« 永遠の非完成品モーニング娘。!?「SEXY 8 ビートコンサート」感じたままに!!!(4) | Main | 永遠の非完成品モーニング娘。!?「SEXY 8 ビートコンサート」感じたままに!!!(6) »

永遠の非完成品モーニング娘。!?「SEXY 8 ビートコンサート」感じたままに!!!(5)

同じ朝日新聞の記事の中でつんくPはこうもいっている。「アイドルというのは誰かが消費するもので、僕らが作るものではない。形だけ作ろうとするから、失敗するんです。」と。フリーハンドをモットーとするモーニング娘。はその時代、ファンによって形を変えていくのだから過去との比較は意味がないといっているようだ。しかし、黄金期のモーニング娘。はわたしのいう「娯楽」という面に関しては、楽曲も含めその表現に長けていた。

一昨年の秋のコンサートはすばらしかった。それでも唯一の欠点として、もっとファンを楽しませる「娯楽」の欠如があった。これさえ出来ればモーニング娘。はかつてのモーニング娘。を越えられると思った。それ以降、その面の飛躍に注目していたのだが、今回のコンサートでまたもそれは裏切られた。相変わらずのステージ運び。わたしのいうコミュニケーションの断絶を表す一緒に歌える歌のなさ。これはテクニカルなものではなく親しみのわく、思わず鼻歌で歌ってしまうような楽曲のことだ。あれほどハイパーな曲では素人に歌えないだろう。例え振りを知らなくとも一緒に体を動かせるような楽曲はどこに? もちろん中にはファミリー席とはいえ上半身で踊っている人もいないわけではない。アリーナ席を見ればみな立ち上がって例の踊りを踊っている。だが、かつてのような「アット・ホーム」な雰囲気はどうした?

ステージを見れば2002年当時のメンバー間のような仲の良さは見えないようだ。別に今のメンバーの仲が悪いということではない。これはステージ演出、またくどいようだが現在の楽曲のせいもあるのかもしれない。強いていば現在のメンバーの性格によるところもあるのだろう。2002年頃はその楽曲からメンバー間に一種の共同体意識があった。ファンもモーニング娘。と同じ気持ちでいた。そうそれはユートピアだった。その中心にいた安倍なつみは彼女の性格から最もそれを体現していた。本当のメンバー間の仲はどうなのかは知らないが、安倍を軸にみなひとつのファミリー、路地裏の仲良しグループを形成していたのだ。それがステージからも見えていた。また、安倍はファンを煽るのもうまかった。わたしを含めファンもモーニング娘。とひとつなのだと確信できた。楽しかった!! そう、そんな娯楽があったのだ。

今、この安倍にあたるようなメンバーがいるだろうか? 先のつんくPの話からすると、あの時はあの時、今は今、ということになってしまうのだが。そのせいかしらないが、ファンのメンバーを見る目も偏り気味だ。わたしのいた周辺では、特定のメンバーが出ると応援するが、あるメンバーが出るとまったく声さえ上げない人達で溢れていた。良く聞くと会場の場所ごとにその色分けがはっきりしている。かつてはどのメンバーが出て歌っても名前やニックネームを合いの手に入れ叫んでいたと思う。なにかさびしい。もっといえば、寒寒しい気分だ。これが今のモーニング娘。なのか? カラーの違うメンバーを強引にひとつにした罪なのか? ステージ上のエースがいないせいなのか? ファンも分断されてしまったようだ!!!

(つづけ)

|

« 永遠の非完成品モーニング娘。!?「SEXY 8 ビートコンサート」感じたままに!!!(4) | Main | 永遠の非完成品モーニング娘。!?「SEXY 8 ビートコンサート」感じたままに!!!(6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 永遠の非完成品モーニング娘。!?「SEXY 8 ビートコンサート」感じたままに!!!(5):

« 永遠の非完成品モーニング娘。!?「SEXY 8 ビートコンサート」感じたままに!!!(4) | Main | 永遠の非完成品モーニング娘。!?「SEXY 8 ビートコンサート」感じたままに!!!(6) »