« 絵里ちゃんがいっぱい!?のように見えるシングルV!!! | Main | アカルイミライニシュウショクキボウダワ!!! »

ザテレビジョン!昨日の敵は今日の友!!!

東京国立代々木競技場第一体育館での「夏の歌謡ショー」には、わたしと同じ感慨を持った人間が、少なくとも1人はいたようだ。「ザテレビジョンNo.32 8・6〜8・12」号「SHOT×SHOT3今週のバトンタッチ」のテキストは、先週7月30日にわたしが控えめに書いた日記の内容を、ストレートに補足してくれているようだった。以前にはこの記者さんの書いたことに、いちゃもんを付けたことがありましたが、今回はとても共感できたのだ。そこで、本当はいけないのですが、敬意を表して?原文のまま載せてみます。当然、わたしより文章はうまいです。

……今回の目玉の一つはモーニング娘。の卒業メンバーによる「LOVEマシーン」。娘。最大のヒット曲を、中澤裕子、飯田圭織、安倍なつみ、保田圭、後藤真希、石川梨華、辻希美、加護亜依の8人が披露する…その懐かしさに彼女たちもファンも心底楽しんでいるのが伝わってきた。だが、OGの歌う「ラブマ」は、当時より洗練され風格を感じさせる一方で、勢いがもの物足りず、寂しさを感じたのも事実。その直後、今度は、現モーニング娘。が新曲「色っぽい じれったい」で登場する。パワフルな声と扇情的なダンスには、粗削りだけど凄まじいまでの「迫力」があった。「ラブマ」発売当時の曲と娘。が持っていた「勢い」は、現メンバーにしっかりと受け継がれているのだ。……

つんくPによるこの演出は、先輩メンバーに追い付け追い越せという叱咤激励なのか? それとも現メンバーへの過剰なまでの自信の表れなのか? 本心は分からない。単に面白そうだから、やってみただけなのかもしれないが、2組を続けて出したからには、なにかのメッセージがあるはず。しかし、ファンの方はそんなこと知っちゃいない。「卒業」という美名の元に次々メンバーを引きはがされ、泣かされ続けたファンには、一瞬ではあるがつんくPから、その夢を奪い取った気持ちが支配していたのだろう。「これが見られただけで今日は良かった」と言うファンの声がそれを物語っている。

いずれにしても、つんくP側はたいした策士ぶりである。だが、これは座興が過ぎたようだ。音楽は生きものだ。今現在歌っているアーティストが一番の理解者である。最近、ロック界では再結成ばやりだ。細かい話はここではできないが、こういったことはたいがいうまくいったためしがない。長年別々に音楽活動をしていたり、休業状態のアーティストが、いきなり再会し、ちょこっとリハーサルすれば、昔どおりの音が出るだろうと思ったら間違いだ。やはり、毎日の積み重ねがあって、はじめて人を感動させるグルーブが出てくるのだと思うのだが、どうでしょう。

さあ、この話はこのへんにして、このザテレビジョンのテキストにもあるように、現モーニング娘。はコンパクトながら、現在最高の状態にあるのは疑いようがありません。このコンサートに行けなかった方は、秋にでるDVDで、このことをご確認ください。

|

« 絵里ちゃんがいっぱい!?のように見えるシングルV!!! | Main | アカルイミライニシュウショクキボウダワ!!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ザテレビジョン!昨日の敵は今日の友!!!:

« 絵里ちゃんがいっぱい!?のように見えるシングルV!!! | Main | アカルイミライニシュウショクキボウダワ!!! »