« 紆余曲折「リボンの騎士」!!! なんでも来いってんだっ!?(2) | Main | 新たな地平を行く今のあややを見よ!!!(2) »

新たな地平を行く今のあややを見よ!!!(1)

わたしにとってはハロプロ最後の聖域とも呼べる、あややこと松浦亜弥のコンサートに昨日初めて行って来た。その松浦のコンサートは、先週まで行われていたモーニング娘。の「レインボーセブン」ツアーで感じた窮屈感の対極にある、自由奔放な解放感溢れるロックコンサートを見ているような気持ちをわたしに味合わせてくれた。

5月14日(日)市川市文化会館、午後3時30分やや遅れて始まった松浦亜弥コンサートツアー「Otona no Namida」は、松浦自身がいうように新しい試みが仕組まれていた。コンサート早々からヒット曲を小刻みにメドレー形式で歌って行く。ここでの松浦は、すでに成熟したアイドルの力をまざまざとわたしに見せつける。そのファンの心を掴むテクニックのうまいこと。すでに出来上がっているカラオケの間奏を利用し、ロックミュージシャンさながらに客席を煽る、煽る!! 途中から、カントリー娘。も合流!! 4人とも黒のタイトなパンツ姿はシャープに見え、ライティングの巧みな演出によってハイパーなディスコと会場は化した!! 完璧だ!! これはただのアイドルのコンサートではない、直感した。

ハロコン以外では、カントリー娘。は実に久しぶりだ。上記してあるように以前の朴訥としたイメージはもうない。小柄なあさみ、長身で切れのよさそうな里田まい、髪をショートカットにしたばかりのみうな(かわいくなった。ファンも増えるだろう)。絶妙なバランスの中にも確かな歌唱力とダンスですっかり生まれ変わっていた。3人のトークも外見同様みな個性的なため、話が噛み合ない面白さがある。ハロプロにあっては貴重な存在だ。『色っぽい女〜SEXY BABY〜』、なんて久しぶりだろう。『浮気なハ二ーパイ』、1月の「全員集GO!」を思い出せるも、この3人でも十分パワフルなステージを見せる、カントリー娘。の名曲だ。ファンも彼女達に熱い声援を送っていた。その他、松浦と絡む場面でもとてもいい雰囲気。どうやら9月には単独コンサートも決まったようだ。最近シングル発売もなくさびしいが是非がんばって成功して欲しい、そう願わずにはいられない3人だ。

最初からヒットを連続し歌った松浦。この後どういう展開になるのかと思っていると、カントリー娘。の後にその新しい試みが始まった。マリンブルーのドレスに身を包み、松浦のそれまでとは打って変わったシックな大人の雰囲気に会場はざわつく。そして、ステージの奥部分が回転し、「生」ピアノの伴奏が聞こえてくる。照明が落とされ、ちょっとしたラウンジのようなムードをかもし出している。そう、ここからがこのコンサートの見どころ!! それまで、いや、ハロプロ全体でも珍しい生音による歌唱が始まった。早い話がハロプロ版アンプラグドだ!! 松浦はステージ中央のイスに座り歌う。たしか『ね〜え?』『Love涙色』と続けたと思うが、実にうまい!! テクニックもさることながら、スローバージョンで歌の解釈も自分流に変えていた。また、ピアノ1台のみのため彼女の「声」というものが非常に際立って聞こえる。いい声だ!! 個性的でひっかかりがあるにも関わらず素直に耳に溶け込む。これは天性のものだろう。聞き惚れてしまった!!!

(つづけ)

|

« 紆余曲折「リボンの騎士」!!! なんでも来いってんだっ!?(2) | Main | 新たな地平を行く今のあややを見よ!!!(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新たな地平を行く今のあややを見よ!!!(1):

« 紆余曲折「リボンの騎士」!!! なんでも来いってんだっ!?(2) | Main | 新たな地平を行く今のあややを見よ!!!(2) »