« July 2005 | Main | September 2005 »

その後の絵里ちゃんとわたしの関係!?

まさか、こんな気持ちになるなんて思ってもいませんでしたよ。それはボディーブローのように日に日に心に効いてきたのです。昨日より今日、今日より明日。づんづんと絵里ちゃんへの熱い愛情が高まるのです。記憶は当然薄まってくるのはしかたありません。しかし、気持ちが、気持ちが……。あ〜、これって恋!? なんだよ、まだ引きずってんのかよ!と思われるかもしれませんが、そうなんです。そんなわたしをお笑いくださいませ。

そりゃ〜、わたしも握手会を期待していなかったわけではないのです。が、実際はもっと強烈な印象でした。モーニング娘。デビューのきっかけとなった5万枚手売り、『LOVEマシーン』発売時の握手会、ハワイツアーイベントでの握手会などに参加された方々のお気持ちが察せられます。これはファンの心に確実に突き刺さりますね。もう、離れられません。これもまた、事務所に乗せられただけなのかもしれません。しかし、それ以上に彼女達の魅力が勝っていたのです。アイドルでなく、普通の生活の中、なにかの拍子で出会うことがあっても、やはり絵里ちゃんはわたしの心を奪っていくでしょうね。

握手している間もニコニコし、オシャベリタイムもファンに手を振る絵里ちゃん。遠くから見てもその誠実で屈託ない人柄が良くわかるのだ。まして、あなた!! 目の前で会った日にゃ、もうかわいい〜〜〜!!! 声もかわいい〜〜〜!!! 今度、横浜デートしてぇ〜〜〜〜〜〜!!!

握手会の翌日には、メンバーの感想などが各スポーツ紙に載っておりましたので、まとめて書き出しておきます。わたしの知り得た範囲なので、他にもメンバーの発言があったのでしたらご勘弁ください。ここでの小春ちゃんの発言は笑えます。まだ、こどもなんですね。

吉澤ひとみ「ファンの人の大切さを肌で感じ、新鮮な気持ちで頑張るぞ!と気合いがはいった」「1人1人を近くに感じ取れる。そういうものを大事にしていきたいです」
高橋愛「こんなの初めてで、ドキドキします」「ファンの方が身近に感じられた」
高橋愛・小川麻琴・田中れいな「この日のためにツメをおしゃれしてきた」
藤本美貴「1日でできるのかなと思ったけど、ファンの人たちの手を握るたびに元気をもらった」「大変っていうより楽しかった」
亀井絵里「絶対に1人二言は会話しようと頑張りました」
道重さゆみ「遠足みたいな気分でした」
久住小春「1日で新幹線と飛行機に乗ったのなんて初めて!」(9月の新潟凱旋について)「モー娘。に入って成長したなと思われるように頑張ります」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エリック亀造3トップ猛攻で、大オウンゴール!!!

現実が夢で、夢が現実か?「ハロー!モーニング。」を見ていて、土曜日のことが今だに信じられないわたし。絵里ぃ〜〜〜〜〜!!!

「エリック亀造の毎度ありぃ!」。それではまいりましょう!! 今回もねえさんとさゆ、2人でいつものお部屋にいますよ。夏らしくスイカなど頬張っておりますぞ。「おいし〜な〜」「夏ももう終わりやねぇ…」としみじみ語るねえさん。なにかあったのかしら?「そうですね」とさゆ、クールに受け流すのだ。「え!?終わり!?」とねえさん拍子抜けしてしまった。「どうでした!?この夏」とさゆ。これにはねえさん「どうしてそんな挑戦的な言い方するの」と軽くキレてます。「とくになにもなかったけど〜」。「寂しい夏ですね…」。ゴ〜〜〜ン鐘の音のSE。「32歳の夏…。」のテロップ。気を取り直してねえさんからのメッセージ。「ちなみに8月28日うちのおかあさん、礼子さんのお誕生日です〜」と笑顔になりましたよ。

とそこへ、なぜかサッカーボールが転がってきたぞ!!「あ〜〜〜〜〜、フリーキック失敗しちゃったよ もお…。」と言いながら亀造登場!!!「スイカおいしいな」と2人これを無視。「あ〜〜〜〜〜、フリーキック失敗しちゃったよ もお…。」と再度亀造登場!!!「スイカおいしいなぁ…」とこれまた無視。こうなったらとばかりに亀造、2人の前に飛び込んできたぞ!!!「3度目はチョット…」「イタタタタ〜ですよね…」亀造、自分のことは良く分かっているようだ。ねえさんの「なにしに来たのっていうか、誰!!」の叫びに亀造答えますぞ。「トップ下からゴールを狙うファンタジスタ、エリック亀造でございます」と自己紹介。決めポーズも手慣れたものさ!! 「アナタの、アナタの心にドライブシュート!!!」とキックするのだ。「わたしはカメルーン代表なんですよ」とユニフォームに手をやり、ねえさんに解説。「なんでカメルーンなん!?」ねえさんまだ腑に落ちません。「カメルーン代表なんですよ」。「なんでカメルーンなん!?」。「カメルーン代表なんですよ」。「なんでカメルーンなん!?」。と言葉の応酬だ〜〜〜!!! ねえさんも意地になってきてしまったぞ。

「今日もいっぱい商品があります。ご紹介したいなって思います」といつまでもねえさんにかまっちゃいられないとばかりに亀造、販売開始!! 最初の商品は安倍なつみの5thシングル『恋の花』でございますよ。「一途な恋か〜〜〜?」ねえさん遠くを見ながらその言葉に浸っております。「アタシはいつでも一途ですよ」。「でも相手が居ないんです」とさゆ。………沈黙が続きます。「道重さん、最近いいですね」と亀造、持ち上げたたぞ!!「安倍さん。カモ〜〜ン!!」亀造のコールで、本日のお客様なっち、にこにこと登場!!! 「乙女心いっぱいの安倍なつみでございます」となっち。「乙女心になら負けません道重さゆみで〜〜す」。「いつでも乙女の中澤裕子でぇ〜す」ねえさん半分ヤケ!! 「ハイ…じゃあもういいんで…」と亀造冷静に仕切るのだった。これにははりきったねえさん、ガクッ!!「むなしいわ…」。「女の子ならではの気持ちを歌ってます」となっち新曲アピール。「なんて!?」とねえさん。「女の子ならではの気持ち」となっち。ねえさんと亀造、なっちにすり寄り「なんて!?」と頬ずり。さらに「女の子ならではの気持ち」となっちがもう一度言うと、さゆまで来て、「なんてぇ〜!?」とからみますぞ!!!「なんだこれ〜〜〜!!」となっち、大喜び!?

次の商品は、Berryz工房のファーストライブ写真集「まるごと」でごわす。「見たい」「見たい」とすごい反響だ。「ちょっくらですよ!?」とこの声に亀造応えますぞ。ねえさん写真集を開くと、3人「かわいい〜〜〜!!」の大合唱。「やばっ!! やばっ!!」ねえさん大興奮!! このウケの良さに亀造も唖然!!「成長したライブが見れまっせ、どうですかお客さん」と亀造に代わりセールストークまでしてくれたのだ。ここでさゆ、トレビア1本。「中澤さんの小ジワが1本増える度に1センチ(ベリーズの)身長が伸びるんですよ」。亀造の情報によると「中澤さんのシミが1個増える度に身長が1センチ伸びるって聞いたんですケド…」とのこと。「それはどうなんですか?安倍さん」となっちに振りますよ。「あ〜、チョット聞いた。風の噂で…」と乗ってきたぞ!! これでねえさん怒った!! 反撃に出ました。「わたしが美白とかケアしてシミが減ってきたら、身長が低くなるのか!!!」ごもっとも。「反比例しますよ」とさゆ。これにも噛み付いたねえさん。「チョット、あんた!! さっきから比例とか反比例とかチョツト賢ぶりやがって!!!」とすごい剣幕だ!!! もう目がすわってます。横目でさゆを見る目がものすごく怖いのだ!!! コワイ!! コワイ!! 

「買わせて頂きますけど」とご購入に意志あり。「はい、どうしよっかなあ〜」と亀造笑いながらフェイント。「たくさん買ってもらわないと商売になりませんので」と強引?なセールスを展開。ここで「決めポーズ対決!!」をやっちゃいます。それに負けた人が8冊買わなければいけないというルールですよ。亀造とポーズがカブッたら負けよ。最初は「安倍なつみのポーズ」。カシャ!! の合図で前に出てきた4人ポーズをとります。4人セーフ。ここでなっちがねえさんにクレーム。「リハーサルの時に先生が言っている時「アタシじゃない」って聞いてるポーズ」だとか。なっち大ウケ!! 次は「俄然強め!?のポーズ」。これもセーフ。今度は亀造がクレーム。「なんでですか?そこは合わせて下さいよぉ…」「エリックがいつもやってるじゃないですか」とおかんむり。なっちのポーズはボディビルのポーズ。ちょっと違うんじゃない?「ピースのポーズ」。「ほら、きたーーーーー!!!」亀造大はしゃぎ。さゆがうさちゃんピースに見事にはまったのだ!!! 亀造の作戦勝ち!!!「なんでそういうコトするのぉ…」とさゆ、半泣き状態だ!!「これは重ちゃんのポーズやで」とねえさんも亀造を責めるのだ。さゆが8冊買うことに決定!! 怒ってます、さゆ。ねえさんのピースのポーズに亀造、いちゃもん。動きが硬いようだ。「アタシの時代にはピースはなかったから…」ってねえさん、本当か?

「ミュージックいらっしゃ〜い」と三枝さんのポーズで亀造「ファンタジスタダンス」スタート!!! 今回はパラパラだぞ!! 亀造に合わせておどる3人。ねえさんひとり取り残された。見事に決まったダンスに「アンタさぁ…練習してるやろ!?」とこれまたいちゃもんを付けたねえさん。「してない。してない」ととぼける亀造。今日もねえさん怒りまくりだぞ!! 最後に「テレビの前のチビッ子のみんな。夏休みの宿題、追い込み頑張るんだぞ。とのことです」と亀造、やさしいメッセージで決めた。「なんか頑張れないよね…」となっちが不満そう。「もっとパワーをださなきゃ」。ねえさんもこれを支持。笑顔でもう一回やることに。亀造、行きますよ。さあ、振り向いて…「んが〜っ」と力み過ぎ〜〜つっかえて、自分で笑ってしまった!!! 大失敗だ〜〜〜!!! うなだれる亀造に近寄るなっち、倒れるさゆ、しゃがみこむねえさん、お部屋は脱力感が充満する波乱の1日だったのだ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

いままででいちば〜んふるえちゃ〜たしゅんか〜ん!?

これが噂の握手会ってやつか? すごいな!!! 次々握手して行くファンの方達を見て、秒速とはこのこと。すさまじい早さで3人の前を通り?過ぎて行くのでビックリしたり、感動?したり、こりゃ〜町中大騒ぎさ!!

何年ぶりかで異常に早く起きたので眠いこと、眠いこと。ボ〜ッとする頭を抱え、無事開演30分前に横浜の会場に到着。早くもファンの人達が大勢集まっております。例によって会場整理の手際の悪さを嘆きながらも、時間は過ぎて行きますな。会場に入りますと、狭いホールに1回フロアはオールスタンディング。もはや、立錐の余地もないほど詰め込まれて、動くことも出来ません。ちょっと、怖いくいらいでしたね。しばらくすると、司会の方が出てきて、注意事項などを話した後、いよいよ東名阪握手サーキット・イベント開始!!

まず、初めにモーニング娘。の誕生から現在までの歩みを、現在いるメンバーを中心に構成されたビデオをステージ上のスクリーンに映し出します。このビデオの最後は、握手会の会場へとガキさん、ミキティー、絵里ちゃんが走り回る映像で終る。そして、ガキさん、ミキティー、絵里ちゃん、ステージに登場!!! 会場、皆大喜びでございますよ。3人も元気そうだ。左からミキティー(赤いつなぎ風の衣装)、ガキさん(緑の同じ衣装)、絵里ちゃん(オレンジの同じ衣装)の順で並んでます。と言っても、わたしは後ろの方だったものでほとんど見えませんでした。上記のことは、その後確認したものです。しばらく、最近のコンサートやイベントのことを3人でおしゃべりした後、3人が考える「色っぽいとは?」の話で盛り上がりました。ここでもミキティーのツッコミが炸裂!! 絵里ちゃんはほとんどやられっぱなしでしたね。普段からモーニング娘。ってこんな感じなのでしょうか? 心が鍛えられそうだ!!

時間がないということで、おしゃべりもアッと言う間に終わり。さあさあ、お待ちかねの握手会へ突入!! ひとりひとりステージの上で、3人とテーブルをはさんで握手する訳ですが、初めに書いたように早いこと早いこと。係員に押されて次々押し出されて行きます。こりゃ、なにかメッセージなど言う時間ないね。こうなったらなるようになれってんだ!! わたしもステージに上がり、いよいよ絵里ちゃんと握手が出来るとこまで来ました。さあ、行くぞ!! 目の前に絵里ちゃんがいます。います。います。テレビ、雑誌などで見るそのままの絵里ちゃんがいるのです。なにか、映画かドラマの中にいるような、奇妙な感じです。絵里ちゃんは優しく微笑んで手を握ってくれました。その時、わたしは思いきって言ったのです!!「このあいだのコンサート、良かったですよ!!」と。絵里ちゃんはその瞬間さらに微笑み「ホントですか? ありがとうございます」と言った…ような気がする。いや、言った!! ん〜ん、もうその時は、体が熱くなって、もうなにがなにやら分からない状態になっていたので…、言った!! 絶対、言った!! 絵里ちゃんとはそれでお別れとなってしまったのです。その後、ガキさんにも、ミキティーにも2、3メッセージを言ったのですが、早すぎてどうなっていたのか分かりませでした…トホホ。

わたしの握手会、初体験もこうして無事?終わったのだ。実際に会った3人は、ファン思いの本当にかわいい娘。達です。しかし、わたし達は3回の握手ですむけど、彼女達には本当に大変な仕事だ。誰にでも笑顔を絶やさず握手をしているのを見ると、アイドルもつらいよってとこでしょうね。それにしても、絵里ちゃんの長い指に包まれたこの感触は忘れられないな〜〜〜!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今週の「娘DOKYU!」(21)

今週の「娘DOKYU!」第21週をお届けいたします。今朝は早起きしなくちゃいけないので、早く寝ます。そんなことでムダ話はなしよ。それではどうぞ。

●8月23日(火)
「闘え!!サイボーグしばた3」撮影3日目。
シリーズを通しておなじみのしばたファミリーが登場。おじいちゃん、柴田、おかあさんの3ショット。
今まで優しかったおじいちゃんも、今日はご機嫌斜めのようす。
おじいちゃん、柴田の前で「なっとらん!!」と怒鳴り、ちゃぶ台をひっくりかえす映像。
撮影はおじいちゃんペースで進む。
おじいちゃん体を上下に揺すって、柴田を笑わす。
撮影スタジオで猫を発見。斉藤、村田が猫の様子を見ている。
路上での撮影リハーサル。村田が建設現場の前に立っている。スタッフが打ち合わせに熱中し、路上に置き去り状態だ。
律儀にスタンバイを続けている村田。
4日目には、撮影中ハプニングが。それに驚く里田。
なんと、地元のお祭りに遭遇してしまった。威勢の良い声が響きわたり、撮影も一時中止。
「2大セクシー対決」とスタッフにおだてられて、はしゃぐ斉藤と里田。「張り合う気ないもん」と斉藤、里田をからかう。
撮影はまだまだ続く。

●8月24日(水)
全国ツアーに向けリハーサルに励むモーニング娘。のメンバー達。
レッスンスタジオでリハーサルするモーニング娘。の映像。
新人久住小春は、春のツアーで見せたパフォーマンスよりさらに成長した姿を、ファンの前に見せるために一生懸命。
曲の振り付けやステージのフォーメーションなど、様々な変更点とメンバー達は戦っていた。
まして、新人の久住にとっては今まで先輩達が歌ってきた曲の振り付けを覚えなければならないなど、変更どころか一からマスターしなければいけないことが山積み。
先輩達から少し下がり、メモを取る久住。
そんな久住を教育係道重が、影ながらしっかりサポート。
全国ツアーに向け、一見順調そうな久住。
しかし、思わぬ事態が発生。
プレッシャーからか久住の体に異変が。
苦しそうに体を折り曲げる久住。小川が心配そうに久住の体に手を回す。
「具合悪くて、気持ち悪いそうです」と小川、夏先生に報告。
久住、青い顔でレッスンから外れる。
久住椅子に座り、悔しそうに先輩達のレッスンを見続ける。
懸命の努力も長くは続かなかった。久住の体は限界を越えていた。
長椅子に横になり寝込んでしまった久住。つらそうだ。
でも、このままではひとり取り残されてしまう。そう感じた久住は持てる気力を振り絞って、ふたたび先輩達のレッスンを見学。
そこで、先輩達の踊りと自分の踊りとの違いに気付く。
「先生からも言われるんですけど、くにゃくにゃしてるって言われるんですよ」とインタビューに答える久住。
「先輩達は芯が通ってるっていう感じですごくて、どうやったらそうなるのかなって」と続ける。
次の合同リハーサル日、そこには誰よりも早く来て自主練習する久住の姿があった。

●8月25日(木)
先輩に迷惑をかけたくない、その距離を少しでもちじめようと、ビデオを見てチェックする新人久住小春。
全国ツアーに初めて参加する緊張感、自分の名前がツアー名に付けられていると言うプレッシャー。
そんな思いを抱えながら、誰もいないスタジオでひとり自主練習に励んでいた。
モニターを見ながら、振りを練習する久住の映像が続く。
久住が特訓しているのは、今回のツアーで初めて取り組む『ザ☆ピ〜ス』。先輩の振り付けを見よう見まねで覚えていく。
こうして努力を重ねている久住に、教育係の道重は。
「すごい、がんばってるんだと思いますね。他の9人はやったことある曲だから、久住ちゃんは初めてなのでひとりで振りを覚えているのを見て、あ〜久住ちゃんがんばってるんだなって」と答える。
久住の練習に道重が合流。2人でレッスンを始める。
久住がまだマスター出来ていない『ザ☆ピ〜ス』を道重がやさしく指導。
3時間にもおよんだ2人3脚の自主練習。たったひとりで苦戦していた久住にとって、先輩が付きっきりで教えてくれると言う願ってもないチャンス。
そんな努力をつづける久住を道重は、新人時代の自分と重ね、こう感心する。
「移動中でもMDを聞きながら、踊ってたりするんですよ。そういうのを見てすごいえらいなって思いますね」とインタビューに答える道重。
ひたむきに努力する後輩久住のために、出来る限りの愛情をそそぐ道重。
2人の2人3脚はこれからもつづく。

●8月26日(金)
ふたたび、レッスン中のモーニング娘。の姿。
この日も振り付けと立ち位置を入念にチェック。
とは言え新人久住小春はまだまだ覚えることが山積み。
移動のしかたなど先輩達と確認しながら、この日もメモを取っていく。
こうして久住は日々成長しているのだ。
「ビデオを撮ってもらったのを家で見て、先輩達のうまい人のを見て、それをまねしたりしてます」とインタビューに答える久住。
さらに「その曲の歌詞の意味を考えて、それを感じながら踊ってます」と答える。
休憩時間も有効利用。
先輩をつかまえ、課題の克服につとめる久住。
高橋と練習する久住の映像。
ここで先輩高橋が久住の変な特徴を発見。
指摘されたのは久住と道重が何度も練習した『ザ☆ピ〜ス』の踊り。
高橋、久住、道重3人並んで踊る。
高橋が久住の振りをまねて見せる。
その原因は関節のかたい動きにあるのではないかと言う高橋。
高橋が腕の振りをやって見せる。
「どうやってって、自分で見つけるしかないね」と高橋が久住の問いに答える。
「やるのは久住ちゃん。だから理解しようとしないと絶対分からない」とアドバイス。
「とにかくやって見て、ちがければ違うって言ってくれる人いっぱいいるから、とりあえずやってごらん」と高橋の厳しくも愛情のあるアドバイスがつづく。
「考えないで100回やっても、意味がないって言われて、考えながらやりました」とインタビューに答える久住。
大切なのは理解しようとする心。先輩達のあたたかいアドバイスを実践しながら、久住はモーニング娘。のメンバーとして、これからも成長し続けていく。

●8月27日(土)
昨年初優勝を遂げガッタスを大きく成長させた女子フットサル公式戦「お台場カップ」。
今年もその大会が迫ってきた。
あらたな目標に向けて動き出したガッタス。目指すは「すかいらーくグループ冒険王リーグ」の制覇。
この日は2チームに分かれて、セットプレーを重点的に練習。
ゴール前の壁など守備も徹底研究。
思考錯誤を繰り返しながら課題を浮き彫りにしていくメンバー達。
練習のなかでより良いプレーを模索していく。
紺野がメンバーに指示を出す。
それに藤本が自分の考えを伝える。紺野が分かったとそれに答える。
キーパーを中心にゴールの守り方を身に付ける。
今では必ず見られるようになった休憩時間の作戦会議。
石川が皆に考えを伝える映像。
ミーティングの内容はその後の練習で形にしていく。
そして、今回そんなガッタスを悩ませるある問題が。
それは、真夏の灼熱地獄。休憩中氷水を頭に乗せるメンバー達。
連日30度を超える中での公開練習。
「暑いけどがんばっていきましょう」と北澤監督の檄が飛ぶ。
優勝は猛暑と狭いコートの克服にかかっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

娘。に溺れ、絵里に溺れよ!! バリコン2005秋!!!(下)

実際、コンサートで踊ったり、盛り上がりたいと思っていた方達には、ものたりなかったと思う。しかし、わたしにはいちいち納得のいくコンサートだった。ここ1、2年モーニング娘。はコンサートの方向性を見失い、どっちつかずの迷いが見てとれた。3、4年前なら豪華なヒット曲をぞろっと並べておけば良かった。その後は新旧メンバーの力の差などから、観客を喜ばせるだけが目的のグループになるか、アーティストとしての自我を出す道をとるのか、試行錯誤を繰り返していたのは間違いないだろう。そして今、コンサートを見た限り、モーニング娘。はその後者の方向を選び勝負に出たのだった。

メンバー各自も、実力の底上げが出来てきているというのも、この選択をした理由の1つだろう。わたしは絵里ちゃんのファンなものだから、それが良くわかる。まあ、わたしに言わせれば絵里ちゃんは昨日今日、実力が付いてきた訳じゃないんだけれど。絵里ちゃんを生かせば、もっと多彩にモーニングの音楽性を高められるはず。最近のシングル曲に対しても言ってきたことが、コンサートにも当てはまるのだ。春のツアーより、さらに多く、また重要なパートを任された絵里ちゃん。このコンサートでわたしの思っていたことが、はからずも実証されたのだ。コンサートが終わってから感じた、このじんわりと心に残るこの気持ち。今までのモーニング娘。のコンサート後に感じたものとまた別の気持ち良さ。これは、絵里ちゃんをはじめ10人のメンバー全員で、紡ぎ出したバラエティー豊かなパフォーマンスの結果だ。

それに伴い、新しいパート割りというのも毎度のことながら、物議を醸し出してしまうのだが、これはどうしても前任者に分があるのでどうしようもないことだ。ここは、それはそれ、として見ていかなければ物理的に先へ進まない。最初は違和感があっても、聞きなれればそんな声も消えてしまうだろう。その時、それは彼女達の歌になっているのだから。

最後にどうしても小春ちゃんの印象を書かなければいけだろう。はっきり言って、小春ちゃんは輝いていた。先輩達に混じっても遜色ありません。タレント性、アイドル性は抜群だ!! 小春ちゃんは7期ではなく、6.5期って感じでした。パフォーマンスの方は、ツアータイトルに小春ちゃんの名前がついているとは言え、全体の扱いがやはり押さえられているので断定できないが、つんくPの言うように、これからが期待と言ったところだろう。しかし、人材選びはやはりうまい。

今春、名古屋でのコンサート後の日記に、「モーニング娘。はこれから新しいピークを迎えるのではないか」と書きました。それは5月のチャーミー卒業コンサートで、世間はどう思うか知らないが、現実のものになったと思う。それから3か月半経ち、新メンバーを加えたモーニング娘。は、新たな地平を目指して飛び立ったと思わせるに十分な「バリバリ教室〜小春ちゃんいらっしゃい!〜」ツアー初日であったと、わたしは断言しよう!!!

以上駆け足で感じたことを書いてみたが、すべてを書ききれた訳ではない。このバリコンツアーは始まったばかり。わたしもこの後、武道館2日、ツアー最後の群馬の公演を見るつもりだ。その最後のコンサートでは、ステージがどのように練れ完成しているか、想像するだけで毎日が楽しいのだ!!!

(「娘。に溺れ、絵里に溺れよ!! バリコン2005秋!!!」はこれで終わりです)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

娘。に溺れ、絵里に溺れよ!! バリコン2005秋!!!(上)

常に「安心」という言葉から遠いところにいるモーニング娘。。そのファンとしては、新しい布陣になる度に不安感にさいなまれるのだ。特に昨年、秋の横浜アリーナでのコンサートは、いろいろな意味でトラウマとなってわたしの心の中に居座っている。よって、今春の「ヒット満開」のツアーが大成功の内容だったからと言っても、今度のバリコンがいいものになる保証はない。特にわたしの神経を逆撫ですることにかけては、天才的なつんくPのことだ。いつまた奈落の底へ突き落とされるか分かったものではない。そんなことで、今回のツアーも浮かれることなく慎重、かつ冷静になにが起きても取り乱すことなく臨もうと決心した。

今回の「バリバリ教室〜小春ちゃんいらっしゃい!〜」ツアーの最大の特徴はゲストアーティスト(ユニット)が1組もいないと言うことだろう。ここ何年もカントリー娘。などいくつかのアーティストが出演いたが、それがないことによって、よりモーニング娘。としての真価が問われることとなった。

まず、セットリストだが、秋だからか、比較的地味な曲目がならんだ気がするのだがどだろう? ここから、前回の「ヒット満開」ツアーと比べるのは無意味だ。春のツアーはある意味、チャーミーの卒業コンサートツアーだったわけで、曲目もアルバム重視とはいえ、それこそヒット満載。チャーミー在籍中のモーニング娘。のヒット曲が俯瞰出来る内容となっていたのである。事実、派手で、ファン受けするコンサートになっていた。そこから、察するにこのバリコンのセットリストには、ある意味が隠されているといえるのではないか? モーニング単体でのパフォーマンス、そして、このセットリスト。そこからわたしが推察するには、「これはモーニング娘。勝負に出たな!!」ということだった。

ゲストのいない分、自分達が歌うことが増える。それもソロに近い状態で…。よっすぃーが『男友達』を。ミキティーは、各ツアーでソロパフォーマンスはあるが、ここでは珍しい選曲『そっと口づけて ギュッと抱きしめて』を。そして、驚いたのが紺ちゃんソロの『涙が止まらない放課後』だ。これは紺ちゃんファンの方にはうれしいプレゼント。この曲はひとりで歌ったほうが落ち着くのだ。タンポポの『ラストキッス』は愛ちゃん、絵里ちゃん、れいなの3人で登場。ステージに出てきた時は、3人揃いのコスチュームで、それは間違いなく新しいユニットに見えたのはわたしだけだろうか? また、その他の曲でも特定のメンバーを中心に据えてボーカルを回していくなど、メンバー全員にスポットが当たるように演出されている。

一見地味目の曲目も、実は歌唱力が重要な意味を持つものばかりだ。最初のほうで、こういうのはさっさと終わらせて次に行こうじゃないかと言わんばかりに、ノリの良いヒット曲を並べ、中盤からは聞かせるナンバーを中心とする。これは、グループとしての自信の表れではないか? 後半には再度、ヒット曲を並べるも春のツアーに比べれば、裏街道といった曲目だ。それは、ヒット曲に頼らなくても、十分1時間40分のコンサートをこなすことができるほど、今のメンバーが技術的にも、精神的にも、成長した証とも言える。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いつもわたしの心は絵里DAYS!!!

asamieri

uptoboycover

ちょっーーーーーと待った!!! わたしの拙いコンサート評より、今回はこれが先でしょう!!! 昨日から話題騒然!!! 全国の書店が、紺ちゃんと絵里ちゃんファンによる襲撃にあったと言った事実はないが、少なくともわたしひとりは、朝から書店へ怒濤のように飛び込んだのだ!!!

「UP to boy」10月号980円、見ましたか!!! ジャジャ〜ンと飛び込む表紙の写真。紺ちゃん、絵里ちゃんのちょっと珍しい組み合わせの超プレミア写真だ!!! かわいい〜〜〜!!! これだけでも買う価値あり、あり。中を見ると〜〜、っとこれからは紺ちゃんファンの方にお願いして、ここは絵里ちゃんへ行っちゃいましょう。

9月17日、一部情報では15日とも16日とも言われている写真集発売日。まあ、この際そんなことはどうでも良くて12、13日くらいには書店に並ぶでしょう。その名は亀井絵里最新ソロ写真集『DAYS』!!! メーキングDVD付きで2,835円!どうだっ!! この日までに資金を準備しておこうね。なんかワニブックスに直接注文すると、絵里ちゃんのサイン本がもらえるキャンペーンもあるようだ。こちらの方はご自分でワニブックスのホームページでご確認ください。

その「UP to boy」には、写真集から先行して5点(5ページ)載っております。もしかすると写真集に載らない写真もあるかもしれないので、後で泣きを見ないためにも、まずこの雑誌はキープしておきましょう。1枚目はボーイッシュなスタイルで風船ガムを膨らませている絵里ちゃんですよ。なんかおちゃめな感じがよろし!! 2枚目は、おまちかねの水着姿でございます。落ち着いた柄のビキニですね。水着なのにしっとりしたムードの写真ですな。3枚目は髪を上げておでこ出しの絵里ちゃんです。自然な笑顔が素敵!! 4枚目は泳いだ後なのでしょうか?体をタオルでくるんで、遠くを見つめる絵里ちゃんの顔のアップ。目元、唇がかわいいのだ!! 思わず頬ずりをしたくなります!? 5枚目は雨なのか?パラソル片手にブーツ姿で歩く絵里ちゃん。景色のグリーンと調和して、そのしぐさとともにかわいさ満点!!! 絵里ちゃんの素直なキャラクターを見事に切り取った1枚だ!!! 

どうですか? この「UP to boy」10月号も絵里ちゃんの写真集『DAYS』も一家に1冊。いや、何冊でもどうぞ!! 家内安全、金運上昇!! へたな風水(失礼)よりご利益ありよ!! なお、この雑誌には紺ちゃん絵里ちゃんのこれまた超プレミアのクリアファイルが付録で付いております。もちろん、写真集撮影時の裏話も載ってますよ。さあ、まだ書店にあるかな〜〜〜?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

エリック亀造鬼いじりで、大感謝祭!!!

この2月から始まった「エリック亀造の毎度ありぃ!」。開始から半年を迎えました!! これもみなさまのおかげでございます。ありがとうございます。今やエリック亀造の名前を知っている人は知っている、知らない人は知らない、この大人気コーナー。「ハロー!モーニング。」もここだけ見ればOKよっ! ウソ!ウソ!ウソ!全部見てね!! そんなことで今回は夏休み特別編だそうで〜す! 未公開映像もあるそうなので、ご紹介しちゃいますよ!! 未公開以外のところは、過去の日記に詳しく書いてありますのでそちらをご覧いただければと思います。

このコーナーの名物キャラ、エリック亀造の暴走ぶりもさることながら、このコーナーでいつも亀造に泣かされている人がいます。それは、中澤裕子32歳。そこで今回の「毎度ありぃ!」は夏休み特別編。その中澤ねえさんの悲劇の数々をお見せします。と始まりましたよ。
—亀造VS中澤 名場面&未公開映像SP!!—
「中澤の悲劇その1」4月10日放送
「大乱舞」DVDのおまけに、ねえさんの顔がプリントされたTシャツをつけたら、売り上げが落ちてしまったというオチ。いきなり魔よけ扱いにされてしまった悲劇。
「中澤の悲劇その2」6月5日放送
「ギャル文字クイズ」を出した時、亀造の年齢ネタのヒントが怒りの呼び水になり、解答を知ったねえさんが亀造をフリップで叩いて「どーでもええわ」と捨て台詞を吐いた悲劇。
「中澤の悲劇その3」3月20放送
「ベストショット」のセールスで、ねえさんのベストショットを取ると言うエリーゼ。ありのままを撮ると、「アンタ、今なにした?」と聞くも、おばあさんの写真が出てきて傷付く悲劇。
「中澤の悲劇—未公開編1—」7月24日放送
(亀造と秘書さゆみんがインチキ心霊写真を紹介したものの未公開シーン)
「このへんに霊の気配がするんですけど」とさゆみん、別のフリップを持ってきたぞ。それをねえさんの顔の前…。「ちょっと待てお前!」とねえさん、いやな予感が走ります。「コレ本当に生き霊ですよ」さゆみんそんなこと言って大丈夫か? 真ん中をめくると…。ヌア〜〜〜!!! ねえさんのドアップのすごい顔が、が、が……!! コワイよ〜〜〜!!! これには亀造「やりきってどうすんですか!!!」と。そのとおり。「ほんま、生き霊で出るで」とねえさん脅かします。それにはのんちゃん、まこっちゃん「みんな塩まいて! 塩!!」と叫びまくり!! 「塩大好き! 全部食べたるわ!!」とねえさん、ヤケクソ!!!
「中澤の悲劇—未公開編2—」7月17日放送
(あややのコンサートDVDを説明している時、よっすぃーからでたクローズアップバージョンとはなんぞやと言う質問から、実際にそれを撮ってみることになったシーン)
亀造ハンディカメラを持って、ねえさんに寄りますよ。ファインダーを覗いて「この生物はなんですか?」。「怖〜い何コレ」とさゆみん。もう言いたい放題なのだ。「幻のナントカザウルス?」って紺ちゃんまで悪のりだ〜〜〜!! モニターを見ると、なんとその映像はぼやけているのだ。「合わせてよピントくらい!ちゃんと」とねえさん、当然の要求なのだ。「ピントすら合わない!」と亀造困り顔。これってカメラが悪いの?それともねえさんの魔力のせいなの? こうなったら照明が命と言わんばかりに、前に出てきたねえさん。亀造撮りますよ。その瞬間「ガ〜〜〜!!!」カメラにどアップで迫ってくいる!! 「逃げろ〜〜〜!!」と一同セットの隅まで逃げる、逃げる!! 「こんな感じでいいっすか?」とあたりを見渡しクールに聞く、サービス精神旺盛なねえさんだったのだ。
「中澤の悲劇—未公開編3—」8月14日放送
(番組プレゼントクイズを始めたのに合わせて、記憶力クイズを出題。それに答えるシーン)
「記憶力クイズに答えてくれた人に商品をプレゼントします」とかめりんが言いますよ。じゃんと見せたフリップには8つのイラストや写真が載ってますぞ。じ〜〜っと見つめる、ねえさんとさゆ。「では問題です。Gの私はいったい何と言ったでしょうか?」とかめりん。さゆ分かったようです。答てもらいましょう。さあ、どうぞ。「中澤さん また小じわが増えましたね」。ガ〜〜〜ン!! オレ知らね〜〜!! さゆの顔を見たねえさん、ブチ切れました。「もう1回言って下さい」とかめりん、すごい度胸だっ!!! さゆ、素直にしたがいましたよ。「中澤さん また小じわが増えましたね」。「答えを言ってるだけだと思うけど、真剣に私を見ながら言うのやめてくれる!」とねえさん冷静に言っているところが怖いのだ。追い打ちを掛けるようにさゆが言いますぞ。「チャンスだと思いまして」と。「もう、好きにして!!」「何やこの2人の!!!」と怒り爆発!!! それを知ってか知らずか、かめりんとさゆは「二ゃン、二ゃン、二ゃン」とねえさんに抱きつくのだった。「あの〜視聴者のみなさん、わたしっていじめられてるんですよコレ!! かる〜〜いいじめですよ、みなさんホント」って、あれ〜〜〜〜〜、あの鬼とまで言われたねえさんがついに弱音を吐いたのだっ!!! かめりんとさゆは声を合わせて「いじめじゃないもんねー」と頷き合うのだった。ねえさんトホホ、ホ、ホ。ガクッ!!! 中澤裕子32歳 苦難の道のりはつづく……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵里、ギュッと抱きしめてよ〜〜〜!!!

baribari

当日券で気軽に入れちゃうのも、うれしいようなさみしいような複雑な気分だな〜。昨日20日(土)、松戸・森のホール21大ホールで行われた「モーニング娘。コンサートツアー2005秋 バリバリ教室〜小春ちゃん いらっしゃい!〜」。夜の部にすべりこみました〜〜〜!!

いや〜、いてもたってもいられないとはこのこと。春のツアーの出来の良さがあったものですから、どうしても早めに見ておきたいと言う気持ちが、高ぶって武道館まで待てなくなってしまったのです。ここは行けばなんとかなるだろうという、ほとんどヤケクソさが功を奏したのです。先に書きましたが、当日券が楽に買えたからと言って客席がさみしいかというと、さにあらず、開演前には満員となりました。若干、諸処の事情で空いているところもありましたが、これは誤差の範囲であります。

さあ、わたしは今、軽い興奮状態にあります。考えがまとまりません!! ですので、コンサート評など詳しいことは水曜からのこのチャンネルで?いや、この日記でお伝えする予定です。が、ここでひとつだけ言っちゃっておきましょう!! 全国1億4000万の絵里ちゃんファンのみなさん、ご安心ください。いよいよ、絵里ちゃんの時代がやって来ました!!! と言うのは大げさかもしれませんが、あのつんくPもかわいい絵里マグマの噴出を押さえることが出来なくなってしまったのです。そうです、絵里ちゃん予想以上の大活躍なのだ!!! なんと、今までチャーミーの歌っていた各曲のパートをただ1点を除いて、ごっそりいただいてしまったのです。どうですか?みなさん!!! たまげたでしょう(ちょっと表現が古いな)? さあ、さあ、さあ、これがじっとしていられますかってんだ!!! お近くにこのモーニング娘。のツアーが来た時は、必ず行かれることをお薦めいたします。絶対に損はさせません!!!

(なお、これは余談ですが、当日券は通常のチケット代より500円高いです。ちょっとズルイ感じですので、なるべく前売券を買っておきましょう。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今週の「娘DOKYU!」(20)

今週の「娘DOKYU!」第20週をお届けいたします。その前に、昨日の続きを載せておきます。

8月19日(金)
「藤本さん、映画見るのけっこう好きなんだ」と言う中村さんの問いかけに、ミキティーは「好きですね。嫌いな映画っていうのがあんまりなくって、見るとその世界に行けるのですごい好きですね」と答えました。愛ちゃんは「ダンス系の映画が好きですね。「シカゴ」とか「コヨーテ・アグリー」とか好きですね」と言ってます。「愛ちゃんは舞台とか見に行ってますね」とミキティーが言うと、「宝塚が好きで、それ以外でも舞台は見に行ってるんですけど」と愛ちゃんが答えました。「舞台は基本的に好きなので、私だったらこうしたいなって思ったりとか」と続けました。最後にゲストに聞く、マイ・フェイバリット・ソングということで新曲のカップリング『愛と太陽に包まれて』を聞くことになり、2人の出番はここで終わり。その後、番組の最後に中村さんは、「進化して行くモーニング娘。、藤本さん、高橋さん、ほんとうにチャーミングでですね、本当に才能のある方をちゃんと選んでいるんだと、それを実感した時間でした。本当にありがとうございました」と2人と話した感想を述べました。

ここからは通常どおり、今週の「娘DOKYU!」を載せます。それではどうぞ。

●8月16日(火)
もっとチームに貢献したかった、今回キーパーとフィールドの両立を目指してきたガッタスの守護神辻希美。
念願のフィールドデビューの機会が訪れた。
辻へのインタビュー。
「北澤さんが、今日出るよっていうことで一瞬時が止まったというか、大丈夫かなって不安があったんですけど、メンバーがいっぱい練習したから大丈夫だよって言われて」。
「やっぱり、キーパーとフィールドって気持ち的に違うっていうか、いつもは守ってやろうって、でも今日は点を入れてやろうって気持ちで。一本惜しいのがあって、これ行けると思ったんですけど…」
予選で投入されたばかりの辻にビッグチャンスが。
相手のミスに俊足の辻が駆け込み、相手ゴールにシュート。
惜しくもはずれはしたが6,000人の観客を沸かせた。
辻にとっても大きな自信となった試合であった。
「大きな会場でフィールドデビューができて感動しました」とふたたび辻にインタビュー。
「気持ちは動揺していた部分はあったんですけど、すごい楽しかったです。また、いつか立てたらいいなって思います。がんばります!!」

●8月17日(水)
次はいよいよ準決勝。
初出場のミス・マガジンに引き分けたこともあり、北澤監督があらためてチームを引き締める。
次の相手は前回3位の強豪CHOOP。手強い相手だけにアドバイスは試合直前まで続いた。
監督、コーチからメンバーに細かい指示が出される。
里田、紺野が指示を受ける映像。
メンバー、コーチ輪になって声を上げ気合い入れだ。
会場に鳴り響くガッタスコールをバックについにキックオフ。
開始早々ボールを持った是永が絶妙のスルーパス。
ボールを受けた藤本が豪快なシュートを放てば、守護神紺野が体を張って好セーブ。
しかし、CHOOP先制ゴール。
後半王者ガッタスが意地を見せる。あさみが執念の同点ゴール。
試合はこのまま1対1で終了。PK戦に突入。
4人目の里田がゴールを決めて、2ポイントリード。
このPKを紺野が止めればガッタス決勝へ進出。
紺野のナイスセーブでPK戦勝利。ガッタス連覇に王手をかけた。
その瞬間、メンバー集まり喜びに沸く。

●8月18日(木)
決勝戦を迎え、メンバーの表情には自信がみなぎっていた。
気合いを入れて、いざピッチへ。
決勝の相手は3大会連続同じの顔合わせの宿敵カレッツァ。
因縁の戦いにキックオフ。
練習の成果を発揮するガッタス。華麗なパスワークでカレッツァゴールを脅かす。
しかし、紺野のパスミスからカレッツァも負けじと応戦。
紺野のミスもメンバー一丸となって、ゴールを守り抜く。
逆に味方のミスも紺野が好セーブを連発。
前半はお互い1歩も譲らず、0対0で終了。
後半に向けてもうひとりの守護神辻を投入することに。
辻をはじめメンバー総入れ替えで臨んだガッタス。
後半1分ついに試合が動く。
里田、斉藤のパスワークから吉澤へ。吉澤の華麗なミドルシュートがカレッツァのゴールに突き刺さる。
ガッタス先制。
その後カレッツァの猛攻は続いたが、チーム一丸で守り切り、1対0で試合は終了。
ガッタスH.P.大会2連覇を達成。正にチーム一丸となってつかみ取った勝利だった。
優勝トロフィーを掲げ、挨拶する吉澤。
「どんどん優勝して、がんばりますので応援よろしくお願いします」。キャプテン吉澤はさらなる進歩を誓った。

●8月19日(金)
「戦えサイボーグしばた3」撮影2日目。ついに主役の柴田あゆみの登場。
道重と柴田、自動車の後部座席に並んで座っている。
この2人、ライバル同士の設定なのになにやら仲良しムードのシーン。
「ねえ、どうする。どうする」と柴田が道重に甘える。
「はい、カット」とおおなりてつや監督の声。
別のシーン撮影。
「あなたは心の友、もう離さないわ」と柴田。
監督の指示を受ける道重。
「里田ベーカリーの里田まいです。よろしくお願いします」とスタッフに挨拶する里田。
「紺野です。よろしくお願いします」と頭を下げ挨拶する紺野。
撮影の合間に、斉藤と大谷、人形を持って遊んでいる。
村田、里田、人形を使って打ち合わせ。
紺野は気にせずマイペースで撮影に臨む。
お菓子をカメラに向けてご満悦の紺野。
撮影は天候に恵まれないこともあってか、この後撮影は深夜までおよんだ。
しかし、まだまだサイボーグしばた、謎の撮影は続く。

●8月20日(土)
今月20日から始まるモーニング娘。全国ツアーに向けて、メンバーはリハーサル初日を迎えていた。
フォーメーションの位置を示す数字で位置を確認しながら練習中。
そんな中ひときわ苦労しているのが、新人久住小春。
先輩達にサポートしてもらいながらレッスンは続く。
新垣が久住に移動の位置などを教えている。
先輩達の足手まといにならないよう懸命にメモを取る久住。
先輩達もメモを見ながら不安な面持ちで練習をしていた。
ここで問題が、ステージの変更で、踊ってみるとなかなか思うようにパフォーマンスが出来ない。
全国ツアーに合わせた、なれない形のステージで悪戦苦闘のレッスンが続く。
吉澤が、ダンス中メンバーがうまく移動が出来ないと先生に進言。
全国ツアーで華麗なパフォーマンスを披露するため、何度も何度も繰り返しレッスンする合同練習。
しかし、何度やってもメンバー同士がぶつかってしまう。
そんな問題を抱えながらも、リーダー吉澤を中心に、メンバー全員で課題を克服するモーニング娘。。
ようやくそろったパフォーマンス。全国ツアーに向け、メンバーの苦悩は続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛ちゃんミキティー ON THE AIR!!!

民放ラジオはここ1、2週間は聴取率週間らしい。と言うことで困った時のモーニング娘。頼みというわけではないのでしょうが、メンバーよく引っ張り出されます。今週のTBSラジオ「中村雅俊マイホームページ」には愛ちゃんとミキティーが出演。そこで、少し番組の内容を紹介してみます。月曜から木曜までの4回分。どうも話の進展から本日金曜までありそうなので、その分は明日の「娘DOKYU!」の冒頭に追加で載せます。

8月15日(月)
初めに中村さんがモーニング娘。と言う名前を「もう15、6年聞いているような気がするよね」と印象の深さに感心していました。「オリジナルメンバーがだれもいないんですよ」とミキティーが説明します。「また、新しいものを創っていかなきゃいけないなって」と続けました。新曲の話題に移って、「モーニング娘。の曲って、あの手この手のいろんなジャンルで来ますね」と中村さんはここでも感心。昔風(60年代のこと)の歌ってどう思いますと言う問いに、ミキティーは「なんか詞とか入って来易いなって思います。単純に素直に聞ける感じがしますね」と答えてました。メンバーの卒業の話では「さびしいですけど、その直前になるまで全然…」と愛ちゃんがその時の気持ちを述べました。また、中村さんから見た卒業生、ねえさんの印象。もちろん、姉御のイメージを持っていました。突っ込まれ役の圭ちゃんの話から、現在のボケ役は、まこっちゃんであるというミキティーの話まで聞かれました。

8月16日(火)
新曲『色っぽい じれったい』の話題から、新メンバー久住小春ちゃんが13歳であるということに、皆でびっくり。「曲の頭のセリフを久住小春ちゃんと6期メンバーの亀井絵里ちゃんが、吐息系で「早く…、会いたい…」って言ってます」とミキティー。中村さんは「13歳くらいでそんなこと言っちゃうんですか」とトホホな感じでした。この後、『色っぽい じれったい』をフルでオン・エアー。この日はここまで。

8月17日(水)
ミキティーに、今までで印象深かったことを聞きます。「ひとりの時も握手会をやったりとか、モーニング娘。になってからもハワイで握手会をしました。短い間なんですけど、来てくれてありがたいなって思いますね」と握手会には感動したようだ。この話の繋がりで、8月27日に行われる東名阪握手会には「なんですか!これ!!」「また、やる方もやる方ですけど、これを考える方も考える方ですよね。こんな無茶なことさせて、本当にもう!!」と中村さんに驚かれてしまった。「高橋さんダンスの方はどうなんですか?得意な方じゃないんですか」と愛ちゃんに聞きます。「好きなんですけど、覚えるのが凄い遅いんですよ」と愛ちゃん答えます。「入った当時、いままでの曲を覚えなきゃいけないんですね。それが頭に入んなくて、家で猛特訓しましたね」と苦労したと言ってました。「苦労して覚えた方が、身に付くんですよ」と中村さんからのアドバイスをもらいました。この後はミキティーにフットサルの話をしてもらい、ケガをしないようにがんばってくださいと激励されました。

8月18日(木)
「やりたいことっていっぱいあるでしょう?」という問いかけに、「ドラマとかやってみたいな〜って」とミキティーが答えます。以前に梨華ちゃんと映画をやったり、あややのドラマに出たことがあって「朝が早いのが、大変だなって思うんですけど、すごい面白かったんで」と意欲満々。その他には海外へ行ってホームステイとかしてみたいそうだ。愛ちゃんも同じ様に海外に行きたいようだ。「向こうの文化とか勉強したいですね」と言ってます。「英語の本を持ち歩いてたんですよ、一時期。よくしゃべってたんですけど、発音が違うらしくて注意されました」。「英会話はなにが大事って、度胸ですね」と中村さんが言います。「おれ、大学の時英会話のクラブだったんですよ」と実体験から、とにかく話すことが大事と2人に言ってました。「お仕事で英会話と使ってみたいなって思いますね」とミキティー。「英語をしゃべる機会を作ってもらえたらね」と中村さんが言います。そんなことで、英会話の話でひとしきり盛り上がっていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

男は愛嬌! 女も愛嬌!! 絵里ちゃんを見習え!!!

選挙だの、新党だの、刺客だの、くのいち作戦だの、著名人候補だのと世間は騒がしいのに、わたしの頭はエアーポケットに入ってしまったかのように、働かなくなってしまった!! なになに、いつもそうじゃないかって? あ〜、まあ、そのとおりなんですけど……。

こんな時は絵里ちゃんの顔を見るのが一番の特効薬!! てなわけで、今週号の「ザテレビジョン」、「モーニングチャンネル」を見ます。今週は紺ちゃんと小春ちゃんの担当。なので絵里ちゃんの写真は、紺ちゃんの撮った2点と下の欄の「今週のハロモニ。」の1点、計3点です。紺ちゃんの撮ったのは、こちらでは先週放送された「エリック亀造の毎度ありぃ!」の収録風景でございます。1枚はスタッフさん越しに収録現場を撮ったもの。あ〜、なんかこういう現場を見ちゃうと、結構現場というのはさみしい感じなのね。絵里ちゃんは、ディレクターさんとおぼしき人から指示を受けている様子。テレビカメラのケーブルを持っているスタッフさんの背中が、妙に哀愁を感じさせます。しかし、現場はそんな感じでも仕上がりは見てのとおり、絵里ちゃんの才能で最高におもしろいコーナーになっちゃうのだ!!!

その下にレイアウトされている写真は、その収録の合間を紺ちゃんが撮ったものでしょう。左から、さゆ、小春ちゃん、ミキティー、チャーミー、エリック。と5人でVサインのポーズ。この写真なんて見ると、普通に女の子達が写真を撮っているみたいで、とてもリラックスしているのが分かりますね。日曜日の昼下がり、このお部屋で、しかもこのメンバーと一緒に過ごせたら最高だろうなぁ〜〜〜!!! あ〜〜〜、たまらねぇ〜〜〜!!! それにしてもこのコーナーの写真、最近みなピンがあまいね。もっと解像度の高いデジカメを使おうね!!

最後の写真は、一番下の「ハロモニ。」番組紹介のもの。風水特集第3弾で、寝室モデルルームの模様替えに挑戦!でカレンダーを、どこに貼るか思案中の絵里ちゃんを撮った1枚。んん〜、なにやら大人っぽくなった雰囲気。下が黒の衣装のせいか落ちついて見えます。ふだんはおかあさんにもっと大人になりなさいなんて、絵里ちゃん言われているようだけど、黙っていれば十分落ち着いて見えますよ。ただ、しゃべったり、行動したりするとそれがこわれちゃうんだよね。まっ、それもご愛嬌ってことで許してね。

さあ、小さい写真でもこれだけわたしを楽しませてくれる絵里ちゃん。世間を騒がしているみなさんも、絵里ちゃんのように愛嬌を持って行動してね。さもないと、本当に血の雨が降るかもよ!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

思い込んだら試練の道を!?モーニング娘。よ星となれ!!!

(はじめに宮城県沖の地震で被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます)

8月16日のスポーツ紙の記事によると、巨人の渡辺恒雄球団会長は都内のホテルで会食後、報道陣に14日に無惨なKOをくらった桑田投手の去就について聞かれると「若返りだよ。オーナーも言ってるじゃないか」「若返り」と念を押すように言うと、「老人を一生懸命使うバカがいるか! 若手をドンチャン使えばいいんだ」と言ったそうである。清原選手の来季契約についても「そんなことはオレの知ったことじゃない」と冷たい反応だったようだ。

渡辺会長のこの手の言い様は今に始まったことではないし、一種コミカルな印象さえ感じられ、こういった人物が少なくなってしまった現在では貴重?な存在ではあるとは思う。しかし、自分のことを棚に上げて桑田投手、たぶん清原選手も含め、老人と言い切ってしまうところが、なんかなぁ〜?って思っちゃうわけです(選手生命という意味では当っていますが)。折しも、高校野球たけなわ、KKコンビと言われて甲子園球場で活躍していた2人を見ていたものには、さびしいかぎりです。

ひるがえって、わがモーニング娘。を見てみますと。雑誌「Kindai」9月号に2ndアルバム発売のプロモーションで、つんく♂のインタビュー記事が載っております。その中で小春ちゃんの印象を語っているので書き出してみましょう。

「天然やし、素直ないい子やと思いますよ。頑張ってやっていますしね。とにかく、自転車で高速道路に入るようなもんだから、今は本人的にも大変な時期だと思うんですけど、挫けずに一生懸命頑張ってると思います。学校の部活だったら、やってみて辛いと思ったら「やっぱり辞めます」で済むかもしれないけど、モーニング娘。に入った以上は、そうはいかないですからね。必死で頑張ってついていかなあかんし、大変やと思いますよ。でも、他のメンバーからも可愛がってもらってるし、早くもミラクルぶりを発揮してるんで、今後に期待です」

なるほど、採用したからには辞められないぞ、また、辞めさせないぞという強い意志を感じさせる発言だ。盟友まこと氏によると、つんくPは非常に面倒見のいい親分肌の人物のようだ。そこで、モーニング娘。のメンバー(ハロプロ全体にも言える)にもそれぞれ、活躍の場を与えファンもまたそれぞれの役割を演じるメンバーに、感情移入をして行くわけでございますね。そうやってみんなで稼いでもらおうじゃないかと。なかなかの商売人だ。

考えてみますと他のメンバーもそうですが、12、13歳位で二度と普通の生活に戻れない決断をするのですから、たいへんなものです。皆どれくらい長く芸能活動が出来るかわかりませんが、渡辺球団会長のような言い方をして辞めさせるようなことは絶対止めてよねっ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エリックかめりん夏期バイトで、大親孝行!!!

ナニ〜〜〜〜〜!!! 亀造に娘がいたってッ!!! ホントかよ!? だいたい亀造の年はいくつなんだよ? 子供たって、ひとりじゃ生めないぞ!? あれ〜〜、こりゃ大スキャンダルだぁ!!!

「エリック亀造の毎度ありぃ!」。お部屋も風水バージョンに模様替え、視聴率は上がるか? さあ、元気にまいりましょう!!! いつものように3人のお客様。と思ったら、今日は2人だけ!! 2人じゃあ三段落ちの紹介が出来ないのでごく普通にご紹介。鎌倉デートから帰ってきたばかりのねえさん。そして、すっかりこのコーナーのレギュラーになった感のあるさゆで〜す。

「セットが風水のせいか変わったわよね」とねえさん、あたりを見回して感心しています。「コパさんが来てくださって」と頭にうさぎの耳を着けたさゆが説明します。が、ねえさん聞こえないふり。「あっ! なんか聞こえる」とさゆを見て見ぬふり。「今日、わたししかいないはず?」。さゆがもう一度言うとやっと気が付いた。「うあ〜〜〜〜〜〜」とねえさん、ものすごい顔で絶叫!!! 「にゃん、にゃん、にゃん」と迫るさゆに、「かわいけりゃいいってもんじゃないでぇ〜」と一喝。まっ、さゆにそんなこと言っても効きません。ねえさん、自分で落ち込んだ〜〜〜!!

と、そこへ目一杯のドアップで登場したのは、映画「スウィングガールズ」でお馴染みのセーラー服姿の謎の少女だ!!! 気持ち良さそうに、音楽に合わせて踊っているぞ!!! 途中トランペットを吹く小ワザも披露。芸が細かいのだ!! 「ハイハーイ」「ハロプロ物産付属の高校1年 エリック亀造の娘 エリックかめりんで〜〜す!! ヨロチク〜」。この娘が噂の亀造の娘だったのだ!! 当然、かわいい〜〜〜!!! これを見たねえさん、かめりんを完全無視!! さゆとお話を続けますよ。そこは、かめりんも負けていません。2人のいるところへ来て「よろしくお願いします」。「ちょっと、不法侵入で訴えるよ」とねえさん、おかんむり。「もう、それはお父さんだけにしてください」とかめりん、テーブルをたたいて抗議。これにはねえさん驚いた。「お父さん!?」。「エリック亀造の娘なんです」。「え〜〜〜〜〜〜!!!」とひっくり返るほどの驚きだ!! 「エリックかめりんです ヨロチク〜」と顔に両手を逆さに組んで決めポーズ。ハートのCG付きだ〜〜〜!!! かめりん続けます、「いい商品があるんで買って、買って、買って〜〜」と駄々をこね、「買ってくれなきゃエリック帰る〜〜〜」と立ち上がってしまったのだ。ねえさん、これも無視。「止めてください」とシュンとしたかめりんお願い、かわいい〜〜〜!!!

最初の商品は、「番組オリジナルミュージックギフトカード&DVDプレーヤー」だ。これは番組企画クイズの商品なので、番組を隅々までチェックしないと答えられないのだそうだ。「わたしももらえるの?」とねえさん聞きます。「本気でやな」と念を押しますよ。「本気でです」とかめりん。「あなたの言葉ですべてが決まるけど、本気やな」。「本気やです」とかめりん、怖いねえさんに迫られて言葉まであやしくなってしまったのだ。

「次の商品にいきます。その前にみなさんキャモ〜〜ン!!」。かめりんの合図で飛び出したのは、「美勇伝で〜〜す!!」と登場した、三好ちゃん、梨華ちゃん、岡田ちゃんで〜〜す。3人テーブルの前に座ると、「今日は宣伝に来ました」とチャーミーがご挨拶。「ま、宣伝のコーナーですからね」とクールなねえさん。その商品とは、「美勇伝ファーストコンサートツアー2005春」のDVDだぞ。メンバーのソロもあるそうだ。「ソロってひとりで歌うことやで」とねえさん。これには、チャーミー恥ずかしそうに「松浦亜弥ちゃんの『100回のKISS』を歌っちゃってます」と言うのだ。「うえ〜〜〜〜」とねえさん、エクソシストの悪魔ような顔になっちゃいました。「DVDなんでカンタンに曲順トバせます」って岡田ちゃん、フォローになってないっちゅ〜の。見どころは「石川のソロの曲です」「岡田のソロ曲です」「三好のソロもお願いしま…」とそれぞれ言ったからさあ大変。ねえさんDVDを投げ付けて「解散や!!!」と絶叫!!

「ここでコンサートで美しい自己紹介対決をしちゃいます」とかめりんの提案。「三好ちゃんからお願いします」。ここで前に出ようとした三好ちゃんにハプニングが。なんと足をなにかにつっかけて転倒。一同大笑い。中央に座って三好ちゃん行きます。「はい、美勇伝の三好絵梨香二十歳です。まだまだいけます。美勇伝では美しく突っ込みます」。岡田ちゃん行きます。「美しいボケ担当。17歳の岡田唯です」。最後はチャーミーです。「美勇伝のリーダー石川梨華。美勇伝では美しいセクシー担当です。みなさんコンサートに来て、美しい汗をかきましょうね」。ねえさん、チャーミーのキャラの変化に「なんか違うと思う」と不満だ。みんな空気読んでないし、普通にあいさつして終わってしまったと、おもしろくなさそうだ。これはマズイとかめりん、立ち上がったのだ。さゆとのじゃんけんで勝ったかめりん。「エリックから行きます」と自己紹介。「学校じゃないから〜ココ!!」とねえさん、反っくり返って怒鳴るのだ。目が座ってます、コワ〜〜!! 「カメのように奥ゆかしく、絵のような里で生まれた、エリックかめりんです」はい、決めポーズ!! かわいいじゃない、かわいいじゃない!! だが、あたりはシ〜〜〜ンと静まり返るのみであった。これにはかめりん、ガクッ!! 「もう、戻ったほうがいいと思う」とまでチャーミーに言われてしまったぞ。

「ダンスを美勇伝のみんなと踊りたいなって思うんですけど」とかめりん、気を取り直して笑顔で言いますよ。「やったー!!!」と後ろからすごい声。「三好ちゃんのこの食い付きはなんなの」とねえさんもアングリ。前にかめりんと美勇伝の3人がならんで、「ミュージック いらっしゃ〜い」とかめりん、コール。さあ、かめりんのリードで、あやしい動きのダンスが始まったぞ!! 手をひらひらさせて踊る姿にねえさんも苦笑だ。かめりんひとり決まっているが、美勇伝の3人はついていくのがやっとだ。かめりんのダンスのセンスの良さだけが目立つな。そして最後はみんなばらばらだ〜〜〜!? 「あ〜〜、気持ち良かったですね」とさすがは亀造の娘。自己陶酔のDNAは確実に引き継がれていたのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

上がったり、下がったり、上がったり!!!

まったく気分が乱高下した1日でした!! 昨日は、ドカドカと配達されるアップフロントからの郵便物に一喜一憂。心拍数も乱れに乱れるというものだぞ!! わたしを殺す気かぁ〜、アップフロント!! そんなドタバタな出来事を書いてみましょう。

↑「上がったり」
午後2時頃届いた小包。開けてみると、どうやらこの間の地震による、チケット返送のお返しの粗品のようだ。やけに早いなと思いつつ見てみると、その粗品はDVD MAGAZINE Vol.3だ!! やった〜、通信販売で買おうと思っていたとこなのでラッキー!! 買わないですんだぞ!! やるじゃないアップフロントさん。粗品なんて言っていたから、たいしたものくれないだろうと思っていたのに…。見直したよ。どうしたの、ホントに!? 「これからもHello! Projectの応援よろしくお願い致します。」とありますが、はいはい応援いたしますよ。(ものもらうと調子いいね!?)

↓「下がったり」
それから3時間後、ポストを見るとこれまたアップフロント、ファンクラブからはがきが…。9月度ファンクラブ限定イベントの抽選結果のお知らせだ。答えは「重複応募のため」無効!!! ガ〜ン!!! ガ〜ン!!! おかしいそんなはずはない!! それも2枚とも帰ってきた……!! そうです、みなさん!! わたしの国語読解能力のなさをお笑いください!! 申し込み制限には「いずれか1公演、1枚のみ」とあります。おっちょこちょいのわたしは、10公演ある中での1つの公演に1枚のはがきのみの応募だと思ったのです。ところが、良く読むと10公演のうちのいずれかの1公演のみしか応募できないと言うことらしい。というわけで、絵里ちゃんが2公演(2日)出るので、1公演づつ2通の応募はがきを出したわたしは、見事はずされてしまったということです。トホホホ…。まあ、抽選にはずれたと思おうと思いますが、もしかしたら当っていたかも?と思うとそれもまたくやしいし…。え〜いっ、まぎらわしいぞ!! アップフロント!!

↑「上がったり」
気分がすっかり落ち込んだ中、そのはがきの下にあるピンクのはがきを見ると…。ジャ〜〜〜〜〜ン!!! それはなんと「東名阪握手サーキット」の当選はがきなのだ〜〜〜!!! ここで一気に気分は最高潮に!!! 要するに、わたしの頭は単純なのだ!! 絵里ちゃんに会えるぞっ!!! ある意味、ファンクラブイベントより重要かもね。どうしよう、今から当日のことを考えるとお腹が痛くなっちゃう!! また、朝早いんだよね〜。わたしのように普段から怠惰な生活を送っていると、朝の早いのが一番困るんだよ。がんばって早く起きよう。でも、すごいクジ運いいな、こんなことめったにないんだけどなぁ。素直にうれしいね!!

てなわけで1日が過ぎて行く。あ〜心臓に悪い、これぞまさにハロプロライフ!!! いったい、いつになったら平穏な日々が迎えられるんじゃっ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今週の「娘DOKYU!」(19)

今週の「娘DOKYU!」第19週をお届けいたします。お盆で帰省されている方も多いと思いますが、わたしは帰るところもない者なので、絵里ちゃんといっしょに(ウソです)東京でゴロゴロしています。そんな中、あの芸能レポーター梨元さんのブログでモーニング娘。と共演したとのことが書いてありました。メンバーはまさに「キャピキャピ」としていたようで、仲の良さが伝わってくるようでしたね。これは来週からの「小春ちゃんいらっしゃ〜い」ツアーが楽しみになってきました。武道館公演の前に1公演くらいどこか入りこみたいな〜!! それではどうぞ。

●8月9日(火)
モーニング娘。新人久住小春。ファンの前でパフォーマンスを披露する時がいよいよやって来た。
「やだ〜!!」と久住緊張気味。
「今までいっぱい練習してきたじゃん!!」と久住を落ち着かせる道重。
迫る本番に胸が張り裂けそうだ。
大勢のファンで埋まる会場で歌う久住と道重。
本番前は不安な表情を見せていた久住。いざファンの前に出れば緊張を感じさせないこの笑顔。
「自分が思ったより人がいて、すごい光が当ってクラッてきました」とインタビューに答える久住。
歌い出しは久住のソロ。『色っぽい じれったい』を歌うモーニング娘。のステージが映る。
緊張のためかソロパートで声が震えてしまった。がその後は持ち前の明るさでファンの前に元気な姿を披露。
次は『大阪 恋の歌』。教育係道重と2人3脚で特訓を重ねた曲だ。
バックで踊る久住の映像が続く。
「まだまだ先輩に追い付かないのがあって。今この舞台に立っているのが自分でもびっくりしてて」と感想を言う久住。
『ハッピーサマーウエディング』を歌うモーニング娘。久住を中心に映像が流れる。
課題は多いものの、先輩達と同じステージで歌えた喜び、自分の笑顔をファンの前に披露出来た喜び、そんな2重の喜びを初日の舞台で噛み締めていた。

●8月10日(水)
『色っぽい じれったい』を歌うモーニング娘。のステージ。
持ち前の度胸の良さを見せる久住。
『ハッピーサマーウエディング』を歌うモーニング娘。
もちろん、それは常に久住をサポートしてきた教育係道重の存在があってこそ。
コンサートも終盤。久住の初ツアーもいよいよフィナーレ。
満員の会場全体をカメラがなめる。
最後は『ALL FOR ONE & ONE FOR ALL』を大熱唱。
ハロプロメンバーが総出演する中、久住も元気いっぱい。その存在感をアピール。
踊る久住、ひとり抜きの映像が続く。
こうして道重と久住が2人3脚で目指してきたツアー初日は無事終了。
久住と道重にバックステージでインタビュー。
「すごい緊張しました。でも、楽しかったです」と久住。
「100点満点はいかない、でも、楽しくできたから、その分得点があげられて、あげられると思います」とニッコリ。
「なん点?」と道重。
「言えません」とまた笑顔だ。
「すごい笑顔で、歌っていてすごいなって」と道重も感心。

●8月11日(木)
芸能界ナンバーワン、フットサルチームを決める公式大会。
舞台裏にはなぜか落ち着かない辻希美の姿が。
いつも前向きな、チームのムードメーカーからその時笑顔が消えていた。
もうひとりの守護神紺野は次の試合に出場が決定。
第3試合の相手は初出場のチーム。それでも油断はするまいと一致団結。
肩を組み気合い入れをするガッタスメンバー。
第3試合のスタメンは吉澤、藤本、柴田、斉藤、紺野。
試合開始直後、相手選手と激しく衝突した吉澤。しかし、プレーには問題ない様子だ。
エース藤本も果敢に攻撃。しかし、なかなか得点には結びつかない。
そんな時、ガッタスの秘密兵器がベールを脱いだ、キーパー辻希美。
「なんかしら役に立ちたかった」とインタビューに答える辻。
「やっぱり優勝したっていうのは、うれしかったけど、自分の中で納得いかない部分があって」と前回の試合に出られなかったのをくやむ辻。
「蹴る練習をしてなかったので、PKの蹴る立場にもいけないし、そういうのがあって、蹴る練習もしておけば良かったなと思って、蹴る練習を始めたんです」。

●8月12日(金)
ガッタスの守護神辻希美がフィールドへ。
それは前回大会でチームの役に立てなかったほかに、もうひとつ訳が。
「ひとのやってないことをやりたいっていうのがあって」とインタビューに答える辻。
「キーパーとフィールドが出来る人はいないじゃないですか。そういうのを目指したいなっていうのもあるし、まあ、両立できたらかっこいいなって」。
大会前、キーパーの練習とともにフィールドプレーヤーの練習にも積極的に参加した辻。
練習シーンが映る。
「フィールドプレーヤーになる、ならないにかかわらず、キーパーも足が使えた方がいいなと思うので、是非練習はしてもらいたいな」と藤本は語る。
それはプレーの選択肢が増えるので藤本は歓迎だ。
目標を実現するために辻はひたすら練習をする。
「出たいですけど、ぜんぜんみんなに追い付けなくて、2年間の間がみんなとあったんで」と辻は告白。
フィールドプレーヤーとして練習試合に臨んだものの、思うようにボールが蹴れない。
さらに辻らしいこんなプレーもお披露目。なんとシュートするゴールを間違えてしまった。
しかし、身体能力の高い辻。じょじょにその潜在能力を見せ始めた。
いよいよそのチャンスが訪れた予選第3試合。
今大会こそ結果を出そうと、ガッタスの秘密兵器がついに動き出した。

●8月13日(土)
サイボーグしばたシリーズ3作目となる「闘え!! サイボーグしばた3」の撮影初日。
出演者の中でいち早くクランクインしたのは、シリーズ初出演となる道重さゆみ。
しかし、その表情の中には緊張の色が。
初顔合わせとなる共演者ハムスター。
共演者との呼吸が合わずNGを重ねてしまう。
サイボーグしばた新シリーズがいよいよクランクイン。その撮影現場に密着。
雨の中撮影は続く。
雨にも負けづ順調に撮り終えていく道重。
日が暮れるころようやくサイボーグしばたのレギュラー陣もクランクイン。
左から、村田、大谷、斉藤、大山田博士(ホリケン。)。スタッフに挨拶。
「1年ぶりのサイボーグしばた。よしっ、がんばるぞ」と斉藤のアップ。
撮影初日に主役が登場しないという、またもや波乱の幕開けとなった。
いよいよ来週サイボーグしばたの登場。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シャワーをだしっぱなしにしない亀井絵里!!!

記者「小池大臣、あなたは郵政民営化反対派への刺客ということで、賛成派の上○彩と言われていますけど?」。小池環境大臣「あの〜、上○彩というかた知らないんですけど…」。こんな昨日の会見だったと思いますけど…。テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」のキャスターを皮切りに?幾多の政党を節操なく(失礼)渡り歩いてやっと掴んだ環境大臣の椅子。しかし、ここは日頃、世話になっているアップフロントエージェンシー、モーニング娘。等に義理を立てて、他のオスカープロモーションのタレントさんを知ってか知らずか、こう答えたのでした。さすが、政治家さんだ。義理人情を大事にしなくちゃ〜ね!?

話は変わって、あ〜っと!! 左ページの男達の裸はいらないよ!! 今週号の「週間TVガイド」の「100%ハロプロ #85 みんなでエコしよっ!!」にわれらが亀井絵里ちゃんの登場!!! 本当は昨日これを載せようと思ったんだけど、写真集の話題を聞いちゃったもんで今日になりました。もう、ご覧になった方も多いと思いますが、どうですか? 相変わらずの絵里ちゃんの可愛さは? このコーナーは「エコロジー文化祭カウントダウン連載」でメンバーが、環境を守るために日頃やっていることなどを紹介するページ。絵里ちゃんの「今週のエコ言」は「シャワーの出し過ぎに注意!」ということであります。大きな写真の方でも、色紙に直筆で「体を洗ってる時は、シャワーを出しっぱなしにしない!! 亀井絵里」と書いてありますぞ。

それでは、絵里ちゃんを環境破壊から守る方法を、このコーナーのテキストからご紹介しましょう。
1、節電
絵里ちゃんは怖がりなので、夜寝る時は電気をつけっぱなしにしていたそうだ。しかし、エコの活動を始めてから電気を消して寝るようになったら、怖がりも治ってきたんだって。そうです、怖いものをなくすには、節電をするのです。そうすれば、あなたも怖いものなどなくなるのだ!!!
2、節水
絵里ちゃんが最近特に気をつけているのが、節水だ。少しでも水の無駄遣いをしないよう、スイッチシャワーなるものを購入したのだ。これだと簡単に水を止められるので、便利なのだと絵里ちゃんもおすすめ。そうです、この気配りこそ絵里ちゃんのような可愛い女の子になる近道なのです。今日からあなたも可愛くなるために節水をしましょう!?

というわけで、絵里ちゃんも最初はエコって難しいし、面倒臭そうだなって思っていたけど、実際に始めてみると「私、地球に優しいことしているのかも?」って楽しくなって、この地球がもっと好きになってきたそうだよ。さあ、みんなも、エコのことを考えて行動して、絵里ちゃんに長生きしてもらおう!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心の準備はいいか!?「亀井絵里写真集」第2弾!!!

思えば今から8か月前の冬の日、わたしを感涙の坩堝に叩き込んだ「亀井絵里写真集(ファーストソロ写真集)」!! そのあまりのすばらしさに涙が止まらず、乾燥肌になってしまったのだった!? デビュー以来なにかと冷や飯を食わされ続けた絵里ちゃんが、ここぞとばかりに自身のすばらしさをアピール!! それは「絵里姫七変化」?ん〜ん、チョット表現が古いな。絵里ちゃんのバラエティーあふれる表情が、どのページをめくっても出てくるという、ファンにとってはたまらない1冊だった!!! いくら、写真家が良くっても、アートディレクターがうまくても、肝心の被写体が魅力的でなければいいものは出来ない。この写真集の成功は、ひとえに亀井絵里という娘。のすばらしさにあるのだ!! ってなことで、みなさんも買って、満足していただいたと思います。もちろんわたしも、エリザベス亀井(キャメイ)に「買ってくださ〜い」って言われるまでもなく、この写真集を購入したのであります。

それから、1年もたたないというのに、出るんです!出るんです!!出るんです〜〜〜っ!!! 絵里ちゃ〜〜〜ん!!!の新しい写真集がががががっ!!! 「亀井絵里写真集(仮)」2,835円、「明るく楽しい16歳の日々をつづった写真集。グアムを舞台に、亀井絵里の今を写し出します。メイキングDVD付き」なのだ〜〜〜!!! どうだっ!!!(今夜は異常に燃えているな) そうです、写し出しちゃってください!!ワニブックスさん!! 今度は、グアムですよ!グアム!! 前の写真集より、制作費出しちゃってるじゃないですか!! しかもですよ、メイキングDVD付きですよ!! 絵里ちゃんしか映らないDVDですよ!! どうしますかって、買うしかないでしょうよ!!! DVDプレーヤーのない方は今のうちに購入しておきましょう。写真集発売後だと、DVDプレーヤーが売り切れてることがありますので!?

あ〜、発売日ね。9月16日(金)を予定しているそうですよ。ということは、撮影は今頃か、もう終わっているのかもしれないですね。紺ちゃんの写真集の次なので、そうとう期待されているのでしょうな。前回はお誕生日に合わせての発売だったけど、今回は2番手で登場。発売記念として絵里ちゃんの「名前入りサイン本」が提供されるそうだ。抽選で30人にサイン本が当たるとのこと。「抽選は1冊単位なので、たくさん買えば当たるチャンスがアップするかも!?」なんて言ってます。なんか、どこかでもやっているようなキャンペーンだな? まっ、いいや。ワニブックスさんも、暮れには社員にボーナスを支給しなくちゃいけない。この時期に稼いでおかないとってんで、絵里ちゃんの登板になったのかもね(前作は売れたからね)。だから、こんなせこいキャンペーンなんて、はらなくても大丈夫!!。絵里ちゃんの写真集は売れます!! そんなこと考えてるヒマがあったら増刷の心配でもしておいてよね!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ファンの皆様は神様です」ですか!?

なんの予告もなしに、ファンクラブから冊子小包が届いておりました。今時なんじゃらほいと、封筒を開けてみますと、挨拶文とメンバーの写真が載ったフォトカードって言うんですかね、が入っておりました。挨拶文は「Hello! Project 2005 夏の歌謡ショー………ファンクラブチケットをお求め頂いた皆様へ」というタイトルで、7月23日(土)の18時公演を、当日の地震の影響で開演時間を延ばしたこと。また、交通機関の遅れで、途中入場になってしまったり、コンサートを見ることが出来なかったファン(わたしのことですね)の方々のために、「ファンクラブでチケットをお買い求め頂いた全員の方に日頃のご声援へのお礼の意味も含めまして、Hello! Projectより心ばかりの品ではございますが、送らせて頂きます。」とのことが書いてありました。さらに、その公演のチケットをファンクラブへ送ると、粗品がもらえるそうだ。このことは、テレビなどでも告知されているので、わたしも送りました。

今回同封されたフォトカード(ここではとりあえずこの呼び名で)は、横126mm、縦178mmの大きさで、各メンバーの顔ポートレイトが横17.5mm、縦18mm角で横6列、縦8列、最後の右下はあまりなのでセレクション!コレクション!のロゴマークで埋めてあります。写真は今回のオリジナルコンサートグッズカタログの中にある、No.14トレーディングカードステッカーコレクションファイル、下の方が若干メンバーの並びが違いますが、表紙と同じようです。一番下には「Hello! Project 2005 夏の歌謡ショー —05セレクション!コレクション!— 7/23(土)国立代々木競技場第一体育館 18:00公演」、アップフロントのロゴ、NOT FOR SALEの文字が印字されております。

まあ、たいした金目のものではありませんが、こういうものが頂けるとは思ってもいなかったので、妙に感心いたしました。ファンクラブも今回の件に関しては気配りが行き届いています。日頃、悪口ばかり言っておりますが、やっぱり人間は物には弱いね。コンサート代の方がべらぼうに高いのですが、気は心というわけで、なにかうれしい気がしてきました。今までのファンクラブの対応というのはよく分かりませんが、今回のような対応はめずらしいのではないでしょうか? やっぱり、お客様は大事にしなくちゃねぇ〜〜!? 特に最近は固定客ばかりのような気のするHello! Project。その分、ファンクラブ側も細かい対応がしやすいんじゃないかな。ファンクラブ会員だけでなく、地道に愛情をそそいでくれる一般のファンの人達、こういったすべてのファンを邪険にしてはいけません。ということで、ファンクラブ運営のこれからの対応を見守っていきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エリック亀造エコモニ。乱入で、大環境破壊!!!

「このコーナーはコパさんに診断してもらう前に収録しました…」という画面が最初に出てから始まりましたが、風水診断おかしいな? 絵里ちゃん、いや間違えた亀造の運気は上がりっ放しなのになぁ〜???

2本取りの2本目(のはず)、「エリック亀造の毎度ありぃ!」。さあ、元気にまいりましょう!!! いつものお部屋に、いつものように3人のお客様。と思ったら、今日は4人いるよ!! 司会者の運気が上がらないと番組の運気も上がらないと、風水のコパさんに突き付けられたチャーミー。風水なんてクソくらえと俄然強めでバリバリ行くミキティー。風水があろうとなかろうとやっぱり私が一番カワイイのさゆ。実家の方角が良かったのか風水診断をしてもらいたいラッキー・ミラクル娘。初登場の小春ちゃんで〜す!!

いつもとは違う雰囲気を感じたのか、1人多いことからお話は始まりましたよ。「なぜか、いつも3人じゃないですか」とミキティーが切り出した。「なぜか多いんです!!」と不機嫌そうな顔で続けます。それには、さゆが「さゆみ、小春ちゃんが心配で付いて来ちゃいました」と弁解。「ていうか出たかったんです」と本音をポロリ。ついで、さゆにうながされて小春ちゃんから自己紹介があります。「モーニング娘。新メンバー久住小春。13歳、中学1年生です。よろしくお願いします」ペコリと頭を下げてご挨拶。さゆからリクエスト。目配せをします。小春ちゃんもうその意味は分かってます。「道重さんって本当にカワイイですね!!」とお願いポーズ。「ちょっと〜、変なこと教えこまないでよ」とチャーミーからダメ出し。ミキティーもあきれ顔。「今日はもうへんなの出てこなくていいよね」とチャーミー。当然亀造の写真が映ってます。

ンガ〜〜〜ッ!!! そんなことではめげないぞ!!! 「ど〜も ど〜も〜!!」先週と同じ法被スタイルで窓から侵入の亀造だ〜〜〜!!! 「今週もじゃまするぜ!! 江戸っ子セールスマンのエリック亀造でございやす!!」と啖呵をきった。「今、お祭りじゃないですか」と亀造。「そばにはエリックすくいや、エリック焼きとかいろんなものがあるじゃないですか」。これを聞いたミキティー「ごめん エリックはすくいたくないな」と一蹴。「じゃあじゃあエリック焼きは?」。「焼きたくもない!!!」。「来ないで」というのはチャーミー。「来ないでって、わたしがいないと盛り上がらないくせに〜〜〜!!」と亀造反撃だ〜!!! 

最初の商品は、紺野あさ美写真集「なつふく」だ!! 現物が間に合わないということで、お得意の手描きイラストだ。どうだ〜〜!!「じゃん!!」と出したぞ。「なにそれ」「なんか、なつふくって書けばいいと思っているんでしょう」とミキティーには不評。「よ〜く、よ〜く、見て下さい」と亀造自信たっぷりだ。「ちが〜う!!」とミキティー。なんと、なんと、その絵は小春ちゃんの描いたイラストなのだ!! 亀造、してやったりとひとり大満足。「これを見る限り大人っぽくなりましたよね」と今度はミキティーに大好評!!! 「小春ちゃん、ポイントをつかんでるよ」と絵のうまい?亀造も絶賛!!!

お次は「モーニング娘。「熱っちい地球を冷ますんだっ。」文化祭2005 in 横浜」のチケットだぞ。「両サイドにはエコモニ。のお2人がいるいうことでですね、いろいろとアピールしてほしいなって思います」と亀造からのリクエスト。さっそく立たなくてもいいのにチャーミーとさゆ、「エコモニ。です!!」の決めポーズ。ミキティー怒った!! 2人の前に「ドォ〜」と邪魔に入ったのだ。「藤本さんがのったぞ、今!!」とめずらしいものを見たと驚く亀造。本当にこういうリアクション、ミキティーには珍しいや。エコモニ。の2人も唖然!! 2人を無視して小春ちゃんに見どころを聞くも、さゆのアイコンタクトで、「道重さんて本当にカワイイですね」と誘導発言。これには亀造も「小春〜〜〜!!!」と怒ったのだ。

最後は、美勇伝のNEWシングル「ひとりじめ」でございま〜す。チャーミーが聴きドコロを言っちゃいます。「大人っぽい、美勇伝の美を強調した曲と、美しく歌って踊ってます」とのこと。「ここでひとりじめ対決ということでですね、わたしに勝ったら差し上げます」とこちらも亀造お得意の対決商法だ。準備があります。「はい!!」とスタンバイ完了。「箱の中に入っている風船をひとつかみでぐ〜っと取って、それが1回で何個すくえるかというゲームになっております」と亀造の説明だ。チャーミーが挑戦します。「エリあっち見て!!」とチャーミー。「ハイ」。その隙にチャーミーずるしちゃいます。何度もすくって入れるのだ。「エリ見て3人の顔」とチャーミー言います。視線の先の3人唖然としています。「こういう時は気付かないふりをしましょう」と亀造うまいね。「すごいこんなに入ってる」と小芝居をかますのだ。数えます、12個でした。「イエーイ!!」「フォウ!!」と2人でハイタッチ!! 今度は亀造だ。「石川さんあっちを見て!!」。「いいから早くやって!!」。亀造はまじめに風船をかかえて取ります。「エリックがんばれ!!」の声が飛びます。それをチャーミーが邪魔しますぞ!! 「エリック少ない」。「数えて」とミキティー。亀造嘆きます。「数えるなという雰囲気が流れた気がするんですけど…」と冷や汗。数えなきゃわからないじゃないというチャーミーのセリフに「なんなのその芝居は?」とミキティー笑っております。数えましたが当然亀造の負けでした。シラ〜〜〜っとした雰囲気が漂います。このまとめようのない結末にミキティーは言いました「コレどうしてあげたらいいの?」と。

「わたしのダンスをここで披露したいんですけど、誰かいっしょに踊ってくれますか?」と言う亀造の声に応えたのは小春ちゃんだ。「ミュージック いらっしゃ〜い!!」と亀造と小春ちゃんの「エリック祭ダンス」スタート!! 先週に引き続き斬新な振り付けのダンスだぞ!! 亀造のオリジナルか? すばらしい!!! とそこへ、さゆが乱入!!! あ〜、めちゃくちゃだ〜〜〜!!! 亀造も頭を抱えたぞ。「あたしもやる」とチャーミーも参戦。ということで全員でダンスだ!! 「ミュージック いらっしゃ〜い!!」亀造の音頭で行ったるぜ〜〜〜っ!!! チャーミーは後ろで「そ〜れ!! そ〜れ!!」と大きなお祭りのウチワを振っております。残りの4人で「エリック祭ダンス」だ!!! 亀造のってるね!! 小春ちゃんも全力で付いて来てるぞ!!! いいぞ、いいぞ!!! 祭りだ、祭りだ!!! みんなのってるぞ〜〜〜!!! ダンスの後に亀造、感激の一言「すばらしいです、今日のダンスは!!!」と拍手!! それはスタジオ中のスタッフもみな拍手、拍手の感動のクライマックスであった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

こりゃ〜宇宙へ飛び出すより難関かも!?

「当たれーーー!!!」と願かけて往復はがきをポストに投函しましたぞ!!! ハロー!プロジェクトファンクラブ会員限定の「パシフィックヘブンイベント9月公演」の申し込みだ〜〜〜!!! このイベント、歌あり、お喋りありのフレッシュなイベントなのだそうだ。って、わたしこのイベント良く知らないのです。もう、何回か開かれているそうなのですが、なんか初耳です。

今回なぜ応募したのかというと、知っている方は知っている。そうです、絵里ちゃんが出演するのです!! 9月13日と9月27日の2回出ます。絵里ちゃんひとりなら問題ないのですが、13日は美勇伝の岡田ちゃんと。いかん!! 岡田ちゃんの暴力的なまでの肉体の迫力に、絵里ちゃんが負けそうだ。ってんで応援に。そして27日はカントリー娘。のあさみちゃんと。これまた、その長い芸能生活で培った根性に絵里ちゃんが負けそうだ。ってんで、やっぱり応援に行かなければと、このイベントに参加することに決めたのです。

ところが、どうです。このものものしいイベント参加条件は? まず、応募ですが、1公演に1枚のはがき。重複して申し込むと全部落選だそうだ。きびしぃ〜〜〜!!! え〜、いったいファンクラブに何人の絵里ちゃんファンがいると思ってるの!? 1億4000万人はいるよ(ウソ!!)!!! こりゃ、当たらね〜や!! しかもですね。万が一、当選した暁には、入場する時にですね、写真付きの身分証明書がいるそうです。それは運転免許書、パスポート、写真付き住民基本台帳カードのことです。これ以外の証明書、例えば学生証の場合は保険証、住民票、公共料金の明細などが必要なのだそうだ。その他、当選のはがき、会員証、期限証、チケット料金の受領書も提示しなければならない。なにやら、前回のイベントでトラブルがあったそうで、やむなくこのように厳しい制限を設けたらしい。こんな厳重なチェック体制を敷いて行われるイベントって、何様だと思ってるんだ〜〜〜!!! と文句の一つも言いたいところですが、われらが「絵里様」を魔の手?から守らなければいけないので、いたしかたがないのでございます。

その他、なにやら窮屈な注意事項がならんでおります。どのくらいの人達が、このイベントに参加できるのか分かりませんが、相当な激戦になるのでしょうね。絵里ちゃんを間近で見られて、ソロの歌や、オシャベリが楽しめるなんて2,800円じゃ安い気もするけど、もっと多くの人に参加出来るようにならないかね? なにか、最近こう小さく小さくなってきたよね。ファンとの距離が近づくのもいいけど、もっと外に目を向けないといけないんじゃないかな? もしかして、もしかして、もうひとつおまけに、もしかして当選してイベントに参加出来たら、早速ご報告いたします。あてにしないで待っていてくださ〜い!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今週の「娘DOKYU!」(18)

今週の「娘DOKYU!」第18週をお届けいたします。今回から1日早めて土曜日に載せたいと思います。つまりその週の最後の放送のあった日ですね。この方が速報性が高いでしょうから。いまさらですが、このテキストは番組内のナレーションを中心に、メンバーのコメント、映像、わたしの見た主観的な意見などを取り混ぜて、テキストにしたものです。そうは言っても映像を言葉にするのは難しものです。どうしてもナレーションにたよってしまうことの方が多いですね。そんなことで、少しでもお楽しみいただければ幸いです。それではどうぞ。

●8月2日(火)
7月26日。連覇のかかった大会をついに迎えた王者ガッタス。
全メンバーの前で、北澤監督から大会に臨む心がまえについてミーティング。
吉澤、藤本、里田らの真剣な顔のアップ。
王者として追われる立場のガッタス。しかし、この日のためにきびしい練習を乗り越えてきたメンバー。
平常心で試合に臨み、練習の成果を発揮できれば必ず勝てると、北澤監督からのアドバイスが続く。
本番前の公開練習。この試合会場はガッタスにとって初めての場所。
いつもとは違うピッチの感触を確かめながら、試合前の限られた時間を有意義に使う。
試合前の公開練習の画像が続く。
石川のシュートが鋭く決まる。豪快なプレーに次々とわきあがる歓声。
王者ガッタス、仕上がりは順調のようだ。しかし、各チームからのマークはきつくなる。
でも、ガッタスにはタイプの違った2人の守護神がいる。
紺野あさ美、この日のために努力を重ね急成長。
そして、運動神経はメンバーの中でもピカイチ、辻希美。
そんな2人の守護神が公開練習で遠投合戦。キーパーをめぐるドラマがこの時すでに始まっていた。

●8月3日(水)
王者ガッタス。連覇のかかった大会がついに開幕。ガッタスメンバー、ピッチへ入場。
会場からわきあがる大歓声の中、前回チャンピオンとして堂々の入場をはたすガッタス。
優勝から2か月、さらなるレベルアップをめざし、これまでハードな合宿や、特訓を乗り越えてきたのも、すべてはこの日のために。
王者ガッタス、連覇にむけた戦いがついに幕を開けた。
ピッチを客席に向け、手を振りながら回るメンバー達。
しかし、歓声に応える笑顔もつかの間。視線の先には宿敵カレッツァ。
最初の対戦相手は、新規一転再スタートをきったザナドゥー。
なにが起こるかわからない初戦。みんなで気をひきしめていざピッチへ。
いよいよ連覇に向けてキック.オフ。
体をはった闘志むき出しのプレーで、快調な出だしを見せるガッタス。
そして、キャプテン吉澤の華麗なゴール。
この先制点で精神的に楽になったガッタス。
練習どおり里田が、攻守の要としての役割をきっちりと果たし、相手の攻撃を封じ込める。
そんな中、吉澤が絶妙なスルーパス。ゴール前に走り込んだ是永が相手キーパーをかわして見事ゴール。
チームプレーの良さが際立っていた王者ガッタス。
危なげなく初戦を突破し、連覇に向け上々のスタートをきった。

●8月4日(木)
王者ガッタス、その視線の先には宿敵カレッツァの姿が。
カレッツァとの因縁の対決を制さない限り連覇はない。
試合を見守る姿はみな真剣だ。
第1試合を無事突破し、好発進をきったガッタス。連覇への自信は高まっている。
しかし、間もなく第2試合というところで、思わぬハプニングが。
初戦に続きスタメンに入れなかった紺野。くやしさで涙があふれた。
この涙はこの日にかける真剣な思いがあったからこそ。
そんな紺野をみんなで勇気づけながらいざピッチへ。
第2試合の相手はシューターズ。今大会初参加のチームとはいえ、もちろん油断は出来ない。
しかし、あさみの豪快なシュートでガッタスが先制。
その後も流れるようなパスでチームに一体感が。
練習の成果は十分発揮されている。こうなればエンジンはもう止まらない。
主導権を譲らなかったガッタス、見事2連勝。
客席に向かって勝利のガッツポーズを見せるメンバーたち。
あさみにインタビュー「自分のプレーが出来た、練習どおりのプレーが出来たと思うんで」と満足そうだ。
連覇に向け快進撃を続けるガッタス。それでも宿敵カレッツァの動きは要チェック。
一方、舞台裏ではこれまで2試合ガッタスのゴールを守ってきた辻の姿が。
しかし、ただひたすらパス練習を繰り返している。いったいどういうことなのか。
3試合目に向けてウォーミング・アップ。
そこにはさきほどの悔し涙から一転、元気な姿を見せるもうひとりの守護神紺野の姿が。
この後の第3試合で、ガッタスの秘策がついにベールを脱ぐ。

●8月5日(金)
ツアー初日まで後4日と迫っていたこの日、新人久住小春と教育係道重さゆみは、2人でダンスの猛練習に励んでいた。
久住にとっては、初めてファンの前でパフォーマンスを繰り広げるツアー。
どうしても万全の状態で本番を迎えたいところだ。
分からないところは、そのつど道重に聞いて不安を解消する久住。
そこには見違えるほど、立派な教育係に成長した道重の姿があった。
特訓を続けるうちに久住の問題点が明らかに。それは肩の動き。
そのぎこちなさのため、踊りもぎこちなく見えてしまう。
曲が違っても、問題点は変わらない。
『大阪 恋の歌』、ただでさえ振り付けがむずかしいこの曲は、久住にとって不安の多い課題曲。
道重の指示どおり踊る久住の画像が続く。
それでもこの曲をなんとか克服しようと、新人久住と教育係道重との2人3脚は延々と続く。
この日、2時間ぶっとおしで付き合った道重。
果たして久住はファンの前でどのようなパフォーマンスを見せるのか。

●8月6日(土)
久住の初ツアーにむけ、2人3脚の猛練習は直前まで続いた。
そして迎えたツアー当日。いよいよ久住がファンの前でパフォーマンスを初披露する時がやってきた。
果たして特訓の成果は。
7月10日大阪城ホールの会場内、客席が映る。
バックステージでの久住と道重。
「初めてお客さんの前に出るけど緊張してる」と道重。
「はい、緊張してます」と久住。
「緊張してるように見えないけど」と道重。
「ドキドキの方が大きいです」と久住。
「久住ちゃん堂々としてるから大丈夫だよ」と道重。
初めは笑顔を見せていた久住。しかし、本番が近付くにつれ、しだいに不安の色をのぞかせる。
ハロー!のメンバー全員、中澤のかけ声で気合い入れ。
内心おだやかでない久住を知ってか、リーダー吉澤が明るく声をかける。
久住にとってドキドキの初ツアー。いよいよその幕が上がった。
コンサート、『ハローのテーマ』でスタート。
ファンで埋まったホールに久住、飛び出した。
『恋のテレフォンゴール』を歌う久住。
ファンの前で初めて披露する小春パフォーマンス。
肩の動きなど直前まで不安要素を抱えていた久住。そんなことは全く感じさせないこの久住スマイル。
大観衆の前でも度胸は満点。教育係道重との特訓の成果があってか、久住の初ツアーはさい先のいいスタートをきった。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

アカルイミライニシュウショクキボウダワ!!!

このクソ暑い毎日を、ふっ飛ばすようなうれしい話はないかね〜〜? ありました〜〜っ!! どこにっ!? 今週のオリコン、シングル・チャートにモーニング娘。の最新シングル『色っぽい じれったい』が、週間推定売り上数68,009枚で堂々の4位にチャート・イン!!! パチパチパチ拍手!! ここは素直に「おめでとう」と言おう。これで、モーニング娘。のシングルトップ10入りは、自身の持つ女性アーティスト歴代No.1記録、デビュー曲からの連続TOP10記録と女性グループ歴代No.1記録、シングルTOP10獲得数記録をそれぞれ更新したそうである。

この記録更新の影の力は、「握手会」にあることは間違いないだろう。シングル発売前のヒート・アップぶりから、もうちょっと売り上げ数が増えて、80,000枚前後かなと踏んでいたのだが、やや期待はずれであった!? でも、逆の意味で安心しました。純粋に楽曲の良さを感じて買ってくださった方も、多かったのだろう。また、そう思いたい。本当は「握手会」がなかったら、もっと恐ろしことになっていたのかも? あ〜〜、コワ!! 考えるのやめよっ!!

おりしも、アップルコンピュータが日本での音楽配信事業を始めた。大手レコード会社15社が約100万曲を提供し、日本最大の配信事業者となる。これによって、パソコンを使った音楽販売・購入は、日本でも本格化することになりそうだ。と新聞は伝えている。いよいよ、来るべきものが来た!! という感じがする。わたしはiPodの愛用者だが、このような方法で音楽を購入する気はあまりしない。どうしても、長年の習性でジャケットも含めた1つのパッケージとしてのレコード、CDが好きなのです。どうしても欲しい曲があるけど、その1曲のためにアルバムは買えないないとか、特殊な事情がない限りお世話にはならないでしょうね。

これからの音楽購入は、このような方式が一般化することは間違いないでしょう。その時アーティストはより音楽に情熱を傾けなければ、支持者を増やすことは出来なくなると思う。これからのアーティストは大変だ!! モーニング娘。およびハロプロなどアイドル・アーティスト(こんな言葉があるのかな?)にとってはどうなんだろう? 「握手会」や「ハロプロ・カード」といったいわばおまけみたいなものは、この方式だとなりたたないのかな? それとも、また別のやり方を考えてくるのか? どうなんでしょうね? 楽曲は売れないけど、カードやジャケット写真だけが売れちゃった、なんて本末転倒なことが起きたら目もあてられなくなっちゃうよ!!! さあ、モーニング娘。&ハロプロも時代の流れに乗り遅れるな!!! ♪アカルイミライニシュウショクキボウダワ〜〜〜ッ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ザテレビジョン!昨日の敵は今日の友!!!

東京国立代々木競技場第一体育館での「夏の歌謡ショー」には、わたしと同じ感慨を持った人間が、少なくとも1人はいたようだ。「ザテレビジョンNo.32 8・6〜8・12」号「SHOT×SHOT3今週のバトンタッチ」のテキストは、先週7月30日にわたしが控えめに書いた日記の内容を、ストレートに補足してくれているようだった。以前にはこの記者さんの書いたことに、いちゃもんを付けたことがありましたが、今回はとても共感できたのだ。そこで、本当はいけないのですが、敬意を表して?原文のまま載せてみます。当然、わたしより文章はうまいです。

……今回の目玉の一つはモーニング娘。の卒業メンバーによる「LOVEマシーン」。娘。最大のヒット曲を、中澤裕子、飯田圭織、安倍なつみ、保田圭、後藤真希、石川梨華、辻希美、加護亜依の8人が披露する…その懐かしさに彼女たちもファンも心底楽しんでいるのが伝わってきた。だが、OGの歌う「ラブマ」は、当時より洗練され風格を感じさせる一方で、勢いがもの物足りず、寂しさを感じたのも事実。その直後、今度は、現モーニング娘。が新曲「色っぽい じれったい」で登場する。パワフルな声と扇情的なダンスには、粗削りだけど凄まじいまでの「迫力」があった。「ラブマ」発売当時の曲と娘。が持っていた「勢い」は、現メンバーにしっかりと受け継がれているのだ。……

つんくPによるこの演出は、先輩メンバーに追い付け追い越せという叱咤激励なのか? それとも現メンバーへの過剰なまでの自信の表れなのか? 本心は分からない。単に面白そうだから、やってみただけなのかもしれないが、2組を続けて出したからには、なにかのメッセージがあるはず。しかし、ファンの方はそんなこと知っちゃいない。「卒業」という美名の元に次々メンバーを引きはがされ、泣かされ続けたファンには、一瞬ではあるがつんくPから、その夢を奪い取った気持ちが支配していたのだろう。「これが見られただけで今日は良かった」と言うファンの声がそれを物語っている。

いずれにしても、つんくP側はたいした策士ぶりである。だが、これは座興が過ぎたようだ。音楽は生きものだ。今現在歌っているアーティストが一番の理解者である。最近、ロック界では再結成ばやりだ。細かい話はここではできないが、こういったことはたいがいうまくいったためしがない。長年別々に音楽活動をしていたり、休業状態のアーティストが、いきなり再会し、ちょこっとリハーサルすれば、昔どおりの音が出るだろうと思ったら間違いだ。やはり、毎日の積み重ねがあって、はじめて人を感動させるグルーブが出てくるのだと思うのだが、どうでしょう。

さあ、この話はこのへんにして、このザテレビジョンのテキストにもあるように、現モーニング娘。はコンパクトながら、現在最高の状態にあるのは疑いようがありません。このコンサートに行けなかった方は、秋にでるDVDで、このことをご確認ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

絵里ちゃんがいっぱい!?のように見えるシングルV!!!

「編集とはマヤカシです」と言ったのは、スピルバーグ監督他多数の映画監督のもとで、フィルム編集の仕事をしてきたマイケル・カーン氏の言葉だ。先日、深夜にNHKで放送された「カッティング・エッジ」というドキュメンタリーはおもしろかった。ハリウッドの映画製作における編集者の仕事を多方面から紹介し、現在活躍中の監督、編集者にそれぞれの裏話をしてもらう。映画の大好きなわたしには、とても興味深かった。映画は編集という作業をとおして、いかようにも作品に意味を持たすことができる。したがって編集者の力で映画は生きもすれば、死にもする、映像製作ではとても重要な仕事なのだ。

『色っぽい じれったい』のシングルV。なぜか、いつものPVより絵里ちゃんが、多く映っているような気がするのだが? 冒頭のセリフがあるので、これは間違いなく映る。小春ちゃんとからんで2人だけアップになります。この後はいつもどおり均等割りでダンス、そして各メンバーのソロでのイメージショットがインサートされます。そして、最後は再び絵里ちゃんと小春ちゃんで、冒頭のシーンに戻り終わるのです。この頭と最後のシーンが、他のシーンとは別のイメージなのですね。ですから非常に印象に残るわけです。

Dance Shot Ver.になりますと、特別誰かに焦点を合わせて撮ったり、編集しているわけではないのですが、やっぱり絵里ちゃんに目がいっちゃう、短かいながらも印象に残るシーンがあります。メイキング映像では、各コーナーの最初はほとんど絵里ちゃんから始まるのだ。これは珍しい。メンバーとのからみでも絵里ちゃんはよく出てくる(気がする)。また、笑顔も自然になってきた。最後はカラオケをバックに、静止画がいくつか映ります。これもまたいいね。そんなことで、ここでも絵里ちゃんの印象は濃い。

というわけで、絵里ちゃんファンのわたしとしては、初めてゆっくり堪能できたシングルVでした。歌のメインは、愛ちゃん、ミキティー、れいなでしたけど、PVの主役は絵里ちゃんと小春ちゃんのようだ。先に書いたように映像では編集などで、いかようにも印象を変えることが出来る。ならば、このPVにもそのような意図を感じないわけにはいかない。これは、いよいよ絵里ちゃんの時代が来るのか?はたまた、これも一種のマヤカシか? やっぱりこれからも、絵里ちゃんから目が離せなくなってしまったぞ!!!

今回もメイキング映像で見せるメンバーの笑顔はとても良い。小春ちゃんもカメラに抵抗がないようでいい感じだ。再度言います!! 次の曲は、そんなメンバーの笑顔があふれる楽しく、明るい曲にして欲しい!! シリアスな歌はここらでひと休みにしてはどうかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エリック亀造Berryz祭で、大泣き落し!!!

今回は長いのでいきなりスタート!! 「エリック亀造の毎度ありぃ!」。さあ、元気にまいりましょう!!! いつものお部屋に、いつものように3人のお客様。しかし、いつものあのお方がおりません。鬼の撹乱か!? いやいや、多分夏休みなのでしょう? 良かったぁ〜〜!! さあ、今日はのんびりできるぞ〜!! 鬼?の代わりにおりますのは、ツッコミを言わせたらこの人の右に出る人はいない、ある意味ねえさんより怖いミキティー。たまに出るツッコミが妙に言い得てるだけに、ある意味ミキティーより怖いガキさん。ツッコミは出ないけど顔に似合わない猛毒をはくだけに、ある意味ミキティーやガキさんより怖いさゆで〜〜〜す。

「はい、今日は中澤さん…」とミキティーから進行。「どうしたんだろうね?」とガキさん。「いないね。普通だってココじゃん中澤さん」とミキティーのいる中央を差して言いますよ。「中澤さんの位置ですよココ」とさゆもミキティーの肩を叩いて言います。「てコトは?」の声にミキティー、「「てコトは」とかナイんですけど」と2人の勘ぐりの打ち消しに躍起なのだ。「同じニオイがするんですよ」とさゆ。「なんか威力があるんですよ」とたたみ込むさゆ。「自信持っていいかもよ」とガキさんも妙な力付けをするよ。「そんな自信はいらなくねーか!?」とミキティー。噂どおりミキティー怖いわ!?

とそこへ画面いっぱいに、お祭りの大きなうちわが映った!! 赤いはっぴを着た亀造登場!!! 威勢のいい啖呵をきりますぞ!!! 「ちょっとジャマするぜい!!」「毎度おなじみのハロプロ物産の江戸っ子セールスマン エリック亀造でございやす!!」「まっ、俄然強め!!!」。「すごいじゃま」「前にいないで」「うちわがすごいでかい」と3人から非難ごうごう。亀造、それには気にせず「エリックにもっと触れてくださいよ」と要求!! なんでそんな格好をしているの?の質問に、亀造答えます。「夏だ!1番エリック祭セールをやっているんですよ」。「いいじゃない」と好評。でかいうちわは、お部屋の後ろに置いて販売開始!!

最初の商品は、「後浦なつみコンサートツアー2005春 トライアングルエナジー」DVDです。亀造、商品紹介中またもや、やってしまった!! DVDをTV…と言い間違えたのだ!! これには「DVDだコラ!! わっしょい わっしょい!!」と、いきおいでゴマかしたぞ〜!! 「だって「TV」っつったもん」とミキティー、頭を掻きながらツッコミだ〜〜〜!!! 「今日はテンパッてるんですよ。真ん中の方が中澤さんに1番近い存在って聞いてちっとコワイんですケド…」と亀造告白。ミキティーは余裕で笑っております。ガキさんが3人でユニットやって見ませんと誘うも、ミキティーやる気なし。さゆは「道重さゆみwith藤垣」というユニットを提案するも、全否定されるのだ。ミキティー、このDVD購入。「おうガッテン!!」と亀造喜ぶぞ!! 対照的にミキティー「それすごい、さめるよね」とクール!!

次の商品は、Berryz工房の8枚目のシングル『21時までのシンデレラ』だ〜っ!! 「今日は、エリック祭ということでBerryz工房の本物さんが来てくれているんですよ」と亀造からうれしい発表だ!! 「みんな〜!! キタナくて狭くてオバチャンばっかりだけどおいで〜〜!!」。Berryz工房登場!! 8人横に座って、清水ちゃんが新曲の聴きドコロを言っちゃいます。「サビになるにつれてとってもかわいい曲になっています」と答えたよ。亀造から「みんなでお願いしようか」と売り込みだ!! 「オバチャン買ってくださ〜い!!」とBerryzみんなでお願いだ。これにはガキさん「買いませ〜ん!!」と一蹴。嗣永ちゃんも負けてません。「買ってください!! オバチャン」と冷静にお願い。ガキさん「スゴイ隣で「オバチャン」って言われた…」とショックだ〜〜〜!! 「そんな子じゃないでしょ?桃子ちゃんだっけ」とガキさん、食い下がりますよ。「私達がオバチャンだったら中澤さんはどうするんですか!?」とつい本音を言ってしまった!! ガキさんの暴走にミキティーが必死に止めに入ったぞ!! 「なんでそんなに仕込むの!?」とさゆが亀造に追求します。「仕込んでないですよ〜」と亀造。つづけて「ほらみんな泣いている〜…」。その声を合図にBerryz全員泣き出してしまった。「泣いてないじゃない!!」とガキさん鋭いツッコミ!! 「オバチャンが怒ったぁ」と菅谷ちゃんは笑いながら泣いているのだ。怖い思いをしたので、とりあえず奥で休むことになりました。「ちょっとそんな子たちじゃないでしょう、カメ!!」ガキさん怒りまくり!!!

「ちょっと、なに今の!!」とミキティーもバイオレンス怒りモード!? 次の商品は、Berryz工房写真集「SEASONZ」でございま〜す。「今日はですね、エリック祭開催中と言うことでなんとBerryz工房のみなさんに来てもらっているんです!!」と前に聞いた亀造のセリフ。「いいから」「泣き疲れているから」とうんざりの3人。そんなことはおかまいなし。亀造呼んじゃいます。「Berryzのみんな、キタナくて狭くてオバチャンばっかだけど出ておいで〜〜!!」。これまた登場Berryzの8人だ〜!! 整列して「ど〜もコンニチハBerryz工房です」と、声をそろえてご挨拶。徳永ちゃんが写真集の見ドコロを言っちゃいます。「かわいいBerryz工房が、春夏秋冬と載っている写真集です」。「「カワイイ」って自分で言っちゃった…」とミキティー。それを受けて亀造「アソコの人よりマシですケドね」とさゆを指して言いました。「さゆみの方がかわいいよ」とさゆ。「アタシ達の方がカワイイです」と8人決めポーズでかわいさ倍増!! ここで「エリック祭記念サービス 写真ポーズ対決」を決行!! まずはBerryz。ハイ、ポーズ!! 新曲の振り付けのポーズだぞ!! かわいい〜〜の声が飛ぶ!! 今度は、ミキティー、ガキさん、さゆの3人だ。ハイ、ポーズ!! しかし、これにはスタジオ中が大笑い!! 中央の腕組みをするミキティーは、ガキさん曰く「チョットここは強めね」。結局、勝者はBerryz工房だ!! みんな大喜びだぞ!!

「はい、買います!!」さすが、ミキティー即決、購入!! 「みんな、喜びのエリック祭ダンスを踊りますか?」と亀造。「お願いします」とミキティー。「ミュージック いらっしゃ〜い!!!」と亀造のコールでダンス開始!! 今回はお祭りに合わせた、景気のいい和風の曲で踊っているぞ!! 振り付けもいい感じ!! いかにもお祭りを感じさせるダンスだ!! 亀造張り切っております!! いつもより多く踊ってます〜〜〜!!! しかし、後ろのBerryzの8人はシラ〜〜、固まって引いておりますぞ!! 亀造1人でノッてたのだった!!! 嗣永ちゃんの「エリックはアホだぁ」のコールでBerryz全員退散!! お部屋から出て行ってしまいましたぁ〜〜!! 「待てこら〜〜〜!!」と叫びながら亀造も撤収!!! 「ホントにお祭り騒ぎでしたね」とガキさん。「ホントにアホですね」とさゆ。「なんなんですかね?」とミキティー。アッケに取られる3人。嵐が過ぎ去った、静けさがそこにはあった……!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »