« ザテレビジョン!これは聞き捨てならぬ!!!(2) | Main | ザテレビジョン!これは聞き捨てならぬ!!!(4) »

ザテレビジョン!これは聞き捨てならぬ!!!(3)

この番組が、モーニング娘。の人気に貢献してくれたことは認めるし、感謝したい。また、番組自体もモーニング娘。が出演することで、視聴率を上げたことも事実である。確か、圭ちゃんの卒業SP番組は20%近い数字を取ったはず。しかし、この日4月28日の放送は無惨だった。のっけから、石橋さんは、チャーミーの卒業で「いじれる人」がいなくなっちゃうじゃないかと発言。まりっぺが、出来るよねとメンバーに水を向けるも、シーン。ザテレビジョンによるとこの時、よっすぃーも、いい娘いますよ。みたいな発言をしていたそうであるが、カットされていた。この後、中居さんとふたりで昔は良かったという話に終始する。表向きはこのような展開なのだが、こういうものは、あらかじめストーリーが出来ていて、その筋に沿って番組は出来ているのだ。いわゆる演出ですな。わたしが思うにこんな時は、れいなあたりが「やります、やります」なんて言いそうな気がするけど…。多分、久住小春ちゃんが出てきた時には、彼女を目一杯持ち上げて、まこっちゃんあたりをものすごく貶める、というような展開になるのじゃないか。テレビなんてものは、NHK「プロジェクトX」を持ち出すまでもなく、演出過剰なメディアだからな。モーニングのコーナーの最後は、プロデューサーさんの職権乱用とも思える、見え見えの下品な「オチ」で終わるのが関の山か!?

この2つの番組、素材は同じなのにどうしてこうも印象が違うのか? いろいろ事情が違うので、一概には言えないが、わたしは司会陣の立ち位置の違いに、原因があるのではないかと思った。方や、今、人気絶頂(らしい)の青木さん、じょじょに人気が出て来たキングコング(このふたりを見ているとどうも、ナインティーナインを連想してしまう)。タモリさんにいじめらているだけじゃないのね。モーニング娘。を踏み台(言葉は悪いが)にして、人気者になっていった先輩たちにあやかろうと、必死でモーニングと渡り合っていた。方や、功成り名を遂げた石橋さんと中居さん。いまさら、モーニングでもないだろうと言う、やる気のなささえ感じてしまう。こんなネガティブなイメージを与えて、なにが得なのだろう。本当に力があるなら、音楽戦士で見せたモーニング娘。5・6期の魅力を引き出してみたまえ! 若手芸人さんにはそれが出来たぞ!!

25日の夜、テレビ朝日「Matthe's Best Hit TV プラス」に美勇伝が出演した。これはこれで、目出度いことではあるが、ちょっと複雑だ。なにを隠そうってそんな大げさに言わなくても良いが、モーニングの6期の3人は一度もこの番組に出てないはずだ。まこっちゃんもそうかもしれない。ここまでくるとテレビ局の責任ではなく、事務所の戦略に原因があるのだが…。こんなことを言うと、ちょっと生意気かもしれないが、三好ちゃんも岡田ちゃんも、美勇伝に入ってラッキーだったと思ってがんばってもらいたい。モーニング娘。6期にいたっては、うまくタイミングが合わなかったのか、単独で3人を出演させるには、その荷ではないと思われたのか分からないが、今だ出演なし。番組一本出演したからと言って人気に火がつくとは思えないが、少しでもみんなに見てもらいたい、魅力に接してもらいたい。そんな気がするからこそ、番組的に盛り上がらなくても出演させて欲しかった。

そうはいっても、テレビ局側の事情も分からないほど無知ではない。自らのヒット曲を持たない、今のモーニング娘。5・6期に関わっている暇はないのだろう。次から次と目まぐるしくアーティストは出現する。常に新しいものを提供していかなければ、視聴者も付いてこない。売れているものに付き従うのもマスコミの常。モーニングもかつては、この恩恵に預かっていたのだから。そして、これはなにもテレビに限ったことではない。他のメディアでも同じことが言える。

昨日26日のスポーツ紙におけるモーニング娘。の扱いには恐れ入った…。

(つづけ)

|

« ザテレビジョン!これは聞き捨てならぬ!!!(2) | Main | ザテレビジョン!これは聞き捨てならぬ!!!(4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ザテレビジョン!これは聞き捨てならぬ!!!(3):

« ザテレビジョン!これは聞き捨てならぬ!!!(2) | Main | ザテレビジョン!これは聞き捨てならぬ!!!(4) »