« 世バレと共に去りぬ!? 絵里ちゃんの季節!!! | Main | 『ラブマ』も遠くなりにけり、人気ないほうがファンにはうれしい!?(2) »

『ラブマ』も遠くなりにけり、人気ないほうがファンにはうれしい!?(1)

たまたまテレビをかけたらフジテレビで「FNS歌謡祭」(このタイトルで良かったと思いますが)をやってまして、最近10年のヒット・代表曲を回顧するコーナーが目に飛び込んできました。わたしが見たのは1997年あたり、アップ・フロントの先輩・森高千里さんからだったと思います。や〜、この分だとモーニング娘。『LOVEマシーン』が流れるなと見ていたわけですが、やられました、素通りです!! あややがGAMとして出演していたようですから、『桃色片思い』が映るのは当然としてもこの仕打ち!? ちょっと解せない!! 時代を代表する曲としてこの時期の歌番組には必ず流れていたものです。これも時の流れなのでしょうか? モーニング娘。の現状を見ればパスしようかなという制作側の論理もわかるというもの。まあ、あまり過去を振り返ってもしょうがないことですが、さびしい現実を見せられた思いがしました。

現在発売中の「AERA 臨時増刊アエラ・ロック・ハード AERA ROCK HARD!」になぜか「ベイ・シティ・ローラーズはペ・ヨンジュンである」という安瀬リカさんの記事が載っています。ほぼレッド・ツェッペリン特集の中にアイドル・ロック・バンド=ベイ・シティ・ローラーズの話題があるのはあえて問いません。また、ベイ・シティ・ローラーズについても説明は省きます。その記事にはですね、このベイ・シティ・ローラーズを追っかけ続けるファンの方達の生き様!? というと大げさですが、どれだけベイ・シティ・ローラーズに熱を入れているかが書かれています。

彼等のファンの熱狂ぶりはその当初から知っていますが、今でも日本では根強い人気があるようです。もちろん全盛時に比べれば、その弱体ぶりははっきりしていますけれど。そんな中のひとり私設ファンクラブの女性管理人の方は精力的にベイ・シティ・ローラーズを応援し続けています。10年前たぶん日本のテレビ番組だと思うのですが、彼等が出演する番組に観客として招かれたようです。収録後、ベイ・シティ・ローラーズと交流する時間が設けられてメンバーと直に会い、メンバーの1人スチュワード・ウッドの膝にまで乗ってしまったといいます。その来日時、成田空港ロビーにファンはたった6人!! 人気絶頂時を知るわたしには、びっくりするぐらい少ないファンの出迎えですね。メンバーもファンの名前を知っているらしく、色紙にサインを頼む前に管理人さんの名前を書いてくれたといいます。そして、記事にはこう書いてあります。「こんなにファンが少なくなるまで、大好きでいてよかった。頑張った甲斐があった」と。

ファン心理というものは対象が誰であれ皆同じのようです。少しでも愛してるものに近付きたい!! そんな自分を対象者にわかってもらいたい!! どうですか、みなさんの近くにもいるでしょ!? モーニング娘。握手会に行ったことのあるわたしもそんな方達のひとりでもあるわけです。また、こんなことは莫大に人気のあるうちは許されるものではないですね。おそらく、このベイ・シティ・ローラーズ私設ファンクラブの管理人さんも同じように感じたのでしょう。この言葉どこか屈折しています。でも正直な言葉ではないでしょうか!!!

(つづけ)

|

« 世バレと共に去りぬ!? 絵里ちゃんの季節!!! | Main | 『ラブマ』も遠くなりにけり、人気ないほうがファンにはうれしい!?(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『ラブマ』も遠くなりにけり、人気ないほうがファンにはうれしい!?(1):

» innolife.net大好き innolifeで韓国芸能情報ゲット [innolife.net大好き innolifeで韓国芸能情報ゲット]
innolife.netを知って、ますます韓国情報がラクに手に入るようになりました。 韓国芸能情報満載のinnolife.net通になりませんか! [Read More]

Tracked on December 09, 2006 08:33 AM

« 世バレと共に去りぬ!? 絵里ちゃんの季節!!! | Main | 『ラブマ』も遠くなりにけり、人気ないほうがファンにはうれしい!?(2) »