« 今週の「娘DOKYU!」(51) | Main | 「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」は天馬博士の試験管ベビー!?(2) »

「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」は天馬博士の試験管ベビー!?(1)

一時はしぼんでしまったこのミュージカルへの期待が、ここに来てまたまたふくらんできました!!! てなことで、なんて、いい加減なヤツなのだとお笑い下さいませ!! その期待がふくらんだきっかけというのが、先週放送された「娘DOKYU!」なのです。放送が見られなかった方も、「今週の娘DOKYU!(51)」としてこの日記にも載せたので、内容はだいたいお分かりのことと思います。今夏上演される「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」の合同練習と配役発表のドキュメントですね。これを見てわたしは思いました。もしかしたら、このミュージカルは「音楽」に対する壮大な実験の場になるのではないか? ということを。そして、それはわたしが常々考えていることの解答を引き出すことの出来る、またとない機会なのではないか? と。そんなことを考えたら、やたらに気分が高揚してきたのです!!!

番組内では、このミュージカルの脚本・演出を手掛ける木村信司氏、作曲・編曲の甲斐正人氏からモーニング娘。、美勇伝のメンバーに本格的なミュージカルを創り上げるのだと迫ります。音楽面では甲斐氏から普段彼女達が歌っているポップスと、今度やるミュージカルの歌とは違うものなので、ここでは普段やっていることは横に置いておいてくださいということを言われます。それは、ごもっともなことです。まあ、たいがいはこのポップスとミュージカルは違うからな〜、てなとこで終わってしまうのですが、ことはそんな単純ではありません。わたしが興味を持ったのは、演出家(監督)の木村氏の発言です。ちなみに彼は絵に描いたような、いかにもという風貌と性格のようでやたら早口。そして、冷徹に自分の意見をいう方だ。だいたい、監督というのはそういう方達ですのでとくにいうことはありません。おまかせしても大丈夫という気にはなります。その発言とは、

「驚いたのは、ソロ歌を歌ってもらったじゃないですか?『ふるさと』っていう曲、歌ってもらったと思うんだけど。その時、一番驚いたのは歌い方が同じだったこと。まったく同じ曲を歌っていても、各々に個性があるんだったら各々に違うはず。一番ベーシックなところだと思うんですが、それが欲しい」

まさに音楽、とくに歌、歌を歌うということの本質をついています。あたりまえといえばあまりにもあたりまえのことを、なぜいわれるのかということはもうお分かりですよね。番組では詳しく触れてませんが、配役を決めるオーディションがあったようなので、その時にこのつんくP作品である『ふるさと』を各メンバー1人1人歌ったのでしょう。それを聞いての発言だと思います。モーニング娘。やハロプロファンならばご存じのとおり、つんくP作品はすべて、つんくPの仮歌を聞いてその曲を覚えるというシステムになっています。それは木村氏も知っているようで、その方法だと「真似」になってしまう。自分達の個性が出て来ないといっています。わたしは、これでつんくPの手法が否定されているとは思いません。これはこれでいいのです。しかし、自分の個性を犠牲にしなければならないのも事実です。そこで、つんくP作品での無個性化とミュージカルでの個性重視化との相反する音楽表現のぶつかりあいがメンバー達に生まれるはずです。これはちょっとした見物ですぞ!!!

(つづけ)

|

« 今週の「娘DOKYU!」(51) | Main | 「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」は天馬博士の試験管ベビー!?(2) »

Comments

 そんな問題提起もアリですね。ただ、私は「つんく♂式」を否定はしません。ユニット歌唱の統率をつけるためには、仮歌の配布は一番優れた方法だと思います。
 その仮歌のマネに終わるか、仮歌を参考に”歌”を理解して、自分なりに消化するかは、やはりメンバーしだいということになるのではないでしょうか?
 そこまで求められていないのが問題といえば問題かもしれませんけど…。

Posted by: tucker | March 27, 2006 11:21 AM

tuckerさん、コメントありがとうございました。

そうですね。たしかにそこが問題なのでしょうね。

以前この「リボンの騎士」の原作者である手塚治虫さんのドキュメントを見たことがあります。そこで手塚さんは若手の漫画家さんに「人のものを見るな、真似になってしまうから」と言っていたのを覚えています。これにはびっくりしましたね。一般的には、すべての芸術は模倣から始まるといいますから、手塚さんの言葉には、なにか深い意味があるような気がしますね。

そんなことを含め、わたしの記事がどう展開するかわかりませんけど、tuckerさんのお考えのようにひとつの問題提起(そんな大袈裟なものではないですけど)と思って読んでみてください。

それでは、またよろしく。

Posted by: mamedama2 | March 27, 2006 06:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」は天馬博士の試験管ベビー!?(1):

« 今週の「娘DOKYU!」(51) | Main | 「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」は天馬博士の試験管ベビー!?(2) »