« ハロモニ。劇場対小泉劇場、可愛気のあるのはどっち!?(Vol.9から) | Main | 年中無休!? 今年も絵里ちゃんと暴走日記!!! »

今週の「娘DOKYU!」(39)

今週の「娘DOKYU!」第39週をお届けいたします。この番組も年末年始仕様となり、今週は3回しか放送がありませんでした。来年も続くようですが、一部情報によりますと内容が少し変わるようなこともあるようです。毎年この時期のテレビたぶんラジオを含め、どの番組も「躁」状態と化し、必要以上にぎやかです。そんな中、昨日のNHKは「いよいよ明日!紅白が変わる」という番組を放送していました。こいつらですね!! 失礼いたしました。この方達ですね、現モーニング娘。に煮え湯を飲ませた張本人達は!!! この番組、一言で言えば「卑しい」だ!!! わたしは怒っているのだ!!! 明日の今頃は「紅白歌合戦」の話題で持ち切りでしょう。あやや、DEF.DIVA、モーニング娘。OG組、現モーニング娘。のパフォーマンスがすばらしものになるのは分かっています。しかし、それとこれとは別です。どんなものになるのか、じっくり見てあげます。NHK様!!! それでは「今週の「娘DOKYU!」」どうぞ。みなさま、良いお年を。

●12月27日(火)
「さっ、クッキーを作ります。ね〜、よしよし」
クマのぬいぐるみに向かって語りかける吉澤。
「さっ、クッキー作るよ。こうね、まず形を作らなければいけないじゃない。ねっ、どんなのがいい。ハート作っちゃおうか? ハートどうやって作ればいいの。助けて〜」
「いつもこういうの型抜きでやっちゃうんだよね」
生地をこねる。
「わかんないの。ハートは。かわいい」
ハートの形にしたものをカメラに向ける吉澤。
「おっきいかな? いいよね」
クマに聞く。
「あっ、ちょっとハートっぽくなった。ほら」
「アイラブユーみたいな」
再度ハート形の生地を見せる吉澤。
「え!!」
チャイムの音に驚く吉澤。
「はーい、今クッキー作ってま〜す」
「い〜やね、宅急便かな?」
「なんか荷物届いたみたい」
手は生地を丸くこねている。
「は〜い、今クッキー作っているんで無理です」
ドアの外にいるであろう配達の人に言う。
「何年ぶりだろうな、こうやってやるのは?」
「あっ、去年ね、メンバーのみんなにね、お菓子をね、バレンタインの時作ってたからね、今年、じゃない。来年は何作ろうかな」
「その前にさあ、あれがあるんだよ。あれあれ。クリスマス。ねっ、街はイルミネーションですよ」
「今年もさ〜、あれやるんだよね、プレゼント交換を。ひとり2、3,000円くらいって決めて、プレゼント交換をするんだけどな〜、今年どうしようかな〜、あたしのこの写真セット。メンバーいらないか? 欲しいでしょ」
クッキーを作りながら話す吉澤。
「すっごい、でかいの作りたくなっちゃった」
「おにぎりみたいだね」
「クッキーだよ。焼くんだよ」
クマに話かける。
「はい出来上がり〜、おっきい〜」
「ど〜ん、ど〜ん」
大きく生地を取ってこねる吉澤。
「焼けるかな?」

●12月28日(水)
「これいいよ。中にばっとつめるの。ばっと丸めこんでチョコが見えない。OK。こんなもんだね」
「じゃ〜、これをオーブンで焼きま〜す」
10個ほどのクッキーをオーブンの皿に乗せ、運ぶ吉澤。
「次はね、うんん〜ん、次はね、編み物」
クマのぬいぐるみを抱いて話す。
「よし、じゃ〜ん」
編み物セットを持って来る。
「編み物セット。これで、そうだな、小春ちゃんにマフラーをプレゼントしようかな」
「え〜とどうやるんだ。まったく分からないぞ」
「手編みの基本ブック!! そう、あなたがないと私はなにも出来ない」
「え〜、ちょっとやって見ますね」
ハンドブックを読み、編み物に挑戦せる。
「これどっからほどくの?」
毛糸玉を持ち、聞く吉澤。
「わからないぞ」
「ありました〜〜!!」
「お手本はね、こういう手があるんですよ」
ハンドブックの中面ページをカメラに向ける。
「そうして、え〜と、え〜と、左手の4本の指に毛糸を1周巻き付ける」
左手に赤い毛糸を巻き付ける吉澤。
「これは内回し? 外回し? これでいっか。で人指し指を使い、こうして、おっ、出来、てねえな」
「えっ、ほんとにわかんない。う〜」

●12月29日(木)
「やばい。ギブ、ギブ、ギブ」
「ちょっと助けて〜、助けて〜」
小声でささやく吉澤。
「で、これ自己流でいけなくない?」
「ようするに、巻き付けていけばいいわけよね。こういうふうにさ」
「ようは、こういう感じで、えでいいだろうな」
「で、手紙にもありましたようにメンバー1人1人をね、語っていこうかなっと」
「なんて書いてあったっけ。うさちゃんピースを忘れてた。じゃあ、うさちゃんピースはさゆの話の時にやるね」
手紙を箱から出し確認する吉澤。
「小春ちゃんを見た時は、かわいいと思いました。すごく。新潟から出て来て、大変ながらもね、ほんとにミラクルでやってるんですよ」
編み棒で毛糸を編みながら話す。
「ふ〜〜、でさ」
いらついたのか編み棒を放り投げる。
「ごめんね、編み物とかギブアップするから」
「小春はね、ほんとかわいいの。なんか。おもちゃみたいな。おもちゃにしちゃってるんだけど、おねえちゃんがいるんだってね、小春には、で、おねえちゃんとすごい仲良しでいつもおねえちゃんと遊んでるの」
毛糸をはさみで切りながら話す吉澤。
「だから、おねえちゃんみたいなんだって、私のことを」
「これ小春だとするじゃん」
クマのぬいぐるみを久住に見立て、腕を振る。
「こうやって膝の上に乗ってくるの」
ぬいぐるみを膝に乗せる吉澤.
「小春はこうやってジャンプしてるの」
ぬいぐるみを上下に上げ下げする。
「こうして遊んでるの。そうするとね、そこへミキティーが来るの」
「ミキティーがしゃきしゃきって来て、ちょっと、なにやってるの。どきなよ、そこ!! 小春は、はい〜とか言ってんの。よっちゃん、いやがってるでしょ。相手にしてもらってないんだからどきな!! っとか言って。小春は、はいっ、って戻るんですよ。なんかね、そういう楽屋でのシーンが多多あります。けっこう。でも私はけっこう楽しんでんですけどね」
「小春ちゃんはまだね、小学生から来たよっていうオーラがすごいあって」

|

« ハロモニ。劇場対小泉劇場、可愛気のあるのはどっち!?(Vol.9から) | Main | 年中無休!? 今年も絵里ちゃんと暴走日記!!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今週の「娘DOKYU!」(39):

« ハロモニ。劇場対小泉劇場、可愛気のあるのはどっち!?(Vol.9から) | Main | 年中無休!? 今年も絵里ちゃんと暴走日記!!! »