« NHK紅白よ、名誉ある縮小を進言する!!!(4) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(41) »

NHK紅白よ、名誉ある縮小を進言する!!!(5)

やはり紅白は巨大になりすぎた。まるで自分で自分の体をもてあまし絶滅した恐竜のようだ。スキウタなる壮大なプロモーションもやった。番宣も十分やった。他メディアとの連携で話題も作った。レイザーラモンHGさんにはお断りを入れたが、その他のNHKに毒を抜かれた若手芸人さんは出した。視聴率男のみのもんたさんも呼んだ。そして、視聴率女の仲間由紀恵さんもこれまた大河ドラマの番宣を兼ねて司会にした。SMAPには3度も登場させて番組の目玉にした。その結果、NHK紅白は最後の一線を越えてしまったのだ。それまでなにやかやと言われてきた紅白であるが、この「05紅白歌合戦」は明らかに以前のものと違っていた。さあ、もういいだろう。やるだけのことはやった。それでこの視聴率だぞ!!

もはや、このやり方で紅白を作るのは無理だ。ここは勇気を持って番組を縮小し、本来の目的である「歌」を聞かせる番組に戻すべきである。時間も午後9時からでいい。そして、司会などMCは極力抑え、歌の紹介などなし。もちろんバラエティーなどもってのほか。とにかく歌だけを並べて行くのだ。そう、それはライブコンサートのように進む。NHKにはCM時間がないのだから、歌が途切れることなど気にしなくてすむ。ちょっと無愛想だが、歌はリズムだ。並べて聞いているうちに引き込まれていくに違いない。またそこが演出の腕の見せ所。NHKの中継技術をもってすれば迫真の映像が撮れるだろう。曲順なども前もって発表しなくていい。なにが飛び出すかその瞬間まで分からないようにしたら面白い。それは濃密な2時間45分になるだろうな。そんな歌の力を信じて欲しい。その中で賑々しく、猥雑に踊り歌うのだ。そして1年の憂さを晴らそうではないか!!!

当然視聴率など取れない。だがいいじゃないか、そんなもの。見たい人が見ればいい時代だ。そして歌という「文化」を守るのも公共放送の役目だ。9時スタートならレコード大賞の番組も見られるぞ!! その間NHKは1年のニュースのまとめでもやってれば十分。どうしてこう視聴率を欲しがるのかな、NHKは? 

そのNHKとは、権力をバックにしたお硬いイメージと皆様に愛されたいという、相反する欲求との戦いの歴史である。そんな感情がこの「05紅白歌合戦」といういびつな「化け物」を生んだと思える。また、それは表現の自由との戦いでもある。その証拠に「NHKアーカイブス」という番組を見て欲しい。かつてのNHKは各時代の問題点を鋭く描いたドラマやドキュメント番組が多々あった。他に「ヤングミュージックショー」という日本のロックファンに多大な影響を与えた番組もあった。みな視聴率など期待できないものばかり。だが、そこには今までと違う意識や文化を伝えたいという思いから放送されたものだ。今はどうだろう? もう終わってしまったが「プロジェクトX」に代表されるような1企業の宣伝番組や、今度の紅白でも感じてしまうタイアップが横行している。彼等の欲しているものは視聴率の裏にある「お金」ではないのかと思わずにいられない。

NHKの民営化という話もちらほら聞こえてきている。どっちがいいのか分からないが、これ以上「文化」を忘れて商売に走るなら、わたしは最終兵器を取り出そう。これさ!! リモコンでテレビのスイッチを消してやるっ!!「ブチッ!!!」。

(「NHK紅白よ、名誉ある縮小を進言する!!!」はこれで終わります)

|

« NHK紅白よ、名誉ある縮小を進言する!!!(4) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(41) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NHK紅白よ、名誉ある縮小を進言する!!!(5):

» NHK紅白よ、名誉ある縮小を進言する!!!にコメントする。 [Smile for TOMONO]
さて、年が明けてから半月を過ぎましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。界隈では [Read More]

Tracked on January 17, 2006 07:40 PM

« NHK紅白よ、名誉ある縮小を進言する!!!(4) | Main | 今週の「娘DOKYU!」(41) »