« もう一人の亀井絵里がそこにはいた!!!(3) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(17) »

もう一人の亀井絵里がそこにはいた!!!(4)

これは、贅沢なことなんですけど、前の方で見るということも不満があるものです。もう目の前はステージな訳ですから、自分と歌っているメンバーとしか関係が持てないのです。ですから、後ろの会場との一体感など感じません。まあ、人間なんてものは欲張りなものです。しかし、翌24日(日)昼公演は運良く?会場後方でスタンド席だったものですから、この面の不満は解消されました。ステージは遠いけど、アリーナ席が丸見え。ファンの熱気も一体感も十分に感じられ、これまた楽しいコンサートになったのです。しかもですね、メインステージから伸びているサブステージの前5メートル位の位置!! こりゃ〜〜すげ〜わ!!! もう本当に目の前。美勇伝は出てくるわ、セクシーオトナジャンは出てくるわ、ごっつぁん、エレジーズ、のんちゃん、Berryz工房と最後は絵里ちゃんはもちろん、モーニング娘。やねえさんがステージを降りる時来ました。いや〜もう、みんなキレイ!! カワイイ!! 足が長い!? もう参りました!!! いいもの見せてもらいました、ホント!!!

コンサート全体の印象はというと、コンセプトは正月の「大乱舞」と同じですね。ただ、楽曲が前回は派手なものが多かったために、というよりこの趣向は1回きりと思っていたのだろう、人気曲を使いはたっしゃった感じがする。そのため今回はやや地味目、玄人ウケするものが多かったような気がする。また、各ユニットや、ソロメンバーの新曲などを多くとっているため、「大乱舞」ほど趣旨が明確には出ていなかった。そのせいか、前半はやや乗り切れなかったファンもいたが、中盤、ごっつぁんの登場以降いつもの調子に戻ってきた。特に『This is 運命』はすばらしかった!!! ファンとのやりとりも絶妙!!! なにが求められているかつんくP、よく見て欲しい!! 最後は『GO GIRL』『ALL FOR ONE ONE FOR ALL』で最高に盛り上がり終わりとなった。今回も不満はあるものの大いに楽しめました。さあ、このコンセプトもそろそろ続かなくなってきそうだ。来年の正月はどのようになるのかな? 考える方も大変だよね。期待してますよ!!

最後に、モーニング娘。卒業組による『LOVEマシーン』について個人的な感想を書きます。ひとことで言うと「これをやっちゃ〜おしめ〜よ!!」と言ったところでしょうか? 見た2回ともファンの反応は上々、いや、ものすごく好評だった。彼女達が登場すると、「うお〜、本家本元だよ!!」と言う声が聞こえた。そうなんだよな〜と感心するも、モーニング娘。の本家ってなんだ? このメンバーでも『LOVEマシーン』レコーディング時にはいなかったチャーミー、のんちゃん、あいぼんが入っている。今のモーニングは分家か? これは、本家から分家への「魂」の引き継ぎ式か? わたしが見る限り、なっちやごっつぁんなど、皆それぞれ自分のスタイルが確立されているので、グループとしての一体感はなかった。ねえさんの言うように「やっぱり楽しいね!!」と、こちらも目くじら立てることもなく、楽しめばいのかもしれない。しかし、このメンバーでこの曲を歌うとなると、今回のコンサートの趣旨にも合わない気がするし、その後すぐにモーニング娘。が出てくる構成が、ちと意地悪に見えるのは過保護なのかな? これをやるなら『LOVEマシーン』に匹敵する曲を作ってやってからにしてよ!!! と、まあこんなこと言ってると、もっと気楽に楽しめよってな声が聞こえてきそうなので、このへんにしておきましょう。

(「もう一人の亀井絵里がそこにはいた!!!」はこれで終わります)

|

« もう一人の亀井絵里がそこにはいた!!!(3) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(17) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference もう一人の亀井絵里がそこにはいた!!!(4):

« もう一人の亀井絵里がそこにはいた!!!(3) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(17) »