« 夢は終わった…私達ふつうの娘。になります!!!(2) | Main | 夢は終わった…私達ふつうの娘。になります!!!(4) »

夢は終わった…私達ふつうの娘。になります!!!(3)

最初に昨日発表された紅白歌手別視聴率データから、松浦亜弥+DEF.DIVA+モーニング娘。出演時の視聴率を書いておこう。数字は「37・9%」だ(この視聴率というものはあくまでも目安だと思ってください)。東京中日スポーツ1月5日号によると、今回の紅白では、テレビ界とくに民放で多用される、チャンネルを変えさせないようにするための「正時またぎ」と呼ばれる手法をNHKも大幅に取り入れたということである。その最初の午後8時をまたぐように選ばれたのがこの3組なのだ。その結果が上記の視聴率である。

わたしは紅白を見ていて時々思う。このスタッフは本当に音楽が分かっているのかなと。演出の中村雅郎ディレクターは叫ぶ。「とにかくおもしろくする(視聴率を上げる)こと!!」と。おもしろければいいならどこかの民放のようではないか。まあいい、おやんなさい。

わたしが思うに、この19娘。による『LOVEマシーン』は「スキウタ」に関係なくNHKから提案されたものだと思っている。NHKのドキュメント番組でもやっていた。しかし、わたしが問題にしたいのは「いつ」ということである。ドキュメント番組ではもちろんそのへんはボカしてある。わたしがその時期を推測するなら、おそらく去年の夏前だと思っている。そう夏のハロコン前だ。これは以前にも書いたが、昨夏のOG組による『LOVEマシーン』はこのNHKの提案を受けて、ファン=視聴者の反応を探るためブチ上げられものだろう。なぜなら、OG組『LOVEマシーン』の出現は、あまりにもとうとつな印象を持ったからだ。まさか? である。なんでもありのハロー!プロジェクトだ。こんなこともありだろう。もちろんファンも絶対喜ぶはずだし、いつか実現するだろうと予想できた。しかし、この組み合わせは「アンタッチャブル」ではないだろうか? なにか特別なイベントやきっかけがないと意味がないように思われる。なかば、お遊びのようなハロコンでやってはいけない気がするのだ。なぜ、この時期なのかと。それほど貴重なものではないか。

NHK紅白のスタッフは1年がかりでこの番組を制作すると思われる。それほどこの番組は、NHKの威信をかけた1大プロジェクトなのだ。早いうちからリサーチや根回しをしなければ、歌、踊り、司会陣、お笑い芸人達など、あれだけ多岐にわたる人材を見付け確保するのは不可能だろう。今では1昨年になってしまったが、彼らはみじめな敗北を喫した「04紅白」を反省・再考した。そして、出した答えがその年比較的視聴率の良かった、あやや+ごっつぁん(DEF.DIVAの前身)、モーニング娘。をこの「正時またぎ」にぶつけることだった。是が非にも視聴率の欲しいNHKはそれにもあきたらず、昨夏のOG組『LOVEマシーン』の成功を目のあたりにし(NHKもこのコンサートに1枚かんでいるので、紅白のスタッフが見、行けると判断したのは間違いない)、昨年これといったヒットのない現モーニング娘。と組み合わせることによって話題もつくれると確信、19娘。の『LOVEマシーン』を決定したのだろう。37・9%という視聴率は第1部でも飛び抜けて高いものではない。が、その役目は十分果たしているといっていい。しかし、その代償は目には見えないが大きかったはずだ。

その時ねえさんは涙を流した。夏先生も泣いていた。「これが最初で最後の19娘。によるモーニング娘。だから最高に輝ける歌と踊りにしよう」と。そう思いたいのはわたしだけではないだろう。その涙にはなにが詰まっていたのだろうか!!!

(つづけ)

|

« 夢は終わった…私達ふつうの娘。になります!!!(2) | Main | 夢は終わった…私達ふつうの娘。になります!!!(4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夢は終わった…私達ふつうの娘。になります!!!(3):

« 夢は終わった…私達ふつうの娘。になります!!!(2) | Main | 夢は終わった…私達ふつうの娘。になります!!!(4) »