« 亀井絵里に成り代わり、怨み節いわせてもらいます!?(2) | Main | 「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」即刻、役者に転向せよ亀井絵里!!! »

亀井絵里に成り代わり、怨み節いわせてもらいます!?(3)

見た目の印象と本人の性格とのギャップなんて、日常良くあることですよね? 「○○君がモーニング娘。のファンだったなんて、信じられなぁ〜〜いっ!!」って、ちょっと違うか!? 芸能界ではイメージが優先されますから、もっと大変です。特に女優さんは役柄のイメージで見られるので、清楚ないかにも大和撫子なんて思われていた人が、その後いろいろな話が漏れて来て、実はあけっぴろげで豪放磊落な性格だった、なんて話はいくらでもあります。今はダメですよ!! テレビのトークショーなどがやたらあるので、私生活までベラベラしゃべっちゃいますから、「あ〜、あの女優つくってたんだな」ってすぐバレちゃう!!

アイドルでもそう!! 地を出すことで、それまでお人形さんのような存在だったアイドル達も、自己主張し始めた。これは受け手であるファンもそれを許容できる時代になって来たということでしょうね。仕舞いには、「私、付き合っている人がいます!!」と交際宣言して、逆に人気を上げるという荒技を使うアイドルも出てくるようになって来ましたね。昔だったら即、人気失墜間違いなし!!! 最近ではこの手法も飽きられたのか、とんと聞かれなくなりました。やっぱり、アイドルはアイドルじゃなきゃね!!

そんな風潮の中で、自己主張が出来ずにいた絵里ちゃんは、やっぱり古風な性格だったといえるでしょう。そこから、この第1回目(あえてそういわせてください)の「変身」は結果的に大成功だった!! 去年も書いたと思いますが、この判断は事務所側の戦略から出たのだと今でも確信しております。つんくPは、去年4月に発行された自身の著書「ポジティブ本」、絵里ちゃんとの「デート対談」の中でこのようにいっております。

「うーん、でも亀井も頑張ってるやん。髪を短くしてイメージチェンジしてみたりとか。」

なんと、まるで他人ごとのような口調ではありませんか!! 「あんたでしょ、そうさせたのは!!!」っていいたいところでげす!! 考えても見て下さい。このようなことが絵里ちゃんひとりで決められるわけがありません!! イメージですよ、芸能人はイメージが命!!!(古いな)「亀井、なんてことをしてくれたんだ!! せっかくお嬢さま路線で売り込もうとしたのに、とんでもないやつだ!!」なんて、事務所からいわれてしまいそうではないですか!!! これは逆のこともいえます。彼等は、ファーストソロ写真集でせっかく出来た絵里ちゃんのイメージを、大胆にもブチ壊してしまった、と。やはり、これは6期3人の売り出し戦略の一環と見るのが、妥当だと思いますね。「お嬢さま」は2人要らなかった。絵里ちゃんの本当の性格から、ボーイッシュなかわいらしさを前面に押し出した路線を選んだのでしょう。実はギャルにあこがれていた絵里ちゃんには、肩の凝らない、自然体でいられる環境になったわけです。その後の絵里ちゃんが見違えるように活躍し出したのは、ひとえにこの事務所のありがたいご選択によるものと、感謝しなければいけないのでしょうね?

(つづけ)

|

« 亀井絵里に成り代わり、怨み節いわせてもらいます!?(2) | Main | 「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」即刻、役者に転向せよ亀井絵里!!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 亀井絵里に成り代わり、怨み節いわせてもらいます!?(3):

« 亀井絵里に成り代わり、怨み節いわせてもらいます!?(2) | Main | 「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」即刻、役者に転向せよ亀井絵里!!! »