« 亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(3) | Main | 真の伝統芸継承者、亀井絵里!? »

亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(4)

これからも亀井絵里は〈変っていく〉だろう。髪の色だって、メロン記念日の大谷さんみたいに、七色に染まっちゃうかもしれないぞ!? それもまたいいじゃないか! それがモーニング娘。ってもんだ。加入当時の、おどおどした子犬のような絵里ちゃん、ぶっとびキャラのエリザベス亀井、自らの性格を戯画化した幸うす江、かつてのチャーミー石川を彷佛とさせる、ねえさんいじりもうまくなったエリック亀造。コスプレさえも自分のものにしてしまうエリーゼ亀山。まこっちゃんさえ到達できない、これほどカラフルなキャラクターを生んだメンバーは、近年いない! まだまだ、わたしの知らない変幻自在の絵里ちゃんが、ここにいるぜぇ!!!

今、毎日が妙に楽しい(ときどき文句を言ってますが)。気持ち悪いくらいに…。それとは裏腹に、モーニングを取り巻く環境は厳しい。これでもいい方だ、という見方も一理ある。また、「数」も持っている。しかし、メディアの露出度などは減っていくより、増えていく方が良いに決まっている。それでも、こんな気持ちになるのは、わたしには絵里ちゃんがいるからだ。これから、どう変貌するのかとワクワクする。陳腐な言い方だが、絵里ちゃんはそんな「夢」を見させてくれるのだ。そして、いつかその幻想も壊れる時がくるかもしれない。それでもいい! その時まで、わたしを、そしてみんなを、大いに楽しませてくれ!! 夢を見させてくれ、亀井絵里!!!

そこで、またひとつわたしは夢を見てしまうのだ…。
10年後、絵里ちゃんは芸能界を引退して、結婚しているのだ。お相手は〜? そうだな、老舗和菓子屋さんの3代目のおぼっちゃまだ。甘いものが好きなわたしは、若女将の絵里ちゃん会いたさに、月に1回はこの和菓子屋さんへ、和菓子を買いに行く。そして、店にいる絵里ちゃんに「あの〜、モーニング娘。にいた亀井絵里さんですよね」と声を掛け、サインを貰うのだ。あー、もちろん、和菓子は絵里ちゃんの手作りがこの店の売りだ。も〜、おいしぞ〜! そして、わたしが帰ると、それを見ていた絵里ちゃんの子どもがこう言う。「おかあさんって、モーニング娘。だったの?」と(10年後もモーニング娘。は存在しているはず)。なんか、どこかで聞いたような話だが、まあ続けて…。「そうよ」と絵里ちゃん。「おかあさんは、メンバーの中で1番人気があったの?」と子どもらしいことを聞く。なんか、ますますどこかで聞いたような話だが…!? 「そうね、1番じゃあ〜なかったわね。でも、2番目に好きな娘。はだ〜れって聞かれれば、おかあさんが1番だったわね」

(『亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?』のテーマはこれで終わります)

|

« 亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(3) | Main | 真の伝統芸継承者、亀井絵里!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(4):

« 亀井絵里は〈変った〉のか?〈変ってしまった〉のか?(3) | Main | 真の伝統芸継承者、亀井絵里!? »