« 愛ちゃんミキティー ON THE AIR!!! | Main | 絵里、ギュッと抱きしめてよ〜〜〜!!! »

今週の「娘DOKYU!」(20)

今週の「娘DOKYU!」第20週をお届けいたします。その前に、昨日の続きを載せておきます。

8月19日(金)
「藤本さん、映画見るのけっこう好きなんだ」と言う中村さんの問いかけに、ミキティーは「好きですね。嫌いな映画っていうのがあんまりなくって、見るとその世界に行けるのですごい好きですね」と答えました。愛ちゃんは「ダンス系の映画が好きですね。「シカゴ」とか「コヨーテ・アグリー」とか好きですね」と言ってます。「愛ちゃんは舞台とか見に行ってますね」とミキティーが言うと、「宝塚が好きで、それ以外でも舞台は見に行ってるんですけど」と愛ちゃんが答えました。「舞台は基本的に好きなので、私だったらこうしたいなって思ったりとか」と続けました。最後にゲストに聞く、マイ・フェイバリット・ソングということで新曲のカップリング『愛と太陽に包まれて』を聞くことになり、2人の出番はここで終わり。その後、番組の最後に中村さんは、「進化して行くモーニング娘。、藤本さん、高橋さん、ほんとうにチャーミングでですね、本当に才能のある方をちゃんと選んでいるんだと、それを実感した時間でした。本当にありがとうございました」と2人と話した感想を述べました。

ここからは通常どおり、今週の「娘DOKYU!」を載せます。それではどうぞ。

●8月16日(火)
もっとチームに貢献したかった、今回キーパーとフィールドの両立を目指してきたガッタスの守護神辻希美。
念願のフィールドデビューの機会が訪れた。
辻へのインタビュー。
「北澤さんが、今日出るよっていうことで一瞬時が止まったというか、大丈夫かなって不安があったんですけど、メンバーがいっぱい練習したから大丈夫だよって言われて」。
「やっぱり、キーパーとフィールドって気持ち的に違うっていうか、いつもは守ってやろうって、でも今日は点を入れてやろうって気持ちで。一本惜しいのがあって、これ行けると思ったんですけど…」
予選で投入されたばかりの辻にビッグチャンスが。
相手のミスに俊足の辻が駆け込み、相手ゴールにシュート。
惜しくもはずれはしたが6,000人の観客を沸かせた。
辻にとっても大きな自信となった試合であった。
「大きな会場でフィールドデビューができて感動しました」とふたたび辻にインタビュー。
「気持ちは動揺していた部分はあったんですけど、すごい楽しかったです。また、いつか立てたらいいなって思います。がんばります!!」

●8月17日(水)
次はいよいよ準決勝。
初出場のミス・マガジンに引き分けたこともあり、北澤監督があらためてチームを引き締める。
次の相手は前回3位の強豪CHOOP。手強い相手だけにアドバイスは試合直前まで続いた。
監督、コーチからメンバーに細かい指示が出される。
里田、紺野が指示を受ける映像。
メンバー、コーチ輪になって声を上げ気合い入れだ。
会場に鳴り響くガッタスコールをバックについにキックオフ。
開始早々ボールを持った是永が絶妙のスルーパス。
ボールを受けた藤本が豪快なシュートを放てば、守護神紺野が体を張って好セーブ。
しかし、CHOOP先制ゴール。
後半王者ガッタスが意地を見せる。あさみが執念の同点ゴール。
試合はこのまま1対1で終了。PK戦に突入。
4人目の里田がゴールを決めて、2ポイントリード。
このPKを紺野が止めればガッタス決勝へ進出。
紺野のナイスセーブでPK戦勝利。ガッタス連覇に王手をかけた。
その瞬間、メンバー集まり喜びに沸く。

●8月18日(木)
決勝戦を迎え、メンバーの表情には自信がみなぎっていた。
気合いを入れて、いざピッチへ。
決勝の相手は3大会連続同じの顔合わせの宿敵カレッツァ。
因縁の戦いにキックオフ。
練習の成果を発揮するガッタス。華麗なパスワークでカレッツァゴールを脅かす。
しかし、紺野のパスミスからカレッツァも負けじと応戦。
紺野のミスもメンバー一丸となって、ゴールを守り抜く。
逆に味方のミスも紺野が好セーブを連発。
前半はお互い1歩も譲らず、0対0で終了。
後半に向けてもうひとりの守護神辻を投入することに。
辻をはじめメンバー総入れ替えで臨んだガッタス。
後半1分ついに試合が動く。
里田、斉藤のパスワークから吉澤へ。吉澤の華麗なミドルシュートがカレッツァのゴールに突き刺さる。
ガッタス先制。
その後カレッツァの猛攻は続いたが、チーム一丸で守り切り、1対0で試合は終了。
ガッタスH.P.大会2連覇を達成。正にチーム一丸となってつかみ取った勝利だった。
優勝トロフィーを掲げ、挨拶する吉澤。
「どんどん優勝して、がんばりますので応援よろしくお願いします」。キャプテン吉澤はさらなる進歩を誓った。

●8月19日(金)
「戦えサイボーグしばた3」撮影2日目。ついに主役の柴田あゆみの登場。
道重と柴田、自動車の後部座席に並んで座っている。
この2人、ライバル同士の設定なのになにやら仲良しムードのシーン。
「ねえ、どうする。どうする」と柴田が道重に甘える。
「はい、カット」とおおなりてつや監督の声。
別のシーン撮影。
「あなたは心の友、もう離さないわ」と柴田。
監督の指示を受ける道重。
「里田ベーカリーの里田まいです。よろしくお願いします」とスタッフに挨拶する里田。
「紺野です。よろしくお願いします」と頭を下げ挨拶する紺野。
撮影の合間に、斉藤と大谷、人形を持って遊んでいる。
村田、里田、人形を使って打ち合わせ。
紺野は気にせずマイペースで撮影に臨む。
お菓子をカメラに向けてご満悦の紺野。
撮影は天候に恵まれないこともあってか、この後撮影は深夜までおよんだ。
しかし、まだまだサイボーグしばた、謎の撮影は続く。

●8月20日(土)
今月20日から始まるモーニング娘。全国ツアーに向けて、メンバーはリハーサル初日を迎えていた。
フォーメーションの位置を示す数字で位置を確認しながら練習中。
そんな中ひときわ苦労しているのが、新人久住小春。
先輩達にサポートしてもらいながらレッスンは続く。
新垣が久住に移動の位置などを教えている。
先輩達の足手まといにならないよう懸命にメモを取る久住。
先輩達もメモを見ながら不安な面持ちで練習をしていた。
ここで問題が、ステージの変更で、踊ってみるとなかなか思うようにパフォーマンスが出来ない。
全国ツアーに合わせた、なれない形のステージで悪戦苦闘のレッスンが続く。
吉澤が、ダンス中メンバーがうまく移動が出来ないと先生に進言。
全国ツアーで華麗なパフォーマンスを披露するため、何度も何度も繰り返しレッスンする合同練習。
しかし、何度やってもメンバー同士がぶつかってしまう。
そんな問題を抱えながらも、リーダー吉澤を中心に、メンバー全員で課題を克服するモーニング娘。。
ようやくそろったパフォーマンス。全国ツアーに向け、メンバーの苦悩は続く。

|

« 愛ちゃんミキティー ON THE AIR!!! | Main | 絵里、ギュッと抱きしめてよ〜〜〜!!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今週の「娘DOKYU!」(20):

« 愛ちゃんミキティー ON THE AIR!!! | Main | 絵里、ギュッと抱きしめてよ〜〜〜!!! »