« 大発汗2号ヴィクトリア亀井、駄菓子で遊ぶことは遊ぶ!!! | Main | オレは天下の名(省エネ)Pつんく♂や!!! ちょっと売れ過ぎたな!?(6) »

オレは天下の名(省エネ)Pつんく♂や!!! ちょっと売れ過ぎたな!?(5)

先の10日(金)はモーニング娘。が『歩いてる』を引っさげて「ミュージック・ステーション」に出演した日だ。わたしはたまたまこの番組を「音声」のみで聞く状態に置かれた。これがかえって歌の評価を客観的に引き出すのに役立つことになった。この時の番組に出演していた他のアーティスト達の歌はあまり聞いたことがなく、彼等のように歌い上げる「歌」というのはどうも苦手なのだが、聞いてみるとそのなにかを訴えたいという情熱はわたしにも伝わってきた。その音楽に対する真摯な気持ちは青臭いかもしれないが大事なものだろう。ひるがえって、わがモーニング娘。の『歩いてる』を聞くと楽曲そのものがどうもその情熱に欠ける。もちろん、言葉数の多い詞を書けばいいというものではないし、ギンギンのメロディーを創ればいいというものでもない。また、モーニング娘。はアイドルであり曲調はポップスであるからそう力んだ曲である必要もない。でも、「なにか」が足らない。

この夜は日付けが変わって0時台には「POP JAM」が放送された。ここではつんくPの近作3作品を聞くことができた。まずGAMの『メロディーズ』。これはもう聞き飽きたようなつんく♂流R&B。もう何回このような曲を聞かされただろう。セルフコピーとはこのことか。松浦亜弥と藤本美貴を組ませた新鮮味はなくなった。続いてモーニング娘。の『歩いてる』、これはもういいだろう。最後は彼の秘蔵っ子・時東ぁみの『I'm a lady. 〜じれったい私〜 』(こんなタイトルだと思うが)だ。わたしはこれを聞いて大げさにいえば怒りに震えた!! 言葉は悪いかもしれないが「ナメルナヨ!!」、そう思ったのだ。その容姿からつんくPは彼女を、自身が子供または青年時代にあこがれていたアイドル達のオマージュかパロディーに見立てているのだろう。そのプロデュース方針はわかる。しかし、この気の抜けた楽曲はどうしたものか!! この楽曲も含めヘタウマなところも計算済みのことなのだろうか!? 70年代80年代のアイドルだってもっとましな歌を歌っていた。このどうしようもないB面曲のようなものを堂々と売ろうとする姿勢が、わたしには世間をバカにしたものに見える。また、音楽そのものをなめているような気もする。

このことは美勇伝の新曲『愛すクリ〜ムとMyプリン』にもいえる。もはやつんくP自身で創ったイメージを自分で追っているようで見ていてつらい気持ちにさえなってくる。以前ならこんな曲調もおもしろがって聞いてくれた人達も、そういつまでもこんな戯れ言に付き合ってくれはしない。これは非常にいいずらいことだが、彼の曲は「時代」と合致しなくなってしまったといえるかもしれない。だが、そう悲観することはない!! どんな時代、どんな分野、どんな国のクリエーターも必ずそういう時がくるのだ。まあ、ごくたまにそうでない天才もいることはいるが。つんくPもわたしのような素人にこんなことをいわれる筋合いはないだろう。わたしには歌を創る才能などこれっぽっちもないのだからわたし自身こんなこといえた義理もない。では、なぜ彼またはモーニング娘。、ハロプロにこだわるかというと、現在はどうかわからぬが良質の「ポップス」を提供できるのは彼等だけしか見当たらないという寂しい!? 現実があるからだ!!!

(つづけ)

|

« 大発汗2号ヴィクトリア亀井、駄菓子で遊ぶことは遊ぶ!!! | Main | オレは天下の名(省エネ)Pつんく♂や!!! ちょっと売れ過ぎたな!?(6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オレは天下の名(省エネ)Pつんく♂や!!! ちょっと売れ過ぎたな!?(5):

« 大発汗2号ヴィクトリア亀井、駄菓子で遊ぶことは遊ぶ!!! | Main | オレは天下の名(省エネ)Pつんく♂や!!! ちょっと売れ過ぎたな!?(6) »