« April 2008 | Main | June 2008 »

亀井絵里写真集全集「ERI」メイキングDVD紹介は『真冬の帰り道』!!!(10)

「ガキカメ劇場」の傘入れといい、「記憶対決 最強アホ決定!」といい、まるで絵里ちゃんのためにあったような25日の「ハロモニ@」!! 楽しいなぁ〜、うるさいメンバーの顔を見なくてすむから!? それにしても絵里ちゃん、「記憶ショー初代最強アホ」に輝いても、悪びれてないところがエライよ!! 成長したんだね!! 強くなったよ!! かわいいね!! まあ、これで「アホ」と決めつけられたらたまらないけど、だいたいモーニング娘。は、ある時期まで「おバカ」で売っていたはず。「めちゃイケ」の「バカ女」を筆頭に、他局のバラエティー、またこの番組の前身「ハロー!モーニング。」でのクイズなどなどで、数々のおバカな答えを連発し、屈託のない笑いを誘っていたメンバー達!! それが、5期あたりから妙に小利口になってきてつまらなくなった(ガキさんは別)。現在はいわゆる「おバカタレント」という方達が人気ですが、ことさら無知をひけらかすことはないけど、一生懸命考えての間違えは共感できますね!! ところで、あんまり人のことをアホアホいいなさんな!! センターまたはエースの名が泣くぜ!!!

**********
針葉樹に囲まれた青い湖での撮影。薄く白い上下の絵里ちゃんをややロングで。

今度は絵里ちゃんに寄って撮ります。腰から上のショット。体をひねってみせる絵里ちゃん。

樹木に寄り添うポーズです。顔を左に少しかたむけ物憂気な顔。カメラが寄ると視線を下へ。そして上へ。

黒のビキニ姿で、背景は同じ湖。カメラは腰から上へゆっくりと移動。絵里ちゃんの顔までくると、カメラマンの指示にうなずく様子が見られます。

それをややロング、斜め上から見下ろすように撮影。そのため絵里ちゃんの姿は下半分くらいに。湖に足を浸けるとおどろいた表情をし、ちょこんと飛び跳ねます。

やや緊張した表情でなにか耐えているようなポーズ。日光に当たる白い肌に黒のビキニ。腰から上のシーン。やがて体を動かしホッとした様子。

さらに斜め左から、緑と青の湖を背景に、上を向きすっくと立つ絵里ちゃんを。

岩の間を流れる滝をバックに立つシーン。ほぼ直立に立つ絵里ちゃん。黒ビキニと白い肌、そして滝のそばの木々の緑。曲線・直線、色の対比が見事なシーンです。

今度はやや頭を左にかたむけポーズ。カメラはズーム・インし絵里ちゃんの腰から上を映します。

同じ場所と思われます。右横からカメラマンの指示に笑っている絵里ちゃん。体を曲げ中腰の姿勢。ここも黒いビキニが白い肌をひきたてます。

場所が変わり、森の中を走る道をスキップして行く、赤いワンピース姿の絵里ちゃんを背後から。途中振り向き笑顔を見せます。

肩から上の撮影シーン。正面からとらえるも目は右へ。しばらくすると顔を右にかたむけポーズ。

背の高い黄色の花が咲く草むらの中から歩いて出て来る絵里ちゃん。シックなワンピースの赤い色が印象的。非常に配色が美しく、まるで映画の1シーンのようです。

その草花の中での顔アップ。

細い丸太でできた柵に体を乗せるポーズ。左斜めから。絵里ちゃんは顔を突き出したり、横を向いたりと大人っぽい表情を。

体を前屈みにして撮影、それを左横から。

さらに顔へ寄ります。

柵から飛び下りる絵里ちゃん。風があるのか、後ろの木々が揺れています。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亀井絵里写真集全集「ERI」メイキングDVD紹介は『真冬の帰り道』!!!(9)

なんだらと覚える気も起きない新ユニットのジャケットに写る田中は、一昔前の辻のよう。そういえば、最近ジュンジュンと道重の顔が似てきたような!? そして、かつてショート・カットにしていた時の絵里ちゃんは、安倍そっくりに見えた!! まあね、存在も安倍ちゃんのようならうれしいんだけど、そうはいかなかった。モーニング娘。も歴代これだけメンバーがいれば、誰かに似てきちゃうのもしょうがないんだろうけど、彼女達は一種の記号のようなもの。人気メンバーのイメージを踏襲させていかせるのは、事務所の戦略だと思える。こうすれは、ファンは代々似たキャラを追えばいいし、離れて行かない!! これをわたし個人的に「モーニング娘。スリコミ(刷り込み)サギ」と呼んでいます!? そんな中、この頃の絵里ちゃんは、あのエビちゃんに似てきた!? モーニング娘。またはハロプロじゃないってところが個性的でいいよ!!!

**********
チアガール姿、体育館でY字バランスをします。カメラは足もとから上へ行き、顔までくるとバランスを崩し、笑っちゃう絵里ちゃん。

右足を前に、左足を後ろにし、体を徐々に沈めます。そのまま、床に。両足は一直線。手には緑のポンポンを持っています。

床に着いた状態で上正面から撮影。絵里ちゃんの顔は写真集撮影用カメラの方へ。カメラマンの指示か、そのままポンポンを持つ両手を頭の上へ。顔はニッコリと。

ショルダー・バッグを肩に制服姿の絵里ちゃんを後ろから。外通路に出る瞬間。足もとから上へカメラが動くとやや後ろを振り向くようこちらを見ます。

通路にいる絵里ちゃんの横顔アップ。

壁一面の真っ赤なロッカーに寄りかかるポーズ。カギを右手で触って物憂気な様子。

画面はさらに寄って、ポーズを変えていく絵里ちゃんを大きく映します。

外通路の棒に寄りかかる絵里ちゃん。

その通路を後ろ向きに歩きながらの撮影。両手を振ったりポーズをとっている様子。

さらのカメラが寄ります。後ろが気になるようです。

体をくねらせる動きを見せる絵里ちゃん。それをやや上から見下ろすように撮影。

立ち止まり、顔の前に両手でVサインをつくりポーズ。画面は白くフェード・アウト。

長い髪に口を大きく開け、叫んでいるかのようにはしゃぐ絵里ちゃんの半調静止画に、「2007 AUTUMN MAPLE」と緑の文字が出ます。

画面が浮き出ると、一輪の花を顔の前に持ってきて静かに微笑む絵里ちゃんの姿。バックは森のよう。

同じ状況で、今度は位置を変え撮影。線路の上に立つ絵里ちゃんを横から。やや引いて撮っているので、鉄橋まで映っています。

今度は寄って撮影。胸から上のシーン。顔をやや傾げるポーズ。

数本の白い花の束を顔の前へ。そして微笑んでいる絵里ちゃん。

そのシーンを左横から。花束をカメラマンさんの指示にうなずき、顔の前へ持ってきます。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亀井絵里写真集全集「ERI」メイキングDVD紹介は『真冬の帰り道』!!!(8)

すみませんねぇ〜田中さん&久住さん、だまされやすそうな亀井絵里ちゃんで!? お2人のような芸当はできないんですよ!! まあ、ある意味当たってますけどね。どうみても、つんくPにだまされてモーニング娘。に入ったとしか考えられない!? それでも「ご職業は?」と愛ちゃんに訊かれ、「モーニング娘。ですけど」と真剣(いぶかし気?)に答える絵里ちゃんがいとおしい!! そして、ファンのみなさん、すみません!? 歌のパートも少なく、ジャケット写真ではいつも後列。同期または後輩のエースさんからは大きく離され、いるんだかいないんだかわからない存在ながら、写真集を6冊も出していただくなんて!! しかも、スキャンダルにめげず、そこそこ売れているらしい!! 本当にすみません!! これは一重に絵里ちゃん、ひとりの力!! これだけの逸材!? を、いつまでもモーニング娘。で埋もらせておいていいのかねぇ〜!? 再考を願いたいものですな!!!

**********
「気持ちいいよ、寒いけどね。気持ちいい。今だったら寝れるよ。寝ていいよっていったらね、GO待ちって感じで寝ていい!! 誰がいったっつうの!! ハハハ!!」と砂浜に寝そべり、カメラに向かってはしゃぐ絵里ちゃん。

手足体を伸ばし、砂浜にうつ伏せに横になる絵里ちゃんをやや左寄り正面から。

仰向けに寝そべる絵里ちゃんを斜め上から撮影。胸から上のシーン。

さらに体左を起こし、横たわるポーズ。それを足から胴、顔へとカメラはなめていきます。やがて画面は白くフェード・アウト。

それがあけると、黒地に白の水玉模様のビキニ姿に。同じく砂浜でポーズをとります。まず、両手を前につき、半身を起こし、両足は後ろへ流れるようにしています。そして、左手を砂から離してそのまま体をひねり、首をかしげるポーズへ。

白い砂浜に仰向けで寝る絵里ちゃん。ゴロリと体を回転させ、胸から上を起こしカメラに向かってニッコリ。それを斜め上から。

「ゴロンゴロンしてまぁ〜す」と仰向けに寝ている絵里。笑いながらいう顔のアップ。

今度は反対に回転し、うつ伏せに。画面左にある写真集撮影用カメラに向かって微笑みを。

さらに顔をかたむけポーズ。

ふたたび反転。カメラは絵里ちゃんの顔へ急激にズーム。くったくのない笑顔が画面いっぱいに。フェード・アウト。

画面があけると、緑のワンピース姿に。室内撮影となります。おそらく海であろう外の景色が見える大きな窓に寄りかかり、外を見ているポーズ。室内へ顔を向けると笑顔が。

貝のような背もたれのあるソファに横たわる絵里ちゃん。やや不安な面持ち。

ひじかけに乗せた顔のアップ。

そのポーズをやや遠くから。腹這いになっている体の姿勢がわかります。

プール・サイドに場所を変え撮影。黒のビキニ姿。準備体操をしています。

それを続けて、右手を上げ、体を横に曲げます。

プールの水の中へ、少しずつ入る絵里ちゃん。寒そうに体をちじこまらせています。体がすべて水の中に入ると、体を左右に振ります。

両手で水をかぐような仕草。体を上下させ、動きまわります。

水面に出ている絵里ちゃんの顔アップ。目玉を右左動かし表情を豊かに。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

亀井絵里写真集全集「ERI」メイキングDVD紹介は『真冬の帰り道』!!!(7)

昔の夢よもう一度、ということなのだろうか? それともこれがハロプロの常套手段なのか? またぞろ落選者を集めてCD手売り大作戦開始か!! そんな見え見えの展開が控えているのかも!? 昨年初頭、つんくPがモーニング娘。(or ハロプロ)のアジア進出をぶち上げた時から予想されていたことなので、さして驚きはしないが、この24日(土)から台湾でもオーディションを行い、台湾新メンバーを探すらしい。その模様は随時当地のテレビ番組で放送していくようだ。候補者には数々の難関を用意しているとのこと。きっと涙、涙のオンパレード!? どこかで見たような光景が続くのか?

ここで選ばれた子(達)がどのような活動をするのかは、まだわからない。日本に来て、こちらのハロプロ・メンバーとなるのか、あくまで現地台湾ハロプロとしての活動母体となるのか、いずれにしても、これを試金石に、韓国、中国と進出が続くと思われる。また、このオーディション開始と合わせたかのように、24日にはモーニング娘。は、たった1回だけの台湾公演を行う。つまり、彼女達は、ハロプロのショー・ケース。台湾の少女達に、あなた達もこうなれるんですよ、とプレゼンテーション!! 盛り上げに行くわけだ!!

個人的には、海外進出やメンバーが入ることに異論はない。むしろ、どんどん交流を広げたほうがいい。だが、これは運営する会社側の利益であって、こちらにいるファンには、どれほどメリットがあるのだろうか? 現在、モーニング娘。&ハロプロ情報サイトを見ると、モーニング娘。やそのメンバーの予定や活動を伝えるものは、非常に少ない。ユニットが組まれるぐらいの中心メンバーならいざ知らず、その他のメンバーは何をしているのだろうか!? 次から次ぎと怒濤のような人間ドラマ(これも演出か?)を展開して見せたモーニング娘。は、もう消えた!! 今は、ひかれたレールの上を徐行運転するだけの娘。達!!! 

**********
画面が変わると、いたずらっぽい笑顔でカメラをのぞき込む絵里ちゃん。カメラが引くと、頬を膨らませちょっとすねたような表情。ここからは頭にタオルを巻いた白いベビー・ドール風のパジャマを着ています。

バス・ルームの浴槽に腰かけ足をバタバタ。そして、写真集撮影用のカメラの方へ顔を向けます。

立ち上がりバス・ルームのカーテン脇で撮影。

顔のアップになります。頭をかたむけたりしてポーズ。

さらにアップ。そして、やおらカメラに向かってウインク!!

白いシーツのベッドの上にいる絵里ちゃん。髪を両手で整えています。

そのまま横に倒れるシーン。右横から。

ベッドの上をゴロゴロ。

今度はベッドにうつ伏せになったポーズを真正面から撮影。両手を前に組ませそこに顔を乗せています。

次はお尻を持ち上げ、両手をかけぶとんの中へ滑り込ませる幼い子供のようなシーン。

そのポーズのまま顔のアップ。やがて頭を起こし写真集撮影用のカメラの方へ顔を。

枕を担いで前にたたきつけます。

その後の顔をアップで。画面は白くフェード・アウト。

次のシーンが映ると、そこには真っ赤なビキニを着込んだ絵里ちゃんが立っています。それを下から見上げるように撮影。絵里ちゃんはカメラに向かって右手を振っています。そして、カメラは絵里ちゃんの顔へズーム・イン。

真っ赤なビキニで砂浜を歩くシーン。1回転する絵里ちゃん。

海の方を向くと急に振り返り、体をすくめ叫んでいます。

波打ち際で体を左右に動かす絵里ちゃんを腰から上へとなめていく画面。振り向きながら微笑みます。

砂浜に仰向けに寝転ぶ絵里ちゃん。それを右斜め上から。

今度はその寝転んだ絵里ちゃんを足の方から頭に向かって画面は移動。両手を上げるもすぐに降ろします。ここは絵里ちゃんの体のすばらしいラインが分かるシーン。胸のあたりで一度、画面が止まります。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

亀井絵里写真集全集「ERI」メイキングDVD紹介は『真冬の帰り道』!!!(6)

「スポニチフィッシング」とは笑わせた!! 絵里ちゃんは単純におもしろいね!! 予告では、来週も天使の姿で笑わせてくれそうだ!! そんな「ハロモニ@」の裏で放送されている「NHKのど自慢」。今日(11日)は、香川県からだったが、珍しく、ホントに珍しくモーニング娘。の歌を歌う女の子達が出てきた。曲は『恋愛レボリューション21』!! お世辞にもうまいとはいえなかったが、楽しそうに自己流のパフォーマンスを繰り広げていた。くどいかもしれないが、モーニング娘。の世間一般のイメージってこうなのだ!! この『恋愛レボリューション21』だってメンバーのパート割りに、多い少ないはある。でも、みんなでやっている感じがするのだ!! ひるがえって、『リゾナント ブルー』では、高橋と田中が主に歌っていることをことさら評価する向きがある。が、なに、ここ数作はどれもこの2人が歌っているんだ。その比率はそう変ってない。今回は衣装やダンスでそのことが強調されているので余計そう感じるのだろう。「みんな」でやっているというイメージからはほど遠い。こういうと、ひいきのメンバーが歌ってないから、ひがんでいるのだろうと思われるかもしれない。だが、それは違う。それぞれのメンバーを引き立てないから、売れなくなるのだ!! この『リゾナント ブルー』を「原点回帰」などとうそぶく宣伝コピーがあるが、売れたいなら、売れた頃に回帰するのが本当ではないか? それとも、モーニング娘。にふたたび人気が出ると困る勢力がいるのだろうか!?

**********
画面が変わると、カラフルなフレア・スカートに着替えて駐車場のような場所を歩く絵里ちゃんの後ろ姿が映ります。そこにシャッター音が響き、「はい」というカメラマンさんの声が聞こえると、スカートの裾を広げるポーズで振り向く絵里ちゃん。

今度は同じ場所で歩く姿を横から。絵里ちゃんは顔を横に向けカメラ目線。髪に手をやりポーズ。

立ち止まった状態でスカートの裾を広げ左右に振ります。全身が入るやや引いた画像。上は真っ赤なホルター・ネックのタンク・トップです。絵里ちゃん、グルッと回転すると画面は切り替わります。

海が見える海岸のそば、杭に左手を乗せポーズ。腰から上のショット。そのままカメラはズーム・イン。胸から上がとらえられます。

海岸に生えた草の上を2回転します。絵里ちゃんが小さく映るややロングなシーン。

草の上にしゃがみ、手を足の前に出し微笑む絵里ちゃん。それを上から見下ろすように撮影。

その姿を寄って、顔のアップ。陽射しで目がまぶしそう。

浜辺での撮影。海をバックに顔をかたむけたりポーズに変化をつけています。

同じ場所で、絵里ちゃんをやや左正面からとらえたシーン。肩から上の構図で、髪にはオレンジの花をつけて南国風。やがて右手を額に持ってきてニッコリ。

浜辺を画面右から左へ歩くシーン。顔は正面カメラのほうへ。絵里ちゃんからいうと左向き。そして、カメラに向かって指差します。

次は、完全に海をバック撮影。胸から上のショット。体を右にひねります。

今度は真横から。笑い顔がまぶしい。

波打ち際で、スカートを広げて撮影。背景の光が強いため、スカートが透けて見えるのです。首を少し傾げると画面は白くフェード・アウト。

巻き毛を付けロング・ヘアに変身した絵里ちゃん。ふんわりした白いワンピースで登場。画面左から右方向へ歩くシーン。

向きを変え歩きます。カメラに近寄りからかっているような、いたずらっぽい絵里ちゃん。

先程の駐車場の脇で、手を振る絵里ちゃん。それをほぼ正面から、ややロングで。

真剣な顔のアップ。

体を起しながらの撮影。そのまま顔を傾げてニッコリ。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亀井絵里写真集全集「ERI」メイキングDVD紹介は『真冬の帰り道』!!!(5)

駄作『リゾナント ブルー』にこだわりたい!! あるところでこんなことが書いてあった。この曲の良さを伝えるため、某歌手の意見を参考に、それまでの曲はいわゆる「捨て曲」だったのでは? という。そう思われるのも無理のない話ではある。確かに近年の作品としては、レベルが低いものの良く出来ているほうだと、わたしでも思う。しかし、もし本当にこのような「捨て曲」がまかり通っているのだとしたら、とんでもないことだ!! モーニング娘。の場合、1年のうち3〜4曲は新曲がリリースされる。それもほぼ10年にわたりこのローテーションが続いている!! ひとりの作家が創っているのだとすれば、作品に出来不出来があるのはいたしかたのないところ。商業上の理由から無理にでも発売せざるをえないのだろう。あわれなつんくPよ!! だが、同情することはない。クズのような「捨て曲」でも、ファンは毎回CDを買ってくれる。最低4万枚以上!! そんな打算の本当の被害者(当人達がそう思っているかは疑問だが)は、「捨て曲」でも律儀に買いこむファンのほうではないか? オリコン1週目48,086枚。2週目4,965枚。3週目1,733枚。この数字が物語るように『リゾナント ブルー』、また、モーニング娘。の出すCDおよび「歌」の意味は、すでに違うものになった!! いつまでこんなことが続くのか? 歌が好きな者には、さびしくも情けない話だ!!!

**********
水着ショップの前にディスプレイされている黒のワンピースに触る絵里ちゃん。「これ〜、こんなのだめだよ、こんなの絵里着れないよ」とカメラに向かって力説!? そのまま、店の中へ。

地元の女性店員さんが白の三角ビキニのトップを手に絵里ちゃんへお薦め。振り向きざま、はずかしそうに首をすくめ「お〜へ〜、見てこれ!! 絵里こんなんなっちゃうよ〜〜アハハ〜」とビキニを胸に当てがい大笑い。

「マイ・ネーム・イズ・エリ・カメイ。亀〜」と亀の図柄のはいったビキニを指さし店員さんに説明。「タ〜トル?」と店員さん。

「亀、同じ亀なんだけど〜〜。タートル、タートル、カメ」カメラに向かって叫びます。

歩道を歩く絵里ちゃん。カメラに向かってなにかいっていますが聞き取り不明です。そのまま自動車に乗り込む模様。

画面は変わり、白いバンの前で吊りズボンの片方を肩からはずすと、天を仰ぐ絵里ちゃん。「フフフ〜〜」と笑い、ご機嫌。

手にはお気に入りのストロー・ハット。ピンクのタンク・トップ姿で横断歩道を渡る姿を後ろから。両腕を大きく振ったり、体を1回転させたりと元気いっぱい。

パーキング・メーターに手を乗せ写真集撮影。それに顔を乗せて、目をつむったりしてポーズをとります。

「似合う〜? これはね〜絵里がず〜っとかぶりたいかぶりたいっていった帽子なの」その帽子を頭にかぶり、カメラに向かって語る絵里ちゃん。その顔アップ。

頭には帽子をかぶり、パーキング・メーターに右腕をかけぐるりと1回転。

歩道を歩く絵里ちゃんのロング・ショット。

「じゃ〜ん、亀で〜〜す!! 亀井ですから亀です」といい、白い亀のマスコットを顔の前に持ってきたところをアップで。「欲しいな〜、タートル」カメラに向かっておねだり!?

横断歩道を渡る絵里ちゃん。今度は正面に向かって来るところを。

バックにフェンスのある歩道を歩きます。それを左からの横移動で。

フェンスを背に写真集撮影。右手には帽子。左手はフェンスに。

それを正面から。陽射しがまぶしいのか目をしばたたかせます。

左横から顔のアップ。やがて画面は白くフェード・アウト。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

亀井絵里写真集全集「ERI」メイキングDVD紹介は『真冬の帰り道』!!!(4)

おめでたいと思うと同時に、うらやましくもあるアヤカさんのハロプロ卒業と事務所移籍!! 新事務所での芸名は「長手絢香」となり、今後女優さんとして活躍するようです。長い間、ココナッツ娘。としてがんばってこられたので、その功労というべきか、円満退社となり希望どおり女優業のしやすい、また実績のある事務所に移られた。どこで、どう繋がりができたのか不明ですが、この選択はすばらしいことに思えます。素人であるわたしが見ても、どうもアップフロントエージェンシーは、役者をつくる能力に欠けているような気がする。まあ、どの会社でも人間でも、得手不得手というものがあるわけで、それはそれでいいのですがね。たしかに、ミュージカルや舞台も企画・制作している。映画にも手を出してしている。しかし、どれもアイドル作成術ほど評価を得ていないようだ。今度、長手絢香さんが移籍した事務所は、芸に対する「志」も高い!! すでに芸能活動歴の長い彼女ですから、きっと大成するでしょう!! なにも主役じゃなくてもいいのです。いろいろなポジションで芸が光ればいいのですから!! これらのことは、わたしが以前から絵里ちゃんにいってきたこと!! 早く絵里ちゃんもこうならないかなぁ〜〜、はぁ〜〜うらやましい!!!

**********
プールに入っている絵里ちゃんを背後から。段差のあるところでの撮影のため、腰から下しか水に浸かっていません。また、ストラップのないビキニを着てますので、背中全体が裸のように見えるのです。

プールの中央あたりで泳ぐシーン。

今度はプール・サイド、ももから上が映る立ち姿。左斜めからの撮影で、絵里ちゃんのプロポーションの良さがひきたちます。

やや角度を変えて、カメラが絵里ちゃんをズーム・アップ。豊かな胸と顔が入る位置で止まります。

カットが変わり、さらにアップ。少し顔をうつむけたポーズに。そのまま、写真集撮影カメラへ目線を送る絵里ちゃん。

顔を大きくとらえた映像に進みます。目線はやや下げた状態。

次は顔をほぼ正面から。髪が水に濡れているのがよくわかります。そのまま、顔を左にかたむけポーズ。画面は白くフェード・アウト。

絵里ちゃんが頭にタオルを巻いた静止画がフェード・イン。「2006 SUMMER 17才」と文字が浮かび上がります。

それが消えると、自動車が行き交う道路を背に、肩をすくめ顔を左にかたむけニッコリする絵里ちゃんが現れます。ホルター・ネックのコスチュームのため、肩がすべて見えのです。

おそらくその場所で、今度はカメラが下がって撮影。絵里ちゃんは横長のブロックの上に乗って、右腕を突き上げ気合いを入れている様子。左手にはバッグを持ち、それを肩に持って来ています。スカートはフレアの入ったオレンジ色のミニ。

横断歩道を渡ろうとしているのか、その手前で振り返るシーン。

ウインドウ・ショッピングをしている絵里ちゃん。右手には大きな編上げのバッグ。

グリルの中を窓からのぞくように見る絵里ちゃんの後ろ姿。終わるとカメラに向かって微笑むのです。

そのグリルなのか、レストランのようなお店の中でテーブルについている絵里ちゃんを、外から窓越しに撮影。

カメラは寄って、中から手を振る絵里ちゃんを撮ります。楽しさが伝わってくるようです。

(つづけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »