« いつもわたしの心は絵里DAYS!!! | Main | 娘。に溺れ、絵里に溺れよ!! バリコン2005秋!!!(下) »

娘。に溺れ、絵里に溺れよ!! バリコン2005秋!!!(上)

常に「安心」という言葉から遠いところにいるモーニング娘。。そのファンとしては、新しい布陣になる度に不安感にさいなまれるのだ。特に昨年、秋の横浜アリーナでのコンサートは、いろいろな意味でトラウマとなってわたしの心の中に居座っている。よって、今春の「ヒット満開」のツアーが大成功の内容だったからと言っても、今度のバリコンがいいものになる保証はない。特にわたしの神経を逆撫ですることにかけては、天才的なつんくPのことだ。いつまた奈落の底へ突き落とされるか分かったものではない。そんなことで、今回のツアーも浮かれることなく慎重、かつ冷静になにが起きても取り乱すことなく臨もうと決心した。

今回の「バリバリ教室〜小春ちゃんいらっしゃい!〜」ツアーの最大の特徴はゲストアーティスト(ユニット)が1組もいないと言うことだろう。ここ何年もカントリー娘。などいくつかのアーティストが出演いたが、それがないことによって、よりモーニング娘。としての真価が問われることとなった。

まず、セットリストだが、秋だからか、比較的地味な曲目がならんだ気がするのだがどだろう? ここから、前回の「ヒット満開」ツアーと比べるのは無意味だ。春のツアーはある意味、チャーミーの卒業コンサートツアーだったわけで、曲目もアルバム重視とはいえ、それこそヒット満載。チャーミー在籍中のモーニング娘。のヒット曲が俯瞰出来る内容となっていたのである。事実、派手で、ファン受けするコンサートになっていた。そこから、察するにこのバリコンのセットリストには、ある意味が隠されているといえるのではないか? モーニング単体でのパフォーマンス、そして、このセットリスト。そこからわたしが推察するには、「これはモーニング娘。勝負に出たな!!」ということだった。

ゲストのいない分、自分達が歌うことが増える。それもソロに近い状態で…。よっすぃーが『男友達』を。ミキティーは、各ツアーでソロパフォーマンスはあるが、ここでは珍しい選曲『そっと口づけて ギュッと抱きしめて』を。そして、驚いたのが紺ちゃんソロの『涙が止まらない放課後』だ。これは紺ちゃんファンの方にはうれしいプレゼント。この曲はひとりで歌ったほうが落ち着くのだ。タンポポの『ラストキッス』は愛ちゃん、絵里ちゃん、れいなの3人で登場。ステージに出てきた時は、3人揃いのコスチュームで、それは間違いなく新しいユニットに見えたのはわたしだけだろうか? また、その他の曲でも特定のメンバーを中心に据えてボーカルを回していくなど、メンバー全員にスポットが当たるように演出されている。

一見地味目の曲目も、実は歌唱力が重要な意味を持つものばかりだ。最初のほうで、こういうのはさっさと終わらせて次に行こうじゃないかと言わんばかりに、ノリの良いヒット曲を並べ、中盤からは聞かせるナンバーを中心とする。これは、グループとしての自信の表れではないか? 後半には再度、ヒット曲を並べるも春のツアーに比べれば、裏街道といった曲目だ。それは、ヒット曲に頼らなくても、十分1時間40分のコンサートをこなすことができるほど、今のメンバーが技術的にも、精神的にも、成長した証とも言える。

(つづけ)

|

« いつもわたしの心は絵里DAYS!!! | Main | 娘。に溺れ、絵里に溺れよ!! バリコン2005秋!!!(下) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 娘。に溺れ、絵里に溺れよ!! バリコン2005秋!!!(上):

« いつもわたしの心は絵里DAYS!!! | Main | 娘。に溺れ、絵里に溺れよ!! バリコン2005秋!!!(下) »