« 今あえて問う!!ラッキー7オーディションとはなんだったのか!!!(3) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(11) »

今あえて問う!!ラッキー7オーディションとはなんだったのか!!!(4)

ラジオから流れてきたのは、どこかで聞いたことのある曲と声。それはよく聞くと、つんく♂が歌う『草原の人』だった。歌がうまいねつんく♂は。メロディーも切なく、自分で歌うのだから歌の解釈も抜群だ。そんなつんくPも、所詮宮仕えの身。会社の上層部のご意見を、聞かなければならない。新曲ができれば、彼等に聞かすのだろう。ならば、そこでダメ出しを出すことも出来るはずだ。エースが入って第1弾なのだから、もっといい曲を書け!と…。どうやら、その気はないらしい。つんくPは小春ちゃんのレコーディングにさえ立ち会ってない。普段は、子飼いのディレクターさんでも良いと思うが、新エースの初レコーディングにしては、素っ気ないと思うがどうだろう?

モーニング娘。は、タレントまたはアイドル製造マシンだと言われることがある。その見方も、一理ある。毎回3、4人入れて、そこからピンで売れそうな娘。を押して卒業させる。その時には、それなりのファンとテクニックが付いている。なんと、うまい商法だ!? その他のメンバーは、グループとしての体裁を、取り繕うためにいるような存在になる。しかし、つんくPに言わせると、全員にソロ歌手でも行けるように技術を磨けと言う。そうか、全員卒業出来て、ソロやユニットで活躍出来るんだ!? ラッキー7オーディションとは、単にその補充のために行われただけで、「エース」だのなんだのと言うのは、単に箔を付けるための言葉遊びみたいなものだったのだ、とわたしは思う。小春ちゃんに、罪はないよ。期待してるからね〜。

現在、ハロプロだけでもモーニング卒業メンバーを含め、かなりの数のメンバーがいる。リリースされる商品も広範囲に数多くある。一見、寂しくなってしまった感のあるハロプロだが、どっこいそうでもないらしい。今週号の「週刊現代」に「楽天のモーニング娘。買収計画」と言う記事が載った。週刊誌の話などあてにはしてないが、アップフロントグループの昨年の総収入は27億5000万円になるそうだ。これは、ニューズウイーク誌に載っていた、ジャニーズ事務所の年間総売上80億円と比較しても、そんなに悪い数字ではないのではないか? 相手は、なにせジャニーズ事務所だぜ! アップフロントにはモーニング娘。やハロプロ以外のタレントさんやら諸々の収益を上げる人達がいるでしょうから、すべてハロプロの稼ぎとは言いませんが、健闘しているんじゃないかな!? ならば、かつてのような稼ぎ頭ではなくなったモーニング娘。への扱いが、軽くなって来たのも分かるような気がするのだ。だが、寂しい…。

モーニング娘。は、半永久的にあり続けるだろう。そして、2年に一度ぐらいの割合で、メンバー追加オーディションを行うだろう。会社が存在するかぎり、それはシステムとして機能することとなる。そこには、ファンの思いなどが入る余地はない。会社の思いは、メンバーの純粋さに比べて、なんと差のあることか!! わたしのような1ファンがここで、事務所に悪態を付いたところで、ケとも思わないだろう。しか〜し、わたしは、モーニング娘。が大好きだ!! 絵里ちゃんはもっと大好きだ!!! そんな彼女達をわれわれの手に取り戻すために、今日も吠えまくるぞ!!! 

I CAN'T GET NO SATISFACTION !!! と……。

(「今あえて問う!!ラッキー7オーディションとはなんだったのか!!!」はこれで終わります。)

|

« 今あえて問う!!ラッキー7オーディションとはなんだったのか!!!(3) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(11) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今あえて問う!!ラッキー7オーディションとはなんだったのか!!!(4):

« 今あえて問う!!ラッキー7オーディションとはなんだったのか!!!(3) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(11) »