« [EXTRA]珍しくつんくPと意見が一致した自分が怖い!!! | Main | 亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(3) »

亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(2)

それでは本当の「亀井絵里」はどっちなんだ? もちろん、どちらも「亀井絵里」なのです。そう言ってしまえば身も蓋もありませんが…。これらの話は「モーニング娘。×つんく♂2」のインタビューにある心の動きの裏付けにもなるのだ。よって、発言にぶれがないところを見るとほとんど事実なのだろう。余談だが、このインタビューで、絵里ちゃんは実に率直にいろいろな質問に答えている。それは自らをさらけだしているようだ。

おそらく、「亀井絵里」はもともと明るく、活発な、そして、おきゃんな子なのだろう。それを、素直に表現したいのだが、周囲の状況を自分で考えてから、それを表現していいかどうかを判断していくタイプなのだろう。「この頃、『場の空気』が読めるようになってきました」とハロモニで言っていたが、逆の意味で、それを物心付いてからずっと無意識にやってきたのではないか? しかし、それは普通のことではないのだろうか? この実生活では…。だが、今絵里ちゃんのいる世界は芸能界である。エンターテイメントの世界では「普通」ではやっぱりダメなのだ。

そのことにある時、気がついたのだ。自分で(たぶん)気がついたことがえらい! どうやらそれは「さくら組」に入り、活動を続けていくうちに分かってきたようだ。最近出版されたつんく氏の「ポジティブ本」の「デート対談亀井絵里」にはその行がある。つんく氏に「さくら組で鍛えられたんやったら良かった」「はい、その頃から自分の性格とかも分かってきたし」と絵里ちゃん。さらにつづく「負けず嫌いだったていうことが分かりました。モーニング娘。に入っていい意味でのライバル心とかを持つようににもなったし。そうしたら前向きにもなってきて、すぐに諦めたりしなくなったし」と変わった自分をアピールしている。

かつてのうじうじした自分を変えたいと、飛び込んだモーニング娘。というシステムの中で、人に揉まれ、絵里ちゃんも自分に忠実にふるまうことを身に付けていった。自己表現だけを考えればいい世界で生きていけると、心が解放されたのだろう。若いし適応力も、ものすごくあるということか? ちょっと心配なのは、この本にあるつんく氏との対談(デート)ではさらに変わっていく絵里ちゃんがいる。おいおい、このまま進んで大丈夫か? 誰か止めるものはいないのか〜! いろんな事に答えている絵里ちゃんを、知りたいかたは本を読んでください(買ってください)。

そして、本人はその気でも時々見せる、とまどいの表情も今や彩りになって、わたしを余計に引き付けるのだ。そんな、絵里ちゃんは内面だけでなく、いよいよ外面も変わっていく。それは異論反論入り交じって、ファンの間で物議を読んだ髪の色の問題、さらには今年に入って変えた髪型へと続く…。

(つづけ)

|

« [EXTRA]珍しくつんくPと意見が一致した自分が怖い!!! | Main | 亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(2):

« [EXTRA]珍しくつんくPと意見が一致した自分が怖い!!! | Main | 亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(3) »