« オールドロッカー達の逆襲(47) | トップページ | オールドロッカー達の逆襲(48) »

2006年9月 9日 (土)

ポップ・ジェネレーションのための「ミュージック・ライフ」1976年9月号

76091_1

76092_1

76093_1

76094_1

76095

76096

76097

76098

今回は、「ミュージック・ライフ」1976年9月号から広告を数点載せてみました。表紙は、リッチー・ブラックモアズ・レインボー。ちょうど30年前ということでみな若い!! 

本の厚みも増し、内容は硬軟取り混ぜたごった煮状態!! 冒頭から紹介したほうが早そうです。まずは、エアロスミスがアルバム「ロックス」をひっさげての全米ツアー、ステージ写真。スティーヴン・タイラーの胸があらわに。女性ファンが喜びそうな1枚です。ちなみに娘リヴ・タイラーは本当に美人!! どこでDNAが変わったのでしょうか!? お次ぎは、おなじみ白いヒラヒラのコスチュームがトレードマークのエンジェルだ!! こちらもライブ中の写真で、ステージから客席に向かって撮ったもの。動きのあるいいショットです。本文には、エンジェルの自筆バイオグラフィーが各メンバーごと5ページにわたって掲載。この前の号(8月号)に載せた彼らのインタビューが、ものすごい反響を呼んだということを受けての企画だそうです。この後は、ボブ・マーリィ&ウエイラーズのロス郊外で開かれたコンサートに集まったミュージシャン達の写真が載っています。ボブよりそのミュージシャン達の扱いが大きいのがご愛嬌!! リンゴ・スターとハリー・ニルソン、キャロル・キング、ロビー・ロバートソン、デヴィット・キャシディとロン・ウッド、ジョニ・ミッチェル、エリック・クラプトンとパティ・ボイドがその面々。

モノクロ・グラビアは、ベイ・シティ・ローラーズから。「素顔のベイ・シティ・ローラーズ」ということで、メンバーのプライベートなリラックスした写真がレイアウトされております。新メンバーのイアン・ミッチェルはまだ可愛いという言葉が似合いそうな子供子供した雰囲気。最後の2ページはライブ写真。次ぎはロンドン郊外で5枚目のアルバムをレコーディング中のクイーンをレポート。レコーディングを抜けて散歩に出かけたフレディーが、腕組みをして自信の笑みを浮かべているのが印象的です。その他、バッド・カンパニーと共演したジミー・ペイジとロバート・プラントのカラー・ステージ写真なんていうものもあって豪華豪華!! ポール・ロジャースとロバート・プラントが同じステージに立ち、お得意のポーズをしながら歌っているなんて、なかなか見られるものではないですね。以下まだまだ話題は続くのですが、きりがないのでこのへんでお開きということに。

以下順に上記写真の主な作品名(アルバム)を載せておきます。

アラン・パーソンズ・プロジェクト「怪奇と幻想の物語〜エドガー・アラン・ポーの世界〜」他
チューブス「ヤング・アンド・リッチ チューブス第2集」他

ヤマシタ、ウィンウッド、シュリーヴ「ゴー」他
パイロット「モーリン・ハイツ」/ジョーディ「ロッキン・ホース」他

ビーチ・ボーイズ「偉大なる15年」他
アリス・クーパー「アリス・クーパー地獄へ行く」/バック・ストリート・クローラー「2番街の悲劇 ポール・コゾフ追悼盤」/オーリアンズ「夢のさまよい」/クリス・ヒルマン「スリッピン・アウェイ」他

ニール・ダイアモンド「ビューティフル・ノイズ」
ジェフ・ベック「ワイアード」

エドガー・ウインター、ジョニー・ウインター、リック・デリンジャー「トゥゲザー」他
デビット・エセックス「エセックス・ライヴ」他

ジェファソン・スターシップ「スピットファイア」他
エルヴィス・プレスリー「メンフィスより愛をこめて」他

タンジェリン・ドリーム「冥想の河に伏して」「鈍色の世界に棲む精霊たちよ!」「荒涼たる明るさの中で!」「われら、時の深渕より叫びぬ!」
マーク=アーモンド「心に……」他

|

« オールドロッカー達の逆襲(47) | トップページ | オールドロッカー達の逆襲(48) »

コメント

ろろ 様、初めまして
とても素敵なwebsiteにご縁をいただき小躍りしています。
いま、エイジアで検索していて知己を得ました。

このMLはうちにもまんまあります。ただ綺麗ではありません(苦笑)
ちょっと異常に趣味が多いので自分でも辟易していますが、
映画,大リーグもその一つですのでそういう話もお伺いできますれば幸甚です。

エイジアの初来日コンサート、ろろ さんと同じ日に行っています。
ただ、アリーナではなく1階 東で殆ど真横だった記憶があります。
その分、ハウはバッチリでした。
では、これからも愉しみに拝見しております。

投稿: haduki | 2006年9月11日 (月) 04時39分

こちらこそ初めまして。
わたしはmamedama2ともうしますが、わたしでよろしければコメントありがとうございます。

エイジアのコンサートは、スタンドの方が良かったですね、きっと。わたしのようにアリーナとはいっても、後ろの方では段差もさしてないので、お客さんの頭ばかり見てました。これは結構つらかった。

素人の悲しさか、大したものはありませんが、これからもよろしければおつき合いください。

投稿: mamedama2 | 2006年9月11日 (月) 17時19分

mamedama2 さま、はじめまして
失礼ですが御ブログの管理人様でしょうか?もしそうならば大変失礼しました。
コメントを致す際お名前を確認したのですがプロフィール欄にても判らず、
過去ログでご挨拶を受けていた方が管理人様だと思ってしまいました。
申し訳ございません。

私も'77年のRAINBOWはアリーナ最後列。後ろがPAでした。
当時の私の身長は160cmちょっと。
最近の世代では女性でも170cm位は珍しくないので今なら困るでしょうが、
ヒールの高い靴ではなかったものの観づらかった記憶は残っていません。
BASS,KEYBORDは代ってるかもしれませんが、上の表紙のメンバーの時でした。

では改めましてよろしくお願い申しあげます。

投稿: haduki | 2006年9月11日 (月) 18時35分

いや、どうぞお気になさらずに。
プロフィールにきちんと明記しておけばよかったですね。
後程、直しておきます。

ロックや音楽にまつわる映画の話なども時々載せていますので、そちらも話のタネにしていただければ幸いです。

これからもお気軽にいらして下さい。では。

投稿: mamedama2 | 2006年9月12日 (火) 11時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポップ・ジェネレーションのための「ミュージック・ライフ」1976年9月号:

« オールドロッカー達の逆襲(47) | トップページ | オールドロッカー達の逆襲(48) »