチャーミーのものなら、なんでも自分のものにしなければ気がすまないメンバーが、約1名いますので!?って、これは冗談ですよ。ま、これはつんくPが決めることなので、わたしがああだ、こうだ言っても始まらないのですが…。

そんなことで、加入して2年近くなるのに、シングル曲で歌っているパートをすべて足したとしても、3分にもならないでしょうね。これで歌手と言えますか? これは絵里ちゃんだけに限らないけど…。そうか!それなら、ユニットを作ればいいじゃないか!と、どなたでも考えるでしょう。そして次の瞬間、現在の状況を考えるとそれは、そう容易いことではないなと気が付くはず。これでは現在行われているツア−で、少しは改善されているけれど、「娘。ドキュメント2005」で問題点と訴えていた、ステージ上で目立たないと言うのも是非もないことです。

さあ、さあ、そうこう言っているうちに、新しくオーディションで選ばれた子たちが入って来ます。今度は間違いなく何名か入ります! まだ、オーディションの途中なのでなんとも言えませんが、年齢の基準を下げたことで、かなりいい子が選ばれました。つんくPの言うようにどの子でもいいでしょう。〈鮮度〉としても申し分ありません。次のシングル曲は、選ばれたこの子たちを中心にした楽曲になるでしょう。なにせエースですからね。例によって大人びた歌を歌わせるのでしょう…。もう、わたしが言いたいことは、賢明なみなさんには分りますよね?

(つづけ)

|

« 亀井絵里「会長(センター)への道」(2) | Main | 亀井絵里「会長(センター)への道」(4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 亀井絵里「会長(センター)への道」(3):

« 亀井絵里「会長(センター)への道」(2) | Main | 亀井絵里「会長(センター)への道」(4) »