« 『大阪 恋の歌』を私的比較検討分析解体する!?(3) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(6) »

『大阪 恋の歌』を私的比較検討分析解体する!?(4)

それでは、つんくPは作詞・作曲家として、スランプなのか?と言うとそうでもない気がする。一時期の絶好調時に比べるとややおとなしいが、あいかわらずの量産ぶりで、良い曲も多々ある。モーニング娘。のアルバム「愛の第6感」に収められている数曲や、『THEマンパワー!!!』のカップリング曲『ラヴ&ピィ〜ス! Heroがやって来たっ。』。後浦なつみの『恋愛戦隊シツレンジャー』。Berryz工房の一連のシングル曲。美勇伝の『カッチョイイゼ!Japan』。安倍なつみの『夢ならば』などなど。どれも大ヒットとまでは行かなかったが、それぞれに味わいのある作品になっている。大ヒットに至らない理由はいろいろあるだろうが、聞き手の耳も肥えてきてしまった、ということもあると思う。これくらいでは驚かなくなってしまったし、つんく節にも慣れてきた。これはどうしようもないことだ。誰だって、初めの方が新鮮だし、どんなおいしい食べ物でも毎日食べれば、飽きてくるというものだ。

つんくPは、歌を創ることに関しては非常に器用な人だと思う、おそらくどんなタイプの曲も書けてしまうのではないだろうか。自身のアーティストとしての立場からも、クライアントからの要請でも、それ相応に歌が書ける希有な作詞・作曲家だ。歌わせる歌手の方向性に合わせても行ける。だから、プロデューサーも出来るわけだが…。メロディーもだいぶ書きためてあるのではないかと推測される。

そこで、モーニング娘。だが、『シャボン玉』以降、音楽的方向はそれまでと変わったと見る。いわゆる、歌謡ロック路線と言えばよいのかな? この曲をターニング・ポイントとして、それまでの『LOVEマシーン』に代表されるみんなで歌う、にぎやか路線と決別したのだ。ときには『GO GIRL〜』や『愛あらば〜』のように、にぎやかソングが出てくるのだが、ここ1年くらいはすっかり影を潜めた。これは、つんくPが明らかにグループの方向性を変え、それに合わせた曲創り、歌創りをしているからに、ほかならない。そして、この路線は営業的に見て失敗に終わったと判断すべきではないか? 『シャボン玉』は確かに成功した。まだ、モーニングもその頃は余力もあった。ここ2年間で、比較的売り上げの良いものは、『GO GIRL〜』や『女子かしまし物語』あたりだ。『シャボン玉』以前の曲に近いものが売れている。やはり、世間的には、モーニング娘。と言ったら、こういう歌なのだ。また、わたしたち(と言っていいのかな?)が求めているのも、このようなタイプの歌なのだ。コンサートでの『ラヴ&ピィ〜ス! Heroがやって来たっ。』の盛り上がりを見ても、それが裏付けられるはずだ。

つんくPの忠実なるインタープリターであるモーニング娘。は、つんくPの考え一つでいかようにも変わるのだ。いろいろやらせて見たいのだろうが、聞き手の要望というものも、十分に考慮してほしい。大衆とかけ離れて、ひとりよがりになってはファンもつらい。他のユニットなどに歌を、まわす都合もあるのかもしれないが、リリース数を減らして(年4回は多い気がする)、歌の完成度の高い、メロディーてんこ盛りの作品で勝負してくれ! シングルが出る度に、初回版、通常版、シングルVと3,800円近く払っているわたしだ、それに見合う、なおかつ、おつりのくるような仕事をして欲しい。いろいろ、不遜なことを書いてきたが、わたしはつんくPの能力を非常に買っているのだ。幸い、良いエースも見つかったことだし、技術的にモーニング娘。は今、非常にいい状態にある。そこで、わたしはハロプロのフラッグ・シップ、モーニング娘。にふさわし「歌」を待っている。そしてモーニング娘。を忘れかけている世間やマスコミに、一泡吹かせてやりたい! そう、後はすべて、つんくPあなたの力に、カカッテイルノダ!!!

(『大阪 恋の歌』を私的比較検討分析解体する!? おわり)

|

« 『大阪 恋の歌』を私的比較検討分析解体する!?(3) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(6) »

Comments

現在の売れ筋が「どんなんだぁ〜」(ミキちゃんふうに読んでね)と探っている気もしますね。
美勇伝の新曲はつんくじゃないし・・・(結構良い感じだなぁ)

現在一部マニア層に受けることに頼ってるところを、改めないと「新モーニング」にならないような危機感があるのかも。

Posted by: Takorin | May 14, 2005 07:06 PM

Takorinさん、いつも貴重なコメントありがとうございます。
モーニング娘。=つんくPは、あまり音楽的な面から語られることがないようなので、僭越ながら、一石を投じる意味で、今回このようなことを書いてみました。モーニング娘。が良くなることのきっかけにでもなれば幸いです。

Posted by: mamedama2 | May 15, 2005 02:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『大阪 恋の歌』を私的比較検討分析解体する!?(4):

« 『大阪 恋の歌』を私的比較検討分析解体する!?(3) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(6) »