« 娘。に溺れ、絵里に溺れよ!! バリコン2005秋!!!(下) | Main | いままででいちば〜んふるえちゃ〜たしゅんか〜ん!? »

今週の「娘DOKYU!」(21)

今週の「娘DOKYU!」第21週をお届けいたします。今朝は早起きしなくちゃいけないので、早く寝ます。そんなことでムダ話はなしよ。それではどうぞ。

●8月23日(火)
「闘え!!サイボーグしばた3」撮影3日目。
シリーズを通しておなじみのしばたファミリーが登場。おじいちゃん、柴田、おかあさんの3ショット。
今まで優しかったおじいちゃんも、今日はご機嫌斜めのようす。
おじいちゃん、柴田の前で「なっとらん!!」と怒鳴り、ちゃぶ台をひっくりかえす映像。
撮影はおじいちゃんペースで進む。
おじいちゃん体を上下に揺すって、柴田を笑わす。
撮影スタジオで猫を発見。斉藤、村田が猫の様子を見ている。
路上での撮影リハーサル。村田が建設現場の前に立っている。スタッフが打ち合わせに熱中し、路上に置き去り状態だ。
律儀にスタンバイを続けている村田。
4日目には、撮影中ハプニングが。それに驚く里田。
なんと、地元のお祭りに遭遇してしまった。威勢の良い声が響きわたり、撮影も一時中止。
「2大セクシー対決」とスタッフにおだてられて、はしゃぐ斉藤と里田。「張り合う気ないもん」と斉藤、里田をからかう。
撮影はまだまだ続く。

●8月24日(水)
全国ツアーに向けリハーサルに励むモーニング娘。のメンバー達。
レッスンスタジオでリハーサルするモーニング娘。の映像。
新人久住小春は、春のツアーで見せたパフォーマンスよりさらに成長した姿を、ファンの前に見せるために一生懸命。
曲の振り付けやステージのフォーメーションなど、様々な変更点とメンバー達は戦っていた。
まして、新人の久住にとっては今まで先輩達が歌ってきた曲の振り付けを覚えなければならないなど、変更どころか一からマスターしなければいけないことが山積み。
先輩達から少し下がり、メモを取る久住。
そんな久住を教育係道重が、影ながらしっかりサポート。
全国ツアーに向け、一見順調そうな久住。
しかし、思わぬ事態が発生。
プレッシャーからか久住の体に異変が。
苦しそうに体を折り曲げる久住。小川が心配そうに久住の体に手を回す。
「具合悪くて、気持ち悪いそうです」と小川、夏先生に報告。
久住、青い顔でレッスンから外れる。
久住椅子に座り、悔しそうに先輩達のレッスンを見続ける。
懸命の努力も長くは続かなかった。久住の体は限界を越えていた。
長椅子に横になり寝込んでしまった久住。つらそうだ。
でも、このままではひとり取り残されてしまう。そう感じた久住は持てる気力を振り絞って、ふたたび先輩達のレッスンを見学。
そこで、先輩達の踊りと自分の踊りとの違いに気付く。
「先生からも言われるんですけど、くにゃくにゃしてるって言われるんですよ」とインタビューに答える久住。
「先輩達は芯が通ってるっていう感じですごくて、どうやったらそうなるのかなって」と続ける。
次の合同リハーサル日、そこには誰よりも早く来て自主練習する久住の姿があった。

●8月25日(木)
先輩に迷惑をかけたくない、その距離を少しでもちじめようと、ビデオを見てチェックする新人久住小春。
全国ツアーに初めて参加する緊張感、自分の名前がツアー名に付けられていると言うプレッシャー。
そんな思いを抱えながら、誰もいないスタジオでひとり自主練習に励んでいた。
モニターを見ながら、振りを練習する久住の映像が続く。
久住が特訓しているのは、今回のツアーで初めて取り組む『ザ☆ピ〜ス』。先輩の振り付けを見よう見まねで覚えていく。
こうして努力を重ねている久住に、教育係の道重は。
「すごい、がんばってるんだと思いますね。他の9人はやったことある曲だから、久住ちゃんは初めてなのでひとりで振りを覚えているのを見て、あ〜久住ちゃんがんばってるんだなって」と答える。
久住の練習に道重が合流。2人でレッスンを始める。
久住がまだマスター出来ていない『ザ☆ピ〜ス』を道重がやさしく指導。
3時間にもおよんだ2人3脚の自主練習。たったひとりで苦戦していた久住にとって、先輩が付きっきりで教えてくれると言う願ってもないチャンス。
そんな努力をつづける久住を道重は、新人時代の自分と重ね、こう感心する。
「移動中でもMDを聞きながら、踊ってたりするんですよ。そういうのを見てすごいえらいなって思いますね」とインタビューに答える道重。
ひたむきに努力する後輩久住のために、出来る限りの愛情をそそぐ道重。
2人の2人3脚はこれからもつづく。

●8月26日(金)
ふたたび、レッスン中のモーニング娘。の姿。
この日も振り付けと立ち位置を入念にチェック。
とは言え新人久住小春はまだまだ覚えることが山積み。
移動のしかたなど先輩達と確認しながら、この日もメモを取っていく。
こうして久住は日々成長しているのだ。
「ビデオを撮ってもらったのを家で見て、先輩達のうまい人のを見て、それをまねしたりしてます」とインタビューに答える久住。
さらに「その曲の歌詞の意味を考えて、それを感じながら踊ってます」と答える。
休憩時間も有効利用。
先輩をつかまえ、課題の克服につとめる久住。
高橋と練習する久住の映像。
ここで先輩高橋が久住の変な特徴を発見。
指摘されたのは久住と道重が何度も練習した『ザ☆ピ〜ス』の踊り。
高橋、久住、道重3人並んで踊る。
高橋が久住の振りをまねて見せる。
その原因は関節のかたい動きにあるのではないかと言う高橋。
高橋が腕の振りをやって見せる。
「どうやってって、自分で見つけるしかないね」と高橋が久住の問いに答える。
「やるのは久住ちゃん。だから理解しようとしないと絶対分からない」とアドバイス。
「とにかくやって見て、ちがければ違うって言ってくれる人いっぱいいるから、とりあえずやってごらん」と高橋の厳しくも愛情のあるアドバイスがつづく。
「考えないで100回やっても、意味がないって言われて、考えながらやりました」とインタビューに答える久住。
大切なのは理解しようとする心。先輩達のあたたかいアドバイスを実践しながら、久住はモーニング娘。のメンバーとして、これからも成長し続けていく。

●8月27日(土)
昨年初優勝を遂げガッタスを大きく成長させた女子フットサル公式戦「お台場カップ」。
今年もその大会が迫ってきた。
あらたな目標に向けて動き出したガッタス。目指すは「すかいらーくグループ冒険王リーグ」の制覇。
この日は2チームに分かれて、セットプレーを重点的に練習。
ゴール前の壁など守備も徹底研究。
思考錯誤を繰り返しながら課題を浮き彫りにしていくメンバー達。
練習のなかでより良いプレーを模索していく。
紺野がメンバーに指示を出す。
それに藤本が自分の考えを伝える。紺野が分かったとそれに答える。
キーパーを中心にゴールの守り方を身に付ける。
今では必ず見られるようになった休憩時間の作戦会議。
石川が皆に考えを伝える映像。
ミーティングの内容はその後の練習で形にしていく。
そして、今回そんなガッタスを悩ませるある問題が。
それは、真夏の灼熱地獄。休憩中氷水を頭に乗せるメンバー達。
連日30度を超える中での公開練習。
「暑いけどがんばっていきましょう」と北澤監督の檄が飛ぶ。
優勝は猛暑と狭いコートの克服にかかっている。

|

« 娘。に溺れ、絵里に溺れよ!! バリコン2005秋!!!(下) | Main | いままででいちば〜んふるえちゃ〜たしゅんか〜ん!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今週の「娘DOKYU!」(21):

« 娘。に溺れ、絵里に溺れよ!! バリコン2005秋!!!(下) | Main | いままででいちば〜んふるえちゃ〜たしゅんか〜ん!? »