« プッチいい!? プッチベスト6!!!(前半) | Main | ハロモニ。劇場対小泉劇場、可愛気があるのはどっち!?(Vol.8から) »

プッチいい!? プッチベスト6!!!(後半)

毎年こういったベスト盤が出ると、シングルは買わないわな。お得用にも功罪があるようで……。

●○『肉体は正直なEROS』メロン記念日
タイトルから度肝を抜かれます。このようにブラックな感じの曲は、メロン記念日の得意とするところ。柴っちゃんもうまくなりましたが、最大の呼び物はPVにあります。体のラインを強調した絵づくりはかなりEROS。しかし、ハロプロ内での性的表現はここまで。惜しい、とことんやれば面白かったのに。

● 『桜の花が咲く頃』飯田圭織
カオリンの個性に合ったアンニュイな音楽的指向は間違っていない。将来シャンソンまで行けば独自の世界が開けそうだ。ただ商業的にはどうだろう? こういった歌を歌える人は貴重な存在なので、頑張って欲しいです。この歌はもちろんカオリンにぴったり。大人の世界が広がります。

●○『西新宿で逢ったひと』前田有紀
こういうのを「べたな演歌」というのでしょうね。悪い意味ではありません。演歌独特の耐える女の歌です。今時こういう女性がいるのかね〜と思っちゃいますが、明るいキャラのヒロインでは演歌にはならないのです。ユキどんは歌がうまいです。安定しています。演歌好きではないですが、聞き込むと良いです。

●○『オンナ、哀しい、オンナ』セクシーオトナジャン
夏のシャッフルユニット3曲が続きます。今回のシャッフルは、内向きな気がしますね。ファンだけに喜んでもらえればそれで良しと。これはボサノバ風に仕上げた1曲。3人とも丁寧な歌い方で、まったりとしたムードを醸し出していて良い出来。なにもやることがない昼下がりに聞きたい曲です。

●○『印象派 ルノアールのように』エレジーズ
過去に何回も聞かされたような気がする、つんくP十八番の曲。それを歌うにはぴったりのメンバーを揃えました。見事です。破綻がありません。しかし、破綻がないからいい歌かというと、そうならないところが音楽の不思議なところ。さぁ〜〜っと流れて通り抜けちゃいます。

●○『人知れず 胸を奏でる 夜の秋』プリプリピンク
これは逆。破綻だらけの歌です。やりたいことは痛いほど分かるのですが、すべてがちぐはぐで、4人にはちょっとかわいそうな感じ。バックでつんくPが「イエ〜〜イ」とか「ウォ〜〜」と、なんとかR&Bの体裁を保とうとしているのに、プリプリピンクの4人は素直な歌い方。そこへあの衣装です。まあ、これもハロプロなんでしょうね。

●○『直感〜時として恋は〜』(LIVE Ver.9月25日、武道館昼公演より)モーニング娘。
このバージョンはライブレコーディングです。モーニング娘。では珍しい音だけの音源だ。しかも、モーニング娘。のライブDVDには収録されてない昼の回のものです。こちらが取り上げられたということは、歌の出来は昼の方が良かったということでしょうか? たしかに、ダンスしながら歌っているにも関わらず、一糸乱れぬ歌いっぷり。すごいです。最後、よっすぃーの感謝の言葉が臨場感をさらに高めます。なお、プッチDVDには夜の回、つまり、モーニング娘。のライブDVDと同じ映像が使われております。(※その後、見直しましたところ、まったく同じというわけでもなく、新しいカットが含まれた別編集バージョンだと分りました。確認を怠り申し訳ありません。28日午前10時45分、ここに訂正いたします。)

● HELP!!〜エコモニ。の熱っちぃ地球を冷ますんだっ。2005〜』エコモニ。&モーニング娘。
以前のバージョンにラップ部分、もちろん環境問題にまつわる詞が追加され、より1つのまとまった歌になりました。モーニング娘。も参加し、10月の文化祭のステージを思い出させます。

以下DVDのみ
 ○『21時までのシンデレラ』Berryz工房
実際に映像で見ちゃうと、さらにかわいいBerryzのメンバー達。こちらは年相応の楽曲で楽しそう。ダンスも歌も自信を付けてきたようで、安心して見られるようになりました。もう1、2年たつとちょうどいい感じになるかな。楽しみです。

 ○『ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!』H.P.オールスターズ
今回のDVDでは「Dance shot ver.」だそうです。ここでは夏先生の振り付けの妙が堪能できます。これだけの大人数を動かし、なおかつ、想像力と表現力あふれる振り付けを生み出す。さすがです。ラストの全員で輪になり腕を上げるところが、ハロプロの団結力と華を表す最高の見どころだ!!

 ○「DEF.DIVA『好きすぎて バカみたい』メイキング映像
ここではジャケット撮影やPVの撮影風景が見られます。って言ったんじゃそれで終わりですが、ジャケット撮影時の4人それぞれ、ゴールドのミニスカートから覗く御足がたまりません!!

ということで、いろいろ書いてみましたが、突出した曲がない代わりに水準に達した曲が並んで、聞いているとそこそこ気持ちがいいという困った?アルバムです。今回はリミックスもなく、つんくP以外のソングライターの方の歌も2、3入っています。そこからハロプロの変化も感じられます。次回の「プッチベスト7」はどんなことになるやら、神のみぞ知るってとこですか!? 

(「プッチいい!? プッチベスト6!!!」はこれで終わりです)

|

« プッチいい!? プッチベスト6!!!(前半) | Main | ハロモニ。劇場対小泉劇場、可愛気があるのはどっち!?(Vol.8から) »

Comments

こんばんは。

つづけで、いくつか私の感想を。

メロン記念日)
メロン記念日には意味深な曲が多いですよね。それ自体なんてことはないのですが、Berryz工房の次がいきなりこういった曲目っていうのに凄さを感じます。

セクシーオトナジャン)
5年後ぐらいに同じメンバーで歌うのを聴いてみたいですね。今の背伸び感がある歌声も良いと思います。

エレジーズ)
私の中では、今年の№1です。メロやアレンジに奇抜さはありませんけれど、詞は言葉尻合わせになっていたりで、なかなか面白いかと。なにより演者のパワーを感じます。

プリプリピンク)
自由(すき)にやって下さい(おぃ。

シャッフル総合)
ファンどころか、つんく♂氏自信が楽しめれば良いと言わんばかりの作品群だと思います。それでつんく♂氏のフラストレーションが解消されるのならそれも良しというところでしょうか。

モーニング娘。直感LIVE Ver.)
CDとDVDの音源が違うとは気が付きませんでした。こんなに使い回ししてって気持ちで聴いているからかもしれませんが。もっと聴き込んでみたいと思います。ライブDVDはじっくり見れてないし(泣)。

H.P.オールスターズ)
これだけの人数のDance shot ver.は圧巻ですね。この曲はもうハロプロ校歌みたいです。

DEF.DIVAメイキング映像)
石川カメラも活躍してますね。ジャケット撮影風景は…皆さん見てのお楽しみ!!ということで。

突出した曲がないという点が今年のハロプロを象徴していますね。しかしクオリティは高い。「プッチベスト7」ではクラッシク娘。も参加して更にハイソサエティなアルバムになる...かもしれません(笑)。

Posted by: TOMONO | December 28, 2005 08:50 PM

TOMONOさん、2回にわたりコメントありがとうございます。

大変興味深く読ませていただきました。わたしと好みが同じだったり、全然反対だったり、そこが音楽のおもしろいところですね。僕はこれが好き、私はこっちが好きと言い合えるコミュニケ−ション・ツールでもあるわけです。そこからお互いが分りあえれば大変良いことだと思います。

確かに、この「プッチベスト6」を聞くと、ハロプロ=つんくPの音楽性の幅の広さが良くわかりますね。ただ、いろいろありすぎちゃって音楽の見本市のような状況になりつつあります。もうちょっと絞って単純に楽しめる曲をお願いしたいなと、個人的には思っているのですが……。

今年もあ〜だ、こ〜だ、とつんくPには言っているわたしですが、その才能は認めております。外野で文句を言っているほうが、楽は楽かもしれませんね。

またよろしかったらコメントください。トラックバックの方は後ほどお伺いいたします。

Posted by: mamedama2 | December 29, 2005 03:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プッチいい!? プッチベスト6!!!(後半):

» ハロプロミュージック2005 My BEST5. [Smile for TOMONO]
本日はよく伺うブログさんの影響を受け、2005年ハロプロミュージックを総括して、 [Read More]

Tracked on December 28, 2005 10:04 PM

« プッチいい!? プッチベスト6!!!(前半) | Main | ハロモニ。劇場対小泉劇場、可愛気があるのはどっち!?(Vol.8から) »