« オールドロッカー達の逆襲(85) | トップページ | オールドロッカー達の逆襲(86) »

2007年6月16日 (土)

ポップ・ジェネレーションのための「ミュージック・ライフ」1971年6月号

Ml1971061

Ml1971062

Ml1971063

Ml1971064

Ml1971065

Ml1971066

Ml1971067

Ml1971068

Ml1971069

今回は、「ミュージック・ライフ」1971年6月号から広告を数点載せてみました。表紙は酔っぱらっているように見えるけど酔っぱらってないジェイムス・テイラーです。目次の裏に載っている「表紙の人」では、「毎月、表紙の人選には迷っている編集部も今月は全員一致で彼に決まった。」と書いてあるように、この頃から急速に人気が出てきたことを物語っております。

そのミュージック・ライフ編集部ですが、みなさんご存じのようにそこは女の園!? だったのであります!! 実は上の広告の写真の横ページにたまたま!? フリーのメンバーと一緒に東郷記者、木原記者、星加編集長が写っています。アンディー・フレーザーとポール・コソフの間にいるのが東郷さん。数年後編集長になり、その後、音楽評論家として活躍されています。ポール・コソフとサイモン・カークの間にいるのが木原さん。なんじゃら、昔のアイドル歌手みたいでかわいいですね!? そして一番右にいるのが星加さん。この頃はそれなりのお年のはずですが、ミニ・スカート姿も愛らしく、珍しい写真です!! まあ、こうやってイケメン・ロック・スターに囲まれるのも役得!? たぶん洋楽ロックファンの女性あこがれの職業だったのではないしょうか?

そのせいか、どちらかというとミーハー感覚がこの雑誌には漂います。本誌独占掲載「スティーヴ・スティルス・インタビュー2」は「グレース・スリックにほれぬいて、ジュデイ・コリンズに恋をした」がタイトル!! これだけ見ちゃうと、女性週刊誌の見出しのよう!? 読むとそれほどのことはないですけどね。ちょっと、すごいでしょ!? あらぬ想像をしてしまいます!! 

もうひとつは、「㊙ロック界のシークレット・ゾーン 第1回」の「女なんかにゃ用はねぇ!—強烈なホモとサドの世界— アリス・クーパー」です!! これはまだまだ純情だった!? わたしには刺激が強すぎた!! そんな世界があるとは初めて知った次第。いや、ホント!! おかげさまでそちらにはいなかったですけど…。こういう視点も昨今のある種の女性マンガ雑誌、そうですね、広い意味では宝塚もそうですかね、女性独特の感性ではないでしょうか? 普段の生活とは違う「もうひとつの世界」がそこにあることをミュージック・ライフでは教わりましたよ!!

以下順に上記写真の主な作品名を載せておきます。

マイク・クーパー「トラウト・スティール」、ブルーアー&シップレイ「ターキオ」他(左ページ)

ゲイリー・ライト「エキストラクション」、シャーリー・バッシー「シャーリー・バッシー・イン・コンサート」
プロコル・ハルム「ア・ソールティ・ドッグ」他

グランド・ファンク・レイルロード「サバイバル」
スリー・ドッグ・ナイト「ゴールデン・ビスケット」、シートレイン「海上列車」他

ザ・ママス・アンド・ザ・パパス「モンタレー・ポップ・フェスティバル」、ティム・ローズ「愛、それは憎しみの物語」他(左ページ)

CBSソニーレコード「Rock Presentation '71」キャンペーン

サイモン&ガーファンクル「サイモンとガーファンクルのすべて」「サイモンとガーファンクル グレーテスト・ヒットII」他

マシューズ・サザン・コムフォート「サード・アルバム」他
ブロンコ「カントリー・ホーム」、フリー「ハイウェイ」「ファイアー&ウォーター」他

C.C.Rカセットテープ「コスモズ・ファクトリー」「バイヨウ・カントリー」「スージーQ」「グリー・リバー」「ウィリー&ザ・プァボーイズ」「ペンデュラム」

|

« オールドロッカー達の逆襲(85) | トップページ | オールドロッカー達の逆襲(86) »

コメント

こんにちは。

表紙の JT が若いですね~!
当時の JT は、音楽的にはもちろんのこと、ルックス的にもけっこうイケてました♪

>スティーヴ・スティルス・インタビュー2
>グレース・スリックにほれぬいて、ジュデイ・コリンズに恋をした
いやはや参りました(笑。しかし、良く考えつきましたね~そのタイトル。ある意味、尊敬しちゃいます。

投稿: ocean | 2007年6月17日 (日) 14時19分

いつもコメントありがとうございます。

そうですね、短いフレーズで読む人を惹き付ける、さすがです!!
ジェームス・テイラーもスティーブン・スティルスに負けず劣らず「恋多き人」。
名曲の裏に女ありなのでしょうか!? いや、みんなカッコ良かった!!

投稿: mamedama2 | 2007年6月18日 (月) 12時01分

たびたびすみません。
最近、ジュディ・コリンズの記事を書いたので
それを TB させていただきました。
よろしくお願いいたします!

投稿: ocean | 2007年6月18日 (月) 21時09分

はい、承りました。
いつでもお役にたてるならお使いください。

投稿: mamedama2 | 2007年6月19日 (火) 18時19分

2回目の利用です。今回は職場への配送をしていただきましたが、こちらが事前に連絡を入れていなかったため、前回より多少時間がかかってしまいました。次回から気を付けようと思います。とても気持ち良く買い物できるショップ様です。
★ルイヴィトン★モノグラム★ネヴァーフルMM★ショルダートートバッグ★M40156★
とてもきれいな品物でよかったです。梱包もしっかりしていただきありがとうございました。

投稿: スーパーコピー口コミ | 2020年2月21日 (金) 02時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポップ・ジェネレーションのための「ミュージック・ライフ」1971年6月号:

» Judy Collins / Colors Of The Day - The Best Of Judy Collins ('72) [There's One In Every Crowd]
『ベスト・オブ・ジュディ・コリンズ〜青春の光と影』 もう1枚、ベスト盤を。クロスビー・スティルス&ナッシュに「Judy Blue Eyes」と歌われた、その人 … ジュディ・コリンズです。 昨年でしたか、ジュディのオリ... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 21時08分

« オールドロッカー達の逆襲(85) | トップページ | オールドロッカー達の逆襲(86) »