« December 2006 | Main | February 2007 »

6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(17)

Hellohellobackcovermia470b毎年変化するステージ設定も今回は昨年とほぼ同様のものに。その形は昨年の日記にイラストで紹介してありますのでよろしかったらどうぞ。違うのはメインステージから正面センターサブステージへ、まっすぐ延びた直線の花道ができていることです。前回はセンター席とはいえ、そのど真ん中にいたファンの方にとっては、かえって見ずらかった。それを解消する意味でもこの花道は有効だったですね。まあ、そのおかげでセンター席は左右まっ二つに分かれてしまいましたが。

--「合宿最終日」(ナ)。雪をいただいた富士山が映る。ひとりダンスの練習をする亀井。振りを田中に聞く道重。「いよいよ課題発表の時がやってきました。発表はダンスから行うことになっています」(ナ)。亀井、道重、田中と順に練習する顔を映す。「静かではありますがその表情から彼女達の気迫が感じられます」(ナ)。
--「おはようございます」夏がダンスレッスン場にいる3人にゆっくりと近付く。挨拶する3人。「いよいよだね」と夏、にこやかにいう。「私が緊張しちゃうよね。ここで踊ることがどういう意味だかわかるよね? みじかい稽古期間だったけど昨日と一昨日で勉強したことをここで踊って君達の将来が決まるってことだ」言葉を選びながらゆっくりと話す夏。真剣に聞く3人。
--「よしじゃ」といい3人を集め手を繋ぐ。「もしかしたら」と夏が3人にいいだす。手を繋いだ4人が映るがしばらく沈黙が続く。「おっこっちゃった人には会えないかもしれない」と夏。カメラは亀井、道重、田中の顔を順に映す。「受かった人には会えるけど、落ちた人には会えないので、たった3日間だったけどまた夏と会って踊りが踊れるようにがんばりなさい」ゆっくりと話す夏。「はい」と答える3人。「今日で将来決まるからな。精一杯がんばってやろう。じゃやろう。3人で気合い入れして」というと3人から離れる。亀井、道重、田中の3人は手を繋ぐもやり方がわからず顔を見合わせる。カメラは3人の周りを回って映す。
--さらにカメラは回る。3人は考えあぐねている。
--おもむろに前に進み並ぶ3人。「1万2417名の中から選ばれた彼女達」(ナ)。向かって左から亀井、道重、田中と並び位置につく。「はたしてその成果を十分に出しきることができるのか!!」(ナ)。
--3人を横から撮る。亀井が準備ができたか2人に目配せをする。「お願いします」という3人。スタートの体勢になる。カメラが退く。
--夏の緊張した顔。出だし合図のカウベル風の音が聞こえてくる。横を向く夏。
--CM
--左から亀井、道重、田中の3人を正面から撮る。『Do it! Now』のイントロが流れると同時にダンスに入る3人。亀井が歌いながら(歌うふりだけ以下同様)センターに入る。続いて右にいた田中が歌いながら前に出る。そのままセンターへ。後ろ左道重、右亀井踊る。その後道重が歌いに前へ出てくる。3人のパフォーマンスがしばらく流れる。カメラはセンターで固定映像。音楽が止まると3人のダンスも終わる。左から道重、亀井、田中と並び、体を寄せてひとつになる。
--パンと手を打つ夏。カメラが振られ安堵する3人を映す。スタッフからご苦労さまでしたの声がでる。
--「どうだ。悔いはない感じ?」と3人に近寄り聞く夏。やや微笑む亀井。
--田中、亀井、道重の順で顔のアップが映る。「夏もまた会えるように祈っている」という夏の声を神妙に聞く3人。「たぶん会えなくなっちゃう人もいるから、じゃ〜ねっていったらいいのかもしれないけど、合格したら握手しよう。3日間ご苦労さまでした。午後の歌がんばって、お疲れさまでした」と夏、3人に拍手を送る。それに対し頭を下げる3人。「ひとつの課題を終えた彼女達」(ナ)。その後後ろを向き涙ぐむ。カメラは回りこみその3人をとらえる。涙が流れる亀井。下を向く道重と田中。
--玄関にいる夏のところへ3人は駆け寄る。カメラは後ろから3人を追う。「ありがとうございました」3人夏にいう。まだ涙ぐんでいる亀井、田中。
--夏も言葉がすぐに出ない。「感謝の気持ちを表現できずただただ泣き立ちつくす3人」「しかし、これが不器用な彼女達にとっての最大の感謝の気持ちなのかもしれません」(ナ)。
--「みんながあんだけ一生懸命練習してんの夏は初めて見たよ」やや沈黙が続く。「もっと早くそうすれば良かったのに」「そうすればもっともっと上手になってたよ」「今ぐらい緊張感持って、今ぐらい一生懸命練習したらもっともっと上手になれる」と夏がさとすようにいう。その間も泣き続ける3人が映る。「じゃあ、モーニング娘。になった時会おう!! じゃ〜ね!!」とコートに腕を入れながら笑顔でいう夏。「ありがとうございました」3人頭を軽く下げる。「バイバイ」手を振りながら玄関のガラス戸を開ける夏。それを見送る手前目頭を左手でおさえる亀井、「さよなら」という道重、鼻を右手でおさえる田中。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(16)

Hellohellobackcovererikameiいろいろありました「集結!10th Anniversary」コンサート!! 27日(土)、28日(日)とそれぞれ夜公演に行ってまいりましたので、このテーマの前フリを利用し毎日寸評などを書いていきたいと思います。最初は「転落事故」です。わたしはこの日東スタンドにいましたが事故には気がつきませんでした。普通この手のことは自然と口伝えで耳に入るものですがその気配はなし。開演前の景気付けのハウスミュージック風の音楽が異常に長かったのはそのせいかもしれません。主催者側が様子を計っていたのでしょう。また翌日夜公演ではその音楽がわずかな音量だったのも、あまり観客を煽らないようにするためだったのでしょうね。盛り上がる気持ちはわかりますが、なにごとも節度というものがあります。今は事故に遭われた方へお大事にとしかいえません。

--赤のジャージ姿でマイクを手に持つ田中。「もっとやわらかい感じ、赤い〜」と菅井の指導が始まる。「かたまらないように、広く、あっそこに咲いている。あっ、とそんな感じで歌ってみてくれる」というとピアノの前に座る菅井。歌い始める田中。「もともと歌唱力には定評のある田中」(ナ)。「信じることにするわ〜赤いフリージアァ〜」。
--「もうすぐっとか」菅井、田中の横で腕を使い指導する。「自分の心の中にフリージアを入れてあげないと。できるね。やるね。ではもう1回やってこれで最後です」と菅井いうなり離れる。田中うなずき「お願いします」という。「あっ、ちょっと待ってください。お腹痛くなってきた」と田中やおらいう。苦笑いの田中。菅井が近付く。「あっ、もうなおった」と田中。「はっ? 呼ぶないちいち。ここ遠いんだから!!」と菅井、田中にいう。
--イントロが流れ歌い出す田中。「そのレッスンは感情表現という彼女にとってもっともむずかいものになっていました」(ナ)。「レッスン中笑みを見せたことのなかった田中。はたして彼女は感情表現をものにすることができるのでしょうか」(ナ)。田中の後ろで体を動かしながら歌う菅井。歌う田中と合わせてマイクを持つジェスチャーをする。
--「やっぱ歌詞が飛んだ。ダンスもやばいってね」レッスンの終わった田中、マイクのコードをいじりながらインタビューに答える。
--「少しまちがった歌詞を必死に覚えようとする田中」(ナ)。床にしゃがみ、紙に歌詞を書いている田中。「菅井先生の気持ちに対する彼女なりのアピールかもしれません」(ナ)。
--「さ〜ん〜、はい。目つぶらないで」と菅井、鉛筆を口にはさみマイクを持つ道重にいう。「しっかり見て、俺を。はずかしい? 俺のこと見んの?」と菅井続ける。首を横にふる道重。「だったらちゃんと見なさい。ワン、ツー、はい」菅井、ピアノの音が聞こえる。「歌唱力に難のある道重。菅井先生は彼女の弱点を低音に見定めたようです。先生独特のレッスン法に道重は挑みます」(ナ)。菅井も口に鉛筆をはさみピアノを弾く。道重はメロディーのみで歌う。
--今度は歌詞をつけて歌う。「これとるとなくなっちゃってそれだめ」と菅井。
--再度鉛筆を口にはさみ歌う道重のアップ画像。
--菅井が道重の右手を持って上下させながら指導。
--道重、右腕を斜め上に上げながら歌う。菅井は左腕で同じ動作をしながらピアノを弾く。
--右腕を上げたまま歌う道重にカメラが寄る。
--今度は右手でマイクを持ち自然な体勢で歌う道重。
--続いて左腕を横に伸ばし歌う。
--やや長目にこの映像が続く。菅井のピアノがのって来た。
--「どうやって上げるか気持ちわかってきたね」と演奏するのを止め、道重に聞く菅井。「ず〜と伸ばしっぱなしだとそれ以上伸ばせないから使えなくなる」と菅井。うなずく道重。
--左腕を伸ばし歌う道重。ストップがかかる。「今ちゃんと伸ばさないからでないんでしょ。さん、はい」という菅井。「さん、はあ〜い!!」やや語気が荒くなる菅井。左腕をさらに上げて歌う紺ジャージ姿の道重。
--さらに歌う道重のアップ映像が続く。「この日彼女は1時間以上も腕を上げ歌い続けました」(ナ)。
--歌う道重の顔アップ。歌が安定してきた。「もう一回自分でMDを聞いてタッタ〜〜ンとなっているところとかあるよね。そこ今全部バラバラよ。音とるのが精一杯で。それは自分でMD聞きなさい」と道重に向かい指導する菅井。「はい」とうなずく道重。「こうして彼女のレッスンは終了。はっきりと成長が認められた瞬間でもありました」(ナ)。頭を下げマイクスタンドにマイクをもどす道重。
--レッスン場を引き上げる道重がドアのそばまで来ると「道重。道重。1、2、3ハイ!」といきなり声をかける菅井。ピアノを弾くとそれに合わせて道重が歌いだす。「信じることにするわ〜赤いフリージア〜」。「合格!ハイ お疲れ」と立ち上がりながら道重に手を振る菅井。「ありがとうございました」と頭を下げる道重。
--「でかい声出した。出ちゃった」髪をなで上げながらインタビューに答える道重。「手が痛かった」と腕をさする。
--「すべてのレッスンが終了した合宿3日目。後は明日の課題発表を残すのみとなりました。残されわずかな時間を練習にあてる3人」(ナ)。部屋で歌う亀井。ダンスレッスン場で歌う田中。雪の積もる夜空の下で歌う道重。
--CM

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(15)

このオーディションの課題曲である『赤いフリージア』はメロン記念日の代表曲の1つですけど、いや〜、すばらしいポップソングですね!! メロン記念日の個性が良く出ているかわいい曲で『香水』とともにわたしのお気に入り。現在はメロン記念日もシングルリリースなどが滞って寂しいところですが、今日明日のハロコンではどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです!!

--「彼女達3人は少しずつですが本来の姿を取り戻してきたようです。久しぶりの笑みもこぼれます」(ナ)。話をしながら食事をする3人が映る。
--「そしてレッスン開始数10分前には自主的に振りを確認する前向きな姿勢も見えてきました」(ナ)。ダンスレッスン場で3人振りを練習する。「田中を中心にうまくまとまっている様子です」(ナ)。
--田中が亀井と段取り合わせをする。横で見ている道重。
--「お疲れです!!」とバッグを背に足早に現れ3人に挨拶する夏。「お願いします」と3人会釈する。「練習した?」とイスを取り出しながらいう夏。「今しました…」3人答える。
--「ダラ、ダラ、デュ」といいながら振りをして見せる夏。後ろに映る田中も同じ動きをする。
--「これが最後のダンスレッスン。これまでにない集中力で振りを覚えていきます。夏先生に1歩引いた態度をとってきた3人。しかし、それも今やまったく感じられません」(ナ)。夏が次々と振りの指示を出す。
--「せ〜の」と夏の声。3人は振りのポーズをとる。「もっとシャープに」夏がいう。
--「音に合わせての振りも徐々にさまになってきました」(ナ)。道重が歌い、後ろで亀井、田中が踊る。「多少とまどいはあるものの徐々に彼女達に変化が現れてきました」(ナ)。「ハードなレッスンにも関わらず実に積極的になってきたのです」(ナ)。亀井中央で歌い終わると道重、田中が寄り添ってくる。
--亀井後ろから歌いながら前へ回る。道重、田中が横へ入ってくる。「人一倍大きな声を出して踊っているのは亀井絵里」(ナ)。
--「行くね、いまんところ行くよ」と夏の声も優し気になる。「もう1回教えて下さい」と田中が聞く。「そして昨日返事もできなかった田中は3人の中で一番多くの質問を投げかけていました」(ナ)。
--「自分の表現をアピールするってこと。一番誰よりも強いビームを出そうと思って、自分の目から!! それが最初のカチ、カチ、カチ、ダダ、ダダダとやった時に、いいい?」と夏が3人にいう。「はい」と3人。「その成長ぶりは夏先生をして、わたしを本気にさせた、といわしめたほど」(ナ)。夏の声に合わせ踊る3人、向かって左から亀井、道重、田中。
--「3人は限られた時間で懸命に踊り続けました」(ナ)。マイクを持ち歌う亀井。「その顔つきは昨日にまったく見られなかったものです」(ナ)。懸命に踊る田中の映像。
--「そしてこの日最後の音に合わせての振り確認を迎えました」(ナ)。踊る道重のソロショット。
--スタートの体形でかまえる3人「お願いします」という。「モーニング娘。になるんだよ!!」「大丈夫だよね。アーティストになるんだよ。歌って踊って表現するんだよ。この人達、カメラだと思わないでいいよ。お客さんだと思いな!! この人達」と夏が3人に気合いを入れる。それを真剣に聞く3人。
--カチ、カチと音が鳴る。静止しかまえる3人。『Do it! Now』のイントロが流れ、3人踊り出す。「課題発表は明日。彼女達は最後にして最高のダンスレッスンの時間を過ごしたのです」(ナ)。中央亀井、後ろ左道重、後ろ右田中、きれのあるダンスが続く。
--「お願いします」といいながらボイスレッスン場に入ってきた3人。ピアノの前の菅井も挨拶する。「1人ずつですよね」と菅井。
--「道重一番最後にしたいんですけど」とメガネに手をかけながらいう菅井。カメラが振られ道重の顔を映す。亀井が道重を見る。
--『赤いフリージア』を歌う亀井。「歌詞がリズムに先行する亀井」(ナ)。ピアノが止むと菅井がいう。「その前、そんなやさ〜しさじゃない。やさ〜しさっ」と亀井に歌ってみせる。
--ふたたび左腕を振りながら歌う亀井の映像が続く。「早いぞ」と菅井の声が聞こえる。
--菅井、亀井の横で手を叩きながらリズムをとる。その横で歌う亀井。「する〜わ〜」「信じることにするわ〜」と菅井歌う。
--「まだまだ修正の余地はあるものの実に楽しそうに歌っています」(ナ)。亀井の歌う姿がしばらく流れる。
--「覚えたから、なんだろ、自信ってわけじゃないけど、まあ、堂々として歌えるかなとは思って歌ってたから、それに最後のレッスンだったから……なんかがんばろうっと思ったから。人前で出んのがはずかしいっていうか、あんまり苦手。なんかわかんないけどカメラ持ってるからとか、それもあるけどカメラもあるしスタッフの人もいるし、そん中でも普通に歌えたから、1回大きな声を出しちゃえば平気だなって。先生から怒られるから出すじゃなくて、出したいって思ったから、そのへんは少しずつ強くなった気がする」夜、民宿の部屋で、こたつに入りながらレッスンの感想をいう亀井のアップ画像が続く。とつとつと話す合間には笑顔がのぞく。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(14)

菅井先生のボイスレッスン初日の熱血(熱涙!?)指導は、この番組の中でも印象に残るもののひとつでした。3人も別世界に来たような感じだったはず。でも、夏先生もそうですが、いっていることに間違いはありません。もし、このオーディションに落ちたとしても、それはいつか社会に出た時に役にたつことでしょう。いい勉強させてもらってますね、3人は。

--3人落ち込んだ様子で食事をしている。「今日という1日は彼女達にどう映ったのでしょうか?」(ナ)。
--民宿の部屋でこたつに入り歌の練習をする亀井。お膳に紙を広げ書き物をしている田中。寝転びテープを聞く道重、やおら起き上がり紙に書き始める。「レッスン的には進歩こそしなかったものの彼女達にとって大きな変化をもたらす貴重な1日となったのです」(ナ)。
--「合宿3日目」(ナ)。ボイスレッスン場でひとり座り歌の練習をする亀井。「この日も雪でジョギングが不可能なためその時間を彼女達は自主練習にあてました」(ナ)。ダンスレッスン場でひとり歌う田中。「レッスンできる日にちは今日が最後。そう、この日をどう過ごすかで彼女達の運命が決まってしまうのです」(ナ)。ジャージ姿の道重、部屋で歌いながらダンスの振りをする。
--ダンスレッスン場で夏といる3人。カメラ手前から田中、亀井、道重。「もう、モーニング娘。なれるかなれないかオーディションなので、え〜モーニング娘。と同じつけかたをしていくから、それについていけない人はモーニング娘。になれないということで、がんばって努力して覚えていくように」と夏が3人に告げる。
--右田中、左亀井、奥中央に道重の体形になる。
--「ワン、ダダ、ダダダ」と夏がいうと両腕を振り上げる。後ろの3人も続く。「ダンスレッスンの時間は午前午後それぞれ3時間しかありません。その限られた中で課題曲の振りを習得せねばなりません」(ナ)。
--夏の指導で踊る3人の映像が続く。
--「音楽に合わせて振りの確認」(ナ)。『Do it! Now』のイントロが流れると3人動き出す。中央の道重の動きがない。踊るのを止めた田中と顔を見合わす。田中が道重に教える。「課題発表は明日。こんな調子で彼女達は大丈夫なのでしょうか?」(ナ)。
--道重前に出て歌う。後ろでは亀井、田中が踊っている。音楽が止まり、ダンスを止めた3人に夏がいう。「この振り忘れないでおいてください」。「はい」3人がいう。カメラがふられ夏のアップとなる。「この後、後半続きをつけにいきます午後。もう見ないでここは」と夏が続ける。「3人に時間はありません。続けざまにボイスレッスンへ」(ナ)。
--ボイスレッスン場で座りながら書類を見つめる道重。カメラが振られると『赤いフリージア』を歌っている亀井の映像となる。「歌詞がどうしてもリズムの前に出てしまう亀井絵里」(ナ)。小刻みに体をゆすりながらリズムをとる亀井。
--「自分に中で合いの手を打つの。あ〜なたのあいは、んっ、おみ、それはうんがうっだけいって終わっちゃうから、うんまであるの」と菅井手拍子を打ちながら教える。
--菅井の鋭い眼差しが田中に向けられる。カメラがふられると田中の歌う姿が映る。「昨日とはうって変わり、メロディーをしっかり覚えてきた田中。もともと彼女には歌唱力に定評があります」(ナ)。
--「るっていう時に巻き舌入れる。るるっ」と菅井の指示が出る。「るるっ」という田中。「ラッァ〜メンとか」いえるかと菅井。
--ふたたび指示どおり歌い出す田中。「わかったぁ。こうしたらできると思ったら素直にね。そういわれたからそうしようと思ってやったらあなたの身になるのよ。あなたの財産だよこれ。いい、人は強くなければ生きていけないのあなたみたいに。でも、素直に聞き入れなければ自分の成長はないの」とさとす菅井。それを聞く田中のアップ。
--「彼女の課題はいわずと知れた歌唱力」(ナ)。マイクを持ち歌う道重。菅井の指示で左耳を押さえながら歌う。
--「午後までにここだけ直してください。な〜とものなの音程」イスによりかかりいう菅井。
--「もう1回言って下さい」と鉛筆を持ちいう道重。「なんでもう1回いわないとわからないの。なに聞いているのいつも」と菅井の声が聞こえる。「昨日の反省を大きな声を出すという形でレッスンに挑んだものの歌のほとんどを修正と指摘されてしまいました」(ナ)。道重のアップ画像のバックに菅井の歌う声が響く。
--「はい、午後までに覚えてくださいね」という菅井、レッスン場を後にする。「ありがとうございました」と道重。
--雪の積もる屋外に出る道重、歌の練習をする。「信じることにするわ〜赤いフリージアァ〜」。「大きな声としっかりした音程を。外に出ても声を出すことを止めない道重」(ナ)。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(13)

モーニング娘。が涙を流すのは、なにもオーディション合宿の時だけではないようです。現在でも「〜そういう風に落ち込むことは、今でもあるんです。この間も、誰にも言わずにトイレで泣いていたらカメ(亀井絵里)が探しにきて、そばにいてくれたんですよ。その時は、嬉しくて余計に泣いちゃいましたね(笑)」というのは「B.L.T.3月号」でのガキさんです。この話を聞いたわたしも涙が……!?

--「さん、はい!!」田中の横に立ち、腕を使いカウントをとる菅井。「タイミング良くかぁ〜てくる〜」と菅井が歌い、それに合わせて田中も歌う。田中の腹を押さえる菅井。「ちょっと苦しいぃ!!」と叫ぶ菅井。「ワン、ツー、はい!!」菅井が導くも歌わない田中。不機嫌な顔になる菅井。
--ピアノのイスに座り田中と向き合う菅井。やや沈黙が続いた後菅井が口を開く。「仕事だと思ってる、オレの? 仕事じゃないよ。オレはモーニング娘。がすごく好きなの。そこに新しく入ってくる人を育てたいの。でも、あなたにその気がないんなら自分でやりなさい。いくらでもカラオケ使えばできるでしょ。音楽を甘く見ないでください。みんなあそこにのっている人達がどれだけ毎日大変なレッスンしてるかあなたにはわからないでしょう!! 自分もせっかくこうやってレッスンに来れることを感謝しなさい、親にも!! 自分がなりたくて来たんでしょ!! 誰かになれっていわれて来たの?」菅井ここまでいうとメガネをとり涙を拭う。田中は唇を噛みしめ聞いている。
--「自分が輝きたいからでしょ!!」田中の顔のアップが続き菅井の言葉が流れる。「それにはどれだけキラキラしたものの後ろにさぁ〜つらいことがあるかわかる? あなたそのつらさを今乗り越えなきゃだめだよ!! 楽しいだけで終わっちゃだめ!! そんだけいい才能持っているんだから。今のが僕は一番許せない!!」。「先生の涙は田中に届いているんでしょうか?」(ナ)。
--「なんか学校の先生と違う教え方っていうか。なんか違う。気持ちが入っているっていうか、さっき涙流してた」「なんか頭ごちゃごちゃでわからん」とインタビューに答える田中。
--「そして最後は道重さゆみ」(ナ)。「お願いします」という道重。「お願いします」1音ずつハッキリいう菅井。「はっきりしゃべるためにはゆっくりちゃんと発声しなきゃ。お願いします」右手で口から声を出すゼスチャーをする菅井。「お願いします」注意どおりいう道重。
--「歌唱力に問題があるため発声練習からスタートです」(ナ)。菅井のピアノに合わせ発声する道重。「にゃ〜おって猫みたいにいえる?」と聞く菅井。「言えません…」と道重のアップ。「言えない。じゃ結構です」「いえあおう」とピアノに合わせ声を出す菅井。道重も続く。ピアノの音程が上がる。立ち上がる菅井、道重に「にゃ〜〜お」という。
--「にゃ〜〜お!!」声が高くなる菅井。「にゃ〜お」道重。「さん、はい」と菅井の合図で「いえあおう」と歌う道重。「できませんではなく、できるように努力しなさい。努力する気がないならすぐここから出て行きなさい!!」菅井立ち上がり道重に告げる。「にゃ〜〜お!!」と繰り返す菅井。道重も続く「いえあおう」。「にゃおってせっかくやったのに、にゃおってぽとんとやったらおもしろくないじゃない。にゃ〜お!!」頬に両手をあてて説明する菅井。呆然とそれをみる道重。「だからさあ、やってさぁあなた私の芸を見にきてるわけ? 違うでしょあなたがやることを私が教えてあげてるんでしょ(聞きとり不明)あなたにサービスしなきゃいけないの!! こうやったら自分でやるのよ。そのためのレッスンでしょ!! レッスンってわかってます? なにしに来てるかわかってますよね!!」と菅井まくしたてる。呆気にとられる道重。
--道重の顔のアップが続く。さらに菅井がいう。「歌うまくなるためじゃないの!! なんでうまくなりたいの?」。「モーニング娘。になりたい」と小さな声でいう道重。「なんでモーニング娘。になりたいの?」。「好きだから」と道重。「好きだからでしょ!! 好きなためになんで努力しないの? できませんじゃないよ!! やるのよ、好きだったら!! そんなもの好きなうちに入んないよ!! 入りたいでしょ、行くよ!!」と菅井いい終わるとピアノを弾く。それに合わせて発声するも涙と鼻水で歌えない道重。「にゃ〜お!!」菅井は続ける。「にゃ」とそこまでいうと涙を拭う道重、鼻はもう赤くなっている。
--CM
--左手で涙をおさえる道重。「にゃおいえる?」静かにいう菅井。それにうなずく道重。しかし、もう声は出ない。菅井に勧められてイスに座る。「ちょっと、なにか温かいもの持ってきてあげてもらえます?」とそばにいるスタッフにいう菅井。「結局この日歌を歌えずレッスンは終了。貴重な時間をできないの一言で終わらせてしまったのです」(ナ)。涙が止まらず手でそれを拭う道重の横顔が映り続ける。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(12)

やっぱり女の子の泣いている姿を見るのは胸が痛みますね。この後も3人、番組の餌食!? になってしまうわけですが、彼女達なりに一生懸命やっているだけに「もうやめてぇ〜〜」なんて思っちゃう。そこが制作上の付け目ですかね。このあたりからスタジオで3人の様子を見ているモーニング娘。達も深刻な表情に……。

--さらに進むと広い板張りのレッスン場が映る。その部屋のほぼ中央にピアノが置かれ菅井先生(以下「先生」は省略します)が3人を待っている。「僕もおっきな声で話ますので、挨拶ぐらいできますよね。あなた達にできることはそのぐらいだからおっきな声出す」とピアノに寄りかかりながらいう菅井。「はい」と返事をする3人。カメラ手前から亀井、道重、田中が映る。「まず自分から自己紹介します。今日と明日の2日みじかい時間ですけど3人のボイストレーニングを担当します菅井です。よろしくお願いします」と頭を下げる菅井。「ここで彼女達を待っていたのは菅井英憲先生」(ナ)。
--メロン記念日の『赤いフリージア』のPVが流れる中、菅井の経歴がナレーションによって語られる。
--「ではここに少し離れて」と上着を脱ぐと3人に広がるよう指示を出す菅井。「ここに座っちゃいます」というと床にあぐらをかく菅井。3人向かって右から亀井、道重、田中と並び同じように座る。「あぐらをかけますか!!」と菅井。
--そのまま上半身を前に倒す。3人も同じ動作をする。「声の基本。発声練習からスタート」(ナ)。
--腕を上げ伸びをする3人。「吐いて〜、はい、吸って〜」と体を折り曲げる菅井。3人も続く。
--「は、は、はは、ははは〜は〜」声を出す3人が鏡に映る。「しゃばだばははは〜」と菅井のピアノに合わせ声を出す3人。「3人の元気のない反応。ダンスレッスンと同様の状態で時は経ち個別のレッスンに進んで行きました」(ナ)。
--「まずは亀井絵里」(ナ)。亀井の胸から上のショット。「信じることに〜するわ〜赤いフリージア〜」と体を上下にタイミングをとりながら歌う亀井。『赤いフリージア』のカラオケが流れている。「つんくPいわく彼女個別の課題はリズム感。どうしても歌詞がリズムより先行してしまいます」(ナ)。途中から菅井の手拍子が加わる。
--歌い続ける亀井のそばに近寄ってくる菅井。「早い!!」というと手を叩きリズムをとる菅井、亀井の顔を見る。さらに背中を叩きながらリズムを伝える。「ブレス!! ブレス!!」息継ぎの指示を出す菅井。「笑うな!! ブレス!!」と叫ぶ。
--「息をあんた今日ずぅっと最初から最後まで見たけど、ここで吸えてないの」というと亀井の胸を指す菅井。「ここで吸うから、へっ、へって、はってすぐ声出ちゃうの」菅井は胸より上を指すと、亀井の発声の真似をする。「信じる〜っ、はっ、赤い〜、はっ、フリ〜ジア〜。ぜんぜん先走っちゃうじゃん。ここで吸えなかったらあんたのそれは直らないよ」というと亀井の前を通り過ぎる。「はい」と答える亀井。
--「なんか、思ったとおりできませんでした」「覚えてきたっていうのはいい訳だった」「のんびりしすぎだった。自由時間とか眠いとかいってたけどそんなこといっている場合じゃないだろうってとこ」と部屋に戻りぽつりぽつりという亀井のアップ画像が続く。
--「続いては田中麗奈。もともと彼女は歌唱力に定評があります」(ナ)。エレキピアノを前に菅井。その向かいに田中。カラオケのイントロが流れるも出だしに失敗する田中。「もう一回ね」と菅井。「信じる〜ことにするわ〜」と歌い出すも、歌詞が飛び中断。歌詞の書かれた紙を見ることを菅井がうながす。「あなたの愛は〜」と歌うがおぼつかない田中。「待てよ!!」の菅井の声。
--CM
--「待てよ、何?」と音を止め田中に聞く菅井。「わかんないの?」と続く。「さっきはちゃんと歌ていたんですけどここに来たらわからなくなっちゃって」と田中、小さい声でいう。「はあ? 今日ボイストレーニングあるってわかってたよね? 今日教えてくれると思ったの? 今日までに、なんていわれてた。音楽もメロディーもでしょ!! 覚えられなかったの? あなたがこれしっかりかーっと歌えるようになっても違うと思うけどね。でもここまで逆に歌えないと思わなかったけどね!!」と菅井腕組みをしいい放つ。沈黙する田中。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(11)

徐々にこのダンスレッスン場の夏先生と3人の間に不穏な空気が漂い始めますね。見てるほうもドキドキ!! このへんが「問題児」といわれる由縁ですか。普通問題児というと手が付けられない暴れん坊といったイメージなのに、この3人はそれとは正反対。わかっちゃいるけどどうなるのやら!? 

--3人歌いながら踊るも声は小さい。
--苦笑いを浮かべながら3人に背向ける夏。振り返りいう「私が言っていることは聞こえてる?」やや強い調子の声。無言の3人。「私の言っていることが田中と亀井と道重には聞こえていますか?」もう一度強い調子で3人に聞く。頭をうなだれる夏。「はい」3人の声は小さい。「さっきここで座ってお話しました。なんて言われましたか? 3つぐらい言いました、1つずつ言ってください」と夏。その間、カメラは1カットで回り続ける。田中に前に進む夏。「挨拶をしよう」と田中。亀井の前に進む夏。「歌いながら踊る」と亀井。道重の前に進む夏。答えようとする道重、間があく。カメラは道重の顔をアップにする。答えは出ない。
--「思い出した?」と夏。「返事をする」と道重が答える。もっといったというが「今みんなが覚えていた3つだけでいいや。その3つだけやれば夏はちゃんと踊り教えてあげる。その3つできなければ教えてあげられない。この3つはやるって約束して」と夏。その間カメラは1人1人を映していく。「約束できる人? できない人?」。3人の反応はない。「人 いない ここに人がいなかった」というときびすを返し「誰もいないんだ、ここには!!」と捨て台詞をいいながら資料をバッグに入れ帰り仕度をする夏。それを見ている3人。やや間をおいて亀井が口を開く。「できます 夏先生できます」、が声が小さく夏には聞こえないようだ。亀井のアップが続く。唇を噛む亀井。汗を拭う道重。目がうつろな田中。「夏先生の質問になにも答えない3人。夏先生は無言でレッスン場を後にします」(ナ)。それを見た3人は夏の後を追う。それをカメラも追う。玄関で靴を履く夏に亀井がいう。「夏先生 約束できます」。「約束できる!!」と夏。3人の真剣な表情を映す。「国語の勉強しようね。約束の次にくる言葉はなに? 約束を守るだね」「約束守ってよ」と夏。うなずく3人。
--ダンスレッスンが再開される。踊る3人。「今歌ってた人?」とダンスを中断して夏が聞く。3人しまったという顔をする。「約束したにもかかわらず声に出して歌わなかった3人」(ナ)。3人を見、その後下を向く夏、あきれたという表情を見せる。「失望する夏先生。しかし、それでも先生はレッスンを続けました」(ナ)。
--民宿の部屋にいる亀井を背後から映す。横に回るとタオルで顔を覆いすすり泣いている。「モーニング娘。になりたいと思っているのに夏先生にそれが伝わらなかったっていうのが…情けないというのか…」とインタビューに答える。「涙にむせぶ亀井。どうやら自分のふがいなさを反省しているようです。その一方で田中は前向きに事態をとらえていました」(ナ)。
--「なんか体重い。でも明日またダンスレッスンあるじゃないですか。それまでに今日覚えて夏先生にちゃんと踊れるところを見せられたらいいなって」と屋外でインタビューに答える田中。
--「今日ぜんぜん踊れなかったから…」とうつむき答える道重。雪の残る屋外でインタビューに答える。
--「考え方は三者三様。しかし、元気のない様子を見ると3人とも反省はしているようです」(ナ)。部屋でこたつに入りつっぷしている亀井、田中。それを見ている道重。
--「午後からボイスレッスン。課題曲『赤いフリージア』のレッスンに加え3人個別に課題が与えられています」(ナ)。ボイスレッスン場の扉を開けて入っていく3人。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(10)

たしかにこの3人初対面から「馬が合う」というのか、結構仲良く行動していますね。性格的にみな違うところが返ってそうしているのでしょう。まあ、モーニング娘。のオーディション合宿としてはどうなんだ? といえるかもしれませんが、その性格も考慮してつんくPは3人を選んだともいえますね。

--「ご存じ夏まゆみ先生」(ナ)。ここで『Do it! Now』のPVが流れ夏先生(以下「先生」は省略いたします)とモーニング娘。の関係が語られる。「モーニング娘。の楽曲のすべてを担当。モーニング娘。の成長を見続け、今や日本を代表する先生です」(ナ)。
--「じゃぁ、名前を聞かせてください」という夏。田中がうながすも名前をいう順番を譲り合う3人。しばしの沈黙が流れ顔を見合わせる。亀井の目線で道重が名前をいう「道重さゆみです」。それに対し「聞こえない」という夏。「道重さゆみです」と大きくいう。「道重、なに?」と夏、道重に近付く。「さゆみちゃん。はい、よろしくお願いします」と夏。「亀井絵里です。よろしくお願いします」と亀井、頭を下げる。「はい、よろしくお願いします」。「田中麗奈です。よろしくお願いします」と田中、頭を下げる。「はい、よろしくお願いします」と夏。「これからダンスレッスンやるのわかる?」と夏。「準備してください」と3人にいう。
--3人ジャージなどの姿に。横1列に向かって左が道重、中央亀井、右田中と並ぶ。「リズムの取り方の練習をします」という夏の声だけが聞こえる。カメラが右に動き夏が映る。「16ビートってわかる?」夏が3人に聞く。「音を数えるのに1、2、3、4って数えます。いいい?」と説明する夏。無言の3人。
--「ちゃんとリズムを取って行くために1、2、と普通のカウントの2倍取っていくのね。それ16ビートっていうんだけどモーニング娘。のダンスの基本です」とさらに説明を続ける夏。
--「エン、エン、エン」と道重と亀井の間に入りタイミングを取りながら体を左右に動かす夏。そして3人も同じ動作をする。「田中、合ってる?」と夏がいう。動きが止まる田中。「田中っていない? この中に」返事のないことに再度いう夏。「田中っていなかったけ?」夏、ダンスを止め前に出る。「間違えてる?」。「いや、間違えいません」とそれに応える田中。「ごめん、名前呼んだら返事してくれる」と夏がいう。
--「ダンスレッスンといってもすぐに振り付けの練習をするわけにはいきません」(ナ)。夏のカウントで基礎的な動きを練習する3人。
--「振りに必要なステップ3パターンを短時間で習得しなければなりません」(ナ)。3人揃いで左右動きながらのレッスンを繰り返す。
--「今の大丈夫?」と動き終わった3人に聞く夏。返事を譲り合う3人、顔を見合わせる。沈黙が続く。足を投げ出す夏。「もう1回聞くね。今の大丈夫?」やや不満な顔が映る。
--カメラ位置が反対になり手前から田中、亀井、道重。『Do it! Now』を流しながら踊る。音楽が止まり、ダンスを中断する3人、袖をまくり上げる。「少しゼイゼイしてきた?」といいながら夏が近付いて来る。「休憩しようぜ」と夏、車座になり座る4人。
--CM
--「いいこと教えてあげる。芸能界では子供でも大人の常識を覚えていかないとダメ。だから必ずあいさつして、大きい声で、出来る?」と夏、さとすようにいう。道重のアップ。「それから返事をする」。亀井の真剣な顔が映る。「名前を呼ばれたら返事をする。それから人に教わる時はお願いしますっていう」「終わったら、ありがとうございましたっていう」「わたしの場合は、お話しをする時は目を見てちゃんとお返事して欲しい」と夏は続ける。それを聞く田中のアップ。
--「踊りよりそっち(礼儀)の方が大事だからな」と田中に顔を向けながらいう夏。
--ダンスレッスンを再開する。夏の歌に合わせて3人が踊る。「歌いながらやったほうが絶対覚えられるから」とアドバイスする夏。
--「カウントで踊るわけじゃなくて、みんなはダンサーになるわけじゃなくて、モーニング娘。になるだろう。ということは歌って踊れないとダメだから。歌いながら踊りな。行くよ!!」やや苦笑いの夏。呆然と聞く3人。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(9)

絵里ちゃん、さゆ、れいな3人の合宿の様子を見つめるモーニング娘。達の顔は、各期によって違うものがあるように見えます。カオリンとなっちは「あ〜またやってるわ」みたいなリラックスした雰囲気。圭ちゃんと矢口さんは眼光鋭く見つめています。4期の4人は一種の余裕ですかね、楽しそう。5期は4人とも「どんな子達なんだろう?」と真剣な面持ち。これはあくまでわたしの主観ですが、だいたいこんな様子です。

--「次の日からレッスン漬け。事実上この日はなにもありません」(ナ)。宿泊所となっている民宿へ入る3人。
--部屋に案内される。スタッフに「夕食までまだ時間があるから歌の練習とかしていいですからね」といわれる。「スタッフの忠告がまったく聞こえていないようですが一応こんな形でカメラに記録されていました」(ナ)。部屋のすみに荷物を置く3人。
--こたつに入った3人を上から撮っている映像が流れる。「何かフリージアってそれだけが覚えられない」と道重。「ブリーチ?」と田中が聞く。「リフレインって言っちゃう…」亀井が続く。「フレージア?」田中。「歌うと?ナニで歌うと?」田中。「どうやって歌うの?ウォークマン…」亀井。「片方だけして」田中。「せーので押すの?」亀井。「あっそうか!」田中。「バカやんどうしよー」「せーので押して」田中。「合うかな…」亀井。「恥ずかしくない」田中。「せーの?ので押すの?」亀井が田中に聞く。「の?」田中。「せーの」田中、亀井、道重。「あっごめんなさい 間違えた!!」と道重すっとんきょうにいう。「一見のんびりと過ごしているように見える3人。しかし、実は心の奥底では燃えているようです」(ナ)。
--「モーニング娘。ってテレビとかで見ていると輝いているっていうのかな、それで自分も入りたいと思って。やっぱり自分で自分を変えないとまわりが変わったって自分が変わるわけじゃないから。ん〜自分を変えて輝く!!」とこたつに入り静かに語る亀井。
--「どんどん考えると悪い方に考えて悲しくなってくるけんね。それが麗奈の悪い所。悪い方に考えないで何でも自信持ってやってみたいなぁ〜とは思う。」とこたつに入り指を動かしながら考え考え話す田中。
--「行動を速くして 早寝 早起き」と語る真剣な顔の道重。
--布団の中で寝ている思われる3人、修学旅行のようだとの声が聞こえる。手前に3人の布団、奥にこたつ、さらに着ていたものがハンガーに吊るされている部屋の映像が映る。「合宿に際ししっかりした志はあるものの、やはりどこかのんびりモードの3人」(ナ)。
--「合宿2日目」(ナ)。朝の民宿全景、夜が明けてすぐの映像。
--「スケジュールでは早朝マラソンとなっています。しかし、この日は大雪のため走れる状態ではありませんでした」(ナ)。雪道を歩く3人。
--「仕方なく彼女達は湖にやって来ました」(ナ)。朝焼けの山が見える湖に来た3人の映像が流れる。
--湖のほとりで並ぶ3人。手前田中、亀井、道重の順。湖に向かって叫ぶ。「せ〜の」と田中が音頭をとる。「寒い〜」と亀井、道重。3人爆笑!!
--「予定どおりに朝食。この後すぐにレッスンが始まるというのに3人はまたもやのんびり。こんな調子で大丈夫なんでしょうか」(ナ)。話をしながら朝食を食べる3人の映像。
--「そして彼女達はいよいよ本格的にレッスンに突入」(ナ)。レッスン場の玄関、入る3人。
--「まずダンスレッスン。ダンスといえば、そうこの人が待っていました」(ナ)。さらに3人奥へ進むと広い板ばりのレッスンルームが見える。右にはピアノもある。一番奥でストレッチをしながら待っている夏先生。
--彼女達を見つけた夏先生は3人に近付くと腕時計を見る。「夏です。よろしくお願いします」と挨拶する。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(8)

ここで話題になった2002年の紅白歌合戦は、モーニング娘。、あやや、ミキティー(なんと完全3枠)のみでなくつんくPにとってもこれまでの作詞・作曲家生活の中で最良の紅白だったはずです。というのも、トップで歌うミキティーの『ロマンティック浮かれモード』、あややの『Yeah! めっちゃホリディ』、モーニング娘。の『ここにいるぜぇ!そうだ!We're ALIVE 2002 ver.』、さらにトリだったはずの五木ひろしさんの『おふくろの子守歌』と全部で4曲、モーニング娘。のメドレーを1曲づつと換算すれは計5曲!! 1回の紅白でここまで自作が歌われた作詞・作曲家はいないはず(たぶん)。しかもトップとトリという正につんくPのためにあったような紅白歌合戦でした。しかし、そんないいことは長くは続きません。その後の体たらくはご覧のとおり。

--「というわけで一足お先に6期メンバーになる藤本美貴登場!!」(ナ)。特設ステージのあるスタジオからの映像に変わる。中央にあるモニターが上がりそこには藤本が白いパンツルックで待っている。その階段の下にはモーニング娘。のメンバー達が2つに分かれて拍手で藤本を迎える。
--階段を降りる藤本を俯瞰で撮った画像が続く。3つのモニターは藤本美貴の文字から藤本の画像に変わる。「彼女のモーニング娘。入りの知られざる全貌を告白です!!」とナレーションがかぶる。さらに徳光さんがいう。「春には正式メンバーとなる彼女、藤本美貴さんです」。
--中央に進み会釈し徳光さんの横へ並ぶ藤本。
--「自分の見てた? オーディションの時の?」と徳光さんが聞く。「ねえ〜」と相づちを打つ藤本。「ずいぶん雰囲気が違うよね」とモーニング娘。に聞く徳光さん。さらに、つんくPからモーニング娘。入りを聞かされた感想を聞く。
--「す〜ごいびっくりしましたね!!」と驚く藤本の顔アップ。そして足もとから上へカメラが藤本の全身を映す。「びっくりする以外考えられなくて。でもすごい楽しめたらいいな」と答える。
--「新メンバーというより転校生みたいだよね」と徳光さん。「でも今までにないパターン」と矢口がいう。
--「藤本美貴というブランドでも今後活躍するんだもんね。そういう意味でモー娘。に入ることによってより以上のパワーをもらったりとか」と徳光さんが藤本に語りかける。「そうですね。パワーもらってソロでもモーニングとしてもがんばっていきたいと思います」と答える藤本。
--「で、今度は新メンバー・オーディションの方へ目を向けますと、まあ、カオリンすごいことになっていますね」と話題を変える徳光さん。「若いっすよね!!」と答える飯田。
--合宿に参加したひとくせもふたくせもある3人の様子をこれから紹介すると徳光さんが番組を進行。「怒濤の合宿の模様をご覧ください!!」の言葉が告げられる。
--3つの巨大モニターには「3」「2」「1」の文字が映って行く。
--黒地の画面に小さな文字で「問題児2003」とある。以後合宿取材のVTRに変わる。
--「これから合宿へ出発。その集合場所に3人が集まって来ました」(ナ)。すでに控え室で待っている亀井。そこへ道重が入って来る。最後は田中、大きなバッグを手に入って来る。
--「これからこの3人は3泊4日を一緒に過ごすことになるのです」(ナ)。
--イスに座っている3人に課題が書かれた書類が渡される。「課題1 ダンス モーニング娘。『Do it! Now』」、3人でひとつのダンスを完成させること。「課題2 歌 メロン記念日『赤いフリージア』」、1月29日発売のため彼女達は初め聞くことになる。さらに早朝ジョギングもある過酷な合宿だとナレーションはいう。
--「う〜ん、怒られる事とかあるかも知れないけど(合宿)のスケジュール見て楽しみだなと思いました。歌のレッスンとかちゃんとしたことないから変われたらいいなぁとか」と局の通路で意気込みを静かに語る亀井。不安と期待が入り交じる表情が映る。
--「歌詞全部覚えるんですよね音楽も。ヤバイけど大丈夫と思う」と語る田中。やや余裕の表情。
--「あの〜ジョギングって何キロ走るんですか?」と少しなまりのある言葉で聞く道重。局の通路でおっとりいう。
--小型バスで移動中の3人をとらえた映像。「過酷な合宿を前にマイペースなコメントを残した3人。これから合宿だというのに移動中のバスで熟睡!! そのマイペースぶりがうかがえます」(ナ)。前屈みに寝ている亀井の映像が映る。耳にイヤフォンを付けているが道重も寝ている。田中の寝ている姿もシートのすきまから撮られている。
--「東京から3時間かけてやって来たここは山梨県河口湖。午後5時だというのにあたりは真っ暗闇です」(ナ)。バスから降り雪の中を歩き出す3人の映像が続く。「通常、心細くなる環境ですが3人はまったくもって楽しんでいる様子!!」(ナ)。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(7)

Mikifujimoto0403utb200いよいよミキティーのモーニング娘。入りの過程が番組で流れます。そこでミキティーの話題はないかと「モーニング娘。バイブル2 言いたいこと全部。」という本をあらためて見直していたらですね、ミキティーの紹介ページにびっくりしました!! なんと彼女、この2000年のモーニング娘。オーディションの他に「avex dream 2000」というオーディションも受けていて、27万人の応募者の中から最終選考の24人まで残ったという実績があったというのです。そうでしょうね、第4期オーディションで映るミキティーは歌もうまいし、容姿が整っている!! さらに、「目力」ともいえる強烈なオーラも放っていた!! そんな彼女を神は見捨てなかった、といったところでしょうか。

--「では1人目!!」(ナ)。
--第1次審査用に送られた歌う亀井のビデオ画像が流れる。自宅の1室で撮られた思われる。
--第2・3次審査時の亀井の画像につんくPの亀井評がかぶる。亀井は辻、加護同様リズムに対して前のめりになると指摘。練習によってこれは修正されるだろうという。
--「亀井絵里、3人合宿行き決定です!!」(ナ)。
--「では2人目!!」(ナ)。
--第1次審査用に送られた歌う田中のビデオ画像が流れる。
--第2・3次審査時の田中の画像につんくPの田中評がかぶる。過去のモーニング娘。合格者達と同様だんだん良くなってくるという理想に近いパターンだと語る。
--「田中麗奈、3人合宿行き決定です!!」(ナ)。
--「さあ、最後3人目!!」(ナ)。
--第1次審査用に送られた歌う道重のビデオ画像が流れる。自宅の1室で撮られた思われる。
--第2・3次審査時の道重の画像につんくPの道重評がかぶる。歌はうまくないがマイクに向かう姿勢、眼差しなど彼女の向いている方向が力強い。歌に関しては努力していけば問題ないと語る。
--「道重さゆみ、3人合宿ではいったいどんな姿を見せてくれるのか!!」(ナ)
--3人別々の手段でテレビ東京へ向かう映像が流れる。「3人が合宿の集合場所へ。お互い誰が選ばれているのかわからない状態。さらにこの時、この人の存在も知らなかったのです!!」(ナ)。
--藤本のモーニング娘。入りの経過がナレーションで語られる。画面はスポーツ新聞各紙。『ボーイフレンド』のPVが映る。
--2002年12月31日「第53回NHK紅白歌合戦」出演時、『ロマンティック浮かれモード』を歌う藤本のステージ映像。バックダンサーにはモーニング娘。から石川、吉澤、辻、加護、高橋、紺野、小川、新垣。
--紅白の楽屋裏通路を歩く藤本。「あれはこの直後、彼女に伝えられたのです!!」(ナ)。
--「緊張したけど楽しかったです」とタクシーの中で紅白出場の感想をスタッフにいう藤本。提供スポンサーのロゴが画面に重なる。
--その後事務所の1室で待つ藤本。そこへつんくPが入ってくる。
--「一番トップバッター、かっこ良かったやんか」と藤本をねぎらうつんくP。続けて「この春ぐらいからのモーニング娘。のメンバーになってもらおうかなと」と藤本に告げるつんくP。言葉は静かだ。
--「えっえっ!! どうしてですか!?」と驚く藤本の顔のアップ。「驚きが隠せない藤本」とナレーションで追い打ちをかける。「しかし、これは必然な出来事だったのかもしれません」「実は彼女、あんなシーンにいたのです」(ナ)。
--2000年モー娘。第4期オーディション時の藤本の画像が映る。スタジオに入って来る藤本。マイクを手に取り「511番藤本美貴です」と自己紹介する。
--歌う藤本。セミロングの髪形が印象的。「歌唱力とルックスに高い評価を得ていました。そう、もしかしたらモーニング娘。になっていたかもしれませんでした!!」(ナ)。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(6)

あの、これですね、やってみると凄く時間がかかりそう!? 今頃気が付いてます!! やってておもしろいからいいんですが、あまり長くなるのもなんなので少しピッチを上げて行きましょう。前の番組と重複するシーンもありますから、そのへんは多少はしょって書いていきます。では。

●「日曜ビッグバラエティ LOVEオーディション モーニング娘。新メンバー大決定!!!」
--7時の時報ととともに黒地画面に小さく番組タイトルロゴが映る。「すべてはここから始まった!!」(ナレーション、以下ナレーションの言葉は「 」の後に(ナ)と表記します)
--「ここらへんで第6期募集したいなと」と語るつんくPの顔のアップ画像。
--第1次審査ビデオオーディションから第2次審査(歌と面接)の模様が映る。そのオーディションの印象を語るつんくP。
--さらに第3次審査(レコーディングと直接面談)の模様が映る。この時点で34名から5名に絞り込まれる。
--インターネット上で行われた国民投票候補者の映像が分割画面で映る。ぼかしはない。
--レコーディングオーディションと国民投票を考慮して3人を選んだと告げるつんくPの画像。そして合宿を行うことを決める。
--合宿で行われたレッスンで苦闘する3人、亀井、道重、田中を映す。
--モーニング娘。入りを告げられた藤本の笑いながら驚く顔のアップ。
--合否の発表を聞くためにテレビ局の部屋で待機する3人。
--楽屋で待機するモーニング娘。達。合宿の部屋でこたつに入りうなだれる3人。レッスンを受ける3人。つんくPからの発言を聞くモーニング娘。達。などなど細かいカット割りで期待感を演出する。そして最後に「さっ、今夜はいったいどうなるのか!! ゲストにモーニング娘。を従えて2時間ぶっとおしでモーニング娘。決定の瞬間を大発表〜〜!! では、あらためてタイトルぅ〜〜〜!!」(ナ)。
--「全開で行こうかな」とダンスレッスン場でカメラに向かい微笑む道重。
--番組タイトルロゴが大きく映る。
--歌い始め前のモーニング娘。を俯瞰でとらえた映像。
--加護のアップから『ここにいるぜぇ!』のイントロが流れる。
--広いスタジオで歌い踊るモーニング娘。。コスチュームはチェック柄主体のボーイッシュな『ここにいるぜぇ!』のスタイル。バックには電光で画像が映る大きなスクリーンが左右に、さらに中央にもややちさいものが設置されている。そこに花柄などのイラストが映る。上からの映像で見ると非常に光量の多い画面で明るく華やかなイメージとなっている。この時のメンバーは飯田、安倍、保田、矢口、石川、吉澤、辻、加護、高橋、紺野、小川、新垣の12人。
--安倍を筆頭にメンバー全員元気なステージが続く。天井の回転するバリライトがまぶしい。
--モーニング娘。が歌い終わると、特設ステージの脇に徳光和夫さんがいる。そこで徳光さんからモーニング娘。の歴史、6期オーディションの流れが語られる。「いってみれば史上最強のオーディションでございます。今宵、次代のモーニング娘。を担う新メンバーが誕生します」「LOVEオーディション、全貌公開でございます」と番組を進行する。その間メンバーはステージ上横1列となり静かに並んでいる。電光掲示板には「娘。」の文字が浮き出ている。その後「3」「2」「1」と文字が出る。
--画面は変わる。「現在の新メンバー候補の3人。その3人とはいったいどんな人物なのか」(ナ)。
--「はっきりいうと、今までのモーニング娘。のオーディションをちょっと越えて凄い才能を持ってます」と語るつんくP。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(5)

Freshsayumiこの頃の3人を見ていると姿形も子供子供してますよね。まっ、まだ素人の中学生だったのであたりまえといえばそれまでですけど。その後の3人は髪形ひとつをとっても三者三様。ひたすらゴージャスになるれいな。いつまでも変えないという逆説的変化のさゆ。短かくなったり長くなったり忙しい絵里ちゃん。芸能界に入るとあ〜だこ〜だいじくりまわされちゃう。昨日の「ハロー!モーニング。」で映った中野サンプラザでの絵里ちゃんはすっかり元の髪形に戻ってた!! てなことで、こんなことを考えたわけ……。

--合宿場へ向かうバスの中の3人が映る。雪に覆われた高速道。山が見える湖を歩く3人。「そして合宿に突入し、いよいよ彼女達の問題児ぶりが」とナレーションがかぶる。画面には「問題児」の文字が3つ並ぶ。
--ダンスレッスン時に夏先生から小言を言われる3人。
--ボイスレッスン中、菅井先生より叱咤激励される田中。
--ダンスレッスン途中、「16ビートわかる人?」と夏先生に聞かれても答えのない3人。
--「口小さい!!」と指導する菅井先生。「あ〜あ〜あ〜」と声を出す亀井。
--レッスン終了後部屋の中でこたつに入りくつろぐ亀井と道重、笑いが飛ぶ。
--亀井を先頭に道重、田中カメラの前で「寝坊してすいませんでした」と頭を下げる。
--「自分もせっかくこうやってレッスンに来れることを感謝しなさい、親にも!!」と菅井先生涙を流しながら激怒。
--「なにしに来てるかわかってますよね!! なにしに来てるの!!」怒る菅井先生の言葉に脅える道重。
--「学校の方が楽しい」とこたつに入り語る道重。
--「なにやって来たんだ、昨日から!! なんにもひとつも覚えてきてないじゃないの!!」怒号を発する菅井先生。唇を噛みしめる田中。
--「史上最悪の」「新娘。?」と文字だけの画面が続く。
--「2人だけには絶対勝ちたい」とこたつに入り語る亀井。
--「モーニング娘。に入ったらモーニング娘。やけん」とこたつに入り勢い込み話す田中。
--「絶対負けたくないと思う」とこたつに入りやや大人し気に語る道重。
--「新娘。」の文字。
--「オーディション史上稀に見る問題児達が激突!!」とナレーション。画面は3人『Do it! Now』を振り付きで歌う姿が流れる。「3人だけのサバイバル合宿!!」。
--「フィー、フィー、フィー」と道重、発声練習をする。
--「ニャ〜オ」と亀井。「ニャ〜オ」田中も同様のレッスン。
--亀井、田中、道重の涙を流す姿が映る。そして「生き残るのは誰?」のナレーション。
--「史上最強にして最悪!?」「新生モーニング娘。出現」「今夜7:00」文字だけの画面が続く。
--「インタビューに答えていても……」答えに間があく「先を越されていそうで」と不安気にいう田中。
--「信じることにするわ〜赤いフリ〜ジア〜」課題曲であるメロン記念日の『赤いフリージア』を雪の積もる屋外で練習する道重。
--「新生モーニング娘。今夜7:00」赤い画面に白い文字のみ映る。
--「やっぱ、芸能界はつらいなって、ヘッヘッ」と屋外で苦笑いを浮かべながら答える田中。製作著作TV TOKYOの文字が重なる。

ここで最初の番組は終わり、次に本体番組「LOVEオーディション モーニング娘。新メンバー大決定!!!」へとなだれ込みます!!!

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(4)

Freshreinaこの「国民投票」というものが、どの程度選考に影響を与えたかということは依然わからないままですね。つんくP側はそれとはおかまいなしに自分達だけで候補者を選んでいたわけですから…。単なる話題づくりのイベントだったと思われても仕方のないことだったのではないでしょうか。

--「そう、それは年明けに発表されたセンセーショナルな大発表!!」とナレーション。画面は藤本のモーニング娘。入りを報じるスポーツ新聞各紙。続いて『ボーイフレンド』のPVが流れる。「昨年3月にソロ・デビューし、現在もトップ・アイドルとして活躍中の藤本美貴のモーニング娘。入りです!!」ナレーションも続く。
--「藤本美貴」「モーニング娘。入り全真相」「今夜7:00」と文字が次々と映る。
--「テレビ東京に向かう合宿行きメンバー」。3人、大きなバッグを抱え駅に現れる。
--「しかし、この3人とんでもない問題児達だったのです!!」。問題児×3の文字が映る。
--CM
--「合宿に行くまで誰も知るよしもなかった彼女達の正体は?」。
--「あけましておめでとうございます」と地下鉄の階段から地上に出、カメラに向かい挨拶をする。「1人目、亀井絵里14歳東京都出身の中学2年生!!」とナレーションがかぶる。
--スタジオ・オーディションで『Do it! Now』を歌う亀井の映像が続く。
--つんくPの口から亀井評が語られる。「本人の持っているものですよね。スター性というか、そういうものを強く感じましたね」。
--「緊張してます。どんな子がいるんだろうとか、あまり全然わかんないんで不安がちょっとあります」とインタビューに答える亀井。
--「あけましておめでとうございます」と新幹線の改札を抜けカメラに向かい挨拶をする。「2人目、田中麗奈(この時点ではまだ本名で表記されている)13歳福岡県出身の中学1年生!!」とナレーションが入る。
--スタジオ・オーディションで『Do it! Now』を歌う田中の映像が映る。「国民投票でも上位にランク・インする評価を得ていた彼女。つんくPはこう語っています」とナレーション。
--「彼女は歌も録音(?聞きとり不明)にすごくのって行くし、肝っ玉も座っているし」と話す。
--「びっくりして泣きそうになったんですよ。行く前とか不安になって、複雑な気持ちになったんですけどがんばります」とインタビューに答える田中。
--「そして合宿行き、最後の1人はこの人です」。新幹線のホームを歩いて来、そしてカメラに向かって挨拶をする。「3人目、道重さゆみ13歳山口県出身の中学1年生!!」とナレーションがかぶる。
--スタジオ・オーディションで『Do it! Now』を歌う道重の映像が続く。「彼女もまた国民投票の上位にランク・インされていました」。
--「彼女は正直歌は全然上手じゃないですけど、マイクに向かう姿勢ですよね。目線というか眼差しというか彼女の向いている方向がすごく力強い」と道重評を語るつんくP。
--「テレビとか見てすごいきびしそうですけどがんばります」と東京駅の構外で話す道重。
--「彼女達がこれから史上最大の試練が待つ合宿に史上最小の人数たったの3人で挑むのです!!」。画面には控え室で待つ3人の姿が映る。
--「新生モーニング娘。出現」「今夜7:00」の文字が続く。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(3)

Fresherikamei加入して1年あまりも(しか?)経つというのに、6期メンバーが入ると聞かされた時の5期メンバー4人の気持ちは複雑だったようです。でも、その後6期メンバーが加入してから現在までの5期メンバーの活躍を見ると、なっちの発言ではないですがいい刺激になったのは間違いなさそうですね。

--「新メンバー募集のニュースは翌日のスポーツ新聞各紙をにぎわせた」のナレーション。画面には各スポーツ新聞の見出しが映る。
--「つんくPの求める新メンバー像とは?」。日時は2002.10 .16 .。つんくPのアップに画面は変わる。「我こそはというね。モーニング娘。に関して誰にも負けへんぐらい大好きやと。モーニング娘。で歌いたいと。モーニング娘。のステージに立ちたいというね。本心から燃えている奴がいいですね、できればね!!」。さらに第1次はビデオ審査をしたいと語る。
--「ここにLOVEオーデション2002がスタートした!!」とナレーション。
--2002.11.05.。モニターの前で書類を見るつんくP。
--その後つんくPの選考はズバズバ進み応募総数12,417名から次の段階へ進めたのはなんと34名!!」。何台も並ぶモニターのひとつを見て笑い転げるつんくP。
--「そしてその34名はテレビ東京のスタジオで歌と面談の第2次審査に」。スタジオで審査を受ける数名の女の子達。涙を流している子もいる。
--第2次審査のビデオ収録したものをチェックするつんくP、机の上のモニターを見つめる。
--「違うタイプの子達が集まっている気がするんで…今までにないドキドキ感があるんですけど、あれっていう。モーニング娘。ってこんなんやったけ? ちょっと5期メンもいい意味で緊張感が出てくるかな」とインタビューに答えるつんくP、ニヤリと笑う。
--「絶対抜かれるよ」と誰かがいう。「ダメだよ、そんなこといってたら」と高橋がたしなめる。5期メンバー4人が映る。
--「5人でしぼりました」と意を決するようにいうつんくP。
--その5人に対しつんくP自身による直接面談が行われた。その様子も映るが候補者達の顔はぼかしが入ってわからないようにしている。
--「一方、つんくPの面談と並行して行われていた国民投票!!」ナレーションのバックには6分割画面で送付されたビデオの画像が流れている。当然ここも候補者達にぼかしがかかっている。
--インターネット画面が映る。11万0163アクセスの文字も見える。
--ここから上位10名の画像が流れる。画面にぼかしはない。第10位4992票、娘5267。第9位6040票、娘1803(田中れいな)。第8位6462票、娘1005。第7位6478票、娘0044。第6位6486票、娘2825(道重さゆみ)。第5位9914票、娘0473。第4位16425票、娘0461。第3位17106票、娘0331(みうな)。第2位17840票、娘0194。第1位18420票、娘2436。BGMは『Do it! Now』。
--「そして12月24日」とナレーション。
--「レコーディング・オーディションの結果と国民投票の結果、そのすべてを考慮して……3人かな」白いソファに座り書類を片手におもむろにいうつんくP。続けて、歌、ダンス、規則正しい生活、基礎体力づくりのための合宿を提案する。「いつもと違って今回しぼり込んでますから、本人達はかなりのバトルになると思いますよ」と不敵に語る。そしてさらに、腕組みをしながらソファに深々ともたれ掛かりこんなことをスタッフに告げた。「ちょっとひらめいてしまったことがあって!!」。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(2)

Freshgravure6thmorning200では、その番宣から行きましょう!! とその前にまたまた注釈で恐縮ですが、前年の10月から始まった「LOVEオーディション2002」は、歌っている姿をビデオ撮影し送るよう応募者に呼びかけていました。それを当時モーニング娘。とキャイーンのご両人が司会をしていた番組「MUSIX!」で応募者全員分放送するとつんくPが提案。そこであの有名な「モーニング娘。国民投票」というものをやろうしたわけです。が、物理的時間的にすべてを流すのは無理と途中からわかり(最初からわかりそうなものを)、このアイデアは頓挫するという大失態を演じてしまったことがありました。

●「今夜決定!モーニング娘。史上最強の新メンバー!!!」
--オレンジ色の画面に「今夜決定!モーニング娘。史上最強の新メンバー!!!」の文字が横に流れる。
--合宿場の広間を回るように軽く走る3人。「しかしこの3人…」文字とナレーションがかぶる。
--雪が残る屋外でインタビューに答える1人「やっぱ芸能界はつらいなって…」という。
--廊下で答える1人「走るの嫌い」と静かにつぶやく。
--こたつに入り「純粋ブリッコちゃん」ともじもじいう1人。
--「寝坊してすいませんでした」と3人で頭を下げる映像。次に「とんでもない問題児だった」とナレーションが入る。画面にも「問題児」の大きな文字が。
--「モー娘。」、「国民投票」、「つんく♂」、「オーディション」、「涙」、「藤本加入」、「合宿」の文字が次々と映る。バックには、このオーディション番組のテーマ曲であるティアーズ・フォー・フィアーズの『SHOUT!』が聞こえている。
--黒地に黄色い「今夜決定!モーニング娘。史上最強の新メンバー!!!」の文字が映る。
--CM
--モーニング娘。のデビューから現在までのメンバー変遷をPVでたどる。『モーニングコーヒー』、『抱いてHOLD ON ME!』、『Memory 青春の光』、『LOVEマシーン』、『恋のダンスサイト』、『ハッピーサマーウエディング』、『恋愛レボリューション21』、『ザ☆ピ〜ス!』、『Mr.Moonlight 〜愛のビッグバンド〜』、『Do it! Now』、『ここにいるぜぇ!』。
--「そして今夜」というナレーションの後「史上最強の」、「モーニング娘。」、「今夜7:00」の文字が続く。
--2002.10.14.の文字に『ここにいるぜぇ!』のコスチュームを着た飯田、「ちょっとお知らせがあります」と切り出す。縦長のテーブルに向かう同じく『ここにいるぜぇ!』のコスチュームを着たモーニング娘。のメンバー達、飯田のほうを向く。「新メンバーが入ることになりました」とためらいながら告げる飯田。「まじ〜〜!!」と騒ぐメンバー達。
--場面が切り替わり屋外にいる左から安倍、矢口、保田。「5期が大変だね」と矢口。「でもねそれはいいことだと思う」と安倍。同意する保田。
--画面は吉澤、加護、辻、石川の4期メンバー達に変わる。「いっしょにがんばろうぜ」と吉澤。「頼れる先輩になれるようにがんばります」と石川。「わからないことがあったらどんどん聞いてくださいって」と加護。「大人っぽくなて新メンバーに教えてあげたい」と辻。
--5期の4人はやや不安な面持ちで答える。「自分を見失わないようにがんばりたいな」と小川。「こわいけど、やっぱ明るく迎えてあげたい」と高橋。「うれしいんですけど、あせる?」と紺野。「追い付かれないよう自分もがんばって」と新垣。
--オレンジの画面に「新娘。」の黒い文字が大きく映る。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新春大型企画!? 6期メンオーディションそして3人と1人が残った!!!(1)

Hellohellodvd200気がつけば、今やあの問題児3人もモーニング娘。の中核を担うようになったのですね!! もちろんミキティーもよっすぃーが卒業した後には新リーダーとしての任務が待っています。歌にメンバーの統率にとこれまで以上に大変でしょうね。でも、彼女に「ソロ」へ戻って欲しいというファンの声は消えません。この先つんくPがどう考えるか気が揉めますね。

5月以降はメンバー構成中半分を占める6期メンバー、ミキティー以外の絵里ちゃん、さゆ、れいなも大活躍です!! 今週末には2.5冊目の写真集を出すさゆ。2月にはれいなの「アロハロ」DVDとその写真集、その後絵里ちゃんも「ラブハロ」なるDVDをリリースの予定。これも写真集が出るでしょう。このように人気も上々!! コンサートに行けば3人への歓声もひときわ高いものがあります。音楽面でもれいなはすでにエース級!! 絵里ちゃんも「踊れ!モーニングカレー」のDVDでじっくり聞くと、以前よりうまくなっている!! さゆはもう我が道を行くで「かわいい」に磨きがかかってきました!! まあ、彼女達にないものは国民的な「大ヒット曲」ですか!?

さて、そんな3人と1人が選ばれた原点「LOVEオーディション2002」を振り返って見るのもおもしろいかな、と思った次第。その合格発表が行われたのは2003年の1月19日(日)、いまから4年前ということもありますしね。彼女達の実動だけ見てもモーニング娘。の歴史上3分の1を占めます。そこで当時の合格発表番組を見ながら書いていくのも現在、未来のモーニング娘。を考える上で一興かと。そんなことでどこまで続くかわかりませんが、お付き合いくださいませ!!

まず、本体「LOVEオーディション モーニング娘。新メンバー大決定!!! スペシャル」という夜7時から9時(実際は8時54分ぐらい)までの2時間番組の前に、「今夜7:00 決定!モー娘。史上最強の新メンバー」と題されたいわゆる番宣番組が20分ほどありました。あっ、遅くなりましたがチャンネルは当然テレビ東京です。その番宣が何時に放送されたのかちょっと記憶がありません。日付けは同じ日なのですが、どうもビデオがきれいに繋がってしまい不明、おそらく夕方だと思います。また、この発表番組の翌日にはフジテレビの「とくダネ」でもコーナーが設けられダイジェストのような形でこのオーディションの結果が放送されました。この3つの番組まで含めて紹介します。

と、ちょっと前振りが長くなってしまいましたので、紹介は明日からということで。まっ、わたしもこのビデオは何回か見てますけど、今見てもおもしろいですね。このオーディションはコンセプトがはっきりしていたと思います。それはわたしが思うに「完璧に近いアイドル獲り」ですね。上の「ハロハロ」DVDジャケット写真で見られるように三者三様のバランスがとれたかわいらしさ、これはモーニング娘。史上稀な組み合わせです。そういった意味でもこのオーディションは成功したといえるでしょう!!!

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「周」の字をどうしても入れたくなっちゃう「モーニング娘。誕生10年記念隊」!!!

Morning10thmyasia今年はモーニング娘。が誕生して10周年ということで、様々なイベントやグッズが巷に溢れることでしょう。これからはコレクターの方達にとって「天国」のようでもあり「地獄」のような1年になるはず!? そんな10周年企画の第1弾として各期の精鋭を集めた強力ユニット「モーニング娘。誕生10年記念隊」が結成され、1月24日(水)には新曲『僕らが生きるMY ASIA』が発売になります。モーニング娘。にとって今年のもうひとつのテーマは「アジア」だそうですから、このオール・モーニング娘。ともいえる「モーニング娘。誕生10年記念隊」(ユニット名、長い!!)の楽曲からもアジア進出を印象づけておりますね。

ここで気になるのがそのメンバー構成です。1期からなっち、カオリン、3期は当然ごっつぁん、5期からガキさん、7期も当然小春ちゃん、以上の5人となります。この企画当初は、過去から現在までモーニング娘。と呼ばれたメンバー全員参加という途方もない話が流れていました。しかも3グループぐらいに分けてツアーまでやると。もし、これが実現したらドえらいことでしたけどね。ドリームモーニング娘。どころではなくスーパードリームモーニング娘。といったところ!! しかし、フタを開けてみればしごく全うな!? ユニットとなりました。

まあ、これは素人考えですがどうせやるなら本当に各期のエースだけをそろえればいいのになと思いますが、ここがいわゆるつんくP流なんですね。あっ、別にこのメンバーが悪いという意味ではないので誤解のなきようお願いします。例えば、なっち、圭ちゃん(すんません、色で参加を)、ごっつぁん、チャーミー(4期は誰がなってもいい)、愛ちゃん、れいな、小春ちゃん。このような超エースを並べればですね本当の意味で「最強ユニット」しかも「歴代モーニング娘。」という冠付きで、ファンにとっても夢のようなユニットになると思うんですよ。

しかし、つんくPはモーニング娘。に「完璧」を求めません、多分!? どこかいい意味で「ヌケ」ている。また、「ヌケ」させます。そこから考えるとこの5人の「モーニング娘。誕生10年記念隊」も微妙な線を狙っているような気もします。おそらくファンそれもコアなファン以外には売れないでしょう。でも、それ用のシングルなのでかまわないと思います。これこそ企画物CDですからね。モーニング娘。という特殊なシステムを持つグループの性格上ファンの人達も年を経るごとに多様化しています。卒業組を含めエルダークラブ、ワンダフルハーツと年齢層によって分けてツアーが行われるのも、それが要因のひとつと考えます。極初期からのファンとその後ファンになった方達との「モーニング娘。」を見る目も変わってきました。それを再度融合させ過去から現在までモーニング娘。は「ひとつ」なのだと認識させることをこの「モーニング娘。誕生10年記念隊」は目指していのではないかと、ポジティブに考えることに……しときますか!? それにしてもこのジャケットいいね!! メンバーのポーズに躍動感が
あるし美しい!! 青を基調に色もきれい!! 最近のジャケットの中では出色の出来!! さあ、歌はどうかな、乞うご期待!!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

東急ハンズでも売ってない亀井絵里「奇跡の驚き マジック」!?

世間ではですね(どんな世間かね?)、絵里ちゃんのことを慶応大学へ入ることが決まった紺野さんのように頭脳明晰な娘。だといった評判を聞いたことがあまりありません!? しかしですね、昨日の「ハロー!モーニング。」で見せた絵里ちゃん本人もタネを知らないという!? 奇跡のマジックを見ればそんなことはどうでもいい!! と思えること請け合いでございますです!!! 少なくともタネはわからなくともマジックは見事成功し、さゆはおろかわたしまでもビックリさせたのですから!!! この「成功」させたというところを評価したいですね。

そうです!! 今年第1発目の「ハロー!モーニング。」は、「お年玉争奪!晴れ着バトル」がメイン企画。チャーミー、よっすぃー、のんちゃん、ガキさん、ミキティー、絵里ちゃん、さゆ、れいな、小春ちゃん、それにゲストのまちゃまちゃさんを加えてのゲームコーナーで盛り上がってました。やっぱり晴れ着はいいね。皆かわいいです。が、なぜか愛ちゃんはお休み。その他よっすぃー中野での卒業発表の舞台裏などやることがいっぱい!! そんな中、「新春!マル秘かくし芸大会」なんてのがひっそり!? あったのですね、これが。まずは最初はのんちゃんの「強い前歯」!! これは単に生の硬い大根をかじることができる、というもの。う〜、確かにのんちゃんの歯は強い!! 番組最後にはミキティーの「きき肉」があります。これは読んで字のごとし!? 目隠しをして味だけで肉の種類を当てるもの。肉好きのミキティーらしい芸!? 結果は見事4種類全問正解!!! いや、すばらしいです。

そして最後の最後に絵里ちゃん登場!! タイトルは「すごい手品」です。いろいろな意味でビックリする手品を披露、とナレーション付き。これはトランプを使った普通のマジックなんですが、「タネが分からないんですよ、自分でも」と絵里ちゃんやる前からお相手のさゆにバラしちゃう余裕!? 「なんですけど、必ず成功するっていう奇跡のマジックなんですよ」ともう話しっぷりが芸人さんだね!! これを聞いたさゆ「信用できない」と完全否定!? トランプの10から13までを使いマークごとに4枚づつまとめるそうな。絵里ちゃんこれがなかなか手際がいい。ホント、手品っぽい!? このトランプをまとめて今度は2分割します。「こうきったらいけないらしいよ」という絵里ちゃんに「そうかタネわかないんだもんね、絵里も。不思議だよねタネわかんないのにやるって」とするどいツッコミのさゆ!! さあ、絵里ちゃんはそのきったものをまとめ最後、4つのグループに分けて並べます。さあ、トランプを裏がして見せますと、ジャ〜〜〜ン!! 大成功!!! マークごとだった1グループ4枚が10、11、12、13と数字ごとに並び変わっているのだ!!!!! ところがやった本人である絵里ちゃん「タネ教えてもらっていいですか?」とテレビカメラに向かっていう始末!! 「でもスゴイでしょ。特技だよ、わたしの」と自画自賛!! 「これスゴイね」とさゆも感心しきりだ!!! 

たぶんこの手品のタネは数学的に解明できるのでしょうね。わたしも数学はダメなので理解できませんが、これを見ていると絵里ちゃんはやっぱり「芸事」が好きそうだ。雰囲気も物腰もいい!! 意外な1面を見たような、前からわかっていたことが再確認できたような、絵里ちゃんの「奥」の深さを思い知ったような時間でした!! いや〜、この娘。はまだ隠しているものがあるような気がする!!!

| | Comments (7) | TrackBack (2)

NHK紅白歌合戦、やっぱハロプロは平和だわ!?

そうです、全国いや全世界!? に電波を流してくれる天下のNHKとトラブルを起こしてはいけません!! 19娘。のドリームモーニング娘。として出演してくれ、と無理難題をいわれても「イェッサーー!!」と応え、今度は「8人でいいよ。あっ、あややも出してね!!」といわれれば、今年は出演料少ししか入らないな、と心の中で思いながらも「はい!! かしこまりました!!」とニッコリ笑って承る!! いや〜〜、商道の鑑のようではないですか、UFAは!!! これがNHKと永遠の絆を結ぶ秘訣か!?

はあ、そんな妄想のような冗談はさておき。昨年はさんざ'05紅白歌合戦をくさしましたので、一応昨年大晦日の紅白歌合戦の感想などを書いておきます。ちなみに昨日発表になった出演者別の視聴率を見ると、わが「GAM & モーニング娘。」は30,5%ということになっています。例によって地上波のみの集計なのでBSを含めるともう少しあるのではないかと書いてある新聞もあります。どうでしょう、一昨年のドリームモーニング娘。と比べ数字だけ見ると落ちますが、その割には健闘しているのではないでしょうか!!

パフォーマンスのほうは、GAMが間に挟まりモーニング娘。と3曲で1つという形になっていたのはご存じのとおり。これにバックダンサーとしてカントリー娘。、Berryz工房、℃-uteが出演することでここはもうハロプロ・ワールドといった趣。1枠しかない状況ではモーニング娘。の力関係、あややの立場からいっても妥当なところでしょうね。やや変則的な構成とはいえモーニング娘。レギュラーメンバーのみの自然な形に戻ってわたし個人としてはうれしい限りです。1年遅かったけど……。

今月ハロプロを卒業するカントリー娘。のあさみさんやみうなちゃんにとっても月並みですが、いい思い出になったのではないでしょうか。バックで踊る姿はあまりはっきり見えなかったけど(香西さんのバックで踊るのはバッチリ)、現在の紅白でもステージに立てる芸能人はそう多くありません。ここは事務所の粋なはからいで見ているこちらも気持ち良かったですね。NHKのキャラクターと一緒に踊るところは例年どおり。まあ、ここしかないものね子供向けは。また、Berryz工房のメンバーがえんじ色のジャケットにチェックのミニスカートで踊るところを見て、あらためて『歩いてる』は『愛あらばIT'S ALLRIGHT』の同工異曲と感じたりしましたよ。

このBerryz工房もそうなんですけど、どうも今回はモーニング娘。を含めメンバーの「肌の露出」が少ないなと思いましたね。これはいけません!!! いけません!!! GAMのコスチュームもどちらかといえば現代ではノーマルなほう。紅白という派手な舞台では、思いっきり派手にやらなければいけません!!! だいたい、冬の雪景色のイメージなのか白いモスラの羽根のような衣装はいただけませんな!! ここは全国のおじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさん、お子さま達が見ているのです!! 若くて健康的な女の娘。達のきれいな肌に流れる汗を見せなければモーニング娘。、あやや、ハロプロとはいえません!!! これが魅力なんですから。ボディースーツじゃ〜、見られないもんね!? 

とまあ、とりとめもなく書いてみましたが今回の紅白はある意味、それなりの紅白でした。そこにそれなりのモーニング娘。の活躍(あややには他の方法を与えて欲しい)。こういうとあまりいい印象に取られないけど、このメンバーでも無難にこなすことが出来たということが自信になったと思います。大きな感動はなかったけどそれなりに楽しく良かった、それが率直な感想ですね!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛佳ちゃんの人気獲得法は小泉型、安倍型、それとも光井型!?

とかく人気というものは移ろいやすいもので、いつまでもあると思うな親と金じゃないですけど、ここに「人気」という言葉を当てはめても通用しますね。特にモーニング娘。を見ていると痛切にそれを感じてしまうのです!? 

昨日4日の読売新聞によると、「内閣支持率低下どう止める 首相露出度悩む官邸」という記事で安倍首相の報道対応のあり方をめぐり、首相官邸が頭を悩ませている、と伝えています。まあ、早い話が前任者である小泉首相は「アドリブとワンフレーズ」で記者団をかわしてきたのに、安倍首相は慎重できまじめな説明が目立つ、ということです。もっと、手っ取り早くいっちゃうと、小泉首相はおもしろかったけど、安倍首相のはつまらない、ということですかね。それが(それだけじゃないけど)支持率低下の原因ではないかしら? と。首相周辺の一人は「安倍首相をあまり長時間の質疑応答にさらしたくない」とまでいう人もいるようです。

そこまでいうかってな感じですが、これはテレビでニュースを見ているわたしでもそう思う時がありますので、側近としてはいてもたってもいられないのでしょうね。でもこれは、どちらの肩を持つわけではありませんが、その人・政治家としての個性やスタイルですから無理に変えろといっても出来ませんね。これが一昔前なら「つんくPにプロデュースしてもらえ!!」なんてジョークも出たでしょうに、そのご当人の神通力も最近ではいまいち!! 記者団からそんな言葉もでませんよ。まっ、最近の政治はどちらにしても、あまりに支持率(人気)を気にしすぎですね。

そのつんくPが選んだ最新のモーニング娘。が8期メンバーとしてすでにご存じの光井愛佳ちゃんです。今週号のTVガイドでも遅まきながら「100%ハロプロ」で加入発表の記者会見での記事が載っていました。写真はすでにスポーツ新聞などで載っているものとほぼ同じ。記事内容もほぼ同じってあたりまえですよね。同じ時のものなんだから。光井ちゃんへつんくPが授けた人気獲得法はこれまたご存じ「笑顔」です。もうこのページにも「笑顔」「笑顔」と「笑顔」の文字が7回も登場!! 笑顔、笑顔といってれば間違いない!!! これは小泉型ワンフレーズか!! 短い言葉で何度もいわれると一種の催眠効果が生まれます。そして、小泉首相の政策は次々と達成されましたね。さすが、つんくP腐っても(失礼!!)いいところ突いてます!! この調子で光井ちゃんの人気がファン以外の人達にも伝わるといいですね!!!

ではメンバーから光井ちゃんへのメッセージをどうぞ!! よっすいー「今のモーニング娘。に新鮮さをプラスしてね!」愛ちゃん「東京は人も電車も多いけど、徐々に馴れてね」ガキさん「焦らずゆっくりとメンバーに馴染んでね」ミキティー「自由に育って、9人の色を出していってね!」絵里ちゃん「今のステキな笑顔を絶やさないでがんばって」さゆ「さゆみも笑顔で負けないよう、がんばります!」れいな「ひとりで心細い時は、いつでも話かけてね」小春ちゃん「優しい先輩&笑顔のライバルになりたいです!」。おっと肝心の光井ちゃんはいつもの笑顔と個性の他に「滋賀県出身なので、関西弁でいきたいです!」と自己紹介。ステージ・デビューは横浜らしいですね。生笑顔が見られそうで、楽しみだ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あぶない味覚の亀井絵里、理解不能の食生活!?

Dvdmag8cover

ネタくれ!! っていったらいきなりすごいのが来ちゃいましたね。あんまりおちゃらけていうことではないですが、あまりにど真ん中に入ったもんですから、いやはや。まずは、よっすぃーご卒業決定おめでとうございます、といいたいですね。いろいろあるでしょうが、この件に関しては後で別枠で書くことにしましょう。

ここではわたしにとっての「初詣」ということで、昨日正月の腹減らし!? に中野サンプラザまでひやかし!? に行き、グッズを買い帰ってきたわけでございます。といってもDVD Magazineとヴィジュアルブックだけですけどね。このDVD Magazineでまたまた絵里ちゃんは異常な!? 食生活というか味覚を暴露!? しているのだ!! というか、それはわたしから見てそう思うので、もしかしたら若い娘。達には普通なのかはわからところ。その判断はおまかせして書いてみましょう。

今回はメンバーが「円グラフでトーク」というものをやってます。それは「各メンバーに2006年を振り返ってもらい『私の○○』と題して自由に円グラフを作ってもらいました。」です。主に2人一組でトークを繰り広げてますよ。絵里ちゃんがガキさん(この組み合わせ多いね)とトップバッターで登場!! まずは先輩ガキさんからテーマは「私のマイブーム」です。紙に書かれた円グラフを見て自分で解説するよ。最初は「ナンカレー」から。絵里ちゃんと良く一緒に食べにいったそうです。バターチキンカレーが2人のお薦め!! 去年はまってたと2人してニコニコですな。次は「横浜」で行きます。ガキさんは横浜で生まれて、育って、横浜が大好き!! 絵里ちゃんもガキさんにいわれて横浜へ行った時景色が「超きれいだった!!」と感動!! 「2人でクリスマスツリー見ましたよね?」と絵里ちゃんがいうとガキさんも「見たぁ〜〜!!」と爆笑!! 「まわりはカップル、カップル!!!」と絵里ちゃんニッコニコ!!! 「2人で、アッ、アッ、みたいにね!!」ガキさん絵里ちゃんの肩叩いてイスから落ちそうなぐらいに大笑い!!! やぁ〜〜、なんか絵が浮かぶね〜〜!! まっ、アイドルもつらいのよ!? この後「ろうそく」と「ゲーム」から韓国語学習の話になりました。

で、絵里ちゃんは「私のおかし」でげす!! グラフで一番大きな面積を占めているのが「カカオ多めのチョコレート」!! さあ、このへんからあぶないですね!? 「普通のチョコレートってカカオより太っちゃうじゃないですか?」とガキさんに聞いてますね。「カカオを食べられるようになったらそういうの気にしなくていいんだなっていろいろ考えたら食べられるようになったんです」!? ガキさんはカカオがにがくてダメのようですが、絵里ちゃんはそのほろ苦いところがいいということです。「大人じゃ〜ん」というガキさんに「カメ大人なんです」と真顔で答える絵里ちゃん。「えへ〜」とガキさんあきれ顔!! 次は「タルト系のケーキ」です!! これにはガキさんも「わかるんだよ〜〜」と大納得!!! 2人して収録すっぽかして食べに出かける素振り!! 息もピッタリ!! 次が問題の「抹茶味」なのだ。これは以前は食べられなかったのですが、抹茶のアイスクリームでその味に目覚めてしまったということです。それからはまってしまい、最近絵里ちゃんが食べたのは「あんこ抹茶チーズケーキタルト」だ????? すごいおいしくて幸せを感じると目が輝いてます!? 「やっぱりお菓子は幸せなんですよ」としみじみ語る絵里ちゃんなのだ!!! 

2006年思い出に残る事では、ガキさん絵里ちゃんともにミュージカルと意見が一致!! テクニックなど、すごく勉強になったようですよ。絵里ちゃんも自分の役に立ったと感慨深気でした。最後「2007年の抱負」では「プライベートでお菓子作りに挑戦してみたいなと思うんですけど、お仕事のほうもコンサートとかですねいっぱい楽しんで、今以上にもっともっとがんばります!!」と力強く決意を語る絵里ちゃんでした。まあ、お菓子は普通のにしてね!!!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

今年も♪ネ〜タ〜をく〜だ〜さ〜い〜ワォッ!?

Erikameihappynewyear330

あけましておめでとうございます
本年も亀井絵里、モーニング娘。、ハロープロジェクト、そして皆様にとってすばらしい1年になりますようお祈り申し上げます

さて、「NHK紅白歌合戦」も無事終わり年を越しました。かわいい絵里ちゃんのメイド(メード?)姿も、カメラのタイミングと川中美幸さんの超かわいい!? メイド姿に邪魔され!? あまり堪能できませんでしたが、最後の最後『蛍の光』が流れる中、絵里ちゃんのアップ画像が流れ一安心!! これも18歳になった役得でしょうか!!!

こちらは年が変わってもいつもどおりでまいります!! 良くも悪くもハロプロはネタの宝庫!? 日記を書いていくには絶好の対象ですからね。それを承知でいろいろやってくるのかもしれませんが、今しばらくお付き合いしましょう!! てなわけで、今年もよろしくお願いいたします!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »