« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月23日 (月)

オールドロッカー達の逆襲(166)

久しぶりにロック・コンサートらしいものに当った!! 昨夜(22日)のジェフ・ベックとエリック・クラプトンの競演(といったほうが正解)ライブ!! さいたまスーパーアリーナへ行ってきましたのでチラリと。

いやまあ、2人ともギター弾きまくりの、いい意味でもうしばらくはギターの音いいやってぐらい堪能させてもらいました。最初はベックのバンドで1時間。うなるベース(女の子のようでしたが)、バシバシ決まるドラムスにのせ、気持ち良さそうに弾いてましたジェフ・ベック!! 30数年前と同じ、ギターの音がキレイに良くとおります。個人的には『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』が聞けたのがうれしかったですね。ギターが歌ってる!! 

20分ぐらい休憩をはさんで、クラプトンのバンドが1時間。最初はクラプトン、アコースティック・ギターで。後はお馴染みのスタイルで代表曲を。『アイ・ショット・ザ・シェリフ』の後半から『ワンダフル・トゥナイト』へは、涙が出てきた。『クロスロード』で終わるとバンドははけ、数分間あけてクラプトンのバンドが再登場。そこにジェフが参加。40分ほどの2人の共演が実現!! そのほとんどが大ブルース・ギター・バトル!! どこからあれだけのフレーズが出てくるのか? ジェフとエリック、2人向き合いながら弾く姿を見ていると、きっと若い頃こうして、俺のほうがうまいとか、俺はこんなフレーズ持っているだぜ、と張り合っていたような光景が目に浮かびます。 アンコールはスライ&ザ・ファミリーストーンの『アイ・ウォント・トウ・テイク・ユー・ハイヤー』で最高潮に!! ヨカッタァ〜!! チケット代17,000円は確かに高い!! でも、大満足!! 今でも興奮が冷めません!!

●ALBUM TOP(2009-02-28)
2 ← 69 Robert Plant / Alison Krauss Raising Sand
6 ← 2 Bruce Springsteen Working On A Dream
40 ← 30 Soundtrack Mamma Mia!
51 ← 50 AC/DC Black Ice
89 ← 43 Bruce Springsteen & The E Street Band Greatest Hits

●POP CATALOG(2009-02-28)
2 ← 3 ABBA Gold -- Greatest Hits
4 ← 4 Journey Journey's Greatest Hits
6 ← 8 Bob Marley And The Wailers Legend: The Best Of Bob Marley And The Wailers
8 ← 9 AC/DC Back In Black
11 ← 12 Michael Jackson Number Ones
12 ← 2 Creedence Clearwater Revival Chronicle The 20 Greatest Hits
17 ← 10 Stevie Wonder The Definitive Collection
20 ← 5 Bruce Springsteen Greatest Hits
21 ← 20 Tom Petty And The Heartbreakers Greatest Hits
25 ← 17 Bob Seger & The Silver Bullet Band Greatest Hits

●CONCERT GROSSES(2009-02-28)
1 -- AC/DC, The Answer Rogers Centre Toronto, Ontario Jan. 9, 2009 $3,414,693 45,350 / 45,350 1 / 1 $83.32, $58.20
2 -- AC/DC, The Answer Oracle Arena Oakland, Calif. Dec. 2, 4, 2008 $2,565,180 28,502 / 28,502 2 / 2 $97.50, $94.50
5 -- AC/DC, The Answer Scottrade Center St. Louis, Mo. Jan. 13, 2009 $1,276,091 14,394 / 14,394 1 / 1 $89.50
7 -- AC/DC, The Answer Sommet Center Nashville, Tenn. Jan. 31, 2009 $1,263,441 14,476 / 14,476 1 / 1 $92, $67.50
8 -- AC/DC, The Answer American Airlines Center Dallas, Texas Jan. 23, 2009 $1,253,179 14,521 / 14,521 1 / 1 $89.50

(http://www.billboard.com/より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

「ブライアン・アダムス」1988年ジャパン・ツアー・プログラム

Bryanadamsprogram01_2

Bryanadamsprogram02_2

Bryanadamsprogram03_2

Bryanadamsprogram04_2

Bryanadamsprogram05_2

Bryanadamsprogram06_2

Bryanadamsprogram07_2

Bryanadamsprogram08_2

Bryanadamsprogram09_2

今回は、1988年2月9日日本武道館大ホールで見たブライアン・アダムスのジャパン・ツアー・プログラムから数ページ載せてみました。今気が付いたんですけど、前回(去年)プログラムを載せたミック・ジャガーと同年、わずか1ヵ月前にこのブライアン・アダムスを見てたんですねぇ〜。いや、20年ほど前の日本は景気が良かった。そこでわたしもなんの躊躇もなく外タレ・ラッシュの恩恵を受け、コンサートに行きまくっていたというわけですね。

最近、ビルボードのカタログ・チャートやコンサート収益のチャートでブライアン・アダムスの名前を見ることができました。しばらく音沙汰がなかった(ように見えました)ので、うれしかったですね!! まだまだ、あの若々しいスタイルでロックしているんでしょうか? まあ、とにかく80年代はとくに人気がありました。個人的にはブルース・スプリングスティーン・フォロワーという見方でしたが、そのストレートで親しみやすい彼の歌は、わたしの大好物!? こういった理屈抜きにノレるロックはいい!! 音楽的批評などクソくらえ(表現が下品で失礼)!! みたいな。

そんなことで、ブライアン・アダムスにのめり込んでいたわけではなかったのですが、コンサート近くになると無性に彼の歌が聞きたくなった!! 当日券での鑑賞。席はステージ正面の一番てっぺん。天井桟敷ですね。客席はいっぱいでした。プログラムを見ると、すでに3回目の来日にも関わらず、1月29日の横浜文化体育館から、静岡、名古屋、大阪とまわり、2月10日の武道館まで計10公演。武道館だけでも5公演。当時人気絶頂、日本でも高い人気を誇っていたことがわかります。

で、肝心の中身はというとイメージどおりでした。これじゃ〜あまり意味ないですね、スンマセン!! でも、事実そうなんです。悪いことではありません。ファンの期待に見事応えていたからといえるでしょう。そんなブライアンですが、音楽がストレートだからって自身も単純(これは言葉の綾で)なアーティストではないようです。80年代人気アーティスト同様、社会的意識も十分に持ち合わせている。このプログラムには、アムネスティーの広告。また本人が関わっているか判然としませんが、グリーンピースの意見広告が載っています。ライブ・エイドやプリンシズ・トラスト・コンサートにも出演。ちょっと意外だったのは、ロジャー・ウォータースがベルリンで行った「ザ・ウォール」コンサートに出演したこと。これもチャリティー・ライブなのでおかしくはないんですが、ロジャー・ウォータースとのからみがわたしにはおもしろかったです。

ヒット曲に関してはもういいですね。ブルー・ジーンズに白のシャツ。ストラトキャスター(のはず)を手に汗瑞くでマイクに向かう姿は、ロックの基本型。カッコイイですよ!! では、おまけということでプログラムの写真以外の中身を少々。まず、ブライアン・アダムスの誕生から1988年1月までの年表。鈴木道子さんのブライアン・アダムス評、バンド・メンバーのプロフィール(キース・スコット、デイヴ・テーラー、ミッキー・カーリー、ジョニー・ブリッツ、ジム・ヴァランス)、今泉恵子さん、矢口清治さんそれぞれのブライアン・アダムス評。となっております。それでは、次回をお楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

オールドロッカー達の逆襲(165)

Pattieboydrppphotoそりゃ、エリック・クラプトンなら才能も容姿も申し分なし!! でも、この本のとおりならものすごく単刀直入な方。人妻、それも親友の妻だろうがかまいやしない!? 「僕と一緒になれ!!」なんていってしまう。いや、カッコイイ!! おまけに『いとしのレイラ』なんて作って歌ったらもうメロメロですよ!? もちろん、その後日談としてのジョージ・ハリソンも最高にカッコイイですぞ!! 

遅ればせながら、書店に寄るとこの「パティ・ボイド自伝」が置いてあった。噂でおもしろいと聞いていたので、即購入!! ちょうど半分ぐらいまで読みましたが、たしかにおもしろい!! 複雑な家庭環境から始まって、モデルで成功を収めつつある時にジョージと出会います。ここは有名ですね。ただ、そのなれそめは意外にあっさりと。モデルの世界や当時のロンドンの実態などは赤裸々に。やがて、ロック・スターの妻としてのジレンマ。クラプトンの恋愛攻撃!? などが書かれています。まあ、後半分もこんな調子かな? 音楽的なことは期待しないほうがいいでしょう。印象としては、これはひとりの女性としての生き方、生きて来た道を書いたものですね。自伝ですので当たりまえといえばそれまでですけど、愛した、愛された男達が強烈な個性の持ち主だったということでしょう。カバーに写るパティの姿は、そんな男達に愛される資格十分に思えます!!

●ALBUM TOP(2009-02-21)
2 ← 1 Bruce Springsteen Working On A Dream
30 ← 22 Soundtrack Mamma Mia!
43 ← 72 Bruce Springsteen & The E Street Band Greatest Hits
50 ← 48 AC/DC Black Ice
69 ← RE Robert Plant / Alison Krauss Raising Sand

●POP CATALOG(2009-02-21)
2 ← 1 Creedence Clearwater Revival Chronicle The 20 Greatest Hits
3 ← 3 ABBA Gold -- Greatest Hits
4 ← 5 Journey Journey's Greatest Hits
5 ← 16 Bruce Springsteen Greatest Hits
8 ← 8 Bob Marley And The Wailers Legend: The Best Of Bob Marley And The Wailers
9 ← 11 AC/DC Back In Black
10 ← 12 Stevie Wonder The Definitive Collection
12 ← 14 Michael Jackson Number Ones
13 ← 43 Bruce Springsteen The Essential Bruce Springsteen
17 ← 18 Bob Seger & The Silver Bullet Band Greatest Hits
20 ← 25 Tom Petty And The Heartbreakers Greatest Hits
22 ← -- Bruce Springsteen Born In The U.S.A.

●CONCERT GROSSES(2009-02-21)
チャート・インなし

(http://www.billboard.com/より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

オールドロッカー達の逆襲(164)

みのもんたさんの番組風に「きょうは何の日?」をやってみますと、1964年のきょう2月9日は、ビートルズがアメリカ初上陸、「エド・サリバン・ショー」に生出演、視聴率72%をあげた日となります。このことは、もういやというほど聞かされているかと思いますが、あの黒いスーツ姿のビートルズは格好良かった。そしてきょうはグラミー賞発表の日。当のポールはやはり同じ黒のスーツ姿でライブ・パフォーマンスを行ったようです。ネクタイなしでシャツを開いているのが違うけど、やはり意識していたのでしょうか? 数年前より若返ったように見えるポール。「最優秀ソロ・ロック・ボーカル」賞は逃したけど、もう賞はいいでしょう(シャレ!?)!! 元気なら結構!! 同じく「サラウンド・サウンド・アルバム」賞を逃したリンゴと一緒にガンバレ、2人ビートルズ!!!

●ALBUM TOP(2009-02-14)
1 ← -- Bruce Springsteen Working On A Dream
22 ← 21 Soundtrack Mamma Mia!
48 ← 43 AC/DC Black Ice
74 ← 102 Bruce Springsteen & The E Street Band Greatest Hits

●POP CATALOG(2009-02-14)
1 ← 13 Creedence Clearwater Revival Chronicle The 20 Greatest Hits
2 ← Various Artists Motown 1's
3 ← 1 ABBA Gold -- Greatest Hits
4 ← RE Bryan Adams Reckless
5 ← 3 Journey Journey's Greatest Hits
8 ← 4 Bob Marley And The Wailers Legend: The Best Of Bob Marley And The Wailers
11 ← 6 AC/DC Back In Black
12 ← 8 Stevie Wonder The Definitive Collection
14 ← 11 Michael Jackson Number Ones
16 ← 19 Bruce Springsteen Greatest Hits
18 ← 12 Bob Seger & The Silver Bullet Band Greatest Hits
22 ← 18 Jimi Hendrix Experience Hendrix: The Best Of Jimi Hendrix
24 ← 15 Pink Floyd Dark Side Of The Moon
25 ← 23 Tom Petty And The Heartbreakers Greatest Hits

●CONCERT GROSSES(2009-02-14)
3 -- Neil Young, Everest, Wilco Madison Square Garden New York, N.Y. Dec. 15-16, 2008 $2,752,000 26,056 / 26,056 2 / 2 $250, $50
5 -- AC/DC, The Answer FedExForum Memphis, Tenn. Jan. 30, 2009 $1,155,086 13,673 / 13,673 1 / 1 $89.50, $64.50
6 -- Cheech & Chong Radio City Music Hall New York, N.Y. Jan. 31, 2009 $346,580 5,923 / 5,923 1 / 1 $75, $55, $35

(http://www.billboard.com/より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

オールドロッカー達の逆襲(163)

毎年、驚きと感激、少しのせん望も込め楽しく読ませてもらっている「レコード・コレクターズ」誌恒例の「私の収穫」企画!! 本当はうらやまし気持ちのほうが強いかも!? その中で2008年版からひとつ。コモエスタ八重樫さんの1枚は、泣かせる。「友人の人生も刻まれたローリング・ストーンズのシングル盤」と題されたテキストの下には、お友達から譲り受けたザ・ローリング・ストーンズの『彼氏になりたい b/w ストーンド』のジャケットが。かつて一緒に上京したご友人はこの不況のためお仕事もたたみ、ご家族とも離散してしまった。故郷に帰るので不要となった多くのレコードを八重樫さんがもらったそうだ。一方で、今でも現役で活躍するストーンズとの対比でしょうか? もの悲しい気分になったとのこと。このご時勢でもテレビなどでは「成功物語」が跋扈している。まあ、誰だって暗い気分は望まないので自ずとそうなるのだろうけど、このテキストはやけにリアル!! それこそが「ロック」の精神!! NHK紅白歌合戦のせいで陳腐な言葉になってしまいましたが、「特集 リイシュー・アルバム」内にある大鷹俊一さんのコラムのように、「音楽の力」を信じて行きたいですね!!!

●ALBUM TOP(2009-02-07)
21 ← 15 Soundtrack Mamma Mia!
43 ← 39 AC/DC Black Ice
100 ← 98 Led Zeppelin Mothership

●POP CATALOG(2009-02-07)
1 ← 1 ABBA Gold -- Greatest Hits
3 ← 4 Journey Journey's Greatest Hits
4 ← 5 Bob Marley And The Wailers Legend: The Best Of Bob Marley And The Wailers
6 ← 9 AC/DC Back In Black
8 ← 26 Stevie Wonder The Definitive Collection
11 ← 15 Michael Jackson Number Ones
12 ← 14 Bob Seger & The Silver Bullet Band Greatest Hits
13 ← 32 Creedence Clearwater Revival Chronicle The 20 Greatest Hits
15 ← 7 Pink Floyd Dark Side Of The Moon
18 ← 21 Jimi Hendrix Experience Hendrix: The Best Of Jimi Hendrix
19 ← 37 Bruce Springsteen Greatest Hits
23 ← 18 Tom Petty And The Heartbreakers Greatest Hits

●CONCERT GROSSES(2009-02-07)
1 -- Bette Midler The Colosseum at Caesars Palace Las Vegas, Nev. Jan. 20-21, 24-25, 2009 $1,756,622 14,748 / 16,206 4 / 2 $250, $175, $140, $95
2 -- Bette Midler The Colosseum at Caesars Palace Las Vegas, Nev. Jan. 13-14, 17-18, 2009 $1,596,425 13,837 / 14,844 4 / 1 $250, $175, $140, $95
3 -- Stevie Wonder Manchester Evening News Arena Manchester, U.K. Oct. 3, 2008 $1,537,771 14,507 / 14,507 1 / 1 $106
4 -- Stevie Wonder National Indoor Arena Birmingham, U.K. Oct. 4, 2008 $1,252,226 11,796 / 11,796 1 / 1 $106.16
6 -- Neil Diamond EnergySolutions Arena Salt Lake City, Utah Dec. 19, 2008 $990,694 13,130 / 13,130 1 / 1 $122, $87, $55
7 -- Neil Diamond Pepsi Center Denver, Colo. Dec. 17, 2008 $885,348 11,655 / 11,655 1 / 1 $124, $89, $55

(http://www.billboard.com/より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »