« 本家本元?ハロプロはどうなってるの!?(4) | Main | エリック亀造人を動かす術で、大増益!!! »

今週の「娘DOKYU!」(23)

今週の「娘DOKYU!」第23週をお届けいたします。やっと出ました写真集「Hello! Project 2005 NATU NO KAYO SHOW '05 SELECTION! COLLECTION!」!! 「新生モーニング娘。大特集」のページでの「新たな魅力、新生モーニング娘。の目標は…」で絵里ちゃん、珍しく長めにお答えしております。「新生モーニング娘。だけど、グループの前に、個人個人が頑張らないといけないと思うので、私の目標としては「カッコいい人」になりたいと思っています。歌でもダンスでも、小春ちゃんに負けないように頑張りたい。新メンバーが入って先輩になったんですけど、私自身、コンサートは毎回すごく緊張するんです。でも見に来てくれているファンのみなさんと一緒に楽しんで行こうと思います。会場の後ろのお客さんにもモーニング娘。のパワーが伝わるようにこれからも頑張っていきたいなと思います。」とリーダーよっすぃーに次いで多い文章量でした。それでは「娘DOKYU!」をどうぞ。

●9月6日(火)
「闘え!!サイボーグしばた3」の撮影最終日。
ベッドに座っている柴田と紺野。紺野が柴田にメールアドレスを教えるシーン。
「ありがとうございます」と紺野、花束をもらってお別れのごあいさつ。紺野もクランクアップ。
いよいよ佳境に入った撮影最終日に大密着です。
「ちょっと待て!!」と大山田博士が激怒!!
村田、大谷、斉藤の助手達は様々な反応を示す。
この3人もこれでクランクアップ。
大谷見どころを語る「一番おもしろいんじゃないですかね。今回は催眠術がウハウハでしたよ」。
村田は「今回は原点に戻って、弱気、弱気の村田さんをやってみました」。
斉藤は「斉藤がセクシーを伝授してお客さんを呼び止めるっていうこともやったんですけど、里ちゃんがすごく豹変するのでそこも楽しんでいただけたらと思いますよ」。

●9月7日(水)
モーニング娘。全国ツアーまで残り後わずか。合同リハーサルも大詰めを迎えていた。
新人久住小春の課題はまだまだ山積み。
久住と道重2人で歌のレッスンを受ける。
この日は先輩達と1対1の歌い合わせが行われた。次々と浮き彫りになる様々な課題。
間近に迫った初参加の全国ツアー、久住から笑顔が完全に消えていた。
まずは新曲『色っぽい じれったい』の振り付けを徹底練習。
振り付けの先生から1人指導を受ける久住。
春の初舞台より成長した姿をファンに披露するため怒濤の追い込み。
高橋が振りの問題点を久住に指導している。
親身になって支えてくれる先輩達のためにも、ファンの前で納得の行くパフォーマンスを見せたい。
真剣な表情で高橋からのアドバイスどおり踊る久住。
さらにこの合同リハーサルで久住を苦しめてきた曲『ザ☆ピ〜ス』。
今回のツアーで初めて取り組む曲だけに課題も多い。
再度歌唱レッスンを受ける久住。
そして、次の合同リハーサル日。練習前にメモで埋めつくされた歌詞カードを必死に確認する久住。
ツアー初日を無事迎えることができるのだろうか。
そんな状況を見兼ねてか教育係道重が合流。久住もやさしくアドバイスを送る。
久住の救世主となったのはやはり教育係道重だった。

●9月8日(木)
新人久住は1から覚えなければいけない曲が多いため、今だ振り付けを完全にマスターできないでいた。
久住と道重がビデオのモニターを見ながら練習している。
残された練習時間を全力で取り組む久住。ツアー初日を無事迎えることができるのだろうか。
この日はフットサルの大会と重なっていたため、残されたメンバーで合同リハーサル。
リハーサル終了。しかし、課題の多い久住は居残り練習。
そんな久住を見て教育係道重はどう変わったのだろうか。
「先輩に引っ張ってもらって、自由奔放にやっていたんですけど、自分が楽しければいいやって感じでやっていたし。後輩が入ってきたことで頼られることもあるんでしっかりしなきゃって思います」と語る道重。
一方、久住はどんな気持ちで全国ツアーを迎えるのだろうか。
「ハローの時よりもうまくなってるなって、そして、新曲もテレビで見たよりうまくなっているなって思ってほしいです」と語る久住。
連日課題克服に取り組んできた合同リハーサルもこの日で終了。
メンバー一同「ありがとうございました」と先生達にあいさつする。
ついに迎えたツアー初日。
通路で衣装に着替えたモーニング娘。のメンバーに最終指示を出す夏先生。
「体で歌うことね」と夏先生。「はい」と答えるメンバー。
「がんばっていきまっしょーい」と吉澤のかけ声に応えるメンバー達。
「緊張するよー」と通路をステージに向かう久住。顔は笑っているが。
「今までいっぱい練習したんでがんばります」と宣言する久住。道重も続く。

●9月9日(金)
モーニング娘。全国ツアー初日。久住、不安と緊張に包まれながら、いよいよその幕が上がった。
1曲目は新曲『色っぽい じれったい』。
コンサート、ステージの映像。
春のツアーでお披露目済みのこの曲。前回よりも成長した姿を見てもらいたいと熱く語った久住。
いったいどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。
(注:この曲は今回のツアーが初めてのナンバーなはず、スタッフの勘違いか?)
ステージの映像が、久住中心に続く。
まさに堂々とした姿。その表情に自信の笑みをのぞかせる。
「みなさん、はじめまして。モーニング娘。7期メンバー久住小春です」と自己紹介のMC。
続いては久住がひとりでビデオチェックし、レッスンで悪戦苦闘してきた『ザ☆ピ〜ス』。
『ザ☆ピ〜ス』を歌うモーニング娘。のステージ映像。
「自分がセリフを言うところが遅くてもダメだし、早くてもダメだし、タイミングが合うかすごい心配です」と別収録のインタビューに応える久住。
そして、いよいよその場面がやって来た。「青春の1ページって…」とセリフを言う久住。
あこがれの先輩、石川のパートを受け継いだ久住は自分の出来に満足出来たのだろうか。
ステージを終え通路に出て来たメンバー達。
道重に促されセリフを言った感想を言う久住。「それはきちんと言えました」ときっぱり答える。
ステージでの久住のMC部分の映像が流れる。
ミラクルハッピーに幕を閉じたツアー初日。新人久住が加わった新生モーニング娘。がこの日をもって本格的に始動。
「ほんとにありがとうございました。久住小春でした」。手を上げ客席のファンに応える久住。
メンバー横1列になり、手を上げるステージ最後の挨拶。
新生モーニング娘。はどんな進化を見せてくれるのか。

●9月10日(土)
予選リーグ1日目の第4試合。ガッタスはここまでまさかの1勝2敗。
さらにキャプテン吉澤がベンチスタート。
キャプテンの負傷、なれない新システム。さまざまな不安要素を抱えたまま初出場の四谷クローバーズを迎え撃つ。
真剣な表情でコーチの指示を聞く石川。
大会初日からどこか歯車が噛み合ない前年度の覇者ガッタス。
勢いを出せぬ状況をまさに象徴する一戦となった。
1勝2敗とこれ以上負けられないガッタス。得意のパス回しで猛攻撃。
しかし、相手のゴールネットを揺らすことが出来ないまま前半が終了。
もう負けられないガッタス。チーム一丸となって後半戦に臨む。
後半、メンバー全員で相手ゴールを攻め続ける。
これまで何度も練習してきた攻撃パターンでガッタス、怒濤のゴールラッシュ。
何度もゴールを攻めるも相手キーパーに阻まれる。
しかし、得点に結びつかないまま、無情にも時間だけが過ぎ去って行く。
ここで終了。客席の応援に感謝を込めて手をふるメンバー達。
予選リーグ1日目を終えガッタス、1勝2敗1分けでまさかの4位スタート。
この結果にキャプテン吉澤は。
吉澤「リーグ戦の怖いところって、まだ次があるからっていう安心感があるじゃないですか。まわりもそうだったんですけど、大丈夫、次があるからって、その一言によって油断て言うか、それがみんなにもあったって言う気がしますね」

|

« 本家本元?ハロプロはどうなってるの!?(4) | Main | エリック亀造人を動かす術で、大増益!!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今週の「娘DOKYU!」(23):

« 本家本元?ハロプロはどうなってるの!?(4) | Main | エリック亀造人を動かす術で、大増益!!! »